米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 流し台シンク用の排水トラップ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−3429(P2001−3429A)
公開日 平成13年1月9日(2001.1.9)
出願番号 特願平11−178261
出願日 平成11年6月24日(1999.6.24)
代理人 【識別番号】100093230
【弁理士】
【氏名又は名称】西澤 利夫
【テーマコード(参考)】
2D061
【Fターム(参考)】
2D061 DA03 DD05 DE15 
発明者 真鍋 博
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 ゴミ収容器収納部を本体上部に、封水部を本体下部に有し、封水部は、本体底部から上方に立ち上がる立ち上がり管部と、これに上方より覆いかぶさるように配設されるわん状の防臭器とからなる流し台シンク用の排水トラップにおいて、封水部は、その中心軸をゴミ収容器収納部の中心軸からずらして配設され、この封水部の立ち上がり管部の下端に連設され、立ち上がり管部と連通し、かつ本体と一体化された排水管接続管部が、封水部の中心軸がゴミ収容器収納部の中心軸からずれる方向と反対側に延び、本体側部に向かっていることを特徴とする流し台シンク用の排水トラップ。
【請求項2】 排水管接続管部の上部面は、本体の底面の一部を形成し、防臭器の下端部付近に配置され、排水管接続管部の先端部は、上方に向かって膨出して開口径が拡大された径拡大部とされ、先端が本体側部から側方に突出し、排水管の先端部の挿入を可能としている請求項1記載の流し台シンク用の排水トラップ。
【請求項3】 防臭器には、側部に、本体側に向かって突出する取り付け部が設けられ、本体には、この取り付け部と係合可能な部位に受け部が設けられ、さらに防臭器には、取り付け部を受け部に係合させ、また、この係合を解除する際の操作用の取っ手が、上端縁から側部にかけて突設されている請求項1又は2記載の流し台シンク用の排水トラップ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この出願の発明は、流し台シンク用の排水トラップに関するものである。さらに詳しくは、この出願の発明は、性能を保持しつつ、流し台のシンク下部の収納部の容量を確保するのに好適な流し台シンク用の排水トラップに関するものである。
【0002】
【従来の技術】図2に示したように、流し台(21)に設けられるシンク(22)の排水口部(22a)には、食品、食器等の洗浄時等に、洗浄水は排出する一方、生ゴミ等を捕集し、また、排水管からの臭気の放散を防止するための手段として、排水トラップ(23)が設けられている。
【0003】一般に、排水トラップ(23)は、本体(23a)の上部にゴミ収容器収納部(24)を備え、下部には封水部(25)を備えている。網カゴ等のゴミ収容器(26)は、ゴミ収容器収納部(24)に着脱自在に取り付けられる。封水部(25)は、本体(23a)の底部から立ち上がる立ち上がり管部(27)と、これに上方より覆いかぶさるように配設されるわん状の防臭器(28)とから構成される。立ち上がり管部(27)の下端には排水管(29)が接続される。
【0004】食品、食器等の洗浄時等には、洗浄水と共に生ゴミ等がシンク(22)の排水口部(22a)から排水トラップ(23)に流入するが、生ゴミ等は、排水トラップ(23)の上部のゴミ収容器収納部(24)に取り付けられたゴミ収容器(26)に捕集され、洗浄水のみがゴミ収容器(26)を通過し、封水部(25)において、防臭器(28)の下端(28a)から防臭器(28)内に流入し、立ち上がり管部(27)の上端(27a)から排水管(29)へと流出する。
【0005】また、排水管(29)からの臭気は、封水部(25)に備えた防臭器(28)により拡散が防止される。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】ところで、流し台(21)については、シンク(22)の下部の収納部(21a)の容量確保に向けて検討が進められている。その実現のためには、シンク(22)の下方に位置する排水トラップ(23)、並びに排水管(29)がキーとなる。すなわち、排水トラップ(23)を小型化し、排水管(29)を流し台(21)の奥側に配置することができれば、収納部(21a)の容量は拡大される。
