米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 間仕切り装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98676(P2001−98676A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−277159
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 前田 昌則
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 複数の間仕切りスタッドが間隔をあけて立設され、各間仕切りスタッドの両面にそれぞれ面板が取着されて間仕切りが構成されている間仕切り装置において、上記間仕切りは、第1の間仕切り壁と、第1の間仕切り壁の一方の面板に端部が突き当てられるようにして配置される第2の間仕切り壁とからなり、上記第1の間仕切り壁の一方の面板に突き当てられる第2の間仕切り壁の端部の面板間にコーナースタッドが立設され、コーナースタッドの外側面に第2の間仕切り壁の各面板の内面に配置される側片とこの側片から外側方に連出されて第1の間仕切り壁の一方の面板の内面に配置される連出片とを有するハット型連結金具が設けられ、第2の間仕切り壁の各面板がハット型連結金具の側片を介してコーナースタッドにそれぞれ固着されると共に第1の間仕切り壁の一方の面板がハット型連結金具の連出片に固着されてなることを特徴とする間仕切り装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、間仕切り装置に関し、詳しくは例えば石膏ボード仕様の固定型の間仕切り装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、図5に示すように、複数の間仕切りスタッド6が間隔をあけて立設され、各間仕切りスタッド6の両面にそれぞれ石膏ボードなどの面板が取着されて間仕切り2が構成された間仕切り装置において、上記間仕切り2をT字状に交差するように配置された第1の間仕切り壁3と第2の間仕切り壁4とで構成したものが知られている。その一例として、第1の間仕切り壁3の一方の面板7を開口部15をはさんで左側の面板7aと右側の面板7bとで構成し、この開口部15に第2の間仕切り壁4の端部4aを突き当てるように配置し、この第2の間仕切り壁4の端部4aにおける面板10,11間に第1のコーナースタッド9Aを立設して、固着具40にて各面板10,11をコーナースタッド9Aに固着している。さらに第1の間仕切り壁3の左側の面板7aと他方の面板11との間に第2のコーナースタッド9Bを立設すると共に、第1の間仕切り壁3の右側の面板7bと他方の面板11との間に第3のコーナースタッド9Cを立設して、固着具41,42にて各面板7(7a,7b),8をコーナースタッド9B,9Cにそれぞれ固着している。このように3本のコーナースタッド9A,9B,9Cを用いることで、第1の間仕切り壁3と第2の間仕切り壁4との交差部において、各面板7,8,10,11の垂直出しが行われている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、従来では間仕切り2の交差部においてコーナースタッド9A,9B,9Cを3本立設する必要があり、このためスタッド数が増えて材料コストアップを招くうえに、固着具40,41,42による固着箇所も6箇所と多くなり、施工に非常に手間がかかるものであった。そのうえコーナースタッド9B,9Cを追加することで第1の間仕切り壁3における他方の面板8の垂直出しが困難となっていた。つまり、間仕切りスタッド6間の距離Dは一般に455mmと長く、このため仮に間仕切りスタッド6の寸法誤差や設置誤差等によって各間仕切りスタッド6の外面同士を結ぶ面が平面とならなくても、間仕切りスタッド6間の距離Dを長くすることでその寸法誤差を吸収できるが、従来のようにコーナースタッド9B,9Cを追加すると、間仕切りスタッド6及びコーナースタッド9B,9Cの相互間距離d1,d2,d3がそれぞれ上記距離Dよりも短くなってスタッド6,9B,9Cによる寸法誤差を吸収できなくなり、例えば石膏ボードによって面板8が構成されている場合は、石膏ボードの折れが発生しやすくなり、結果として石膏ボード表面に壁材を貼ったときに間仕切り壁の表面に不陸が発生しやすくなるという問題がある。
