米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 2部材の下地構造材への取付け構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98678(P2001−98678A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−277157
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 前田 昌則
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 下地構造材の取付け面に金属板よりなるジョイナーの下地構造材取付け片を配設するとともにジョイナーの連出片を下地構造材の側方に突出させ、下地構造材の外面部にジョイナーの下地構造材取付け片を介して第1の部材を固着具により固着し、ジョイナーの連出片に第2の部材の背面端部を当接して固着具により固着して成ることを特徴とする2部材の下地構造材への取付け構造。
【請求項2】 下地構造材を構成する間仕切りスタッドの外面部にジョイナーの下地構造材取付け片を配設するとともに下地構造材取付け片と面一の連出片を間仕切りスタッドの外面部の側方に連出し、間仕切りスタッドの外面部にジョイナーの下地構造材取付け片を介して一方の面板の端部を固着具により固着し、ジョイナーの連出片に隣接する別の面板の背面端部を当接して固着具により固着して面板同士を面一として成ることを特徴とする請求項1記載の2部材の下地構造材への取付け構造。
【請求項3】 下地構造材を構成する野縁の下面部にジョイナーの下地構造材取付け片を配設するとともに連出片を野縁の下面部の側方に連出し、野縁の下面部にジョイナーの下地構造材取付け片を介して間仕切り用の上ランナを固着具により固着し、ジョイナーの連出片に天井材の背面端部を当接して固着具により固着して成ることを特徴とする請求項1記載の2部材の下地構造材への取付け構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、共通の間仕切りスタットや野縁等の下地構造材に2つの部材を取付けるための技術に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から間仕切りAの開口部14の上の垂れ壁部分Bにおいては、図9に示すように、間仕切り用の上ランナ11と間仕切り用の下ランナ13との間に間仕切りスタット8を立設して間仕切り用の骨組みを構成し、この間仕切り用の骨組みに面板9を取着して間仕切りAを構成するようにしているが、間仕切りの開口部の上方の垂れ壁部分Bにおいては、開口部14の側部の上下に長い間仕切りスタッド8の側部に該間仕切りスタッド8と同じ断面形状の上下長さの短い短スタッド8aを沿設し、図9、図10に示すように、開口部14の側方に位置する面板9の端部背面を上下に長い間仕切りスタッド8の外面に当接して固着具7により固着し、垂れ壁部分Bの面板9の端部背面を短スタッド8aの外面に当接して固着具7により固着していた。ところが、上記従来例にあっては、開口部14の側方に配置する面板9を取付けるための上下に長い間仕切りスタッド8と垂れ壁部分Bの面板9を取付けるための短スタッド8aとの両方が必要であり、また、上下に長い間仕切りスタッド8の外面と短スタッド8aの外面とを面一にするのが難しくて段差が生じやすく、このため、図10の矢印イで示す両面板9の端部間において段差が生じて不陸が生じやすいという問題があった。
【0003】また、図11に示すように、野縁10の下面部に間仕切り用の上ランナ11を取付ける箇所において天井材12の端部を取付けるには、上記間仕切り用の上ランナ11を取付けるための野縁10の隣りに別の野縁10を設けて、この別の野縁10の下面部に天井材12の端部背面を当接して固着具7により取付けるようにしていた。このため、従来にあっては、間仕切り用の上ランナ11を取付ける野縁10の隣りに天井材12の端部を取付けるための別の野縁10が必要になるという問題があった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、単一の下地構造材に簡単な構成で2部材を取付けることができ、また、間仕切りにおいて隣接する面板を段差なく取付けることができ、更に、単一の下地構造材としての野縁に簡単な構成で上ランナと天井材とを取付けることができる2部材の下地構造材への取付け構造を提供することを課題とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る2部材の下地構造材への取付け構造は、下地構造材1の取付け面に金属板よりなるジョイナー2の下地構造材取付け片3を配設するとともにジョイナー2の連出片4を下地構造材1の側方に突出させ、下地構造材1の外面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を介して第1の部材5を固着具7により固着し、ジョイナー2の連出片4に第2の部材6の背面端部を当接して固着具7により固着して成ることを特徴とするものである。このように、第1の部材5をジョイナー2の下地構造材取付け片3を介して下地構造材1の外面部に取付けるとともに、該下地構造材1の外面部の側方に連出したジョイナー2の連出片4に第2の部材6を取付けることで、単一の下地構造材1の外面部及び外面部の側方に2部材を取付けることができるものであって、別の下地構造材1を必要としないものである。