【0007】だが、前者については、立ち上がり管部(27)と防臭器(28)とからなる封水部(25)に関し、立ち上がり管部(27)の上端(27a)から防臭器(28)の下端(28a)までの封水深さを50mm以上とするという建築基準法上の規定がある。また、網カゴ等のゴミ収容器(26)の容量を縮小すると、生ゴミ等の捕集量が低下する。従って、排水トラップ(23)の小型化には自ずと限界がある。
【0008】後者については、それを可能とするために、排水口部(22a)をシンク(22)の奥側に配置することが考えられている。しかしながら、それだけでは不十分であり、排水管(29)そのものを流し台(21)の奥側に配置するための工夫が必要とされる。この出願の発明は、以上の通りの事情に鑑みてなされたものであり、性能を保持しつつ、流し台のシンク下部の収納部の容量を確保するのに好適な流し台シンク用の排水トラップを提供することを目的としている。
【0009】
【課題を解決するための手段】この出願の発明は、上記の課題を解決するものとして、ゴミ収容器収納部を本体上部に、封水部を本体下部に有し、封水部は、本体底部から上方に立ち上がる立ち上がり管部と、これに上方より覆いかぶさるように配設されるわん状の防臭器とからなる流し台シンク用の排水トラップにおいて、封水部は、その中心軸をゴミ収容器収納部の中心軸からずらして配設され、この封水部の立ち上がり管部の下端に連設され、立ち上がり管部と連通し、かつ本体と一体化された排水管接続管部が、封水部の中心軸がゴミ収容器収納部の中心軸からずれる方向と反対側に延び、本体側部に向かっていることを特徴とする流し台シンク用の排水トラップ(請求項1)を提供する。
【0010】またこの出願の発明は、排水管接続管部の上部面は、本体の底面の一部を形成し、防臭器の下端部付近に配置され、排水管接続管部の先端部は、上方に向かって膨出して開口径が拡大された径拡大部とされ、先端が本体側部から側方に突出し、排水管の先端部の挿入を可能としていること(請求項2)、並びに、防臭器には、側部に、本体側に向かって突出する取り付け部が設けられ、本体には、この取り付け部と係合可能な部位に受け部が設けられ、さらに防臭器には、取り付け部を受け部に係合させ、また、この係合を解除する際の操作用の取っ手が、上端縁から側部にかけて突設されていること(請求項3)をそれぞれ好ましい態様として提供する。
【0011】以下、図面に沿ってこの出願の発明の流し台シンク用の排水トラップについてさらに詳しく説明する。
【0012】
【発明の実施の形態】図1は、この出願の発明の流し台シンク用の排水トラップの一実施形態を示した断面図である。この図1に示したように、この出願の発明の流し台シンク用の排水トラップ(1)は、図2に示した従来の排水トラップ(23)と同様に、いわゆるわん型トラップに分類されるものである。
【0013】すなわち、排水トラップ(1)は、ゴミ収容器収納部(2)を本体(1a)の上部に、また、本体(1a)の下部には、本体(1a)の底部から上方に立ち上がる立ち上がり管部(3)と、これに上方より覆いかぶさるように配設されるわん状の防臭器(4)とからなる封水部(5)を有している。ゴミ収容器収納部(2)には、網カゴ等のゴミ収容器(6)が着脱自在に取り付けられる。
【0014】そして、この出願の発明の流し台シンク用の排水トラップ(1)では、封水部(5)が、その中心軸(5a)をゴミ収容器収納部(2)の中心軸(2a)からずらして配設されている。また、排水管(7)との接続用の排水管接続管部(8)が、封水部(5)の立ち上がり管部(3)の下端に連設され、立ち上がり管部(3)と連通している。この排水管接続管部(8)は、本体(1a)と一体化されており、また、封水部(5)の中心軸(5a)がゴミ収容器収納部(2)の中心軸(2a)からずれる方向と反対側に延び、本体(1a)の側部に向かっている。
【0015】このため、この出願の発明の流し台シンク用の排水トラップ(1)を、図2に示したように、流し台(21)に設けられたシンク(22)の排水口部(22a)に配設する際に、封水部(5)が流し台(21)の手前側に位置するように配置すると、封水部(5)の中心軸(5a)がゴミ収容器収納部(2)の中心軸(2a)からずれているために、排水口部(22a)をシンク(22)の奥側に配置する場合にも、排水トラップ(1)から流し台(21)の奥側に排水管(7)を配設するための余裕が取れる。しかも、排水管接続管部(8)は、流し台(21)の奥側に向かうため、これに接続する排水管(7)を流し台(21)の奥側に配置することができる。従って、排水管(7)は、流し台(21)のより奥側に位置することとなり、流し台(21)のシンク(22)の下部の収納部(22a)は、容量が十分に拡大される。この収納部(22a)の容量確保は、排水トラップ(1)の性能を何ら損なうことなく実現される。
