米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 化学;冶金 -> 凸版印刷株式会社

番号 発明の名称
1 セルロースおよびその製造方法
2 樹脂組成物およびその成形体
3 樹脂組成物
4 着色組成物及び感光性着色組成物及びそれを用いたカラーフィルタ
5 着色組成物及びそれを用いた耐熱性カラーフィルタ
6 クロムめっき液の濃度測定方法
7 高屈折率組成物及び高屈折率コーティング組成物とその組成物からなる反射防止積層体並びにその製造方法
8 焼成用放射線硬化ペースト組成物およびそれを用いた構造体
9 シート
10 高屈折率組成物
11 防汚材およびこれを用いた反射防止フィルター
12 エッチング部品の製造方法
13 含フッ素多官能(メタ)アクリル酸エステル及び低屈折材料
14 蒸着フィルム及びこの蒸着フィルムを用いた包装材料
15 含フッ素多官能(メタ)アクリル酸エステルおよび低屈折材料
16 着色組成物及びそれを用いたカラーフィルタ
17 パルプビーズ及びパルプ成型体
18 異方性光散乱フィルム用組成物及び異方性光散乱フィルム
19 異方性光散乱フィルム用組成物及び異方性光散乱フィルム
20 異方性光散乱フィルム用組成物及び異方性光散乱フィルム
21 樹脂組成物およびその積層体
22 スパッタリング成膜用の基板ホルダー及びそれを用いたフォトマスクブランクスの製造方法
23 スパッタリング成膜装置及びそれを用いたフォトマスクブランクスの製造方法
24 着色組成物とその製法およびそれを用いたカラーフィルタ、電極基板および液晶表示装置
25 着色組成物及びそれを用いたカラーフィルタ
26 有機薄膜発光素子及び蛍光体
27 キノロン誘導体ならびにそれを使用した有機EL素子
28 プラスチック容器への薄膜成膜方法
29 プラスチックフィルム又はシートの高清浄化方法
30 真空成膜装置およびそれを用いた成膜方法
31 低屈折率組成物、低屈折率膜、光学多層膜および反射防止膜
32 樹脂組成物及びそれを用いた積層体
33 高屈折率組成物および反射防止積層体
34 高屈折率組成物および高屈折率膜および反射防止膜
35 接着性樹脂組成物及びそれを用いた積層体
36 ポリエチレンフィルム及びこれを用いた包装容器
37 平面状母型
38 易剥離性フィルム
39 感光性黒色樹脂組成物
40 感光性着色樹脂組成物
41 改質剤およびそれを用いた材料の改質方法
42 真空成膜装置
43 電子部品のエッチング方法
44 酸素インジケーター用インキ組成物および酸素インジケーター
45 平版金型
46 ポリオレフィン系樹脂組成物およびその成形体
47 ポリエステル系樹脂組成物および成形体
48 プラスチックシート及びカード及びカードの偽造防止方法
49 偽造防止用インキおよび偽造防止印刷物及びこの印刷物の偽造防止方法
50 カラーフィルタ用接着剤及びそれを用いたカラーフィルタ
51 架橋高分子固体電解質壁体
52 帯電防止性ハードコート剤、合成樹脂成型品およびプラスチック製光学物品
53 樹脂組成物およびその積層体
54 成膜装置及び成膜方法
55 ホットメルト組成物及びそれを用いたシャドーマスクの製造方法
56 コーティング剤およびそれを用いた高屈折率層の形成方法およびホログラム形成体の製造方法
57 包装袋及び包装用クリーンフィルム並びに包装用クリーンフィルムの製造方法
58 電気めっき装置
59 異方性光散乱フィルム用組成物及び異方性光散乱フィルム
60 ポリプロピレン成形体およびそれを用いた真空採血管
61 貴金属の回収装置および貴金属の回収方法
62 易剥離性感熱ラベル
63 スパッタリング成膜用のターゲットユニット
64 異方性光散乱フィルム用組成物及び異方性光散乱フィルム
65 壁 紙
66 インク
67 インク
68 インク
69 耐バブリング性感熱ラベルおよびその製造方法
70 低反射ハードコート樹脂組成物
71 エッチング耐蝕樹脂層の形成方法及びそれを用いたシャドウマスクの製造方法
72 防眩性帯電防止ハードコート樹脂組成物およびハードコート膜とハードコート膜形成物品
73 プラスチック成形品及びそれを用いた製品

[1]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013