米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 便器の凍結防止装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−90158(P2001−90158A)
公開日 平成13年4月3日(2001.4.3)
出願番号 特願平11−268401
出願日 平成11年9月22日(1999.9.22)
代理人 【識別番号】100111556
【弁理士】
【氏名又は名称】安藤 淳二 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2D038
2D039
【Fターム(参考)】
2D038 DA03 
2D039 AD00 AE00 DB01
発明者 西崎 喜弘 / 南山 貴哉 / 鈴木 眞人 / 中村 隆宏 / 佐藤 靖史
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 便器があって、この便器の内部で同便器のボウル面下部に制御部品収納部を配設するとともに、この制御部品収納部の制御部品からの放熱で上記ボウル面内の溜め水を温めて凍結防止させてなることを特徴とする便器の凍結防止装置。
【請求項2】 上記便器が、金属製のものであることを特徴とする請求項1記載の便器の凍結防止装置。
【請求項3】 上記便器の下部前面に着脱自在な点検口カバーを設けたことを特徴とする請求項1または請求項2記載の便器の凍結防止装置。
【請求項4】 上記ボウル面下部の形状を上記制御部品収納部上部の形状に合わせたことを特徴とする請求項1ないし請求項3いずれか記載の便器の凍結防止装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、便器の凍結防止装置に関し、具体的には、便器内にはられた溜め水が凍結しないように防止するための便器の凍結防止装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の便器の凍結防止装置としては、例えば、便器のボウル面内にはられた溜め水が凍結しないように防止するために、便器のボウル面裏側にヒーターを貼り、このヒーターにて溜め水を温めていたものが知られていたものであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような便器の凍結防止装置においては、寒冷地の場合であると、寒冷地用に特別なヒーターを設置する必要がある上に、同ヒーターを温めるために必要な電気代が相当かかり、ランニングコストが非常にかかるという点で問題となっていたものであった。しかも、ヒーターの回路を収めた回路部は、便器の後部のスペースのような限られた位置にのみ設置され、封鎖されたスペースのために、回路から生じる熱は放熱されにくく、熱伝達としても良いものではなかった。
【0004】本発明は、上述の事実に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、熱伝達を良くするとともに、コストを確実に低減させることができる便器の凍結防止装置を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の請求項1に係る便器の凍結防止装置は、便器(1)があって、この便器(1)の内部で同便器(1)のボウル面(2)下部に制御部品収納部(3)を配設するとともに、この制御部品収納部(3)の制御部品(4)からの放熱で上記ボウル面(2)内の溜め水(5)を温めて凍結防止させてなることを特徴とする。
【0006】本発明の請求項2に係る便器の凍結防止装置は、上記便器(1)が、金属製のものであることを特徴とする。
【0007】本発明の請求項3に係る便器の凍結防止装置は、上記便器(1)の下部前面に着脱自在な点検口カバー(6)を設けたことを特徴とする。
【0008】本発明の請求項4に係る便器の凍結防止装置は、上記ボウル面(2)下部の形状を上記制御部品収納部(3)上部の形状に合わせたことを特徴とする。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明を実施形態に係る図面に基いて詳しく説明する。
【0010】図1の(a)は、本発明の一実施形態に係る便器の凍結防止装置の概略を示した断面図であり、図1の(b)は、同図1の(a)の便器の凍結防止装置の要部を拡大した断面図である。図2は、本発明の他の一実施形態に係る便器の凍結防止装置の概略を示した断面図である。図3は、本発明のさらに他の一実施形態に係る便器の凍結防止装置の概略を示した斜視図である。
【0011】本発明の便器の凍結防止装置は、図1ないし図3に示すごとく、便器(1)があって、この便器(1)の内部で同便器(1)のボウル面(2)下部に制御部品収納部(3)を配設するとともに、この制御部品収納部(3)の制御部品(4)からの放熱で上記ボウル面(2)内の溜め水(5)を温めて凍結防止させてなっているものである。