【0016】なお、この出願の発明の流し台シンク用の排水トラップ(1)では、図1に示したように、本体(1a)の側部に向かう排水管接続管部(8)の上部面(8a)により本体(1a)の底面の一部を形成させ、これを封水部(5)に備えた防臭器(4)の下端部(4a)付近に配置することができる。そして、この排水管接続管部(8)の先端部を、上方に向かって膨出して開口径を拡大した径拡大部(8b)とし、その先端を本体(1a)の側部から側方に突出させることができる。
【0017】このようにすることで、排水トラップ(1)の底部より下方に突出する排水管接続管部(8)の突出高さを低く抑えることができ、封水部(5)に全く影響を及ぼすことなく、排水トラップ(1)の全体の高さを低く抑えることができる。これと共に、排水管接続管部(8)への排水管(7)の接続高さを高い位置に設定することができる。これらは、全て、図2に示した流し台(21)のシンク(22)の下部の収納部(22a)の容量確保により一層貢献する。
【0018】その上、排水管(7)の先端を排水管接続管部(8)の径拡大部(8b)に挿入することもできる。このため、排水管(7)は、排水管接続管部(8)の径拡大部(8b)の先端に設けることのできる、例えばホースナット等の接続固定具(9)により固定可能な長さまで先端部(7a)の長さを短縮することができる。これは、シンク(22)における排水口部(22a)の位置を可能な限り奥側とするのに有効となる。また、排水管(7)の先端を排水管接続管部(8)の径拡大部(8b)に挿入可能とすると、排水管(7)を接続する際の位置決めが容易となる。つまり、排水管(7)の先端を径拡大部(8b)の端部において排水管接続管部(8)に突き当たるまで挿入することにより、排水管(7)の接続位置が定まる。従って、作業者は、手元の感覚でこれを確認することができ、位置決めは容易となる。
【0019】しかも、排水管接続管部(8)の先端は本体(1a)の側部から側方に突出しているため、排水管(7)の接続固定に使用するホースナット等の接続固定具(9)を操作する空間を上下に取ることができ、排水管(7)の接続固定作業を容易とする。さらにこの出願の発明の流し台シンク用の排水トラップ(1)では、図1に示したように、防臭器(4)を封水部(5)の所定位置に配置させるための手段として、防臭器(4)の側部に本体(1a)側に向かって突出する取り付け部(10)を設け、本体(1a)においてこの取り付け部(10)と係合可能な部位に受け部(11)を設けることができる。これらの取り付け部(10)及び受け部(11)を備えた排水トラップ(1)においてこの出願の発明の流し台シンク用の排水トラップ(1)では、さらに、防臭器(4)に、取り付け部(10)を受け部(11)に係合させ、また、この係合を解除する際の操作用の取っ手(12)を上端縁から側部にかけて突設することができる。このように取っ手(12)を防臭器(4)の上端縁から側部にかけて突設することにより、その操作性を犠牲にせずに、ゴミ収容器収納部(2)に取り付けられるゴミ収容器(6)の底面と防臭器(4)の上面との間の間隔(d)を可能な限り短縮することができる。排水トラップ(1)は、その性能を全く損なうことなく、全体の高さがより一層短縮され、図2に示した流し台(21)のシンク(22)の下部の収納部(22a)の容量確保に寄与する。
【0020】もちろんこの出願の発明は、以上の実施形態によって限定されるものではない。本体をはじめ、ゴミ収容器収納部、封水部、並びに排水管接続管部の形状、大きさ、排水管を接続固定する接続固定具の種類及び構造等の細部については様々な態様が可能であることは言うまでもない。
【0021】
【発明の効果】以上詳しく説明した通り、この出願の発明によって、性能を保持しつつ、流し台のシンク下部の収納部の容量を確保するのに好適な流し台シンク用の排水トラップが提供される。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013