Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
下地桟への面板の取付け構造 - ナショナル住宅産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 下地桟への面板の取付け構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−90230(P2001−90230A)
公開日 平成13年4月3日(2001.4.3)
出願番号 特願平11−268918
出願日 平成11年9月22日(1999.9.22)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E110
2E125
【Fターム(参考)】
2E110 AB04 BA03 GB16W GB16X 
2E125 AA02 AA53 AB16 AC13 AE11 AG20 BB14 BB31 BC02 BD01 BE03 BE08 BF01 CA02 CA14 CA19 CA72 CA78 EA01 EA31
発明者 中村 宮雄 / 木村 法義
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 断面コ字状の連結金具を隣接する下地桟に被嵌して断面コ字状の連結金具の両側片により隣接する下持桟を挟持して連結するとともに隣接する下地桟の外面を面一とし、連結金具により連結した隣接する下地桟の一方の下地桟の外面に一方の面板を配設して取付けるとともに他方の下地桟の外面に他方の面板の端部を配設して取付けて両面板を面一として成ることを特徴とする下地桟への面板の取付け構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、間仕切り壁などにおいて内装材である面板を下地桟に取付けるための技術に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から建物内の空間を間仕切りするに当たっては、図6に示すように、まず金属製の上ランナ20、下ランナ21、金属製の縦桟材21を組み立てて間仕切り用骨組み22を構成する。この場合、該間仕切り用骨組み22に対応する部位に間仕切りの出入り口用開口部4となる部分を形成する。その後、間仕切り用骨組み22に面板2を取着することで間仕切り壁を形成するようにしている。ここで、出入り用開口部4の上部の垂れ壁部分においては上下に長い縦桟材21aの上部の内側に沿って上下長さの短い縦桟材21bを取付け、垂れ壁部分においては、図7に示すような垂れ壁用の面板を取着しており、この垂れ壁用の面板の端部は上下長さの短い縦桟材21bの外面に配置して取付けられ、また、出入り用開口部4の側部に位置する隣接の面板2は端部を上下に長い縦桟材21aの外面部に配置して取付けられるようになっている。
【0003】ところが、上下に長い縦桟材21aの隣りに上下長さの短い縦桟材21bを配設して取付けた場合、縦桟材21aと縦桟材21bとに段差ができる場合があり、このため、垂れ壁部分における面板2と隣接の面板2とに段差が生じてしまい、これら面板2の表面にクロスを張ると、段差部分でクロスに皺ができてしまうという問題がある。
【0004】なお、図8に示すように面板2を切り落として逆L字状に形成したものを図6の間仕切り用骨組み22の出入り用開口部4の両側に配置して、垂れ壁用下地の中央の縦桟材21cの外面の片側半部に一方の面板2の垂れ壁部分25の端部を配置して取付けるとともに中央の縦桟材21cの外面の他の片側半部に他方の面板2の垂れ壁部分25の端部を配置して取付けると、共通の縦桟材21cに当接して取付けるために両面板2が段差なく取付けられるが、この場合には面板2を図8のように切り落として使用する必要があり、材料がロスになり、産業廃棄物が発生するという問題がある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、簡単な構成で隣接する面板に段差が生じないようにできる下地桟への面板の取付け構造を提供することを課題とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る下地桟への面板の取付け構造は、断面コ字状の連結金具10を隣接する下地桟Bに被嵌して断面コ字状の連結金具10の両側片10aにより隣接する下持桟Bを挟持して連結するとともに隣接する下地桟Bの外面を面一とし、連結金具10により連結した隣接する下地桟Bの一方の下地桟Bの外面に一方の面板2を配設して取付けるとともに他方の下地桟Bの外面に他方の面板2の端部を配設して取付けて両面板2を面一として成ることを特徴とするものである。このように隣接する下地桟Bを断面コ字状の連結金具10の両側片10aで挟持して連結するとともに隣接する下地桟Bの外面を面一とすることで、両下地桟Bを段差なく連結できて、下地桟Bの一方の下地桟Bの外面に一方の面板2を配設して取付けるとともに他方の下地桟Bの外面に他方の面板2の端部を配設して取付けたものであっても、面板2を段差なく取付けることができることになる。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0008】添付図面に示す実施形態は、下地桟Bが開口枠付き壁パネルAの縦枠材6の例を示している。
【0009】図2、図3には出入り口用開口部を有する壁パネルAが示してある。この出入り口用開口部を有する壁パネルAは、金属製の縦枠材6と金属製の横枠材7とにより骨組みされる金属枠体1と、金属枠体1の上部に取着される石膏ボード等の面板2とで構成してあり、添付図面に示す実施形態においては、更に門型をした金属枠体1の出入り用開口部の周囲に木製の開口枠を取付けて構成してある。
