米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> アルプス電気株式会社

発明の名称 プリンタ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−106360(P2001−106360A)
公開日 平成13年4月17日(2001.4.17)
出願番号 特願平11−283533
出願日 平成11年10月4日(1999.10.4)
代理人
発明者 森 雅彦 / 山下 明浦 / 内藤 秀樹 / 福岡 豊 / 吉居 貢 / 栃原 勇一 / 小松 雅伯 / 森山 浩 / 加藤 武史 / 小林 孝則
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 記録用紙に印刷可能な印刷手段と、前記記録用紙に印刷するための複数の印刷情報と、この複数の印刷情報の中から前記印刷手段で印刷するものを選択するための選択手段と、収納した複数枚の前記記録用紙を前記印刷手段に給紙可能な給紙ローラを有する給紙手段とを備え、前記記録用紙を昇降させて前記給紙ローラに圧接状態、及び非圧接状態に動作可能な昇降手段を有し、前記選択手段を操作して、前記印刷情報の選択を開始すると共に前記昇降手段により前記記録用紙を前記給紙ローラ側に上昇させて前記圧接状態とし、前記選択手段による前記印刷情報の選択終了後、前記給紙ローラを回転させて前記圧接状態の前記記録用紙を前記印刷手段側に搬送し、前記選択手段で選択した前記印刷情報を前記記録用紙に印刷するようにしたことを特徴とするプリンタ。
【請求項2】 前記複数の印刷情報を記憶する記憶手段と、前記選択手段により前記複数の印刷情報の中から選択された所望の印刷情報を印刷することを決定する決定手段とを有し、前記選択手段による前記所望の印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作することにより、前記給紙ローラを回転させるようにしたことを特徴とする請求項1記載のプリンタ。
【請求項3】 前記給紙手段は、複数の種類の記録用紙をそれぞれ種類毎に収納可能な複数の用紙トレーを有し、前記選択手段は、前記複数の記録用紙の中から前記印刷情報に対応した種類の前記記録用紙を選択可能となし、前記選択手段を操作して、前記印刷情報の選択を開始すると共に前記昇降手段により前記複数の用紙トレーに収納しているそれぞれの前記記録用紙を前記圧接状態とし、前記所望の印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作して、前記所望の印刷情報に対応した前記記録用紙が圧接している側の前記給紙ローラのみを回転させるようにしたことを特徴とする請求項2記載のプリンタ。
【請求項4】 前記給紙手段は、はがき等の厚紙から成る前記記録用紙を収納可能な第1用紙トレーと、前記はがき等の厚紙より薄いコピー紙等の薄紙から成る前記記録用紙を収納可能な第2用紙トレーとを有することを特徴とする請求項3記載のプリンタ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はプリンタに係わり、特に複数の印刷情報を選択する選択手段を有するプリンタに関する。
【0002】
【従来の技術】従来のプリンタを例えば熱転写プリンタで説明すると、従来のプリンタは、図8に示すように、給紙部40と、印刷手段44とが本体部(図示せず)内に配設されて構成されている。前記給紙部40は、複数枚の記録用紙2を収納可能な用紙トレー41が装着可能になっており、用紙トレー41内部の前方側底部には、回動可能なホッパー部材42が配設されている。このホッパー部材42は、下面側に矢印A方向の上方に弾性付勢する弾性部材(図示せず)が配設され、支点42aを回動中心として前方部42bが回動可能になっている。
【0003】前記ホッパー部材42には、用紙トレー41に収納している記録用紙2の前端部2a寄りが載置されるようになっている。前記用紙トレー41に収納した記録用紙2の搬送方向Bの下流側上方には、図示反時計回り方向の矢印方向に回転可能な給紙ローラ43が配設されている。この給紙ローラ43には、ホッパー部材42に載置された最上部の記録用紙2の前端部2a寄りが弾性付勢されて圧接されている。そして、給紙ローラ42を反時計回り方向に回転させることで、用紙トレー41内の記録用紙2を1枚づつ分離して、用紙搬送方向Bの下流側の印刷手段44に搬送可能になっている。
【0004】前記印刷手段44には、平板状のプラテン45と、このプラテン44と対向する図示上方にプラテン45に対して接離可能なサーマルヘッド46が、矢印C方向に移動可能に配設されている。また、印刷手段44には、用紙搬送方向Bのプラテン45の上流側に、回転自在な紙送りローラ47とこの紙送りローラ47に圧接する圧接ローラ48とが配設されている。また、本体部(図示せず)内には、複数の印刷情報の中から所望の印刷情報を選択する選択手段(図示せず)が設けられている。
