Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
外壁構造 - ナショナル住宅産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 外壁構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98735(P2001−98735A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−276681
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100082968
【弁理士】
【氏名又は名称】苗村 正 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E110
【Fターム(参考)】
2E110 AA57 AB04 AB22 CA04 CA07 CA08 CC04 DA08 DC12 DD11 GA24W GA31Y GA33Y GB16Y GB23W GB62Y 
発明者 西村 智子
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】外壁下地に、高さ方向に複数枚の外装板を並べて固着することにより、上下の外装板間に横目地を形成した外壁の外壁構造であって、前記外装板は、基準高さの基準板を、高さ方向に複数枚に区分することにより、合計高さが前記基準高さとなる組分割片の複数組が用いられるとともに、上下で並ぶ外装板はその高さが異なることを特徴とする外壁構造。
【請求項2】前記外装板は、1枚の基準板の基準高さ以下の高さ範囲を除く外壁の範囲に組分割片又は基準板が用いられたことを特徴とする請求項1記載の外壁構造。
【請求項3】前記基準板は、1つの基準高さを有しかつ縦目地の位置が異なる複数種類の縦目地基準板を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の外壁構造。
【請求項4】前記基準板は、その縦目地位置が基準板縦中心線から偏位し、組分割片は、上下反転によって、縦目地位置を逆に偏位させて取付けられることを特徴とする請求項2又は3記載の外壁構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、複数の外装板を高さ方向に添設することにより上下の外装板間に横目地を形成した外壁構造において、品質や歩留まりの低下などを最大限に抑えながら、前記横目地のピッチ間隔を自在に変化させた見映えの良い外壁を効率よく形成しうる外壁構造に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、壁パネル、床パネルなどのパネル体を用いた乾式方法の家屋が普及している。そして、このような家屋の外壁を、例えば、図7に示すように、柱や梁などの架構体に支持させた壁パネルなどからなる外壁下地aに、横長矩形状の複数の外装板bを高さ方向に添設することにより形成する場合がある。この時、上下の外装板b、b間に、横目地cが形成される。
【0003】他方、前記外装板bには、一般に、軽量気泡コンクリートなどのALC板が用いられており、このALC板は、ACL原料を打設して得た大型のブロックを、ピアノ線などでスライス切断して所定サイズの板状体に成形し、この板状体を養生釜(オートクレープ養生)で加熱することにより、ALCを結晶化させた高強度のALC板を形成している。その後、用途に応じた目地加工及び表面処理が施され、外装板bとして形成される。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような外装板bでは、養生釜のサイズや性能などの制約を受けるため、その高さHは、養生品質などに最適な範囲に規制されている。従って、前記外装板bを用いた外壁では、その横目地cのピッチ間隔Pが均一化するなど目地模様が単調化し、家屋の見映えを充分に高めることができなかった。
【0005】そこで近年、意匠性を高めるために、この横目地cのピッチ間隔Pを不規則に変化せしめ、目地模様を複雑化することが望まれている。
【0006】しかし、高さHの異なる複数種類の外装板bを成形した場合には、養生釜の前記制約によって養生品質が損なわれ、歩留まりや生産能率の低下を招く。また複数種の外装板bの組み合わせ方によって高さHの合計が大幅に変化するなど、所定高さの外壁を得るための外装板の組み合わせ方の選定が煩雑となり、また在庫管理も難しくなる。
【0007】本発明は、以上のような状況に鑑み案出されたもので、基準高さの基準板を高さ方向に複数枚に区分してなる組分割片の複数組を用いて、前記外装板を構成することを基本として、歩留まりや品質低下を招くことなく、しかも外装板の組み合わせ方の選定や在庫管理の煩雑さを改善しつつ、横目地のピッチ間隔を変化させた複雑な目地模様の外壁を効率よく形成しうる外壁構造の提供を目的としている。