【0012】上記便器(1)は、通常家庭、オフィスなどに設置されているものと全く同様のものでかまわないものであり、例えば、この便器(1)の上には、開閉自在な便座が取り付け固定されていてもかまわないものである。
【0013】上記ボウル面(2)は、図1ないし図3に示すごとく、上記便器(1)の内面に形成されているものである。このボウル面(2)には、曲面状に形成されているが、これに制限されるものではないものである。そして、このボウル面(2)には、必要に応じて溜められた溜め水(5)があるものである。
【0014】上記制御部品収納部(3)は、図1ないし図3に示すごとく、上記便器(1)の内部で同便器(1)のボウル面(2)下部に設けられたものである。この制御部品収納部(3)には、上記便器(1)を制御するために必要な制御部品(4)が必要に応じて収納されているものである。この制御部品収納部(3)の形状としては、同図のごとき通常箱状のものであるが、その他の形状のものであってもかまわず、特に限定されるものではないものである。そして、この制御部品収納部(3)は、図2に示すごとき支持脚(10)にて底部から支持されていてもかまわないし、図1に示すごとき側方から支持させて宙ずりのようにしてもかまわないものである。
【0015】本発明においては、図1ないし図3に示すごとく、上記制御部品収納部(3)の制御部品(4)からの放熱で上記ボウル面(2)内の溜め水(5)を温めて凍結防止させてなっているものである。この制御部品収納部(3)は、上記便器(1)のボウル面(2)下部に設けられているために、気温が低い場合であっても、同制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、ボウル面(2)下部の方へ逃がされて、同ボウル面(2)内に溜められた溜め水(5)を温めて凍結し難くして、凍結防止をはかることができるものである。
【0016】なお、上記制御部品収納部(3)の制御部品(4)からの放熱をより一層確実にボウル面(2)下部の方へ伝えるために、図1ないし図3に示すごとき放熱板(7)を介在させてもかまわないものである。この放熱板(7)としては、例えば、ボウル面(2)下部裏側に防水をかねた放熱グリスを介してビス止めなどにより取り付けられているものである。
【0017】本発明は、このような構成をとることによって、制御部品収納部(3)が便器(1)のボウル面(2)下部に設けられているために、気温が低い場合であっても、同制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、ボウル面(2)下部の方へ逃がされて、同ボウル面(2)内に溜められた溜め水(5)を温めて凍結し難くして、凍結防止をはかることができるものであり、寒冷地であっても、寒冷地用に特別なヒーターを別途設置する必要がなく、同ヒーターを温めるために必要な電気代も削減されて、ランニングコストを確実に低減させることができるものである。しかも、同ヒーターとしても、容量をダウンさせることができるとともに、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱としては、効率的に放熱されて、放熱機構の縮小化がはかれて、熱伝達としても良いものとなる。
【0018】すなわち、本発明は、熱伝達を良くするとともに、コストを確実に低減させることができるものである。
【0019】また、上記便器(1)が、図2に示すごとく、金属製のものであると、この金属製の便器(1)にて金属としての比熱が低くて熱伝導度が良い性質が有効に利用されて、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、金属であるボウル面(2)下部の方へ効果的に逃がされて、その結果、熱伝達をより一層良くすることができるとともに、コストをより一層確実に低減させることができるものである。
【0020】なお、上記金属製のものとしては、様々なものを採用することができるものであり、特に制限されるものではないが、一例を挙げると、チタン、ステンレス、スチールなどが防さびといった点から好ましいものである。
【0021】そして、図2に示すごとく、上記便器(1)の本体部分(8)が、陶器製であり、上記ボウル面(2)の部分のみ金属製であると、同便器(1)の本体部分(8)と同ボウル面(2)との間の接続部分(9)にゴムパッキンなどを介在させて接続するものである。
【0022】さらに、図3に示すごとく、上記便器(1)の下部前面に着脱自在な点検口カバー(6)を設けているものであると、この便器(1)の下部前面の着脱自在な点検口カバー(6)にて制御部品収納部(3)のメンテナンスなどの際に、同点検口カバー(6)を外して制御部品収納部(3)内部を簡単に調べることができるものであり、メンテナンスなどの終了後も簡単に同点検口カバー(6)を取り付けることができて、使用者にとって非常に有用なものとなる。すなわち、使い勝手がより一層確実に向上するものである。
