米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 手摺り用ブラケットの取り付け構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−32489(P2001−32489A)
公開日 平成13年2月6日(2001.2.6)
出願番号 特願平11−211460
出願日 平成11年7月27日(1999.7.27)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
【テーマコード(参考)】
2E101
【Fターム(参考)】
2E101 GG07 HH07 HH15 
発明者 大須賀 義裕 / 村元 達也
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 アームの一端に手摺り取り付け座を設けると共にアームの他端に壁面取り付け座を設けた手摺り用ブラケットにおいて、壁面取り付け座に取り付けビスを挿通するための取り付け穴を複数個穿孔し、壁面取り付け座の前面側にこの前面を覆うようにキャップを被嵌し、壁面取り付け座の前面にこの前面の外周より内方側の位置で前面より前方に盛り上げたキャップ取り付け部を設けると共にキャップ取り付け部にて上記キャップを着脱自在に取り付けて成ることを特徴とする手摺り用ブラケットの取り付け構造。
【請求項2】 壁面取り付け座の前面にブラケットを取り付けるときのセンター位置出しのための目印を設けて成ることを特徴とする請求項1記載の手摺り用ブラケットの取り付け構造。
【請求項3】 複数の取り付け穴のうち2箇所の取り付け穴を長穴にして成ることを特徴とする請求項1または請求項2記載の手摺り用ブラケットの取り付け構造。
【請求項4】 キャップにキャップを取り外す際にドライバー等の工具を挿入して引っ掛け得る切欠を設けて成ることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の手摺り用ブラケットの取り付け構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は階段等で手摺りを壁面に沿って取り付けるときに用いる手摺り用ブラケットの取り付け構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の手摺り用ブラケットA′にあっては、図7に示すようにアーム1の一端に手摺り取り付け座2を設けると共にアーム1の他端に壁面取り付け座3を設けてあり、壁面取り付け座3には複数の取り付け穴4を貫通するように穿孔してあり、また手摺り取り付け座2にも複数の取り付け穴5を貫通するように穿孔してある。この手摺り用ブラケットA′の壁面取り付け座3は壁面に沿わせて配置され、図8に示すように取り付け座3の前面から取り付け穴4に挿通した取り付けビス6にて壁面に取り付けられる。手摺り7には手摺り取り付け座2が沿わせられ、取り付け穴5から螺合した取り付けビスにて手摺り取り付け座2に手摺り7が取り付けられる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来例にあっては、壁面取り付け座3を取り付ける取り付け穴4から打入した取り付けビス6がむき出しの状態であり、外観が悪いという問題があった。
【0004】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、壁面取り付け座を取り付ける取り付けビスが外観上見えないようにできて外観よく壁面に取り付けることができる手摺り用ブラケットの取り付け構造を提供することを課題とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するための本発明の請求項1の手摺り用ブラケットの取り付け構造は、アーム1の一端に手摺り取り付け座2を設けると共にアーム1の他端に壁面取り付け座3を設けた手摺り用ブラケットAにおいて、壁面取り付け座3に取り付けビス6を挿通するための取り付け穴4を複数個穿孔し、壁面取り付け座3の前面側にこの前面を覆うようにキャップ8を被嵌し、壁面取り付け座3の前面にこの前面の外周より内方側の位置で前面より前方に盛り上げたキャップ取り付け部9を設けると共にキャップ取り付け部9にて上記キャップ8を着脱自在に取り付けて成ることを特徴とする。壁面取り付け座3を取り付け穴4に挿通した取り付けビス6にて取り付け後、キャップ8を壁面取り付け座3に被嵌してキャップ取り付け部9にて取り付けることよりキャップ8にて壁面取り付け座3の前面を覆うことができ、取り付けビス6が外観上見えないようにして外観よく壁面に取り付けることができる。
