米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 化学;冶金 -> 旭化成株式会社

発明の名称 抗菌防カビ性塗料組成物
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−115095(P2001−115095A)
公開日 平成13年4月24日(2001.4.24)
出願番号 特願平11−298057
出願日 平成11年10月20日(1999.10.20)
代理人 【識別番号】100068238
【弁理士】
【氏名又は名称】清水 猛 (外3名)
【テーマコード(参考)】
4J038
【Fターム(参考)】
4J038 HA026 HA066 HA216 HA246 HA296 HA406 HA416 HA446 HA466 HA556 JC38 KA07 NA05 
発明者 清水 克也 / 山本 伸一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 トロポロン化合物の金属錯体を含有することを特徴とする抗菌防カビ性塗料組成物。
【請求項2】 トロポロン化合物が4−イソプロピルトロポロンである請求項1記載の抗菌防カビ性塗料組成物。
【請求項3】 トロポロン化合物の金属錯体が、4−イソプロピルトロポロンの亜鉛錯体、銅錯体、銀錯体の群より選ばれる1種または複数の金属錯体である請求項1または2記載の抗菌防カビ塗料組成物。
【請求項4】 銀イオンを担持させた無機系抗菌剤をさらに含有する請求項1から3のいずれかに記載の抗菌防カビ性塗料組成物。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、優れた抗菌防カビ性を有する塗料組成物に関するものである。さらに詳しくは、住宅、病院などの建造物の内外装用塗装をはじめ、浴槽、トイレ、倉庫などの住宅設備の塗装などに有用な、優れた抗菌防カビ性を有する塗料組成物に関するものである。
【0002】
【従来の技術】塗料とは、塗装対象面に塗布して塗膜を形成させることにより、対象面を水分や紫外線などの自然劣化条件から守るとともに美観を付与するものである。しかし、塗料は構成成分として各種の有機物を含んでいるため、製品保存時および塗膜形成後、各種微生物による被害を受けやすい。すなわち、製品保存時における細菌やカビによる腐敗、塗膜形成後の細菌の増殖によるヒトの健康被害やカビの発生による環境汚染、美観損傷などが発生し易い。特に近年、その安全性と取り扱いの容易性から盛んに使用されるようになった水性塗料は、溶剤型塗料に比べ塗膜面が比較的粗いため、塗膜表面にカビが発生し易い傾向がある。こうした問題を解決するため、各種の有機系抗菌剤を添加することが試みられている〔抗菌・防黴剤の使用技術と抗菌性試験・評価(技術情報協会)、p276〕。
【0003】一方、特開平7−11195号公報には種々の有機系抗菌剤を含有するワックスが開示されている。しかし、これらの有機系抗菌剤は、細菌とカビの両者に実用的効果を示すものはなく、しかも、比較的毒性が高いという安全上の問題があった。一方、無機系抗菌剤を添加する例も知られている。例えば、特開昭60−202162号公報には抗菌作用を有する金属イオンを担持したゼオライトを添加する例が、特開平5−59308号公報には同様の金属イオンを担持したリン酸塩系化合物を添加する例が開示されている。これらの無機系抗菌剤のうち銀を用いたものは、適用菌種が比較的広い。しかし、抗菌性発現の機構が菌との接触殺菌であるため多量の配合を必要とすること、および銀イオンを含有するため紫外線などにより変色するという問題があった。このような変色は、上述のように近年盛んに用いられるようになった水性塗料において特に顕著である。この変色を防止するため、ビス(ピリジン−2−チオール−1−オキシド)亜鉛塩を併用する方法が開示されている(特開平8−48917号公報)。しかし、該亜鉛塩は毒性が比較的高いという問題があった。以上のように従来技術では、細菌、カビを問わず広範囲の菌種に対して優れた効果を発揮し、しかも、紫外線などによる変色がなく、かつ、毒性が低く安全な塗料組成物を得ることはできない。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、細菌、カビを問わず広範囲の菌種に対して優れた効果を発揮し、しかも、紫外線などによる変色がなく、かつ、毒性が低く安全な塗料組成物を提供することを目的とする。更に詳しくは、住宅、病院などの建造物の内外装用塗装をはじめ、浴槽、トイレ、倉庫などの住宅設備の塗装などに有用な優れた抗菌防カビ性と安全性を兼ね備え、しかも、耐候性に優れた塗料組成物を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明者らは、上記課題を解決するため鋭意検討した結果、トロポロン化合物の金属錯体を用いることにより、上記の目的が達せられることを見出し、本発明を完成した。すなわち、本発明は、以下のとおりである。
