米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 天井の構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98695(P2001−98695A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−277156
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 前田 昌則
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 細長い金属板の巾方向の略中央位置に長手方向に下向きの突条を突設してジョイナーを構成し、間隔を介して並設した複数の野縁の下面部に野縁と直交してジョイナーを配設し、間隔を介して並設した複数の野縁の下面部にわたるように天井用面板を配置し、天井用面板同士の隣接する箇所において天井用面板の側端面をジョイナーの突条に当接し且つ天井用面板の端部裏面をジョイナーの下面に当接するとともに天井用面板の端部をジョイナーを介して野縁に固着具により固着して成ることを特徴とする天井の構造。
【請求項2】 ジョイナーが両面粘着テープにより野縁の下面に仮止めされるものであることを特徴とする請求項1記載の天井の構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、天井用面板を野縁に取付けて構成する天井の構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から図6、図7に示すように、複数の野縁4を間隔を隔てて並設し、この複数の野縁4の下面部にわたるように石膏ボードのような天井用面板5を配置して釘やビス等の固着具により野縁4に固着することが行われている。
【0003】ところで、石膏ボードのような洋天井の天井用面板5としては、石膏ボードを2枚重ねたものを使用する場合と、石膏ボードを1枚使用する場合とがある。例えば、1階においては12.5mm厚のものと、9.5mm厚のものを2枚重ねたものを用い、2階においては9.5mm厚のものを1枚用いる。そして、石膏ボードを2枚重ねた天井用面板5は強度が強く波打ちが発生しにくいため、野縁4間の間隔は広くする(例えば野縁4間のピッチを455mmとする)ことができるが、石膏ボード1枚で構成する天井用面板5は強度が弱いので、野縁4間の間隔を広くすると波打ちが生じやすく、このため、野縁4間の間隔は2枚重ねたものに比べて狭くする(例えば図6に示す従来例のように野縁4間のピッチを364mmする)必要がある。
【0004】このように、従来にあっては、石膏ボード1枚で構成する天井用面板5の場合と石膏ボード2枚を重ねた天井用面板5の場合とでは野縁4間の間隔が異なり、これにより1,2階で野縁4のピッチが統一できないという問題があり、また、石膏ボード1枚で構成する天井用面板5の場合には野縁4間の間隔が狭いため、野縁4の使用本数が増え、材料コストが高くなると共に施工も面倒で時間がかかるという問題がある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、野縁間の間隔を広くしても1枚の天井用面板を用いる場合に天井用面板が波打つのを防止し、1,2階における野縁のピッチを統一でき、また、野縁の使用本数を減らしてコストダウンが図れるとともに施工も迅速にできる天井の構造を提供することを課題とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る天井の構造は、細長い金属板の巾方向の略中央位置に長手方向に下向きの突条2を突設してジョイナー3を構成し、間隔を介して並設した複数の野縁4の下面部に野縁4と直交してジョイナー3を配設し、間隔を介して並設した複数の野縁4の下面部にわたるように天井用面板5を配置し、天井用面板5同士の隣接する箇所において天井用面板5の側端面をジョイナー3の突条に当接し且つ天井用面板5の端部裏面をジョイナー3の下面に当接するとともに天井用面板5の端部をジョイナー3を介して野縁4に固着具6により固着して成ることを特徴とするものである。このような構成とすることで、野縁4間においては天井用面板5の上面端部がジョイナー3に当接されて規制されることで波打ちが防止されることになり、これにより野縁4間の間隔(野縁4のピッチ)を広くすることができ、したがって、野縁4間の間隔を石膏ボード2枚を重ねた天井用面板5を取付ける場合の隙間寸法で統一しても、石膏ボード1枚で構成する天井用面板5が波打たないように取付けることがで可能となるものである。
【0007】また、ジョイナー3が両面粘着テープ7により野縁4の下面に仮止めされることが好ましい。このような構成とすることで、ジョイナー3を野縁4に簡単に仮止めできて、施工性が向上することになる。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0009】図3には本発明のジョイナー3が示してある。ジョイナー3は細長い薄金属板の巾方向の略中央位置を長手方向にわたって下向きの突条2を突設して構成してあり、添付図面に示す実施形態では薄金属板の中央部を折り曲げて下向きの突条2を形成してある。薄金属板は厚み1mm以下、好ましくは0.5mm以下のものを用いてこの薄金属板を折曲して形成してある。
【0010】野縁4は薄金属板を折曲して構成したもので、例えば角筒状に屈曲して両端部を結合して形成してある。この野縁4を構成する薄金属板は厚み1mm以下、好ましくは0.5mm以下のものを用いてある。上記のような構成の野縁4を複数所定間隔を隔てて並設してある。野縁4と野縁4との間の間隔は、石膏ボードを2枚重ねた天井用面板5を使用する場合における野縁4間の間隔と同じ巾に設定してあり、実施形態では野縁4間の間隔はモジュールの1/2(モジュール長さが910mmの場合に野縁4間のピッチを455mm)と広くしてある。
