米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 手摺ブラケットの取付け構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98732(P2001−98732A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−277165
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E101
【Fターム(参考)】
2E101 GG01 HH01 HH15 
発明者 後藤 嘉輝
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 パネル枠の裏面側に裏面側面板を取着した壁パネル本体内の適所に、補強板の裏面側に内枠を取着した補強体を配設固着し、補強体の内枠の裏面を壁パネル本体の裏面側面板に当接すると共に補強板の表面をパネル枠と面一とし、壁パネル本体の表面側に表面側面板を配設固着し、手摺ブラケットを表面側面板を介して補強体に固着して成ることを特徴とする手摺ブラケットの取付け構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、階段などにおいて手摺ブラケットを取付けるための技術に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から階段などにおいて手摺ブラケットはパネル枠の両面に面板を取着した壁パネルに固着具により固着されるのが一般的である。この場合、壁パネルの表面側の面板が石膏ボードなどの場合には手摺ブラケットの取付け強度が弱いので、壁パネルのパネル枠に相当する箇所において手摺ブラケットを固着具により取付けるようにしているが、壁パネルのパネル枠の巾は小さいためこれでも十分な取付けができず、また、取付け位置が少しでもずれるとパネル枠から外れてしまって強固な取付けができないという問題がある。更に、壁パネルのパネル枠をずれた位置で取付ける場合、パネル枠と前後厚みが同じ桟木を壁パネル内に設けて、この壁パネルの桟木に対応した部位において手摺ブラケットを取付けることが考えられるが、このものにおいては桟木であるため巾が小さく、パネル枠に取付けるのと同様の問題がある。
【0003】更に、パネル枠、桟木のいずれの場合も中実の部材であるので、壁パネル内から手摺ブラケット内に配線を通そうとしても、該手摺ブラケットを取付ける部分であるパネル枠や桟木内を通して壁パネル内から手摺ブラケット内に配線を通すということができないという問題がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、手摺ブラケットを壁パネルに取付けるに当たって、取付け位置の位置ずれがあっても強固に取付けることができ、また、壁パネル内から手摺ブラケット内に配線を通すことが可能となる手摺ブラケットの取付け構造を提供することを課題とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る手摺ブラケットの取付け構造は、パネル枠1の裏面側に裏面側面板2を取着した壁パネル本体3内の適所に、補強板4の裏面側に内枠5を取着した補強体6を配設固着し、補強体6の内枠5の裏面を壁パネル本体3の裏面側面板2に当接すると共に補強板4の表面をパネル枠1と面一とし、壁パネル本体3の表面側に表面側面板7を配設固着し、手摺ブラケット8を表面側面板7介して補強体6に固着して成ることを特徴とするものである。このような構成とすることで、手摺ブラケット8を補強体6で補強した部位に強固に取付けることができるものであり、また、補強体6は補強板4の裏面側に内枠5を取着して構成してあることで、補強板4として面積が比較的広いものを使用することができて、手摺ブラケット8の取付け位置が多少ずれても確実に取付けることができるものであり、また、補強板4の裏面の内枠5に囲まれた部分を配線を通す空間として利用できて、壁パネル内から手摺ブラケット内に配線を通すことが可能となるものである。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0007】壁に手摺ブラケット8を取付ける例として添付図面に示す実施形態においては階段の壁に手摺ブラケット8を取付ける例を示している。壁は壁パネルにより構成してあり、壁パネルはパネル枠1の裏面側に裏面側面板2を取着した壁パネル本体3を主体とし、この壁パネル本体3の表面側に表面側面板7を取着して構成されるものである。
【0008】壁パネル本体3はあらかじめ工場で作成されるものであり、図5に示すように枠材1aを枠組みして形成したパネル枠1の裏面に裏面側面板2を取着して構成してある。この壁パネル本体3のパネル枠1の表面側には表面側面板7が取着されるが、表面側面板7としては主表面側面板7aと副表面側面板7bとに分割してあり、主表面側面板7aはあらかじめ工場で取着してあってもよく、あるいは現場で取着してもよいものである。また、副表面側面板7bは現場で取着するものである。
