米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 補強面板の取り付け構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98670(P2001−98670A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−277158
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E002
2E110
【Fターム(参考)】
2E002 EB12 FA02 FA09 FB05 FB07 FB11 FB12 FB24 GA02 HA00 HA03 HB02 JD02 MA06 MA07 MA48 
2E110 AA42 AA50 AB03 AB04 AB23 GA13Y GA13Z GA33W GA33X GA33Z GA34Z GB02Z GB12W
発明者 前田 昌則
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 天井材、内装壁材、外装壁材等の表面材を野縁、柱材等の支持部材に貼り、一対の支持部材間に補強面板を装着して表面材を局部的に補強する補強面板の取り付け構造において、細長い金属板の取り付け板の幅方向の略中央の位置で長手方向に亙って突条を設けると共に取り付け板の突条の両側に夫々第1取り付け面と第2取り付け面を設け、一対の支持部材に上記取り付け板を配置して突条を一対の支持部材の対向する側の縁に沿わせると共に第1取り付け面を支持部材に固着具にて固着し、一対の支持部材間に配置した補強面板の端縁を取り付け板の突条に沿わせると共に取り付け板の第2取り付け面を補強面板に固着具にて固着して成ることを特徴とする補強面板の取り付け構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は天井に照明器具を取り付けたり、壁に手摺りを取り付けたり、壁に水道のカランを取り付けたり、天井や壁にエアコンの室内機を取り付けたりする場合に天井や壁を補強するために補強面板を取り付ける構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、天井に照明器具等を取り付けるために天井を補強する場合、図4のような構造を採用していた。天井には野縁1aを所定の間隔を隔てて架設してあり、この野縁1aの下面側に天井材2aを配置して天井材2aを野縁1aに固着することにより天井材2aを貼ってある。そして照明器具等を取り付ける部分では天井材2aの上に合板等の補強面板3を配置し、隣り合う野縁1a間に補強面板3が装着される。この補強面板3を取り付ける場合、図5に示すような断面コ字状の取り付け材4が補強面板3の野縁1aと直交する端縁に沿って配置され、取り付け材4の両端がビス等の固着具5にて野縁1aに固着され、補強面板3の端縁が取り付け材4の下のフランジ4aに載せられ、取り付け材4から補強面板3にビス等の固着具6を打入して取り付け材4に補強面板3が取り付けられている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記のように補強面板3を取り付けることで天井が補強されるが、天井によって野縁1aの間隔Lはまちまちであり、補強面板3を取り付ける場合、補強面板3の巾を野縁1a間の間隔に合わせるのみならず、野縁1aの間の間隔に応じた長さの取り付け材4を用意しなければならなく、施工に手間やコストがかかるという問題がある。
【0004】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、補強面板の巾を支持部材の間隔に合わせれば支持部材間の間隔が変わっても同じ部材で施工できて施工に手間やコストがかからない補強面板の取り付け構造を提供することを課題とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するための本発明の補強面板の取り付け構造は、天井材2a、内装壁材、外装壁材等の表面材2を野縁1a、柱材等の支持部材1に貼り、一対の支持部材1間に補強面板3を装着して表面材2を局部的に補強する補強面板の取り付け構造において、細長い金属板の取り付け板7の幅方向の略中央の位置で長手方向に亙って突条8を設けると共に取り付け板7の突条8の両側に夫々第1取り付け面9と第2取り付け面10を設け、一対の支持部材1に上記取り付け板7を配置して突条8を一対の支持部材1の対向する側の縁に沿わせると共に第1取り付け面9を支持部材1に固着具11にて固着し、一対の支持部材1間に配置した補強面板3の端縁を取り付け板7の突条8に沿わせると共に取り付け板7の第2取り付け面10を補強面板3に固着具12にて固着して成ることを特徴とする。