【0004】本発明は、上記従来の課題に鑑みてなされたもので、その目的とするところは、コーナースタッドの数を減らした構造でありながら、間仕切り壁の不陸発生を容易且つ確実に防止でき、外観の向上と施工性の向上とを図ることができる間仕切り装置を提供するにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明は、複数の間仕切りスタッド6が間隔をあけて立設され、各間仕切りスタッド6の両面にそれぞれ面板が取着されて間仕切り2が構成されている間仕切り装置1において、上記間仕切り2は、第1の間仕切り壁3と、第1の間仕切り壁3の一方の面板7に端部4aが突き当てられるようにして配置される第2の間仕切り壁4とからなり、上記第1の間仕切り壁3の一方の面板7に突き当てられる第2の間仕切り壁4の端部4aの面板10,11間にコーナースタッド9が立設され、コーナースタッド9の外側面に第2の間仕切り壁4の各面板10,11の内面に配置される側片13とこの側片13から外側方に連出されて第1の間仕切り壁3の一方の面板7の内面7cに配置される連出片14とを有するハット型連結金具12が設けられ、第2の間仕切り壁4の各面板10,11がハット型連結金具12の側片13を介してコーナースタッド9にそれぞれ固着されると共に第1の間仕切り壁3の一方の面板7がハット型連結金具12の連出片14に固着されてなることを特徴としており、このように構成することで、ハット型連結金具12を用いることによってコーナースタッド9の数を従来の3本から1本に減らすことができる。従って、交差部における第1の間仕切り壁3と第2の間仕切り壁4の各面板7,8,10,11同士の連結を1本のコーナースタッドで確実に行うことができ、しかもハット型連結金具12によって各間仕切り壁3,4の垂直出しを行うことができるので、コーナースタッドを減らした構造でありながら、間仕切り壁の不陸防止を図ることができる。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0007】この間仕切り装置1は、図示省略した床面に取り付けた下ランナーと天井面に取り付けた上ランナーとの間に複数の間仕切りスタッド6を立設して間仕切り2の骨組が構成されており、図1に示すように、間仕切りスタッド6の両面に石膏ボード仕様の面板7,8等をそれぞれ取着して間仕切り2が構成されている。
【0008】本実施形態の間仕切り2は、第1の間仕切り壁3と第2の間仕切り壁4とからなり、第1の間仕切り壁3の一方の面板7に第2の間仕切り壁4の端部4aが突き当てられるようにしてT字状に交差して配置されている。なお、第1の間仕切り壁3(第2の間仕切り壁4も同様)における間仕切りスタッド6,6間の間隔Dは一定寸法(例えば455mm)に設定されている。
【0009】ここでは、上記第1の間仕切り壁3の一方の面板7は、開口部15をはさんで左側の面板7aと右側の面板7bとで構成されており、この開口部15に第2の間仕切り壁4の端部4aが挿入されており、この第2の間仕切り壁4の端部4aにおける面板10,11間に1本のコーナースタッド9が立設されている。このコーナースタッド9は、図3に示すように、薄金属板を折曲して構成したもので、例えば角筒状に折曲して両端部9eを結合して形成してある。また、このコーナースタッド9を構成する薄金属板は厚み1mm以下、好ましくは0.5mm以下のものを用いてある。そして、コーナースタッド9の一側壁9cに対して第2の間仕切り壁4の一方の面板10が固着されており、コーナースタッド9の他側壁9dに対して第2の間仕切り壁4の他方の面板11が固着されるようになっている。なお、コーナースタッド9の前面9aは、第1の間仕切り壁3の一方の面板7の内面7cと略面一状に配置してある。
【0010】上記コーナースタッド9には、第1の間仕切り壁3と第2の間仕切り壁4とを互いに連結するためのハット型連結金具12が設けられている。本例のハット型連結金具12は、図2に示すように、細長い薄金属板からなり、その厚みは1mm以下、好ましくは0.4mm以下のものを用いてある。この薄金属板の中央部を折り曲げて一方の側片13と頂片13aと他方の側片13とを形成し、一方の側片13から左側に向かって一方の連出片14を連出させ、他方の側片13から右側に向かって他方の連出片14を連出させてある。