【0006】また、下地構造材1を構成する間仕切りスタッド8の外面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を配設するとともに下地構造材取付け片3と面一の連出片4を間仕切りスタッド8の外面部の側方に連出し、間仕切りスタッド8の外面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を介して一方の面板9の端部を固着具7により固着し、ジョイナー2の連出片4に隣接する別の面板9の背面端部を当接して固着具7により固着して面板9同士を面一とすることが好ましい。このような構成とすることで、隣接する面板9同士が下地構造材1である間仕切りスタッド8の外面部に取付けられるジョイナー2の下地構造材取付け片3とこれと面一の連出片4とに取付けられることになって、隣接する面板9を単一の下地構造材1の外面部及び外面部の側方において取付けるにもかかわらず、面一に連続して取付けることができることになる。
【0007】また、下地構造材1を構成する野縁10の下面部にジョイナーの下地構造材取付け片3を配設するとともに連出片4を野縁10の下面部の側方に連出し、野縁10の下面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を介して間仕切り用の上ランナ11を固着具7により固着し、ジョイナー2の連出片4に天井材12の背面端部を当接して固着具7により固着することが好ましい。このような構成とすることで、単一の下地構造材1である野縁10の下面部と下面部の側方とに、ジョイナー2を介して上ランナ11と天井材12とを取付けることができるものである。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0009】図1乃至図3に基づいて本発明の一実施形態につき説明する。間仕切りAは上ランナ11と下ランナ13との間に上下方向に長い間仕切りスタッド8を立設して間仕切り用の骨組みを構成し、この間仕切り用の骨組みに面板9を取着して構成される。この場合、間仕切りAの開口部14の側方の面板9は該面板9の端部裏面を開口部14の側端部に位置する間仕切りスタッド8の外面に当接して取付けるものであり、該面板9の側端と間仕切りスタッド8の外面部の開口部14側の側端とが同じ位置となるように取付けられる。
【0010】ここで、本発明においては、間仕切りAの開口部14の上方の垂れ壁部分Bにおいては、開口部14の両側端部に位置する上記上下方向に長い間仕切りスタット8(本実施形態ではこの間仕切りスタッド8が下地構造材1を構成している)の上端部に図4に示すようなジョイナー2の下地構造材取付け片3を当接し、この下地構造材取付け片3を介して開口部14の側方に隣接する面板9をビス、釘等の固着具7により固着することで取付けるものである。
【0011】ジョイナー2は図4に示すようなもので、薄金属板の中央部を折り曲げて突条20を形成してあり、薄金属板の片側半部の片が下地構造材取付け片3となり、他の片側半部の片が連出片4となっており、下地構造材取付け片3と連出片4とは面一となるように構成してある。ここで、突条20をジョイナー2の全長に設けることでジョイナー2の補強をしている。薄金属板は厚み1mm以下、好ましくは0.5mm以下のものを用いてこの薄金属板を折曲してジョイナー2が形成してある。
【0012】なお、実施形態では間仕切りスタッド8は薄金属板を折曲して構成したもので、例えば角筒状に屈曲して両端部を結合して形成してある。更に、実施形態では上ランナ11、下ランナ13は薄金属板をコ字状に折曲して構成してある。これら間仕切りスタッド8、上ランナ11、下ランナ13を構成する薄金属板は厚み1mm以下、好ましくは0.5mm以下のものを用いてある。
【0013】ジョイナー2の下地構造材取付け片3を間仕切りスタッド8の上端部の外面に当接して取付けるに当たっては、図2に示すように、突条20を間仕切りスタッド8の側面部に当接することでジョイナー2の間仕切りスタッド8への位置決めをするものであり、また、必要に応じて下地構造材取付け片3を両面粘着テープにより間仕切りスタッド8の外面部に接着して仮固定し、このように位置決め状態で仮固定して下地構造材取付け片3に面板9の端部背面を当てて固着具7により固着するようにしてもよいものである。
【0014】間仕切りAの開口部14の上方の垂れ壁部分Bにおける面板9は図1,図2のように該面板9の背面端部をジョイナー2の連出片4に当接して固着具7により固着することで取付けるものである。ここで、開口部14の側方に位置する下地構造材取付け片3を介して間仕切りスタッド8に取付ける面板9が第1の部材5を構成しており、連出片4に取付ける垂れ壁部分Bの面板9が第2の部材6を構成している。そして、第1の部材5を構成する面板9と第2の部材6を構成する面板9とは同じ厚みとなっており、ジョイナー2の下地構造材取付け片3と連出片4とが面一となっているので、隣接する面板9を単一の下地構造材1の外面部及び外面部の側方において取付けるにもかかわらず、簡単な構成で面一に連続して取付けることができるものである。
【0015】なお、垂れ壁部分Bの中央部分においては上下長さの短い短スタッド8aが設けてあって、垂れ壁部分Bの面板9は中央部においてはこの上下長さの短い短スタッド8aに固着具7により固着するものである。
