Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物及び積層体 - 豊田合成株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 化学;冶金 -> 豊田合成株式会社

発明の名称 積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物及び積層体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−2836(P2001−2836A)
公開日 平成13年1月9日(2001.1.9)
出願番号 特願平11−178266
出願日 平成11年6月24日(1999.6.24)
代理人 【識別番号】100093285
【弁理士】
【氏名又は名称】久保山 隆 (外2名)
【テーマコード(参考)】
4J002
【Fターム(参考)】
4J002 AE052 BB151 DE076 DE286 FD010 FD206 
発明者 沖田 智昭 / 中島 克己 / 和田木 健
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 下記成分(A)〜(C)を含有し、熱可塑性樹脂組成物に接触して用いられる積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物。
(A):ゴム成分(B):ハイドロタルサイト及び/又は酸化マグネシウム(C):芳香族成分を含有しない鉱物油を含む積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物。
【請求項2】 (A)が、エチレン−αオレフィン−非共役ジエン系共重合体ゴムである請求項1記載のゴム組成物。
【請求項3】 (A)100重量部あたりの(B)の含有量が0.1〜20重量部である請求項1記載のゴム組成物。
【請求項4】 請求項1記載のゴム組成物の層及び該層と接触又は圧着されてなる熱可塑性樹脂組成物の層を有する積層体。
【請求項5】 請求項1記載のゴム組成物からなる層と熱可塑性樹脂組成物の層を熱融着して得られる請求項4記載の積層体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物及び積層体に関するものである。更に詳しくは、本発明は、熱可塑性樹脂組成物に接触して用いられる硫黄加硫ゴム組成物であって、黄変などの変色を生じず、よっていつまでも美しい使用当初の外観を維持するという優れた特徴を有する積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物及び該硫黄加硫ゴム組成物を用いた積層体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】熱可塑性組成物からなる層と接触する硫黄加硫ゴム組成物からなる層を有する積層体は、種々の方面で使用されている。ところが、従来の技術によると、樹脂組成物の層に、時間の経過と共に黄変などの変色を生じ、その外観を悪化させるという問題点があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】かかる現状に鑑み、本発明が解決しようとする課題は、熱可塑性樹脂組成物に接触して用いられる硫黄加硫ゴム組成物であって、黄変などの変色を生じず、よっていつまでも美しい使用当初の外観を維持するという優れた特徴を有する積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物及び該硫黄加硫ゴム組成物を用いた積層体を提供する点に存する。
【0004】
【課題を解決するための手段】すなわち、本発明のうち一の発明は、下記成分(A)〜(C)を含有し、熱可塑性樹脂組成物に接触して用いられる積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物に係るものである。
(A):ゴム成分(B):ハイドロタルサイト及び/又は酸化マグネシウム(C):芳香族成分を含有しない鉱物油を含む積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物。また、本発明のうち他の発明は、上記のゴム組成物の層及び該層と接触又は圧着されてなる熱可塑性樹脂組成物の層を有する積層体に係るものである。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明の成分(A)は、ゴム成分である。ゴム成分は、具体的にはエチレン−α−オレフィン−非共役ジエン共重合ゴムがあげられる。α−オレフィンとしては、たとえばプロピレン、1−ブテン、1−ペンテン、1−ヘキセン、4−メチル−1−ペンテン、1−オクテン、1−デセンなどがあげられ、なかでもプロピレンが好ましい。また、非共役ジエンとしては、たとえば1,4−ヘキサジエン、ジシクロペンタジエン、5−エチリデン−2−ノルボルネンなどがあげられる。ゴム成分におけるエチレン/αオレフィンの比率(重量比)は、通常90/10〜30/70である。エチレン−α−オレフィン−非共役ジエン共重合体ゴムを用いる場合の非共役ジエンの含有量は、ヨウ素価で通常5〜40である。また、油展ゴムを用いてもよい。エチレン−α−オレフィン系共重合体ゴムの好ましい具体例として、エチレン/プロピレンの重量比率が85/15〜45/55のエチレン−プロピレン共重合体ゴムをあげることができる。