【0011】しかして、先ず図3のようにハット型連結金具12の頂片13aをコーナースタッド9の後面9bに沿わせ、両側片13をコーナースタッド9の両側壁9c,9dにそれぞれ沿わせた状態で、一方の連出片14を第1の間仕切り壁3の左側の面板7aの内面7cに当接させ、且つ他方の連出片14を第1の間仕切り壁3の左側の面板7aの内面7cに当接させる。このときハット型連結金具12を両面粘着テープ等を用いてコーナースタッド9に仮止めするのが好ましい。これにより、固着具40,41を打ち込む前にコーナースタッド9に対するハット連結金具12のずれ動きを防止でき、作業がはかどる。
【0012】次に、ネジ等の固着具40を第2の間仕切り壁4の面板10(面板11も同様)からハット型連結金具12の側片13を貫通してコーナースタッド9の一側壁9cに螺着することで、第2の間仕切り壁4の各面板10,11をコーナースタッド9に対して固着できる。さらに別のネジ等の固着具41を第1の間仕切り壁3の面板7a(面板7bも同様)からハット型連結金具12の連出片14に螺着することで、第1の間仕切り壁3の各面板7a,7bをハット型連結金具12を介して上記コーナースタッド9に対して固着できるようになる。
【0013】このように、ハット型連結金具12を用いることによって平面視T字状の交差部において第1の間仕切り壁3と第2の間仕切り壁4との連結を1本のコーナースタッド9で確実に行うことができる。従って、コーナースタッド9の数を従来の3本から1本に減らすことができるので、材料コストアップを防止でき、しかも固着具40,41による固着箇所も従来の6箇所から3箇所に減ることで、施工が非常に容易となる。さらに、ハット型連結金具12の連出片14によって、図3に示すように、第2の間仕切り壁4の面板10の先端部10aと第1の間仕切り壁3の面板7a,7bの各内面7cとを面一状に配置できるので、交差部における各面板7,8,10,11の垂直出しが容易且つ正確にできるようになる。そのうえ、第1の間仕切り壁3の面板7,8間には従来のようにコーナースタッドは追加されないので、第1の間仕切り壁3における間仕切りスタッド6,6間の距離Dを従来と同じ455mmに広げることができて、コーナースタッドの寸法誤差等に起因する石膏ボードの折れ発生を未然に防止でき、結果として石膏ボード表面に壁材を貼ったときの不陸防止対策に万全を期すことができる。
【0014】なお、ハット型連結金具12は、コーナースタッド9の全長にわたって延びる長尺状のものに限定されず、ピース状のものであってもよい。
【0015】また、前記実施形態では第1の間仕切り壁3の一方の面板7のみに第2の間仕切り壁4をT字状に交差させた例を説明したが、もちろんこれに限定されず、例えば図4に示すように、第1の間仕切り壁3の他方の面板8にも別の第2の間仕切り壁4´をT字状に交差させてもよいものであり、この場合においても、本発明のハット型連結金具12を用いることで、コーナースタッド9を1本追加するだけでよいものである。
【0016】前記実施形態では、石膏ボード仕様の間仕切りについて説明したが、もちろん、石膏ボード以外の他の材料にも広く適用され得るものである。
【0017】
【発明の効果】上述のように請求項1記載の発明にあっては、複数の間仕切りスタッドが間隔をあけて立設され、各間仕切りスタッドの両面にそれぞれ面板が取着されて間仕切りが構成されている間仕切り装置において、上記間仕切りは、第1の間仕切り壁と、第1の間仕切り壁の一方の面板に端部が突き当てられるようにして配置される第2の間仕切り壁とからなり、上記第1の間仕切り壁の一方の面板に突き当てられる第2の間仕切り壁の端部の面板間にコーナースタッドが立設され、コーナースタッドの外側面に第2の間仕切り壁の各面板の内面に配置される側片とこの側片から外側方に連出されて第1の間仕切り壁の一方の面板の内面に配置される連出片とを有するハット型連結金具が設けられ、第2の間仕切り壁の各面板がハット型連結金具の側片を介してコーナースタッドに固着されると共に第1の間仕切り壁の一方の面板がハット型連結金具の連出片に固着されてなるので、ハット型連結金具を用いることによってコーナースタッドの数を従来の3本から1本に減らすことができる。しかも、交差部における第1の間仕切り壁と第2の間仕切り壁の垂直出しを1本のコーナースタッドとハット型連結金具とを用いて容易且つ確実に行うことができるので、材料コストアップを防いで施工性の向上を図ることができる。さらに、ハット型連結金具によって間仕切り壁の垂直出しを行うことができるので、コーナースタッドを減らした構造でありながら、間仕切り壁の不陸防止対策に万全を期すことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013