(1)トロポロン化合物の金属錯体を含有することを特徴とする抗菌防カビ性塗料組成物。
(2)トロポロン化合物が4−イソプロピルトロポロンである上記(1)の抗菌防カビ性塗料組成物。
(3)トロポロン化合物の金属錯体が、4−イソプロピルトロポロンの亜鉛錯体、銅錯体、銀錯体の群より選ばれる1種または複数の金属錯体である上記(1)または(2)の抗菌防カビ塗料組成物。
(4)銀イオンを担持させた無機系抗菌剤をさらに含有する上記(1)から(3)のいずれかの抗菌防カビ性塗料組成物。
本発明の塗料組成物において、トロポロン化合物の金属錯体を含有することは必須要件である。
【0006】本発明で言うトロポロン化合物とは、下記の一般式(1)で表される置換もしくは非置換のトロポロン化合物であり、【化1】

本発明で言うトロポロン化合物の金属錯体とは、下記の一般式(2)で表されるものである。
【化2】

【0007】ただし、R1 からR3 は、水素、または直鎖あるいは分岐のアルキル基、アルケニル基、アルキニル基、シクロアルキル基を表し、直鎖状または分岐状を問わない。また、不飽和結合が含まれていてもかまわない。また、酸素、ケイ素、ハロゲンなどのヘテロ原子が含まれていてもかまわない。アルキル基としては、例えば、メチル、エチル、n−プロピル、イソプロピル、n−ブチル、sec−ブチル、tert−ブチル、n−ペンチル、1−メチルブチル、2−メチルブチル、3−メチルブチル、1,1−ジメチルプロピル、1−メチルペンチル、2−メチルペンチル、3−メチルペンチル、4−メチルペンチル、1,1−ジメチルブチル、n−ヘキシル、n−オクチル、n−ノニル、n−デシル、n−ウンデシル、n−ドデシル、2−プロペニル、2−メチル−2−プロペニル、2−ブテニル、3−ブテニル、2−ヘキセニル、5−ヘキセニルなどが挙げられる。アルケニル基としては一般式−CH=CR4 5 で表され、アルキニル基としては一般式−CHC−R4 で表される。R4 、R5 は水素または炭化水素基であり、例えば、メチル、エチル、n−プロピル、イソプロピル、n−ブチル、sec−ブチル、tert−ブチル、n−ペンチル、1−メチルブチル、2−メチルブチル、3−メチルブチル、1,1−ジメチルプロピル、1−メチルペンチル、2−メチルペンチル、3−メチルペンチル、4−メチルペンチル、1,1−ジメチルブチル、n−ヘキシル、n−オクチル、n−ノニル、n−デシル、n−ウンデシル、n−ドデシル、2−プロペニル、2−ブテニル、3−ブテニル、2−ヘキセニル、5−ヘキセニルなどが挙げられる。シクロアルキル基としては、例えば、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、1−シクロペンテン−1−イル、2−シクロペンテン−1−イル、シクロペンタジエニル、シクロヘキシル、1−シクロヘキセン−1−イル、2−シクロヘキセン−1−イル、3−シクロヘキセン−1−イル、1,3−シクロヘキサジエン−1−イル、2,4−シクロヘキサジエン−1−イル、シクロヘプチル、1−シクロヘプテン−1−イル、2−シクロヘプテン−1−イル、3−シクロヘプテン−1−イル、4−シクロヘプテン−1−イル、シクロオクチル、1−シクロオクテン−1−イル、2−シクロオクテン−1−イル、シクロノニル、シクロデシルなどが挙げられる。また、酸素が含まれるものとしては、今まで述べた基に一般式−OR6 や一般式−COOR7 で表される置換基を有するものが挙げられる。R6 やR7 は水素または炭化水素基であり、例えば、メチル、エチル、n−プロピル、イソプロピル、n−ブチル、sec−ブチル、tert−ブチル、n−ペンチル、1−メチルブチル、2−メチルブチル、3−メチルブチル、1,1−ジメチルプロピル、1−メチルペンチル、2−メチルペンチル、3−メチルペンチル、4−メチルペンチル、1,1−ジメチルブチル、n−ヘキシル、n−オクチル、n−ノニル、n−デシル、n−ウンデシル、n−ドデシル、2−プロペニル、2−ブテニル、3−ブテニル、2−ヘキセニル、5−ヘキセニルなどが挙げられる。また今まで述べた基にケイ素やフッ素、塩素、臭素、ヨウ素のようなハロゲンが含まれていてもかまわない。