【0010】添付図面に示す実施形態では金属枠体1は下地桟Bを構成する縦枠材6として上下に長い縦枠材6aと上下長さの短い縦枠材6bとが使用してあり、上下に長い縦枠材6aの上端部の内面に沿って上下長さの短い縦枠材6bを配置し、両側片10aの先端部に斜め内側に屈折した係止片10bを有する断面コ字状の連結金具10を両縦枠材6a、6bに側方より被嵌して係止片10bを縦枠材6bの側端に係止するとともに両側片10aにより両縦枠材6a、6bを挟持して接続することで両縦枠材6a、6bの外面を面一とするものである。なお、必要に応じて上記のように縦枠材6a、6bの外面を面一とした状態でねじ具のような固着具8により連結金具10の中央片1cと縦枠材6aとを固着してもよい(この場合、固着具8により連結金具10の中央片1cと縦枠材6aと縦枠材6bとを固着してもよい)。そして、両側の縦枠6aの上端部の縦枠材6b間に上下2本の横枠材7を配置し、縦枠材6bの外面、横枠材7の外面を覆うように配置して固着具8により面板2を縦枠材6b、横枠材7に固着することで、縦枠材6aに接続した縦枠材6bと横枠材7とを面板2を介して接合することで枠組みされた金属枠体1を形成すると共に、金属枠体1の外面に面板2を取着してある。ここで、図4のようにL金具12を縦枠材6aの内面と下の横枠材7の端部下面とに固着具により固着することを併用してもよいものである。
【0011】上記のようにして門型をした金属枠体1が枠組み形成されると共に金属枠体1の上部に面板2が取着された壁パネル本体3が形成され、この壁パネル本体3は門型をしていて面板2を取着した部分の下方の両縦枠材6間が出入り用開口部4となっている。この出入り用開口部4の周囲の金属枠体1の内面側に沿って木製の化粧仕上げされた開口枠5があらかじめ取付けてある。つまり、両縦枠材6aの内面と下の横枠材7の下面に沿って木製の化粧仕上げされた開口枠5をあらかじめ取付けてパネル化された開口枠付き壁パネルAを工場で形成するものである。
【0012】そして、上記の構成の開口枠付き壁パネルAを現場に運び、現場で間仕切りを形成する際に、開口枠付き壁パネルAを建て込むことで間仕切りの開口部分を形成することができるものである。
【0013】現場においては間仕切りを構成するに当たり、開口部以外の部分には金属製の部材により間仕切り用骨組みを形成したり、別の金属製パネル枠を建て込んだりするものであり、これら間仕切り用骨組みや金属製パネル枠の外面に現場において面板2を取着するものである。この場合、開口枠付き壁パネルAの側部においては、石膏ボードのような面板2の端部を開口枠付き壁パネルAの縦枠6aの外面に当接して固着具により固着するものであり、この場合、前述のように、縦枠6aと縦枠材6bとを断面コ字状をした連結金具10の両側片10aで両縦枠材6a、6bを挟持して両縦枠材6a、6bの外面を面一としてあるので、図1に示すように、縦枠材6aに固着した面板2を縦枠材6bに当接固着した面板2と面一とする(ここで両面板2は同じ厚みである)ことができて、面板2間に段差が生じないようにできるものである。
【0014】上記実施形態においては下地桟Bが開口枠付き壁パネルAの縦枠材6の例で説明したが、間仕切り用骨組み22などに垂れ壁用の下地桟を取付けたり、腰壁用の下地桟を取付けたりするものにおいて、間仕切り用骨組み22の下地桟Bに垂れ壁用の下地桟Bや腰壁用の下地桟Bを隣接して配置し、前述と同様にして断面コ字状の連結金具10を隣接する下地桟Bに被嵌して断面コ字状の連結金具10の両側片10aにより隣接する下持桟Bを挟持して連結するとともに隣接する下地桟Bの外面を面一とし、連結金具10により連結した隣接する下地桟Bの一方の下地桟Bである垂れ壁用の下地桟B(または腰壁用の下地桟B)の外面に垂れ壁用(または腰壁用)の面板2を配設して取付けるとともに他方の下地桟Bの外面に他方の面板2の端部を配設して取付けて両面板2を面一としてもよいものである。
【0015】また、壁パネルの骨組みであるパネル枠体の縦枠材(これが一方の下地桟Bに該当する)に別のパネル枠体の縦枠材(これが他方の支持桟Bに該当する)を隣接させ、前述と同様にして断面コ字状の連結金具10を隣接する下地桟Bに被嵌して断面コ字状の連結金具10の両側片10aにより隣接する下持桟Bを挟持して連結するとともに隣接する下地桟Bの外面を面一とし、連結金具10により連結した隣接する下地桟Bの一方の下地桟Bの外面に面板2を配設して取付けるとともに他方の下地桟Bの外面に他方の面板2の端部を配設して取付けて両面板2を面一としてもよいものである。
【0016】そして、上記したいずれの実施形態においても上記のようにして取付けられた複数の面板2の表面にはクロス張りがなされるものであるが、面板2と面板2との間に段差が生じないので、クロスに皺が発生したりすることがないものである。
【0017】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、断面コ字状の連結金具を隣接する下地桟に被嵌して断面コ字状の連結金具の両側片により隣接する下持桟を挟持して連結するとともに隣接する下地桟の外面を面一とし、連結金具により連結した隣接する下地桟の一方の下地桟の外面に一方の面板を配設して取付けるとともに他方の下地桟の外面に他方の面板の端部を配設して取付けて両面板を面一としてあるので、両下地桟を段差なく連結できて、下地桟の一方の下地桟の外面に一方の面板を配設して取付けるとともに他方の下地桟の外面に他方の面板の端部を配設して取付けたものであっても、簡単な構成で面板を段差なく取付けることができるものである。また、面板を従来のようにL型に切り落とす必要もなく、材料ロスがなく、産業廃棄物が発生しないものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013