上記のように支持部材1に沿わせて取り付けた取り付け板7にて補強面板3を取り付けることにより、隣り合う支持部材1の間隔が変わっても補強面板3の巾を変えるだけで補強面板3を取り付けることができ、施工に手間やコストがかからない。また取り付け板7の突条8にて取り付け板7や補強面板3を位置決めして取り付けることができて容易に施工できる。また突条8にて取り付け板7を補強できて取り付け板7で補強面板3を強固に取り付けることができる。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、天井に照明器具やエアコンの室内機を取り付けるために天井を補強する例を図1乃至図3により説明する。本例の場合、支持部材1は野縁1aであり、天井に所定の間隔を隔てて水平に架設してある。かかる野縁1aは比較的厚さの薄い金属板(厚さ0.5mm程度)を角筒状の折り曲げて形成されている。また本例の場合、表面材2は天井材2aであり、例えば石膏ボードである。この天井材2aは野縁1aの下に配置され、野縁1aに天井材2aが固定されている。
【0007】補強面板3は合板等で形成された矩形状の板である。取り付け板7は比較的厚さの薄い金属板で細長い矩形状に形成されており、取り付け板7の巾方向の略中央の位置で長手方向に亙るように突条8を一体に設けてあり、取り付け板7の両側には突条8を境として第1取り付け面9と第2取り付け面10を設けてある。かかる取り付け板7を形成する金属板の厚さは1mm以下の薄いものであり、好ましくは0.5mm以下の薄いものである。上記突条8は取り付け板7を曲げ加工することにより形成してあっても溶接等で別部材を取り付けることにより形成してあってもよい。
【0008】しかして天井に補強面板3を取り付ける補強する場合次のように行われる。隣り合う野縁1aの間隔Lに合わせて切断した補強面板3の両側に夫々取り付け板7を配置し、補強面板3の端縁を突条8に当接すると共に補強面板3の下面に第2取り付け面10を夫々当接し、ビス等の固着具12を取り付け板7から補強面板3に打入して補強面板3に取り付け板7を取り付ける。そして天井材2aを取り付ける前に上記補強面板3を隣り合う野縁1a間に嵌め込み、取り付け板7の突条8を野縁1aに沿わせると共に第1取り付け面9を野縁1aの下面に当接し、ビス等の固着具11を取り付け板7から野縁1aに打入して取り付け板7を野縁1aに取り付ける。このように補強面板3を取り付けた後天井材2aを取り付ける。このように補強面板3を取り付けることにより、野縁1aの間隔が変わっても補強面板3の巾を変えるだけで同じ取り付け板7を用いて補強面板3を取り付けることができる。
【0009】なお、上記例では支持部材1を野縁1aとし、表面材2を天井材2aとして天井の照明器具やエアコンを取り付ける部分を補強するものについて述べたが、支持部材1を柱材とし、表面材2を外装壁材や内装壁材とし、手摺りを取り付ける部分や水道のカランを取り付ける部分や壁用のエアコンの室内機を取り付ける部分を補強する場合も同様に実施できる。
【0010】
【発明の効果】本発明は、細長い金属板の取り付け板の幅方向の略中央の位置で長手方向に亙って突条を設けると共に取り付け板の突条の両側に夫々第1取り付け面と第2取り付け面を設け、一対の支持部材に上記取り付け板を配置して突条を一対の支持部材の対向する側の縁に沿わせると共に第1取り付け面を支持部材に固着具にて固着し、一対の支持部材間に配置した補強面板の端縁を取り付け板の突条に沿わせると共に取り付け板の第2取り付け面を補強面板に固着具にて固着しているので、支持部材に沿わせて取り付けた取り付け板にて補強面板を取り付けることができるものであって、隣り合う支持部材の間隔が変わっても補強面板の巾を変えるだけで補強面板を取り付けることができ、施工に手間やコストがかからないものであり、また取り付け板の突条にて取り付け板や補強面板を位置決めして取り付けることができて容易に施工できるものであり、また突条にて取り付け板を補強できて取り付け板で補強面板を強固に取り付けることができるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013