【0008】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するために、本願の請求項1の発明は、外壁下地に、高さ方向に複数枚の外装板を並べて固着することにより、上下の外装板間に横目地を形成した外壁の外壁構造であって、前記外装板は、基準高さの基準板を、高さ方向に複数枚に区分することにより、合計高さが前記基準高さとなる組分割片の複数組が用いられるとともに、上下で並ぶ外装板はその高さが異なることを特徴としている。
【0009】また請求項2の発明では、前記外装板は、1枚の基準板の基準高さ以下の高さ範囲を除く外壁の範囲に組分割片又は基準板が用いられることを特徴としている。
【0010】また請求項3の発明では、前記基準板は、1つの基準高さを有しかつ縦目地の位置が異なる複数種類の縦目地基準板を含むことを特徴としている。
【0011】また請求項4の発明では、前記基準板は、その縦目地位置が基準板縦中心線から偏位し、組分割片は、上下反転によって、縦目地位置を逆に偏位させて取付けられることを特徴としている。
【0012】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図示例とともに説明する。図1は、本発明の外壁構造を有する外壁の正面図、図2はその構造を説明する分解斜視図である。
【0013】図1、2において、外壁構造は、外壁下地1に、高さ方向に複数枚の外装板2・・・を並べて固着することにより、上下の外装板2、2間に横目地5を形成した外壁Wを形成している。
【0014】なお本例では、図2に略示する如く、前記外壁下地1として、梁や柱などの家屋の架構体(図示しない)に支持される壁パネルWpが用いられる場合を例示している。この壁パネルWpは、枠材を接合してなる矩形枠組み21の外面に、例えば石膏ボードなどの下地板22を添設してなり、またこの下地板22の外面には、外装板固定用の例えば木質の下地桟23が、ビス打ちラインに沿って取り付けられる。また上下の壁パネルWp、Wp間には、幕板状の下地板24が、前記下地板22とは面一状に枠組み21、21間に架け渡されるとともに、この下地板24にも下地桟23を取り付ける。
【0015】次に、前記外装板2は、表面に目地加工及び表面処理が施された、横長矩形のALC板からなり、高さHが異なる複数の高さ種類の外装板2によって構成される。また各外装板2の周縁には、例えば図3に示すように、互いに突き合わせることによって横目地5および縦目地6をなす半割溝状の面取り部7を設けている。
【0016】そして本願では、前記外装板2は、基準高さH0の基準板3を、高さ方向に複数枚に区分してなる組分割片K1、K2の複数組を含み、これによって前記複数の高さ種類を構成することに特徴の一つを有している。なお、前記基準板3の区分は、養生後の基準板3を後加工により切断することによって行われる。
【0017】なお図1には、前記外壁Wの高さWhが、前記基準高さH0の整数倍とは異なる場合を例示しており、本例では、この整数倍の領域範囲Y1を、前記組分割片K1、K2で形成するとともに、残部である基準高さH0以下の高さ領域Y2には、前記組分割片K1、K2以外の調整用外装板4が配されている。
【0018】ここで、前記組分割片K1、K2とは、1枚の基準板3を、高さ方向に複数枚(通常2〜3枚)に区分した時に、この基準板3から形成される一組の分割片K1、K2を意味する。従って、一つの組に属する分割片K1、K2はペアーをなし、その高さHの合計は、前記基準高さH0と一致する。また組分割片K1、K2の複数組とは、前記ペアーの組が複数存在することを意味する。
【0019】また本願では、前記基準板3は、縦目地6の位置が異なる複数種類の縦目地基準板3A、3Bを含むことができる。
【0020】詳しくかつ具体的に説明すると、本例では、前記基準板3は、図4、5に示すように、縦目地6の位置が基準板3の縦中心線上を走る縦目地基準板3Aと、縦目地6の位置が縦中心線から偏位した縦目地基準板3Bと、から構成される場合を例示している。
【0021】この縦目地基準板3A、3B(以下総称して基準板3という場合がある)は、養生釜によって養生された基準高さH0の一種類の板状体を用い、この板状体に、縦目地位置を違えて目地加工を施すことによって形成される。従って、この基準板3は、養生釜の大きさ及び性能などに最適の基準高さH0で製造することができ、各基準板3A、3Bを高品質でかつ歩留まり良く形成できる。ここで、前記基準高さH0は、一般に210〜600mmの範囲が好ましく、また基準板3の横巾Lは、前記壁パネルWpと実質的に同巾であって、通常、家屋の基準モジュールである890mm程度に設定される。
