米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 連窓の構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−98669(P2001−98669A)
公開日 平成13年4月10日(2001.4.10)
出願番号 特願平11−277161
出願日 平成11年9月29日(1999.9.29)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E002
【Fターム(参考)】
2E002 EA01 EB12 EC00 EC02 FA02 FA03 FB09 FB16 HA03 HB16 JC02 JC03 JD01 JD16 MA01 
発明者 山本 雅史 / 大畠 健二 / 西尾 和典 / 肥塚 隆士
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 壁パネル本体の開口部に窓枠サッシをあらかじめ組み込んだ壁パネルを複数隣接して配設すると共に、窓枠サッシ同士を隣接させて成ることを特徴とする連窓の構造。
【請求項2】 複数の窓枠サッシを壁パネル本体に窓枠サッシ同士が隣接するようにあらかじめ組み込んであることを特徴とする請求項1記載の連窓の構造。
【請求項3】 壁パネル本体の開口部に組み込んだ窓枠サッシの表面側の側端部と壁パネル本体の側端部とを一致させ、隣接する壁パネルの窓枠サッシの側端間の目地部分に金属製の縁材を配設して成ることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の連窓の構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、複数の窓枠サッシが連続する連窓の構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から複数の窓枠サッシを連続させる連窓が知られている。従来、連窓を構成するには、図10に示すように現場においてアルミ方立20や、アルミ無目21を枠組みし、このアルミ方立20や、アルミ無目21の枠組み体22に複数の窓枠サッシ3を取付けて面積の大きな連窓枠サッシ体を形成し、この連窓枠サッシ体を建物Aの開口部23にはめ込んで取付けることで、連窓を形成するようにしている。
【0003】ところが、上記の従来例にあっては、現場においてアルミ方立20や、アルミ無目21の枠組み体22に複数の窓枠サッシ3を取付けて面積の大きな連窓枠サッシ体を形成しなければならず、現場作業に手間がかかると共に現場で組み立てるために組み立て精度にばらつきがあり、しかも、現場において大面積の連窓枠サッシ体を建物Aの開口部23に嵌め込んで取付けるため、作業が大がかりとなるとともに作業性も悪いという問題がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、簡単な現場作業で精度のよい連窓を構成でき、また、簡単な構成で隣接する窓枠サッシ同士の連続性を現出できる連窓の構造を提供することを課題とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る連窓の構造は、壁パネル本体1の開口部2に窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4を複数隣接して配設すると共に、窓枠サッシ3同士を隣接させて成ることを特徴とするものである。このような構成とすることで、現場では窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4を隣接して配設することで、簡単に連窓を構成することができるものである。
【0006】また、複数の窓枠サッシ3を壁パネル本体1に窓枠サッシ3同士が隣接するようにあらかじめ組み込んであることが好ましい。このように壁パネル本体1に複数の窓枠サッシ3を組み込んであることで、複数の窓枠サッシ3が連続した連窓付きの壁パネル4を構成することができる。
【0007】また、壁パネル本体1の開口部2に組み込んだ窓枠サッシ3の表面側の側端部と壁パネル本体1の側端部とを一致させ、隣接する壁パネル4の窓枠サッシ3の側端間の目地部分に金属製の縁材5を配設することが好ましい。このような構成とすることで、窓枠サッシ3を組み込んだ壁パネル4を隣接して配設して連窓を形成するに当たり、金属製の縁材5を介して隣接する窓枠サッシ3同士が連続した連窓とすることができるものである。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0009】壁パネル本体1は木製の枠体1aにより主体が構成してあり、木製の枠体1aのみ、または木製の枠体1aの一部に面板1bを取着したものである。壁パネル本体1には窓枠サッシ3を取付けるための開口部2が形成してあり、この開口部2に枠組みされた窓枠サッシ3を組み込んで壁パネル4が構成してある。このように壁パネル本体1の開口部2に窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4はあらかじめ工場で形成されるものであり、したがって、壁パネル4に窓枠サッシ3を現場で取付ける場合と比べて精度良く組み込んで取付けることができるものである。
【0010】壁パネル本体1に窓枠サッシ3を取付けるには、1つの窓枠サッシ3を壁パネル本体1に取付ける場合と、図5に示すように1つの壁パネル本体1に窓枠サッシ3を取付けるための複数の開口部2を上下方向や横方向に連続して形成し、この連続して形成した複数の開口部2にそれぞれ窓枠サッシ3を取付ける場合とがある。ここで、2つ以上の窓枠サッシ3を壁パネル本体1に取付ける場合、同一種類の窓枠サッシ3を2つ以上取付けてもよく、あるいは異なる種類の複数の窓枠サッシ3を取付けてもよいものである。
