米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−32490(P2001−32490A)
公開日 平成13年2月6日(2001.2.6)
出願番号 特願平11−211910
出願日 平成11年7月27日(1999.7.27)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E101
【Fターム(参考)】
2E101 HH05 HH07 
発明者 大須賀 義裕 / 村元 達也
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 壁面のコーナ部の出隅部に出隅用スペーサの背面の略V字状の切欠凹部を嵌合し、手摺り取り付けるブラケットの基部の取り付け座の背面を出隅用スペーサの前面に重ね、取り付け座から出隅用スペーサを介して壁面の出隅部に取り付けビスを打入して成ることを特徴とする壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造。
【請求項2】 出隅用スペーサの前面とブラケットの取り付け座の背面とを凹凸嵌合により位置決めして成ることを特徴とする請求項1記載の壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造。
【請求項3】 取り付け座の取り付けビスを挿通する取り付け穴は出隅部の中心に向けて取り付けビスが打ち込めるように傾斜穴にしたことを特徴とする請求項1または請求項2記載の壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は壁面のコーナ部の出隅部に手摺り用のブラケットを取り付ける構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、図8に示すように玄関部1にベンチ2等を設け、壁がせり出た場合などの出隅部3に手摺り4を取り付ける際、従来は以下の2つの方法が取られていた。図8で5は土間、6は上がり框、Xは手摺りを取り付ける箇所である。
【0003】その1つは図9(a)に示すように出隅部3に面取り7を形成し、ブラケット8の基部の取り付け座9を面取り7に当接して取り付けビスで面取り7にブラケット8を取り付け、手摺り4をブラケット8に支持していた。
【0004】また他の1つは図9(b)に示すようにブラケット8′の基部に略L字状の取り付け板9′を一体に設け、取り付け板9′を出隅部3に当接して取り付け板9′から取り付けビスを出隅部3に打入してブラケット8′を取り付け、ブラケット8′に手摺り4を支持していた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来例の前者にあっては、出隅部3に面取り7を特別に加工しなければならなくて施工に手間がかかるという問題があり、また上記従来例の後者にあっては、L字状の取り付け板9′を有する特別なブラケット8′を用意して施工しなければならないという問題があった。
【0006】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、出隅部でもブラケットを容易に取り付けることができると共に特別なブラケットを用いないでも取り付けることができる壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造を提供するにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するための本発明の請求項1の壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造は、壁面10のコーナ部の出隅部3に出隅用スペーサ11の背面の略V字状の切欠凹部12を嵌合し、手摺り4を取り付けるブラケット8の基部の取り付け座9の背面を出隅用スペーサ11の前面に重ね、取り付け座9から出隅用スペーサ11を介して壁面10の出隅部3に取り付けビス13を打入して成ることを特徴とする。上記のように出隅用スペーサ11を介して取り付けることで出隅部3に取り付ける場合も通常のブラケット8を用いて安定よく取り付けることできる。このため従来のように面取り7を設けたりする必要がなく施工性がよいと共に従来のように特別なブラケット8′を用意する必要がない。
【0008】また本発明の請求項2の壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造は、出隅用スペーサ11の前面とブラケット8の取り付け座9の背面とを凹凸嵌合により位置決めして成ることを特徴とする。出隅用スペーサ11に対してブラケット8を簡単に位置決めして取り付けることができると共に出隅用スペーサ11を介してもブラケット8を確実に取り付けることができる。