【0008】上記一般式(1)で表されるトロポロン化合物の中で、4位にイソプロピル基を有する4−イソプロピルトロポロン(別名ヒノキチオール)や4−位にイソプロペニル基を有するβ−ドラブリンは、青森ヒバや台湾ヒノキの精油中に含まれる天然物であり、その安全性の高さから、本発明の金属錯体を形成するトロポロン化合物として好ましい。最も好ましいのは4−イソプロピルトロポロンである。本発明のトロポロン化合物の金属錯体を形成する金属の種類〔一般式(2)のM〕としては、該化合物と錯体を形成し得るものであれば特に制限はなく、Na、Ag、Mn,Cu、Zn、Fe、Ca、Mg、Ba、Al、Co、Ni、Mo、Bi、Ti、Ptなどの中から適宜選択すればよいが、抗菌性に優れると言う意味でZn、Cu、Agが好ましい。該金属錯体を形成する金属イオンの価数〔一般式(2)のn〕は、各イオンが自然界に安定に存在し得る価数であればいくつでもよい。該金属錯体における金属イオンに対するトロポロン化合物のモル比〔一般式(2)のm〕は特に制限はないが、2もしくは1が好ましい。
【0009】本発明のトロポロン化合物としては、天然物や合成品の市販品や公知の方法で合成したものを使用することができる。本発明のトロポロンの金属錯体を合成する方法は特に制限はないが、例えば、トロポロン化合物自身もしくはそのNa塩と上記金属の塩(例えば、塩化物や硝酸塩)を反応させることにより合成できる。また、トロポロン化合物自身もしくはそのNa塩と金属石鹸(例えば、金属ステアレート)を反応させことによっても合成できる。
【0010】本発明において、塗料組成物にトロポロン化合物の金属錯体を配合する方法も特に制限はないが、例えば、上記のような方法で予め合成したトロポロン化合物の金属錯体を塗料組成物に配合する方法の他、塗料組成物中で該金属錯体を発生させてもよい。例えば、塗料組成物に対し、金属塩(もしくは金属石鹸など)とトロポロン化合物のNa塩を別々に添加して、塗料組成物中で該金属錯体を発生させる方法や、金属塩(もしくは金属石鹸など)とトロポロン化合物をそれぞれ別々の塗料成分に配合しておき、該成分を用いて塗料組成物を調製することにより、塗料組成物中にトロポロン化合物の金属錯体を発生させる方法などを採用することができる。
【0011】本発明における塗料組成物において、塗膜形成要素、塗膜形成助要素などに特に制限はない。すなわち、本発明は、水性塗料および有機溶剤型塗料をはじめ、粉体塗料などの無溶剤型塗料にも適用できる。また、これらにおける塗膜形成主要素(樹脂)の種類も問わず、合成樹脂、天然樹脂のいずれでもよい。また、本発明は、無機塗料にも適用することができる。水性塗料としては、水溶液型とエマルジョン型があげられ、樹脂成分としては、例えば、アルキド樹脂、ポリエステル樹脂、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、フッ素樹脂、シリコン樹脂、フェノール樹脂、アミノ樹脂、メラミン樹脂、ウレタン樹脂およびこれらの変性樹脂などがあげられ、これらは単独もしくは2種以上組み合わせて用いることができる。なお、この中には、架橋型アクリルエマルジョンや該エマルジョンと水性ポリウレタン樹脂との併用による架橋型エマルジョンも含まれる。一方、有機溶剤型塗料の樹脂成分としては、例えば、アルキド樹脂、ポリエステル樹脂、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、フッ素樹脂、シリコン樹脂、フェノール樹脂、アミノ樹脂、メラミン樹脂、ウレタン樹脂およびこれらの変性樹脂などがあげられ、これらは単独もしくは2種以上組み合わせて用いることができる。また、これらの中には架橋型の樹脂も含まれる。有機溶剤型塗料における溶剤の種類も何ら制限はなく、用途に応じて適宜選択できる。例えば、脂肪族系および芳香族系溶剤、植物性溶剤、アルコール類溶剤、エステル系溶剤、ケトン系・エーテル系溶剤、塩素化合物溶剤などがあげられる。
