米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 日立建機株式会社

番号 発明の名称
1 除雪ブレード用エッジ、除雪ブレードおよび除雪車両
2 オールケーシング工法におけるケーシングの圧入方法及びケーシングの圧入装置
3 杭打機の組立分解支援方法とその装置
4 オフセットブーム式建設機械
5 オフセットブームのフロントホースカバーの取り付け構造
6 異常診断装置
7 シールド掘進機の回転カッタ
8 コーナ部材を使用した構造体、その製造方法、アームおよび作業車両
9 建設機械のコンソール装置
10 アクチュエータ駆動制御装置
11 立坑掘削方法及び立坑掘削機
12 シールド掘進機
13 補強板組付装置
14 建設車両のフロントコンソール
15 建設機械の防振支持構造
16 自走式土質改良機械
17 油圧ショベル
18 作業車両用バケットおよびそのバケットを備える作業車両
19 土質改良材供給装置
20 土質改良機械の混合機
21 自動運転ショベル
22 建設機械の領域制限制御装置および領域制限制御方法
23 拡底アースドリルのクラッチ操作装置
24 拡底バケット装置と拡底バケット装置用アダプタ
25 掘削作業機のブレード構造
26 土質改良機械の土砂ホッパ
27 建設機械
28 建設機械の油圧回路制御装置
29 建設機械の盗難防止装置
30 トンネル掘進機およびその制御方法
31 トンネル掘進機およびそれによるトンネル掘削方法
32 管推進機及び管推進工法
33 横堀掘削機
34 建設機械の旋回フレーム
35 電気レバー装置の故障診断方法及び油圧駆動制御装置
36 自走式土質改良機械の改良土排出機構
37 建設機械の標示情報作成装置および標示情報作成方法
38 旋回体の排水構造
39 自動運転建設機械およびその位置計測手段の校正方法
40 建設機械の作業灯取付構造
41 土質改良機械の土砂ホッパ
42 シリンダカバー装置
43 シリンダカバー装置
44 建設機械の排気装置
45 旋回式建設機械のトラックフレーム
46 建設機械用キャブ
47 建設機械の盗難防止装置
48 旋回式建設機械
49 旋回式建設機械
50 旋回式建設機械
51 旋回式建設機械
52 旋回式建設機械
53 旋回式建設機械
54 自動運転ショベル
55 ケーシングドライバの作業用足場
56 ケーシングドライバの可動バンドの浮き上がり防止機構
57 アースドリル用掘削具とアースドリル
58 除雪プラウのスノーブレード、および作業車両
59 泥土固化処理装置
60 建設機械のトラックフレーム
61 建設機械
62 自動運転ショベル
63 建設機械の盗難防止装置
64 建設機械の警報装置
65 トンネル掘進機のビット装置
66 バキュームクリーナ
67 トンネルセグメントにおける坑内設備取付用ブラケットの固定構造
68 多段伸縮アーム
69 多段伸縮アーム
70 旋回式建設機械
71 旋回式建設機械
72 旋回体の排水構造
73 建設機械の排水構造
74 建設機械用キャブ
75 建設機械の梯子装置
76 旋回式建設機械
77 建設機械の盗難防止装置
78 建設機械の盗難防止装置
79 建設機械のアーム角度検出装置
80 ケーシング掘削機の油圧回路
81 シールド掘進機及びシールド掘進機の解体方法
82 シールド工法における配管の延伸方法
83 建設機械の作業機制御装置
84 掘削機械の表示システム及び記録媒体
85 自動運転システム
86 自動運転ショベル
87 自動運転ショベル
88 建設機械の転倒時保護装置
89 自走式バキュームクリーナ
90 作業車両の姿勢制御装置、および作業車両
91 土砂供給装置
92 建設機械の上部旋回フレーム構造
93 建設機械の防振支持構造
94 建設機械の運転席
95 油圧シリンダの故障診断装置
96 建設機械の表示システム及び表示装置
97 トンネル掘削機の盛替制御方法及び盛替制御装置並びにトンネル掘削機
98 親子シールド掘進装置及びシールド掘進方法
99 矩形断面掘削用の土圧式シールド工法及び土圧式シールド掘進機
100 シールド掘進機用排土装置及びシールド掘進機

[1][2][3]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013