【0023】なお、図1の(a)、図2および図3に示すごとく、上記ボウル面(2)下部の形状を上記制御部品収納部(3)上部の形状に合わせているものであると、ボウル面(2)下部と制御部品収納部(3)上部とがぴったりと重なり合うことになるために、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、ボウル面(2)下部の方へ直に逃がされて、その結果、熱伝達をより一層良くすることができるとともに、コストをより一層確実に低減させることができるものである。しかも、放熱板(7)なども不要なものとなり、部材点数としても確実に削減されるものである。
【0024】本発明に係る便器の凍結防止装置によると、図1ないし図3に示すごとく、便器(1)があって、この便器(1)の内部で同便器(1)のボウル面(2)下部に制御部品収納部(3)を配設するとともに、この制御部品収納部(3)の制御部品(4)からの放熱で上記ボウル面(2)内の溜め水(5)を温めて凍結防止させてなるので、制御部品収納部(3)が便器(1)のボウル面(2)下部に設けられているために、気温が低い場合であっても、同制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、ボウル面(2)下部の方へ逃がされて、同ボウル面(2)内に溜められた溜め水(5)を温めて凍結し難くして、凍結防止をはかることができるものであり、寒冷地であっても、寒冷地用に特別なヒーターを別途設置する必要がなく、同ヒーターを温めるために必要な電気代も削減されて、ランニングコストを確実に低減させることができるものである。しかも、同ヒーターとしても、容量をダウンさせることができるとともに、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱としては、効率的に放熱されて、放熱機構の縮小化がはかれて、熱伝達としても良いものとなる。
【0025】すなわち、本発明は、熱伝達を良くするとともに、コストを確実に低減させることができるものである。
【0026】
【発明の効果】本発明の請求項1に係る便器の凍結防止装置によると、制御部品収納部(3)が便器(1)のボウル面(2)下部に設けられているために、気温が低い場合であっても、同制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、ボウル面(2)下部の方へ逃がされて、同ボウル面(2)内に溜められた溜め水(5)を温めて凍結し難くして、凍結防止をはかることができるものであり、寒冷地であっても、寒冷地用に特別なヒーターを別途設置する必要がなく、同ヒーターを温めるために必要な電気代も削減されて、ランニングコストを確実に低減させることができるものである。しかも、同ヒーターとしても、容量をダウンさせることができるとともに、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱としては、効率的に放熱されて、放熱機構の縮小化がはかれて、熱伝達としても良いものとなる。
【0027】すなわち、本発明は、熱伝達を良くするとともに、コストを確実に低減させることができるものである。
【0028】本発明の請求項2に係る便器の凍結防止装置によると、請求項1記載の場合に加えて、この金属製の便器(1)にて金属としての比熱が低くて熱伝導度が良い性質が有効に利用されて、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、金属であるボウル面(2)下部の方へ効果的に逃がされて、その結果、熱伝達をより一層良くすることができるとともに、コストをより一層確実に低減させることができるものである。
【0029】本発明の請求項3に係る便器の凍結防止装置によると、請求項1または請求項2記載の場合に加えて、この便器(1)の下部前面の着脱自在な点検口カバー(6)にて制御部品収納部(3)のメンテナンスなどの際に、同点検口カバー(6)を外して制御部品収納部(3)内部を簡単に調べることができるものであり、メンテナンスなどの終了後も簡単に同点検口カバー(6)を取り付けることができて、使用者にとって非常に有用なものとなる。すなわち、使い勝手がより一層確実に向上するものである。
【0030】本発明の請求項4に係る便器の凍結防止装置によると、請求項1ないし請求項3いずれか記載の場合に加えて、ボウル面(2)下部と制御部品収納部(3)上部とがぴったりと重なり合うことになるために、制御部品収納部(3)に収納された制御部品(4)から放たれる熱が、ボウル面(2)下部の方へ直に逃がされて、その結果、熱伝達をより一層良くすることができるとともに、コストをより一層確実に低減させることができるものである。しかも、放熱板なども不要なものとなり、部材点数としても確実に削減されるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013