米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 化学;冶金 -> 三洋化成工業株式会社

番号 発明の名称
1 自動車部品用ポリプロピレン組成物
2 塗料組成物および塗装物品
3 接触疲労寿命強度に優れた歯車
4 接触疲労寿命強度に優れた歯車
5 セラミックス焼結体
6 湿式摩擦材及びその製造方法
7 湿式摩擦材及びその製造方法
8 摩擦材
9 高周波誘導加熱装置
10 高周波焼入れ装置
11 シール方法
12 摩擦材料
13 接触疲労寿命強度に優れた歯車
14 再利用可能な常温硬化型水性塗料組成物
15 無電解複合ニッケル−リン合金めっき方法
16 発泡性アクリル樹脂塗料組成物
17 耐熱マグネシウム合金
18 水系防音塗料
19 自動車ステアリング用グリース組成物
20 急冷凝固粉末強化アルミニウム基複合材料
21 被削性、冷鍛性に優れた高磁束密度、高固有抵抗電磁材料
22 金型冷却水路のメッキ方法
23 潤滑油,並びにその供給方法及び供給装置
24 コリンモノオキシゲナーゼ遺伝子
25 パラコート耐性カルス由来のペルオキシダーゼ
26 ポリビニルアルコール系樹脂多孔体及びこの多孔体で被覆された多孔構造体
27 自動車部品用ポリプロピレン系組成物
28 自動車用室温硬化性シール材組成物
29 変色性高分子材料
30 ポリアセタール樹脂組成物
31 溶射方法、溶射装置及び粉末通路装置
32 真空処理装置及びその操作方法
33 エポキシ樹脂塗料組成物
34 無機質塗料組成物及びその塗膜の形成方法
35 自己潤滑摺動材料
36 クロムメッキ局部補修用電解液及びこれを用いたクロムメッキ補修方法
37 浸硫焼入処理、浸硫浸炭処理および浸硫浸炭窒化処理方法
38 熱可塑性エラストマー
39 炭化水素ガスの圧縮貯蔵または吸着貯蔵における炭化水素ガスの貯蔵容器への充填方法
40 成形性、物性に優れるポリプロピレン系樹脂組成物
41 硬質粒子、耐摩耗性鉄基焼結合金、耐摩耗性鉄基焼結合金の製造方法及びバルブシート
42 物理蒸着法による薄膜の形成方法
43 ダブルスラッシュ成形物および成形方法
44 ポリウレタン樹脂系スラッシュ成形用材料
45 金属基複合材料およびその製造方法
46 布調樹脂成形品
47 金属基複合材料およびその製造方法
48 摺動部材
49 乳酸の製造方法
50 耐酸性乳酸生成微生物
51 複合樹脂
52 電池用セパレータおよびその製造方法
53 自己潤滑性コーティング及びその形成方法
54 真空蒸着装置における基板配置方法
55 水性塗料用樹脂
56 被削性に優れ,強度異方性の小さい鉛無添加の機械構造用鋼
57 湿式塗装ブース循環水の処理方法
58 高周波焼入方法および装置
59 トラクションドライブ流体用低温流動性向上剤及びトラクションドライブ流体組成物
60 再利用可能な常温硬化型水性塗料組成物
61 等速ジョイント用グリース組成物
62 水性塗料
63 グリース用組成物
64 高強度鋼ベルトおよびその製法
65 絶縁性基体用保護膜、薄膜積層体および薄膜センサ
66 金属成形品の表面改質方法
67 親油性に優れた無機・有機ハイブリッド材、その合成方法及び用途
68 一液型艶消し塗料組成物
69 鋳造用金属粒子およびその製造方法並びに金属射出成形法
70 引張平均応力下での疲労強度に優れた合金
71 摩擦材製法および摩擦材用原料
72 窒化用鋼板およびその製造方法
73 潤滑油組成物
74 高周波焼入焼戻方法
75 防音アンダーコート用アクリルゾル
76 吸音材とその製造方法、および発泡造粒体とその製造方法
77 塗料組成物
78 自動車ボディ用アルミニウム合金接合板及びその製造方法,並びに車体
79 キレート系重金属捕集剤の必要添加量の決定方法、薬注制御方法及び薬注制御装置
80 半硬質ポリウレタンフォームの製造方法
81 マグネシウム合金の細粒化剤およびその製造方法およびそれを用いた微細化方法
82 溶液の再利用方法および再利用装置
83 リン酸亜鉛処理性に優れたジンケート処理アルミニウム合金板
84 ポリオ−ル組成物及び半硬質ポリウレタンフォ−ムの製造方法

[1]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013