【0006】エチレン−α−オレフィン系共重合体ゴムは、100℃のムーニー粘度(ML1+4 100℃)が10〜350のものが好ましく、更に好ましくは30〜300である。該ムーニー粘度が過小であると機械的強度に劣ることがあり、一方該ムーニー粘度が過大であると成形品の外観が損なわれることがある。
【0007】本発明の成分(B)は、ハイドロタルサイト及び/又は酸化マグネシウムである。ハイドロタルサイトは公知の天然鉱物の一種であり、代表組成式はMg6 Al2 (OH)16CO3 ・4H2 Oで表され、層状二次元構造を有するとされている(たとえば、雑誌「Polyfile(ポリファイル)」1995年No.9第45頁〜第50頁)。また、酸化マグネシウムも公知の物質であり、組成式はMgOで表される。本発明のゴム組成物中におけるハイドロタルサイト又は酸化マグネシウムの含有量は、ゴム成分100重量部あたり0.1〜20重量部が好ましい。過少であると変色に対する効果が不十分であることがあり、一方過多であると成形品の外観や、引張強度等物性を損なうことがある。なお、ハイドロタルサイトと酸化マグネシウムを併用した場合の(B)の量は、ハイドロタルサイトと酸化マグネシウムの合計量を基準とする。
【0008】本発明の成分(C)は、芳香族成分を含有しない鉱物油である。具体的には芳香族成分を含まないパラフィン系油をあげることができる。上記の軟化剤中に芳香族成分が存在すると、該硫黄加硫ゴム組成物と接触する熱可塑性樹脂組成物の層に時間とともに黄変などの変色を生じ、その外観を悪化させるという問題がある。また、上記鉱物油の配合量は、ゴム成分100重量部あたり、通常、10〜150重量部である。
【0009】本発明のゴム組成物を得るには、(A)〜(C)の各成分、及び必要に応じて、加硫ゴム組成物に通常配合されるカーボンブラック、シリカなどの補強剤、タルク、炭酸カルシウムなどの無機フィラー、難燃剤、滑剤、老化防止剤などを添加して、オープンロール、バンバリーミキサーなどを用いて混練すればよい。
【0010】本発明のゴム組成物は、低密度ポリエチレン樹脂、直鎖状低密度ポリエチレン樹脂、超低密度ポリエチレン樹脂、高密度ポリエチレン樹脂、プロピレン樹脂等の熱可塑性樹脂を含有してもよい。
【0011】本発明のゴム組成物は、熱可塑性樹脂に接触して用いられる積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物である。積層体の具体例としては、本発明のゴム組成物の層及び該層と接触又は圧着されてなる熱可塑性樹脂組成物の層を有する積層体をあげることができ、更に具体的には、本発明のゴム組成物からなる層と熱可塑性樹脂組成物の層を熱融着して得られる積層体をあげることができる。積層体の具体例としては、パッキン、シール材などの自動車内装部品及び自動車外装部品、防水シートなどをあげることができる。
【0012】
【実施例】次に、本発明を実施例によって説明する。
実施例1表1に示される配合剤を、BR型バンバリーミキサーを用いて混練を行い、更に、イオウ 1重量部、加硫促進剤CBS 2重量部、加硫促進剤TMTD 1重量部及び酸化カルシウム 5重量部を加えて10インチロールを用いて混練を行った。得られたコンパウンドを、160℃20分プレス加硫を行い、更に220℃で5分間ギヤーオーブン中で2次加硫を行い加硫ゴム組成物を得た。該加硫ゴム組成物について、下記の方法により熱可塑性樹脂組成物の変色性を評価した。100〜400時間経過後も変色はほとんど認められず良好な結果を示した。
【0013】比較例1実施例1におけるハイドロタルサイトを用いなかったこと以外は、実施例1と同様に行った。結果を表3に示す。100から400時間経過後に黄色に変色した。
【0014】比較例2実施例1におけるアロマ成分非含有プロセスオイルをアロマ成分含有プロセスオイルに変更しハイドロタルサイトを用いなかったこと以外は、実施例1と同様に行った。結果を表3に示す。100から400時間経過後に黄色に変色した。
【0015】比較例3実施例1におけるアロマ成分非含有プロセスオイルをアロマ成分含有プロセスオイルに変更したこと以外は、実施例1と同様に行った。結果を表3に示す。100から400時間経過後に黄色に変色した。
【0016】〔変色性の評価法〕ポリオレフィン系熱可塑性エラストマー樹脂組成物(住友化学工業製 住友TPE 5280A)をφ20mm押出機を用い厚さ0.7mmのシート状の押出しサンプルを得た。加硫ゴムシートと上記の熱可塑性エラストマー樹脂シートを厚さ2.6mmの金型にセットし、加圧プレスにて175℃、5分間加熱し、更に5分間室温にて冷却し、加硫ゴムと樹脂の積層体を得た。該積層体を紫外線フェードメーター(ブラックパネル温度=83℃)により評価した。100から400時間後に変色の程度をJIS K 7105に準拠して評価し、色差(ΔE)及び黄変度(ΔYI)を求めた。
【0017】
【表1】

【0018】
【発明の効果】以上説明したとおり、本発明により、熱可塑性樹脂組成物に接触して用いられる硫黄加硫ゴム組成物であって、黄変などの変色を生じず、よっていつまでも美しい使用当初の外観を維持するという優れた特徴を有する積層体製造用硫黄加硫ゴム組成物及び該硫黄加硫ゴム組成物を用いた積層体を提供することができた。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013