【0006】また本発明の請求項2の手摺り用ブラケットの取り付け構造は、請求項1において、壁面取り付け座3の前面にブラケットを取り付けるときのセンター位置出しのための目印10を設けて成ることを特徴とする。壁面取り付け座3を取り付けビス6にて壁面に取り付けるとき、現場で手摺り位置出しライン(墨出し線)にセンター位置出しの目印10を合わせることができ、現場で取り付け施工が容易にできると共に正確にできる。
【0007】また本発明の請求項3の手摺り用ブラケットの取り付け構造は、請求項1または請求項2において、複数の取り付け穴4のうち2箇所の取り付け穴4aを長穴にして成ることを特徴とする。長穴よりなる取り付け穴4aにて取り付けビス6を挿通する位置が調整可能になり、壁面の下地に確実に固定できる箇所に取り付けビス6を打入することができて壁面取り付け座3の取り付けが確実になる。
【0008】また本発明の請求項4の手摺りのブラケットの取り付け構造は、請求項1乃至請求項3のいずれかにおいて、キャップ8にキャップ8を取り外す際にドライバー等の工具を挿入して引っ掛け得る切欠11を設けて成ることを特徴とする。切欠11にドライバー等の工具を挿入して引っ掛けてこじることでキャップ8を容易に取り外すことができる。
【0009】
【発明の実施の形態】先ず、図1乃至図4に示す実施の形態の例から述べる。手摺り用ブラケットAは円弧状に曲成したアーム1の一端に手摺り取り付け座2を設けてあり、アーム1の他端に壁面取り付け座3を設けてある。アーム1の端部が壁面取り付け座3の前面に一体に繋いである。壁面取り付け座3には複数個の取り付け穴4を穿孔してある。本例の場合、壁面取り付け座3に3個の取り付け穴4を穿孔してある。3個の取り付け穴4のうちアーム結合部の両側に位置する取り付け穴4aは周方向に長い円弧状の長穴であり、残りの1つの取り付け穴4bは円形の穴である。また手摺り取り付け座2にも取り付け穴5を穿孔してある。壁面取り付け座3の前面にはこの前面より盛り上げた部分が設けられるが、本例の場合、径方向に−字状の突面部12が設けられると共にアーム1の付け根の両側に略三角状の突部13が設けられる。この突面部12の長手方向の両端及び突部13の外周にはキャップ取り付け部9としての係止縁9aを係止縁9aの下に凹溝を切り欠くことで形成してある。突面部12の上縁は壁面取り付け座3の中心線上に位置しており、センター位置決めのための目印10となっている。
【0010】また壁面取り付け座2の前面を覆うように装着するキャップ8は円盤状に形成されており、アーム1の付け根に対応する部分にはU字状の切り欠き14が設けられている。キャップ8の周縁に縁部15を背面側に突出するように設けてあり、上記壁面取り付け座3の係止縁9aと対応する位置で縁部15の内周には被取り付け部16としての被係止縁16aを設けてあり、被係止縁16aが係止縁4aに着脱自在に係止するようになっている。またキャップ8の縁部15にはキャップ8を取り外す際にドライバー等の工具を挿入して引っ掛け得る切欠11を設けてある。また手摺り取り付け座2には取り付け穴5を穿孔してある。
【0011】上記のように構成せる手摺り用ブラケットAにて手摺り7を取り付ける場合、次のように行われる。階段等の手摺り設置箇所の壁面に沿って壁面取り付け座3が配置され、取り付け穴4から取り付けビス6が壁面に打入されて壁面取り付け座3が取り付けられる。壁面取り付け座3を取り付けるとき現場で横方向に設けた手摺り位置出しライン(墨出し線)Lにセンター位置出しの目印10を合わせて取り付けることができ、壁面取り付け座3を所定位置に簡単に位置決めして取り付けることができると共に正確に取り付けることができる。また取り付け穴4から取り付けビス6を打入して取り付けることができるが、3個の取り付け穴4のうち2つの取り付け穴4aが長穴であるために取り付け穴4aに取り付けビス6を挿通する位置が調整可能になり、壁面の下地に確実に固定できる箇所に取り付けビス6を打入することができて壁面取り付け座3の取り付けが確実になる。このようにして壁面に壁面取り付け座3を取り付けた後、壁面取り付け座3の前面にはキャップ8が被嵌され、被係止縁16aを係止縁9aに係止することでキャップ8が着脱自在に装着される。壁面に取り付けた手摺り用ブラケットAの手摺り取り付け座2には手摺り7が沿わせられ、取り付け穴5から打入した取り付けビスにて手摺り取り付け座2に手摺り7が取り付けられる。上記のように施工した状態でキャップ8を取り外す場合、切欠11にドライバー等の工具の先端が引っ掛けてこじることで容易にキャップ8を取り外すことができる。
