米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 ユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−32413(P2001−32413A)
公開日 平成13年2月6日(2001.2.6)
出願番号 特願平11−212865
出願日 平成11年7月27日(1999.7.27)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清 (外1名)
発明者 稲葉 雅史 / 葉田 明宏
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 壁パネルと天井パネルの各々に、片面が係合部となり他面が当接面となった連結具を当接面が対向するように取付け、壁パネルと天井パネルとの接続部分を覆うとともに水密シールを図る見切り縁を断面略コ字状に形成して内面に被係合部を形成し、被係合部間に壁パネルと天井パネルの各々の係合部を係合させて成ることを特徴とするユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造。
【請求項2】 対となる連結具の一方の先端部に他方の先端部を覆う覆い部を形成して成ることを特徴とする請求項1記載のユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造。
【請求項3】 壁パネルと天井パネルの連結具の一方にガイド部、他方に被ガイド部を形成して成ることを特徴とする請求項1記載のユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造。
【請求項4】 覆い部には、膨大となるとともに先鋭となって見切り縁に対する挿入ガイドを形成して成ることを特徴とする請求項2記載のユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造。
【請求項5】 見切り縁には、軟質材にて形成されて天井パネルとの水密シールを図る第1のシール手段と、壁パネルの背面側に結露水が漏れるのを防止する第2のシール手段を備えて成ることを特徴とする請求項1記載のユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造に関し、詳しくは、ビス止めすることなく壁パネルと天井パネルとの接続を容易におこなおうとする技術に係るものである。
【0002】
【従来の技術】従来、壁パネルと天井パネルとの接続構造においては、図7に示す実願平6−8624号公報に示すように、壁パネル1のフレーム1aと天井パネル2の接続片2aとをビスbにて連結して固定し、その後、水密シールPを圧入するものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところでこのような構成においては、壁パネル1と天井パネルと2との間の狭い箇所におけるビス止め作業となり、施工性が大きく低下するものとなる。
【0004】本発明はこのような問題に鑑みてなされたものであり、ビス止めすることなく壁パネルと天井パネルとの接続を容易におこなうことができるユニットルームの壁パネルと天井パネルとの接続構造を提供することを課題とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1においては、壁パネル1と天井パネル2の各々に、片面が係合部3となり他面が当接面4となった連結具5a,5bを当接面4,4が対向するように取付け、壁パネル1と天井パネル2との接続部分を覆うとともに水密シールを図る見切り縁7を断面略コ字状に形成して内面に被係合部6,6を形成し、被係合部6,6間に壁パネル1と天井パネル2の各々の係合部3,3を係合させていることを特徴とするものである。このような構成によれば、壁パネル1に取付けた連結具5aと天井パネル2に取付けた連結具5bの当接面4,4を対向させた状態で、断面コ字状の見切り縁7を差込んで両連結具5a,5bを見切り縁7内に挿入することで、連結具5a,5bの係合部3,3を見切り縁7の被係合部6,6に係合させることができ、従来のようにビス止め作業をおこなうことなく壁パネル1と天井パネル2との接続ができるのであり、ユニットルームの施工性を高めることができる。
【0006】請求項2においては、対となる連結具5a,5bの一方の先端部に他方の先端部を覆う覆い部8を形成していることを特徴とするものである。このような構成によれば、覆い部8によって覆うことで、連結具5a,5b間に隙間が生じることがなく、対向した連結具5a,5bに対して見切り縁7を挿入しやすくなり、一層、施工性を高めることができる。
【0007】請求項3においては、壁パネル1と天井パネル2の連結具5a,5bの一方にガイド部9、他方に被ガイド部10を形成してあることを特徴とするものである。このような構成によれば、ガイド部9と被ガイド部10とのガイド機能によって一対の連結具5a,5bを所定位置おいて対向させることができ、一層、施工性を高めることができる。
【0008】請求項4においては、覆い部8には、膨大となるとともに先鋭となって見切り縁7に対する挿入ガイド11を形成してあることを特徴とするものである。このような構成によれば、挿入ガイド11によって見切り縁7の挿入が容易になり、一層、施工性を高めることができる。
【0009】請求項5においては、見切り縁7には、軟質材にて形成されて天井パネル2との水密シールを図る第1のシール手段12と、壁パネル1の背面側に結露水が漏れるのを防止する第2のシール手段13を備えていることを特徴とするものである。このような構成によれば、第1のシール手段1200000000によって天井パネル2との水密シールを図ることができ、第2のシール手段13によって壁パネル1の背方への結露水の漏れを防止することができ、施工性を高めながら充分な水密シールをおこなうことができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を説明する。図1(a)(b)(c)(d)は接続手順を示す断面図、図2(a)(b)は壁パネルに連結具を連結する断面図、(c)(d)は天井パネルに連結具を連結する断面図である。
【0011】本発明のユニットルームは、例えば、浴室を構成するものであり、防水床パンの周部に壁パネル1が立設され、天井パネル2が架設されて構成されるものである。