【0016】なお、上記実施形態では間仕切りAの開口部14の垂れ壁部分Bとこれに隣接する部分にそれぞれ面板9を取付ける例で説明したが、腰壁部分においても同様にジョイナー2を用いて隣接する両面板9が面一となるように間仕切りスタッド8に取付けることができるものであり、また垂れ壁部分Bや腰壁部分のみでなく、間仕切り壁Aの他の部位においても同様にジョイナー2を用いて隣接する両面板9が面一となるように間仕切りスタッド8に取付けることができるものである。
【0017】次に、図5、図6に本発明の他の実施形態につき説明する。本実施形態では、ジョイナー2は前述の図4に示すものを用いる。そして、下地構造材1を構成する野縁10の下面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を配設するとともに連出片4を野縁10の下面部の側方に連出し、この状態で野縁10の下面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を介して間仕切り用の上ランナ11(本実施形態ではこの間仕切り用の上ランナ11が第1の部材5となる)を固着具7により固着して取付ける。この場合、突条20を野縁10の側面にあてることでジョイナー2の野縁10に対する取付け位置の位置決めができるものである。また、野縁10の下面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を両面粘着テープで接着してジョイナー2を野縁10に仮取付けした状態で野縁10の下面部にジョイナー2の下地構造材取付け片3を介して間仕切り用の上ランナ11を固着具7により固着してもよいものである。
【0018】上ランナ11には面板9を当接して固着具7により固着されるものである。また、野縁10の下面部の側方に連出したジョイナー2の連出片4に天井材12(本実施形態ではこの天井材12が第2の部材6となる)の背面端部を当接して固着具7により固着するものである。このようにすることで、図11に示す従来例のように間仕切り用の上ランナ11を取付ける野縁10の隣りに天井材12の端部を取付けるための別の野縁10を必要としないものである。
【0019】図5、図6に示す実施形態では図4に示す2個のジョイナー2を野縁10の下面部の両側に取付ける例を示しているが、図7に示すような形状のジョイナー2を図8に示すように野縁10の下面部に取付けてもよいものである。図7に示すジョイナー2は一枚の薄金属板を折曲して構成してあるが、中央部の下地構造材取付け片3の両側にそれぞれ突条20を設け、突条20の側方にそれぞれ連出片4を連出してあり、両連出片4と下地構造材取付け片3とが面一となっている。また、両突条20間の巾が野縁10の巾と同じ巾となっており、両突条20が野縁10の両側面に当接するように嵌め込むことで正確な位置にジョイナー2を嵌め込むことができるようになっている。本実施形態では一つのジョイナー2の両側に連出片4を設けてあることで、一つのジョイナー2の両側にそれぞれ天井材12を取付けることができて、構造がいっそう簡略化され、施工も迅速且つ正確に行えるものである。
【0020】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、下地構造材の取付け面に金属板よりなるジョイナーの下地構造材取付け片を配設するとともにジョイナーの連出片を下地構造材の側方に突出させ、下地構造材の外面部にジョイナーの下地構造材取付け片を介して第1の部材を固着具により固着し、ジョイナーの連出片に第2の部材の背面端部を当接して固着具により固着してあるので、単一の下地構造材の外面部及び外面部の側方に2部材を取付けることができるものであって、2部材の取付けに当たって別の下地構造材を必要とせず、構造が簡略化してコストダウンが図れるとともに施工も簡単に行えるものである。
【0021】また、請求項2記載の発明にあっては、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、下地構造材を構成する間仕切りスタッドの外面部にジョイナーの下地構造材取付け片を配設するとともに下地構造材取付け片と面一の連出片を間仕切りスタッドの外面部の側方に連出し、間仕切りスタッドの外面部にジョイナーの下地構造材取付け片を介して一方の面板の端部を固着具により固着し、ジョイナーの連出片に隣接する別の面板の背面端部を当接して固着具により固着して面板同士を面一としてあるので、隣接する面板同士が下地構造材1である間仕切りスタッドの外面部に取付けられるジョイナーの下地構造材取付け片とこれと面一の連出片とに取付けられることになって、隣接する面板を単一の下地構造材の外面部及び外面部の側方において取付けるにもかかわらず、簡単な構成で隣接する面板を面一に連続して取付けることができるものである。
【0022】また、請求項3記載の発明にあっては、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、下地構造材を構成する野縁の下面部にジョイナーの下地構造材取付け片を配設するとともに連出片を野縁の下面部の側方に連出し、野縁の下面部にジョイナーの下地構造材取付け片を介して間仕切り用の上ランナを固着具により固着し、ジョイナーの連出片に天井材の背面端部を当接してあるので、単一の下地構造材である野縁の下面部と下面部の側方とに、ジョイナーを介して上ランナと天井材とを取付けることができ、従来のように、間仕切り用の上ランナを取付ける野縁の隣りに天井材の端部を取付けるための別の野縁を必要とせず、構造が簡略化してコストダウンが図れるとともに施工も簡単に行えるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013