【0012】次に図5、図6に示す実施の形態の例について述べる。本例も上記例と基本的に同じであり、異なる点だけを述べる。手摺り用ブラケットAはアーム1の一端に手摺り取り付け座2を設けると共にアーム1の他端に壁面取り付け座3を設けてあるが、本例のアーム1は直棒状になっている。壁面取り付け座3には複数個の取り付け穴4を穿孔してあるが、本例の場合、円形の取り付け穴4である。壁面取り付け座3の前面にはこの前面より盛り上げた部分が設けられるが、本例の場合、径方向に−字状の突面部12が設けられると共にアーム1の付け根と連続する略U字状の露出凸部17の両側に略三角状の突部13が設けられ、さ露出凸部17と反対側に扇形の突面部18が設けられている。この突面部12の長手方向の両端及び突部13の外周にはキャップ取り付け部9としての係止縁9aを係止縁9aの下に凹溝を切り欠くことで形成してある。また突面部12の両端には凹条を凹設することでセンター位置決めのための目印10を設けてあり、突面部18の中央には突条を突設することでセンター位置決めのための目印10を設けてある。キャップ8は上記実施の形態と同じ構造になっており、U字状の切り欠き14は上記露出凸部17に合致する形状になっている。
【0013】上記のように構成せる手摺り用ブラケットAにて手摺り7を取り付ける場合、次のように行われる。階段等の手摺り設置箇所の壁面に沿って壁面取り付け座3が配置され、取り付け穴4から取り付けビス6が壁面に打入されて壁面取り付け座3が取り付けられる。壁面取り付け座3を取り付けるとき現場で横方向に及び縦方向に設けた手摺り位置出しライン(墨出し線)L1,L2にセンター位置出しの目印10を夫々合わせて取り付けることができ、壁面取り付け座3を所定位置に簡単に位置決めして取り付けることができると共に正確に取り付けることができる。このようにして壁面に壁面取り付け座3を取り付けた後、壁面取り付け座3の前面にはキャップ8が被嵌され、被係止縁16aを係止縁9aに係止することでキャップ8が着脱自在に装着される。このとき、キャップ8の外面と露出凸部17の外面とが略面一になって外観よく仕舞われる。壁面に取り付けた手摺り用ブラケットAの手摺り取り付け座2には手摺り7が沿わせられ、取り付け穴5から打入した取り付けビスにて手摺り取り付け座2に手摺り7が取り付けられる。また上記のように施工した状態でキャップ8を取り外す場合、切欠11にドライバー等の工具の先端を引っ掛けてこじることで容易にキャップ8を取り外すことができる。
【0014】
【発明の効果】本発明の請求項1の発明は、アームの一端に手摺り取り付け座を設けると共にアームの他端に壁面取り付け座を設けた手摺り用ブラケットにおいて、壁面取り付け座に取り付けビスを挿通するための取り付け穴を複数個穿孔し、壁面取り付け座の前面側にこの前面を覆うようにキャップを被嵌し、壁面取り付け座の前面にこの前面の外周より内方側の位置で前面より前方に盛り上げたキャップ取り付け部を設けると共にキャップ取り付け部にて上記キャップを着脱自在に取り付けているので、壁面取り付け座を取り付け穴に挿通した取り付けビスにて取り付けた後、キャップを壁面取り付け座に被嵌してキャップ取り付け部にて取り付けることよりキャップにて壁面取り付け座の前面を覆うことができるものであって、取り付けビスが外観上見えないようにして外観よく壁面に取り付けることができるものである。
【0015】また本発明の請求項2の発明は、請求項1において、壁面取り付け座の前面にブラケットを取り付けるときのセンター位置出しのための目印を設けているので、壁面取り付け座を取り付けビスにて壁面に取り付けるとき、現場で手摺り位置出しライン(墨出し線)にセンター位置出しの目印を合わせることができるものであって、現場で取り付け施工が容易にできると共に正確にできるものである。
【0016】また本発明の請求項3の発明は、請求項1または請求項2において、複数の取り付け穴のうち2箇所の取り付け穴を長穴にしているので、長穴よりなる取り付け穴に取り付けビスを挿通する位置が調整可能になり、壁面の下地に確実に固定できる箇所に取り付けビスを打入することができて壁面取り付け座の取り付けが確実になるものである。
【0017】また本発明の請求項4の発明は、請求項1乃至請求項3のいずれかにおいて、キャップにキャップを取り外す際にドライバー等の工具を挿入して引っ掛け得る切欠を設けているので、切欠にドライバー等の工具を挿入して引っ掛けてこじることでキャップを容易に取り外すことができるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013