Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
建物の気密構造 - ナショナル住宅産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> ナショナル住宅産業株式会社

発明の名称 建物の気密構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−49754(P2001−49754A)
公開日 平成13年2月20日(2001.2.20)
出願番号 特願平11−222676
出願日 平成11年8月5日(1999.8.5)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E001
【Fターム(参考)】
2E001 DB01 DD01 DD02 EA07 FA04 FA12 FA14 GA12 GA42 GA76 HA03 HA32 HC01 HC07 HD11 KA05 KA08 LA04 LA12 LA16 MA01 MA02 MA06 
発明者 酒田 陵二 / 中川 浩
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 内装側下地材が防湿石膏ボードとなった天井パネルと、内装側下地材が防湿石膏ボードとなった外壁パネルと、床パネルとで構成され、外壁パネルと床パネルとのなす入り隅部全周に気密テープを貼り付け目止めし、床パネルの表面にフローリング材が貼着されて成ることを特徴とする建物の気密構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建物の気密を確保するための技術に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断基準」(通商産業省・建設省告示第2号)が告示され、屋内の気密性を高めて省エネルギーを図ることが求められているが、従来、外壁パネル、内壁パネルはいずれも石膏ボードにより内装側下地材を形成し、床パネルにはフローリング材を貼り付けているのが現状であり、外壁パネルや天井パネルの内装側下地材を構成する石膏ボードは気密性が十分であるとはいえず、現状では室内側において十分な気密層が形成されているとは言えない。
【0003】また、気密層を屋外側に設けると劣化したり、破壊したりしやすいという問題がある。
【0004】また、気密を高くすると言えども、あまり高すぎると強制換気装置が必要となるという問題がある。
【0005】また、床下空間の湿気が壁パネルと床パネルとの間の隙間から室内に侵入しやすいという問題がある。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、簡単な構成で、強制換気を必要としない最低量の自然換気量を確保しながら気密性の高い建物となるように室内側に気密層を形成することができ、また、床下の湿気が室内に入ることがない建物の気密構を提供することを課題とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明に係る建物の気密構造は、内装側下地材1が防湿石膏ボードとなった天井パネル2と、内装側下地材3が防湿石膏ボードとなった外壁パネル4と、床パネル5とで構成され、外壁パネル4と床パネル5とのなす入り隅部全周に気密テープ6を貼り付け目止めし、床パネル5の表面にフローリング材7が貼着されて成ることを特徴とするものである。このような構成とすることで、防湿石膏ボードよりなる外壁パネル4の内装側下地材3、防湿石膏ボードよりなる天井パネル2の内装側下地材1、フローリング材7により室内を囲むように室内側に気密層を形成し、また、外壁パネル4と床パネル5とのなす入り隅部全周に気密テープ6を貼り付け目止めすることで、最低量の自然換気量を確保しながら気密性の高い建物とすることができるものである。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0009】図1には建物Aに気密層8を形成する模式図が示してあり、本発明における主な気密層8は外壁9、1階床10、天井11に形成してある。
【0010】本発明においては図2に示すように、外壁が外壁パネル4により形成してあり、1階床10が床パネル5により形成してあり、また、天井11が天井パネル2により形成してある。外壁パネル4は図3、図4に示すように、内部にロックウールのような断熱材15を内装した壁用枠体12の屋外側に外装材13を積層するとともに壁用枠体12の屋内側に内装側下地材3を積層して構成してある。天井パネル2は内部にロックウールのような断熱材16を内装した天井用枠体14の下面に内装側下地材1を積層して構成してある。上記内装側下地材1及び内装側下地材3はいずれも石膏ボードに20μmのポリエチレンフィルムのような合成樹脂フィルムを積層した防湿石膏ボードと称されるものが用いられ、透湿度60g/m・24h以下のものであり、このような石膏ボードにポリエチレンフィルムのような合成樹脂フィルムを積層した防湿石膏ボードは石膏ボード単体のものに比べて合成樹脂フィルムを積層することで気密性が高いものとなっている。
【0011】隣接する外壁パネル4間にはパテが塗布されて気密を確保しており、外壁パネル4の内装側下地材3に壁クロス材のような内装材(図示せず)が貼り付けられる。また、天井パネル2の内装側下地材1の下面にも壁クロス材のような内装材(図示せず)が貼り付けられる。
【0012】床パネル5は内部にロックウールのような断熱材17を内装した床用枠体19の上面に床用下地材18を積層して構成してあり、外壁パネル4と床パネル5とのなす入り隅部全周にわたって気密テープ6を貼り付けてあって目止めしてある。気密テープ6は例えば、紙層にアクリル樹脂との粘着層を積層形成したテープ状のものである(例えば、紙層が0.23mm、粘着層は0.16mmである)。床パネル5にはフローリング材7(木質フローリング材)が貼り付けられて、このフローリング材7の端部と、壁、床のなす入り隅部分に取付けられる化粧幅木20により、図3、図4に示すように気密テープ6の端部を押さえるとともに気密テープ6が露出しないようにしている。ここで、フローリング材7は石膏ボード等に比べて気密性の高いものであり、フローリング材7を貼ることで床の気密を確保している。図中23は基礎、24は土台、25は屋根パネルを示している。
【0013】上記のようにして、建物の外壁9、1階床10、天井11の屋内側において気密層8を形成し、更に、外壁パネル4と床パネル5とのなす入り隅部全周に気密テープ6を貼り付けて目止めすることで、最低量の自然換気量(3〜5cm/m)を確保しながら気密性の高い建物を構成できるものである。ここで、気密テープ6は外壁パネル4と床パネル5とのなす入り隅部全周に貼るが、外壁パネル5と天井パネル2とのなす入り隅部には貼らないものであり、これにより最低量の自然換気量を確保して強制換気を必要としないようになっている。この場合、外壁パネル5と天井パネル2とのなす入り隅部に気密テープ6を貼り付け、外壁パネル4と床パネル5とのなす入り隅部に気密テープ6を貼り付けて最低量の自然換気量を確保することも考えられるが、これだと、床下空間の湿気が室内に侵入することがあるので好ましくないものである。
【0014】また、床や外壁を貫通する配管部には気密テープや変性シリコンコーキング処理をして気密を確保するようにする。図5(a)(b)には床パネル5に配管20を通し、この配管の挿通部分を気密テープ21、変性シリコンコーキング22によりシールして気密を確保する例が示してある。
【0015】
【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発明にあっては、内装側下地材が防湿石膏ボードとなった天井パネルと、内装側下地材が防湿石膏ボードとなった外壁パネルと、床パネルとで構成され、外壁パネルと床パネルとのなす入り隅部全周に気密テープを貼り付け目止めし、床パネルの表面にフローリング材が貼着されているので、防湿石膏ボードよりなる外壁パネルの内装側下地材、防湿石膏ボードよりなる天井パネルの内装側下地材、フローリング材、気密テープにより屋内側において簡単な構成で気密層を形成でき、このように気密層を屋内側に形成できるので気密層が劣化したり、破壊されたすることなく最低量の自然換気量を確保しながら気密性の高い建物とすることができるものであり、更に、気密テープを用いて最低量の自然換気量を確保するに当たって、床パネルの表面にフローリング材が貼着されているので床下の湿気が室内に侵入するのを防止することができ、また、防湿石膏ボードにより結露の発生を防止できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013