【0011】図4には壁パネル本体1に複数の窓枠サッシ3を取付ける場合における実施形態が示してあり、壁パネル本体1に設けた隣接する開口部2間に位置する木製の枠材1aの外面部に隣接して取付ける窓枠サッシ3の端部の取付け片14を固着具15により固着し、隣接する窓枠サッシ3間の目地部分にコーキング剤10’を充填して隣接する両固着片14を覆い、更に、目地部分に充填したコーキング剤10’の表面側に金属製の縁材5’を配設してある。
【0012】縁材5’は金属板部5a’の裏面中央部に両側面に凹凸部を有する埋込脚片部5b’を突設したもので、埋め込み脚片部5b’をコーキング剤10’部分に差し込んで埋め込むことで縁材5’を取付けるとともに金属板部5a’により目地部分のコーキング剤10’を覆ってあり、金属板部5a’の両端部は窓枠サッシ3の側端部の段部12’に当接してあって、1つの壁パネル本体1に取付けた複数の窓枠サッシ3が一体に連続した外観にできるものである。なお、縁材5’は窓枠サッシ3と同じ色で且つ窓枠サッシ3と同じ材料(アルミニウム製)にすると、より連窓の連続性・一体感を現出することができるものである。
【0013】窓枠サッシ3としては、引き戸タイプの窓枠サッシ3a、開き戸タイプの窓枠サッシ3b、はめ殺しタイプの窓枠サッシ3c等があり、これら窓枠サッシ3の巾寸法は建物のモジュールに比例した長さ、例えば建物のモジュールをMとした場合、0.5M、1M、1.5M、2M、3M……という寸法となっている。そして0.5Mの壁パネル4には0.5Mの窓枠サッシ3が取付けてあり、1Mの壁パネル4には1Mの窓枠サッシ3が取付けてあるというように窓枠サッシ3とこれを取付けた壁パネル4とは同じ横巾となっている。つまり、窓枠サッシ3を壁パネル本体1の開口部2に取付けた状態で、壁パネル本体1の開口部2に組み込んだ窓枠サッシ3の表面側の側端部と壁パネル本体1の側端部とを一致させてある。
【0014】上記のような構成の窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4を現場に運んで建て込むものである。この場合、壁パネル本体1の開口部2に窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4を複数隣接して建て込むと共に、窓枠サッシ3同士を隣接させて連窓を構成するのである。ここで、窓枠サッシ3を組み込んだ壁パネル4の種類を選択して並設することで種々の形態の連窓を構成することができる(例えば、図7、図8、図9等に示すように種々の形態の壁パネル4を選択して並設することで種々の形態の連窓を構成することができる)ものである。
【0015】窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4同士を並設するに当たっては、図2に示すように壁パネル4間にスペーサ部材11を介在させて並設する。そして、上記のように窓枠サッシ3をあらかじめ組み込んだ壁パネル4同士を並設することで形成される隣接する窓枠サッシ3間の目地部分にコーキング剤10を充填し、更に、目地部分に充填したコーキング剤10の表面側に金属製の縁材5を配設してある。
【0016】縁材5は金属板部5aの裏面中央部に両側面に凹凸部を有する埋込脚片部5bを突設したもので、埋め込み脚片部5bをコーキング剤10部分に差し込んで埋め込むことで縁材5を取付けるとともに金属板部5aにより目地のコーキング剤10を覆ってあり、金属板部5aの両端部は窓枠サッシ3の側端部の段部12に当接してある。そして、前述のように、窓枠サッシ3の表面側の側端部と壁パネル本体1の側端部とを一致させてあることで、図2に示すように隣接する壁パネル4の窓枠サッシ3の側端間の目地底に配設された金属製の縁材5を介して隣接する窓枠サッシ3が一体に連続した外観にできるものであり、特に、金属製の縁材5が従来のアルミ方立と同じ外観を呈して連窓の連続性・一体感を現出することができるものである。なお、縁材5は窓枠サッシ3と同じ色で且つ窓枠サッシ3と同じ材料(アルミニウム製)にすると、より連窓の連続性・一体感を現出することができるものである。
【0017】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、壁パネル本体の開口部に窓枠サッシをあらかじめ組み込んだ壁パネルを複数隣接して配設すると共に、窓枠サッシ同士を隣接させてあるので、現場では窓枠サッシをあらかじめ組み込んだ壁パネルを隣接して配設することで、簡単に連窓を構成することができるものであり、この結果、簡単な現場作業で精度のよい連窓を構成できるものである。
【0018】また、請求項2記載の発明にあっては、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、複数種類の窓枠サッシを壁パネル本体に窓枠サッシ同士が隣接するようにあらかじめ組み込んであるので、複数の窓枠サッシが連続した連窓付きの壁パネルを簡単に構成することができる。
【0019】また、請求項3記載の発明にあっては、上記請求項1又は請求項2記載の発明の効果に加えて、壁パネル本体の開口部に組み込んだ窓枠サッシの表面側の側端部と壁パネル本体の側端部とを一致させ、隣接する壁パネルの窓枠サッシの側端間の目地部分に金属製の縁材を配設してあるので、窓枠サッシを組み込んだ壁パネルを隣接して配設して連窓を形成するに当たり、金属製の縁材を介して隣接する窓枠サッシ同士が連続した連窓とすることができ、この結果、簡単な構成で隣接する窓枠サッシ同士の連続性を現出できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013