【0009】壁パネル本体3は現場で建て込まれるが、建て込みの際には副表面側面板7bは取着しておらず、壁パネル本体3の副表面側面板7bを取付けるべき部分は開口としておく。壁パネル本体3を現場で建て込んだ後、主表面側面板7aを取付けるのであるが、あらかじめ工場で主表面側面板7aを取着している場合には現場でこの作業を省略できる。
【0010】上記のようにして現場で壁パネル本体3を建て込み、更に階段Kを施工するものである。ここで、副表面側面板7bが取着される部分は階段Kよりも上方に位置する設定にしておく。そして、手摺りTを支持するための手摺ブラケット8を配置する個所に対応して壁パネル1の副表面側面板7bが取着される部分の内部の適所には補強体6を配設して取付けるものである。
【0011】補強体6は図6に示すようなもので、補強板4の裏面側に内枠5を取着して構成してある。内枠5は複数の内枠材5aよりなり、内枠5内(つまり内枠材5a間)には隙間Sが形成してある。補強体6を壁パネル本体3に内装して取付けるに当たっては、パネル枠1の枠材1a間に補強体6を配置し、補強体6の内枠材5aを釘などの固着具により枠材1aに固着することで取付けるものである。図2、図3に示す実施形態では内枠材5aを枠材1aに対して直角につき当てた状態で釘などの固着具により固着しているが、内枠材5aを枠材1aに対して平行に沿わせた状態で釘などの固着具により固着してもよいものである。ここで補強体6の前後の厚み(つまり補強板4と内枠5との合計厚み)はパネル枠1の前後厚みと同じであり、したがって、補強体6の内枠5の裏面を壁パネル本体3の裏面側面板2に当接して補強板4の表面をパネル枠1と面一となるように取付ける。
【0012】上記のように補強体6を壁パネル本体内に取付けた後、壁パネル本体3の表面側に副表面側面板7bを配設して固着するものであり、この場合、補強板4の表面がパネル枠1と面一となっているので、同じ厚みの副表面側面板7bと主表面側面板7aとを段差なくパネル枠1に取着できるものである。
【0013】手摺ブラケット8はアーム8aの後端部に固定部8bを設けるとともに前端上部に手摺受け部8cを設けて構成してあり、図1に示すように手摺ブラケット8の固定部8bを副表面側面板7b介して補強体6に釘のような固着具9により固着するものであり、これにより手摺ブラケット8を強固に取付けることができるものである。つまり、補強体6は補強板4の裏面側に内枠5を取着して構成してあって、内枠5の裏面を裏面側面板2に当接するように内装してあるので、手摺ブラケット8から副表面側面板7bを介して補強体6にかかる衝撃等がパネル枠1、裏面側面板2等により強固に支持され、この結果、手摺ブラケット8の取付け強度が向上することになる。また、補強体6は補強板4の裏面側に内枠5を取着して構成してあるので、補強板4として面積が比較的広いものを使用することができて、手摺ブラケット8の取付け位置が多少ずれても確実に取付けることができるものである。
【0014】上記のようにして取付けられた手摺ブラケット8の手摺受け部8cには手摺りTが取付けられる。
【0015】ところで、手摺りTや手摺ブラケット8に照明装置10を設ける(図4に示す実施形態では手摺りTに設けている)ことがあるが、このような場合、壁パネル内から手摺ブラケット8内に配線11を通すに当たり、手摺ブラケット8を取付ける箇所において副表面側面板7bから補強板4に至る孔12を形成することで、補強体6を設けたといえども補強体6の内枠5内(つまり内枠材5a間)の隙間Sを利用して配線11を通すことができるものである。なお、内枠5又はパネル枠1には外部から壁パネル内に配線を通すための孔13をあらかじめ形成しておくものである。このようにすることで、壁パネル内に通した配線11を孔12を通して手摺ブラケット8内に設けた配線通路15に通すして照明装置10に接続することが可能となるものである。このようにすることで外部に配線が露出しないようにできるものである。
【0016】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、パネル枠の裏面側に裏面側面板を取着した壁パネル本体内の適所に、補強板の裏面側に内枠を取着した補強体を配設固着し、補強体の内枠の裏面を壁パネル本体の裏面側面板に当接すると共に補強板の表面をパネル枠と面一とし、壁パネル本体の表面側に表面側面板を配設固着し、手摺ブラケットを表面側面板を介して補強体に固着してあるので、壁パネル本体に固着された補強体に手摺ブラケットが強固に取付けられるものであり、しかも、補強板として面積が比較的広いものを使用することができて、手摺ブラケットの取付け位置が多少ずれても確実に取付けることができて現場施工が容易となり、また、補強板の裏面の内枠に囲まれた部分を配線を通す空間として利用できて、壁パネル内から手摺ブラケット内に配線を通すことが可能となり、例えば照明付き手摺りなどが容易に構成できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013