【0012】本発明の塗料組成物としては、床などに塗布するワックス類も包含され、それらに応用された場合においても、本発明の効果が得られる。また、固体材料を接合・固着させるために対象物表面に処理する接着媒体として使用される接着剤も、呼称が異なるとはいえ、実際の使用場面では対象物表面に処理被膜を形成させるという本質的に同じ使われ方がなされ、組成上も共通点が多いことから、広義の塗料組成物と考えることができ、本発明の効果が得られる分野である。
【0013】本発明の塗料組成物において、トロポロン化合物の金属錯体を含有する量は、塗料組成物に対して0.01重量%から20重量%が好ましい。0.01重量%未満では十分な抗菌、防カビ効果が得られず、20重量%を越えると塗膜形成能力や色調が損なわれる。該化合物のさらに好ましい含有量は0.02重量%から15重量%であり、最も好ましい含有量は0.05重量%から10重量%である。
【0014】本発明の塗料組成物は、トロポロン化合物の金属錯体に加え、必要に応じ銀イオンを担持させた無機系抗菌剤をさらに含有することが好ましい。該無機系抗菌剤をさらに含有させることにより持続性がさらに向上し、適用菌種もさらに広くなる。該無機系抗菌剤としては特に制限はなく、公知のものを用いればよい。例えば、活性炭、活性アルミナ、シリカゲル、ゼオライト、ヒドロキシアパタイト、リン酸ジルコニウム、リン酸チタン、チタン酸カリウム、含水酸化ビスマス、含水酸化ジルコニウム、ハイドロタルサイトなどに銀イオンを担持させたものがあげられる。該無機系抗菌剤を含有させる量は、塗料組成物に対して0.01重量%から20重量%が適当であり、されに好ましくは0.05重量%から10重量%である。本発明の塗料組成物には、トロポロン化合物の金属錯体に加え、必要に応じベンゾトリアゾール系やシアノアクリレート系の紫外線吸収剤やヒンダードアミン系光安定剤を配合することができる。また、ヒンダードフェノール系やリン系、イオウ系の酸化防止剤も、用途に応じて配合することができる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下に、実施例などを挙げて本発明をさらに詳しく説明するが、本発明は、これらの実施例などにより何ら限定されるものではない。なお、本発明の実施例などにおける各種試験は、以下の方法で実施した。
〈塗料組成物の防腐試験〉約1×106 /mlに希釈した黄色ブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、クロカビの混合懸濁液1mlを塗料組成物を含む容器に接種した。容器を密閉し、28℃×7日間培養した後、塗料組成物中の生菌数を調べた。
〈塗膜の抗菌防カビ試験〉30×30mmのろ紙に、塗料組成物を刷毛で塗布し、室温で7時間乾燥させて試験片を作成した。該試験片を寒天入りブイヨン培地の入ったプラスチックシャーレ中央に置き、これに塗料組成物の防腐試験と同じ混合懸濁液1mlを接種した。37℃で7日間培養した後、該シャーレ内の菌生育の程度を調べた。
〈塗膜の耐候性試験〉30×30mmのガラス板2枚に、塗料組成物を刷毛で塗布し、室温で2時間乾燥させた後、さらに、その上に該塗料組成物を同様な方法で塗布し、室温で7日間乾燥させて試験塗板2枚を得た。該試験塗板の1枚に対し紫外線殺菌灯を24時間照射し、もう一枚の試験塗板と色調を比較した。
【0016】
【参考実施例1】本発明の実施例で使用するトロポロン化合物の亜鉛錯体の合成法を以下に示す。純水20.52gに96%水酸化ナトリウム0.277gを溶解して水酸化ナトリウム水溶液を調製した。該水溶液に4−イソプロピルトロポロン(ヒノキチオール)1.089gを加え、50℃で10分間撹拌して溶解させ、4−イソプロピルトロポロンのNa塩の水溶液を得た。該水溶液に対し、塩化亜鉛0.451gを純水10.117gに溶解して調製した塩化亜鉛水溶液を滴下し、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体を析出させた。析出した錯体をろ過、乾燥し、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体を得た。
【0017】