【0012】壁パネル1は、面板14の背面に例えば、金属製でチャンネル状に形成された横フレーム15と縦フレーム16とが連結されて構成されている。天井パネル2は、例えば合成樹脂板17の裏面に断熱材18を裏打ちしたものである。
【0013】壁パネル1及び天井パネル2の連結具5a,5bは、例えば合成樹脂成形品であり、連結具5a,5bの各々の片面にのこ歯状の係合部3が形成され、他面が当接面4が形成されている。天井パネル2側の連結具5bには挿入凹所21が形成され、壁パネル1側の連結具5aには挿入片22が形成されている。見切り縁7は、前面に覆い片20が形成されて断面略コ字状に形成されている。覆い片20の上下片の内面にのこ歯状の被係合部6,6を形成している。
【0014】しかして、図2(b)及び同図(d)に示すように、ビス19によって、連結具5a,5bを当接面4,4が対向するように取付ける。図1(b)に示すように、挿入凹所21に挿入片22を遊挿するとともに当接面4,4を対向させる。その後、図1(c)に示すように、コ字状の見切り縁7を両連結具5a,5bに挿合して、被係合部6,6間に壁パネル1と天井パネル2の各々の両連結具5a,5bの係合部3,3を係合させるのであある。
【0015】このような構成によれば、壁パネル1に取付けた連結具5aと天井パネル2に取付けた連結具5bの当接面4,4を対向させた状態で、断面コ字状の見切り縁7を差込んで両連結具5a,5bを見切り縁7内に挿入することで、連結具5a,5bの係合部3,3を見切り縁7の被係合部6,6に係合させることができ、従来のようにビス止め作業をおこなうことなく壁パネル1と天井パネル2との接続ができるのであり、ユニットルームの施工性を高めることができるのである。
【0016】図2は連結具5a,5bの他の実施の形態を示し、但し、本実施の形態の基本構成は上記実施の形態と共通であり、共通する部分には同一の符号を付して説明は省略する。
【0017】本実施の形態においては、対となる連結具5a,5bの一方、具体的には天井パネル2側の連結具5bの先端部に他方の先端部を覆う覆い部8を形成している。このような構成によれば、覆い部8によって壁パネル1側の連結具5aの先端部を覆うことで、連結具5a,5b間に隙間が生じることがなく、対向した連結具5a,5bに対して見切り縁7を挿入しやすくなり、一層、施工性を高めることができるのである。
【0018】又、本実施の形態においては、天井パネル2側の連結具5bの挿入凹所21の両片の下端部に略ハ字状となったガイド部9が形成されている。壁パネル2側の挿入片22の上端部が被ガイド部10となるものである。このような構成によれば、ガイド部9と被ガイド部10とのガイド機能によって一対の連結具5a,5bを所定位置おいて対向させることができ、一層、施工性を高めることができるものである。
【0019】更に、本実施の形態においては、覆い部8には、膨大となるとともに先鋭となって見切り縁7に対する挿入ガイド11を形成してある。このような構成によれば、挿入ガイド11によって見切り縁7の挿入が容易になり、一層、施工性を高めることができるものである。
【0020】図4及び図5は更に他の実施の形態を示し、但し、本実施の形態の基本構成は上記実施の形態と共通であり、共通する部分には同一の符号を付して説明は省略する。
【0021】本実施の形態においては、見切り縁7側の被係合部6を一対のフック23,23にて形成したものである。更に、本実施の形態においては、見切り縁7には、軟質材にて形成されて天井パネル2との水密シールを図る第1のシール手段12と、壁パネル1の背面側に結露水が漏れるのを防止する第2のシール手段13を備えている。このような構成によれば、第1のシール手段12によって天井パネル2との水密シールを図ることができ、第2のシール手段13によって壁パネル1の背方への結露水の漏れを防止することができ、施工性を高めながら充分な水密シールをおこなうことができるものである。
【0022】図6は更に他の実施の形態を示し、見切り縁7の下片25の先端部に斜め下方に延出する延出部24を形成して、延出部24によって上下の連結具5a,5bに間に下片25の先端部が挿入されることがないようにしたものである。又、第1のシール手段12及び第2のシール手段13は複数のヒレ片にて形成している。
【0023】
【発明の効果】請求項1においては、壁パネルと天井パネルの各々に、片面が係合部となり他面が当接面となった連結具を当接面が対向するように取付け、壁パネルと天井パネルとの接続部分を覆うとともに水密シールを図る見切り縁を断面略コ字状に形成して内面に被係合部を形成し、被係合部間に壁パネルと天井パネルの各々の係合部を係合させているから、壁パネルに取付けた連結具と天井パネルに取付けた連結具の当接面を対向させた状態で、断面コ字状の見切り縁を差込んで両連結具を見切り縁内に挿入することで、連結具の係合部を見切り縁の被係合部に係合させることができ、従来のようにビス止め作業をおこなうことなく壁パネルと天井パネルとの接続ができるのであり、ユニットルームの施工性を高めることができるという利点がある。
【0024】請求項2においては、対となる連結具の一方の先端部に他方の先端部を覆う覆い部を形成しているから、請求項1の効果に加えて、覆い部によって覆うことで、連結具間に隙間が生じることがなく、対向した連結具に対して見切り縁を挿入しやすくなり、一層、施工性を高めることができるという利点がある。
【0025】請求項3においては、壁パネルと天井パネルの連結具の一方にガイド部、他方に被ガイド部を形成してあるから、請求項1の効果に加えて、ガイド部と被ガイド部とのガイド機能によって一対の連結具を所定位置おいて対向させることができ、一層、施工性を高めることができるという利点がある。
【0026】請求項4においては、覆い部には、膨大となるとともに先鋭となって見切り縁に対する挿入ガイドを形成してあるから、請求項2の効果に加えて、挿入ガイドによって見切り縁の挿入が容易になり、一層、施工性を高めることができるという利点がある。
【0027】請求項5においては、見切り縁には、軟質材にて形成されて天井パネルとの水密シールを図る第1のシール手段と、壁パネルの背面側に結露水が漏れるのを防止する第2のシール手段を備えているから、請求項1の効果に加えて、第1のシール手段によって天井パネルとの水密シールを図ることができ、第2のシール手段によって壁パネルの背方への結露水の漏れを防止することができ、施工性を高めながら充分な水密シールをおこなうことができるという利点がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013