【0009】また本発明の請求項3の壁面の出隅部へのブラケットの取り付け構造は、取り付け座9の取り付けビス13を挿通する取り付け穴14は出隅部の中心に向けて取り付けビス13が打ち込めるように傾斜穴にしたことを特徴とする。出隅部3の中心部に取り付けビス13を打ち込んで取り付けることでブラケット8を強固に取り付けることができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、図1乃至図7により本発明の実施の形態を説明する。ブラケット8は基部に取り付け座9を有し、先端に手摺り4を取り付けて支持するものである。図2、図4、図6の例のブラケット8はエンド部用ブラケット8aであり、手摺り4の長手方向の端部を先端の端部支持部15に嵌合してビス等の固着具で支持するものである。図1、図3、図7の例のブラケット8は中間部用ブラケット8bであり、手摺り4の長手方向の端部の手前の外面を外面支持部16に嵌合してビス等の固着具で支持するものである。
【0011】このブラケット8を壁面10のコーナー部の出隅部3に取り付けるときに用いる出隅用スペーサ11は図5に示すように前面を前壁17で閉塞せる有底円柱状に形成されており、背面側には平面から見て略V字状になる切欠凹部12を設けてある。この略V字状になる切欠凹部12の両縁12aの交差角度αは壁面10の出隅部3の角度に合わせて直角である。出隅用スペーサ11の前壁17の外面には位置決め用の突起18を複数個(本例の場合4個)突設してあり、さらに前壁17には取り付けビス13を挿通する複数個(本例の場合6個)のビス挿通穴19を穿孔してある。上記6個のビス挿通穴19のうち2つのビス挿通穴19aはエンド部用ブラケット8aを取り付けるためのものであり、残りの4つのビス挿通穴19bは中間部用ブラケット8bを取り付けるためのものである。
【0012】ブラケット8の基部の取り付け座9の背面には上記突起18と嵌合し得る凹部20を複数個(本例の場合4個)凹設してあり、取り付け座9には取り付けビス13を挿通する取り付け穴14を穿孔してある。エンド部用ブラケット8aの場合、ビス挿通穴19aと対応する位置で2個の取り付け穴14aを穿孔してあり、中間部用ブラケット8bの場合、ビス挿通穴19bと対応する位置で4個の取り付け穴14bを穿孔してある。この取り付け穴14bは背面側程中心に向かうように傾斜した傾斜穴となっている。
【0013】しかして壁面10の出隅部3にブラケット8を取り付ける場合、出隅用スペーサ11の切欠凹部12を出隅部3に嵌合し、出隅用スペーサ11の前壁17の外面にブラケット8の取り付け座9の背面を当接すると共に突起18と凹部20とを凹凸嵌合してブラケット8を位置決めし、取り付け座9の取り付け穴14から取り付けビス13をビス挿通穴19を介して出隅部3に打入してブラケット8を出隅部3に取り付ける。このように出隅用スペーサ11を介してブラケット8を取り付けるために出隅部3であってもブラケット8を安定よく取り付けることができる。また出隅用スペーサ11の前壁17の突起18と凹部20とが凹凸嵌合してブラケット8が位置決めされ、ブラケット8を取り付けるとき取り付けが容易になると共にブラケット8が確実に取り付けられる。エンド部用ブラケット8aを取り付けるときは取り付け穴14aからビス挿通穴19aを介して出隅部3に取り付けビス13が打入され、中間部用ブラケット8bを取り付けるときは取り付け穴14bからビス挿通穴19bを介して出隅部3に取り付けビス13が打入される。このとき取り付け穴14bは傾斜穴となっているので、取り付けビス13が図1に示すように出隅部3の中心線Cに向けて打入され、ブラケット8の取り付けが一層確実になる。また中間部用ブラケット8bを取り付けた状態で取り付け座9の前面側には図7に示すようにキャップ21が被嵌され、取り付けビス13が見えないように仕舞われる。
【0014】
【発明の効果】本発明の請求項1の発明は、壁面のコーナ部の出隅部に出隅用スペーサの背面の略V字状の切欠凹部を嵌合し、手摺りを取り付けるブラケットの基部の取り付け座の背面を出隅用スペーサの前面に重ね、取り付け座から出隅用スペーサを介して壁面の出隅部に取り付けビスを打入しているので、出隅用スペーサを介して取り付けることで出隅部に取り付ける場合も通常のブラケットを用いて安定よく取り付けることできるものであり、従来のように面取りを設けたりすることなく施工性がよいと共に従来のように特別なブラケットを用意する必要がないものである。
【0015】また本発明の請求項2の発明は、出隅用スペーサの前面とブラケットの取り付け座の背面とを凹凸嵌合により位置決めしているので、出隅用スペーサに対してブラケットを簡単に位置決めして取り付けることができると共に出隅用スペーサを介してもブラケットを確実に取り付けることができるものである。
【0016】また本発明の請求項3の発明は、取り付け座の取り付けビスを挿通する取り付け穴は出隅部の中心に向けて取り付けビスが打ち込めるように傾斜穴にしたので、出隅部の中心部に取り付けビスを打ち込んで取り付けることでブラケットを強固に取り付けることができるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013