【0011】そして、並設した複数の野縁4の下面部にわたって天井用面板5を配設して取付けるに当たっては、図1のように、ジョイナー3を間隔を介して並設した複数の野縁4の下面部に野縁4と直交して配設して取付ける。この場合、ジョイナー3の上面を野縁4の下面に両面粘着テープ7により仮止めするものである。ジョイナー3の取付け位置はジョイナー3の下向きの突条2の位置が後で施工する天井用面板5の端部の位置に該当するようにする。
【0012】上記のように複数の野縁4の下面部にジョイナー3を直交して取付けた後、間隔を介して並設した複数の野縁4の下面部にわたるように天井用面板5を配置し、天井用面板5同士の隣接する箇所において天井用面板5の側端面をジョイナー3の突条に当接するとともに天井用面板5の端部裏面をジョイナー3の下面に当接し、この状態で天井用面板5の端部をジョイナー3を介して野縁4に固着具6により固着するものである。この場合、ジョイナー3が複数の野縁4に固着されることで、複数の野縁4のレベルの不陸を解消するようになっている。
【0013】洋風天井を構成するための天井用面板5としては、例えば、石膏ボードを2枚重ねたものを使用する場合と、石膏ボードを1枚使用する場合とがある。実施形態では1階においては12.5mm厚の石膏ボードと、9.5mm厚の石膏ボードを2枚重ねたものを用い、2階においては9.5mm厚の石膏ボードを1枚用いる。ここで、野縁4間の間隔を前述のように石膏ボードを2枚重ねた天井用面板5を使用する場合における巾に設定してあるので、1階において、2枚重ねた天井用面板5が波打たないのはもちろんのこと、2階において、1枚の石膏ボードで天井用面板5を構成した天井用面板5を使用した場合でも、野縁4間においては天井用面板5の上面端部がジョイナー3に当接されて規制された状態となって波打ちが防止されるものである。したがって、上記のように野縁4間の間隔を石膏ボード2枚を重ねた天井用面板5を取付ける場合の隙間寸法で統一しても(例えば、野縁4間のピッチを455mmとしても)、石膏ボード1枚で構成する天井用面板5が波打たないように取付けることができるのである。
【0014】ここで、ジョイナー3が薄金属板を折り曲げて構成してあるにもかかわらず、突条2の存在により変形しにくくて強度が強いものとなり、したがって、天井用面板5の波打ちをジョイナー3で規制することができるものである。また、下向き突条2は隣接する天井用面板5の端部間の目地部分に存在し、この目地部分にコーキング剤を充填する場合、下向きの突条2がバックアップ材の役割りをするものである。また、下向きの突条2に天井用面板5の側端を当接することで、天井用面板5の位置決めができるものである。
【0015】ところで、ジョイナー3は和室天井の場合には所定間隔を隔てて並設した複数の野縁4に直角に野縁4の上面部に載設固着してジョイナ3により複数の野縁4レベルの不陸を解消するようになっている。また、上記のように、同一建物において1階と2階の各階における野縁4間のピッチを455mmにできるので、野縁4に対して和天井材10を直交する方向に配置して野縁4の下面部に固着することができるのはもちろんのこと、図4、図5のように野縁4に対して和天井材10を平行に配置して野縁4の下面部に固着することが可能となるものである。つまり、市販の和天井材10は一般に表面に杉柾などの木目模様の化粧層が施された石膏ボードなどの面板10aの背面に下地桟10bを固着して構成してあるが、この和天井材10の巾は455mmのものが一般的であり、したがって、野縁4間のピッチを455mmとすることで、図4のように野縁4に対して和天井材10を平行に配置しても、図5のように和天井材10の巾方向の端部の下地桟10bを野縁4の下面部の片側半部に釘やビス等の固着具6により固着し、隣接する他の和天井材10の下地桟10bを上記野縁4の下面部の他の片側半分に当接するとともに下地桟10bの突部11をすでに固着した和天井材10の下地桟10bの凹部12に嵌め込むことで取付けることができるものである。
【0016】なお、添付図面において符号15は野縁4の長手方向の中央部を吊り下げる吊り木を取付けるための吊り木受けを示し、16は野縁4の両端部を取付けるための野縁ランナーを示している。
【0017】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、細長い金属板の巾方向の略中央位置に長手方向に下向きの突条を突設してジョイナーを構成し、間隔を介して並設した複数の野縁の下面部に野縁と直交してジョイナーを配設し、間隔を介して並設した複数の野縁の下面部にわたるように天井用面板を配置し、天井用面板同士の隣接する箇所において天井用面板の側端面をジョイナーの突条に当接し且つ天井用面板の端部裏面をジョイナーの下面に当接するとともに天井用面板の端部をジョイナーを介して野縁に固着具により固着してあるので、ジョイナーにより天井用面板の端部が規制され、野縁間の間隔を広くしても1枚の天井用面板を用いる場合に天井用面板が波打つのを防止できるものであり、これにより、天井用面板として1枚の石膏ボードにより構成したもの、2枚の石膏ボードを重ねて構成したもの等種々のものに対応でき、同一建物においてこの結果、1,2階における野縁のピッチを統一でき、また、野縁の使用本数を減らしてコストダウンが図れるとともに施工も迅速にできるものである。
【0018】また、請求項2記載の発明にあっては、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、ジョイナーが両面粘着テープにより野縁の下面に仮止めされるものであるから、ジョイナーを野縁に簡単に仮止めできて、施工性が向上するものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013