【参考実施例2】本発明の実施例で使用するトロポロン化合物の銅錯体の合成法を以下に示す。純水25.425gに96%水酸化ナトリウム0.308gを溶解して水酸化ナトリウム水溶液を調製した。該水溶液に4−イソプロピルトロポロン(ヒノキチオール)1.212gを加え、50℃で10分間撹拌して溶解させ、4−イソプロピルトロポロンのNa塩の水溶液を得た。該水溶液に対し、硝酸銅3水和物0.893gを純水1.529gに溶解して調製した硝酸銅水溶液を滴下し、4−イソプロピルトロポロン銅錯体を析出させた。析出した錯体をろ過、乾燥し、4−イソプロピルトロポロン銅錯体を得た。
【0018】
【参考実施例3】本発明の実施例で使用するトロポロン化合物の銀錯体の合成法を以下に示す。純水21.959gに96%水酸化ナトリウム0.286gを溶解して水酸化ナトリウム水溶液を調製した。該水溶液に4−イソプロピルトロポロン(ヒノキチオール)1.127gを加え、50℃で10分間撹拌して溶解させ、4−イソプロピルトロポロンのNa塩の水溶液を得た。該水溶液に対し、硝酸銀1.170gを純水1.279gに溶解して調製した硝酸銀水溶液を滴下し、4−イソプロピルトロポロン銀錯体を析出させた。析出した錯体をろ過、乾燥し、4−イソプロピルトロポロン銀錯体を得た。
【0019】
【実施例1】アクリルエ系樹脂43%含有エマルジョン70%、二酸化チタン10%、4%ヒドロキシエチルセルロース10%、25%デモールEP(花王(株)製)8%、水2%からなるアクリル樹脂系エマルジョン塗料100gをガラス製容器に入れた。該塗料に対し、参考実施例1の方法で合成した4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体を1.0重量%添加し、撹拌混合して得られた塗料組成物につき防腐試験を行った結果、生菌数は0であった。また、塗膜の抗菌防カビ試験の結果、菌の生育は全く認められなかった。さらに、塗膜の耐候性試験における変色も全く認められなかった。本実施例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有しているので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌防カビ効果が優れているのみでなく、紫外線照射による変色も全く認められない。
【0020】
【実施例2】実施例1において、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体の代わりに参考実施例2の方法で合成した4−イソプロピルトロポロン銅錯体を1.0重量%添加した以外は、実施例1と同様の方法で調製した塗料組成物につき防腐試験を行った結果、生菌数は0であった。また、塗膜の抗菌防カビ試験の結果、菌の生育は全く認められなかった。さらに、塗膜の耐候性試験における変色も全く認められなかった。本実施例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有しているので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌防カビ効果が優れているのみでなく、紫外線照射による変色も全く認められない。
【0021】
【実施例3】実施例1において、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体の代わりに参考実施例3の方法で合成した4−イソプロピルトロポロン銀錯体を0.5重量%添加した以外は、実施例1と同様の方法で調製した塗料組成物につき防腐試験を行った結果、生菌数は0であった。また、塗膜の抗菌防カビ試験の結果、菌の生育は全く認められなかった。さらに、塗膜の耐候性試験における変色も全く認められなかった。本実施例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有しているので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌防カビ効果が優れているのみでなく、紫外線照射による変色も全く認められない。
【0022】
【実施例4】アクリル系樹脂エマルジョン31重量%、スチレンマレイン酸共重合体エマルジョン5重量%、低分子量ポリエチレンエマルジョン5.78重量%、グリコールエーテル6.34重量%、トリブトキシエチルホスフェイト1.11重量%、消泡剤0.02重量%、レベリング剤1.85重量%、香料0.09%、水48.55重量%からなる塗料(ワックス)100gをガラス容器に入れた。該塗料に対し、参考実施例1の方法で合成した4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体を1.0重量%添加し、撹拌混合して得られた塗料組成物につき防腐試験を行った結果、生菌数は0であった。また、塗膜の抗菌防カビ試験の結果、菌の生育は全く認められなかった。さらに、塗膜の耐候性試験における変色も全く認められなかった。