【0022】また本例では、図4に示す如く、一方の前記縦目地基準板3Aを用いて、例えば三組(複数組)の組分割片K1、K2を形成している。すなわち、外装板2・・・は、前記縦目地基準板3Aを高さ方向に、例えば3:7等の比率で区分してなるa組の組分割片K1a、K2aと、縦目地基準板3Aを高さ方向に、例えば4:6等の比率で区分してなるb組の組分割片K1b、K2bと、縦目地基準板3Aを高さ方向に、例えば5:5等の比率で区分してなるc組の組分割片K1c、K1cとを含んでいる。すなわち、縦目地基準板3Aの3枚からなる、5種類かつ6枚の外装板2(組分割片)を含んでいる。
【0023】また前記外装板2・・・は、同様に、図5に示す如く、縦目地基準板3Bを高さ方向に、例えば3:7等の比率で区分してなるd組の組分割片K1d、K2dと、縦目地基準板3Bを高さ方向に、例えば4:6等の比率で区分してなるe組の組分割片K1e、K2eと、縦目地基準板3Bを高さ方向に、例えば5:5等の比率で区分してなるf組の組分割片K1f、K1fとを含んでいる。すなわち、縦目地基準板3Bの3枚からなる、三組(5種類かつ6枚)の外装板2を含んでいる。
【0024】このように、本例では、合計六組、10種類(高さ種類では5種類)かつ12枚の組分片K1、K2を組合わせ、上下で並ぶ外装板2の高さが異なるように配置させているため、横目地5のピッチ間隔を不規則に配することができ、目地模様を複雑化し意匠性を向上できる。
【0025】さらに本例では、縦目地6の位置を偏位させた縦目地基準板3Bからなるd、e組の組分割片K1、K2を含み、これらを上下反転によって、縦目地6の位置を左右逆に偏位させて取付けている。これによって、上下で並ぶ外装板2、2間において、縦目地6を間欠的に配列させることができ、意匠性をさらに向上できる。しかも、各縦目地6が、外壁Wの左右両側で上下にのびる高さ方向線をなすため、この高さ方向線、すなわち両側の縦目地6を前記ビス打ちラインとして活用することができ、ビス打ち作業を効率よく行いうる。このために、前記下地桟23は、高さ方向線に沿って形成する。また上下反転して取り付けることによって、外装板2の種類を、見かけ上増加させることができ、より複雑な目地模様を可能とする。
【0026】さらに本願では、組分割片K1、K2の双方をペアーとして、すなわち基準高さH0を単位として外装板2を使用できるため、一部の外装板2のみが在庫となるなどの在庫の偏りが発生せず、外装板2の組み合わせ方の選定及び在庫管理を容易とする。
【0027】なお本願においては、目地模様を複雑化させるために、最低二組の組分割片K1、K2を用いていれば良く、また分割比を違えた同種の組を重複して使用することもできる。しかし、複雑化のために、複数組のうち少なくとも二組の組分割片K1、K2は、異種の組であることが好ましい。
【0028】また本願では、図6に示すように、前記基準板3自体を外装板2として使用することができ、前記基準高さH0の整数倍となる前記領域範囲Y1を、組分割片K1、K2又は基準板3で形成することが好ましい。なお残部である基準高さH0以下の高さ領域Y2には、例えば、基準板3を現場によって加工してなる調整用外装板4を使用する。
【0029】以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明はこれらの実施形態に限定されることなく、種々の態様に変化しうる。
【0030】
【発明の効果】叙上の如く、本願の請求項1の発明は、基準板を高さ方向に複数枚に区分してなる組分割片の複数組によって、前記外装板を構成している。従って、養生釜のサイズや性能に最適の基準高さで基準板を形成することができ、歩留まりや品質の低下を阻止することができる。また、外装板の組み合わせ方の選定や在庫管理の煩雑さを改善することが可能となり、しかも、横目地のピッチ間隔を変化させた複雑な目地模様の外壁を効率よく形成でき、意匠性を大巾に向上できる。
【0031】また請求項2に記載の如く、基準高さ以下の高さ範囲を除く外壁の範囲に、組分割片又は基準板を用いることにより、前記効果を最大限に発揮できる。
【0032】また請求項3に記載の如く、基準板として、縦目地の位置が異なる複数種類の縦目地基準板を用いた場合には、横目地だけでなく縦目地をも含めた目地模様をさらに変化させることができ、意匠性の一層の向上が期待できる。
【0033】特に請求項4に記載の如く、縦目地の位置が基準板縦中心線から偏位した基準板からなる組分割片を用い、この組分割片を上下反転して取付けた場合には、組分割片の種類を見かけ上増加させることができ、より少ない種類の組分割片で、目地模様を複雑化しうる。しかも、両側に偏位して現れる縦目地を、ビス打ちの目印として利用することができ、施工効率をさらに向上させうる。
【0034】又横目地を基本的開口サッシの上下端に合致させうるため、洗練された意匠効果が発揮できる。しかもサッシまわりで、複雑な外装板を構成する必要がなくなり、歩留まりの向上、施工性の向上にもつながる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013