【0023】
【実施例5】酢酸ビニル樹脂40重量%、二酸化チタン5重量%、クレー12重量%、ジブチルフタレート10重量%、ポリビニルアルコール5重量%、アニオン界面活性剤0.5重量%、ノニオン界面活性剤0.5重量%、金属塩2.5重量%、キシレン10重量%、水14.8重量%からなる塗料(接着剤)をガラス容器に入れた。該塗料に対し、参考実施例1の方法で合成した4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体を1.0重量%添加し、撹拌混合して得られた塗料組成物につき防腐試験を行った結果、生菌数は0であった。また、塗膜の抗菌防カビ試験の結果、菌の生育は全く認められなかった。さらに、塗膜の耐候性試験における変色も全く認められなかった。本実施例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有しているので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌防カビ効果が優れているのみでなく、紫外線照射による変色も全く認められない。
【0024】
【比較例1】実施例1において、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体の代わりに2−(4−チアゾリル)ベンツイミダゾール(TBZ)を1.0重量%添加した以外は、実施例1と同様の方法で調製した塗料組成物につき、防腐試験および塗膜の抗菌防カビ試験を行った結果、黄色ブドウ球菌、大腸菌および緑膿菌の生育が認められた。また、塗膜の耐候性試験の結果、塗膜の変色が認められた。本比較例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有していないので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌効果が不十分である。また、外線照射による変色も認められる。
【0025】
【比較例2】実施例1において、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体の代わりにビス(ピリジン−2−チオール−1−オキシド)亜鉛塩(ZPT)を1.0重量%添加した以外は、実施例1と同様の方法で調製した塗料組成物につき、防腐試験および塗膜の抗菌防カビ試験を行った結果、緑膿菌の生育が認められた。また、塗膜の耐候性試験の結果、塗膜の変色が認められた。本比較例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有していないので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌効果が不十分である。また、外線照射による変色も認められる。
【0026】
【比較例3】実施例1において、4−イソプロピルトロポロン亜鉛錯体の代わりに銀イオン担持合成ゼオライト(シナネンニューセラミックス社製)を1.0重量%添加した以外は、実施例1と同様の方法で調製した塗料組成物につき、防腐試験および塗膜の抗菌防カビ試験を行った結果、クロカビの生育が認められた。また、塗膜の耐候性試験の結果、塗膜の変色が認められた。本比較例は本発明の必須要件であるトロポロン化合物の金属錯体を含有していないので、塗料組成物ならびに塗膜の抗菌効果が不十分である。また、外線照射による変色も認められる。
【0027】
【発明の効果】本発明により、細菌、カビを問わず広範囲の菌種に対して優れた効果を発揮し、しかも、紫外線などによる変色がなく、かつ、毒性が低く安全な抗菌防カビ性塗料組成物を提供することが可能となる。さらに詳しくは、住宅、病院などの建造物の内外装用塗装をはじめ、浴槽、トイレ、倉庫などの住宅設備の塗装などに有用な優れた抗菌防カビ性と安全性を兼ね備え、しかも、耐候性に優れた塗料組成物を提供することが、本発明により可能になる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013