【0005】このような従来のプリンタによる記録用紙2への印刷動作を、図9に示す操作手順に基づいて説明すると、まず、前記選択手段を操作して、複数の印刷情報の中から所望の印刷情報を選択する。そして、前記所望の印刷情報を選択後、用紙トレー41内に収納している記録用紙2の前方側を、ホッパー部材42により下方から弾性付勢して給紙ローラ43に圧接して圧接状態とする。
【0006】この圧接状態から、給紙ローラ43を矢印方向の反時計回り方向に回転させて、記録用紙2を用紙搬送方向Bの下流側の印刷手段44に搬送する。そして、印刷手段44に送られてきた記録用紙2を、紙送りローラ47と圧接ローラ48とで圧接狭持して、紙送りローラ48の図示時計回り方向の回転で、記録用紙2を離間状態にあるプラテン45とサーマルヘッド46の間に搬送する。
【0007】そして、記録用紙2の印刷開始位置をサーマルヘッド46の発熱素子(図示せず)が形成された部分に位置合わせした状態で、紙送りローラ47と給紙ローラ43の回転を停止する。前記サーマルヘッド46と記録用紙2との間には、所望の色のインクが塗布されたインクリボン(図示ず)が配設されている。そして、サーマルヘッド46をプラテン45側に移動させて、インクリボンと記録用紙2とをプラテン44に圧接し、前記選択手段で選択した所望の印刷情報に従って、サーマルヘッド46の発熱素子(図示せず)を選択的に発熱させ、インクリボン(図示せず)のインクを記録用紙2に熱転写して、所望の書式から成る画像を印刷していた。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】前述したような従来のプリンタは、選択手段で選択する複数の印刷情報の種類が、30〜50あり、この多くの種類の中から所望の印刷情報を選択するのに時間が掛かって、選択手段を操作してから記録用紙2に印刷終了するまでの時間が長く掛かっていた。本発明は、前述したような問題点に鑑みてなされたもので、給紙ローラに記録用紙を圧接する動作と、複数の印刷情報の中から所望の印刷情報を選択する動作とを同時に並行して行うようことにより、選択手段の操作開始から印刷終了までに掛かる時間を短縮することができるプリンタを提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するための第1の解決手段として本発明のプリンタは、記録用紙に印刷可能な印刷手段と、前記記録用紙に印刷するための複数の印刷情報と、この複数の印刷情報の中から前記印刷手段で印刷するものを選択するための選択手段と、収納した複数枚の前記記録用紙を前記印刷手段に給紙可能な給紙ローラを有する給紙手段とを備え、前記記録用紙を昇降させて前記給紙ローラに圧接状態、及び非圧接状態に動作可能な昇降手段を有し、前記選択手段を操作して、前記印刷情報の選択を開始すると共に前記昇降手段により前記記録用紙を前記給紙ローラ側に上昇させて前記圧接状態とし、前記選択手段による前記印刷情報の選択終了後、前記給紙ローラを回転させて前記圧接状態の前記記録用紙を前記印刷手段側に搬送し、前記選択手段で選択した前記印刷情報を前記記録用紙に印刷するような構成とした。
【0010】また、前記課題を解決するための第2の解決手段として、前記複数の印刷情報を記憶する記憶手段と、前記選択手段により前記複数の印刷情報の中から選択された所望の印刷情報を印刷することを決定する決定手段とを有し、前記選択手段による前記所望の印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作することにより、前記給紙ローラを回転させるような構成とした。
【0011】また、前記課題を解決するための第3の解決手段として、前記給紙手段は、複数の種類の記録用紙をそれぞれ種類毎に収納可能な複数の用紙トレーを有し、前記選択手段は、前記複数の記録用紙の中から前記印刷情報に対応した種類の前記記録用紙を選択可能となし、前記選択手段を操作して、前記印刷情報の選択を開始すると共に前記昇降手段により前記複数の用紙トレーに収納しているそれぞれの前記記録用紙を前記圧接状態とし、前記所望の印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作して、前記所望の印刷情報に対応した前記記録用紙が圧接している側の前記給紙ローラのみを回転させるような構成とした。
【0012】また、前記給紙手段は、はがき等の厚紙から成る前記用紙を収納可能な第1用紙トレーと、前記はがき等の厚紙より薄いコピー紙等の薄紙から成る前記記録用紙を収納可能な第2用紙トレーとを有する構成とした。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明のプリンタを、例えば熱転写プリンタで説明すると、まず、本発明のプリンタは、図2に示すように、鉄板等の金属で覆われて本体部1が形成されている。この本体部1の図示下方側に給紙部3が形成され、この給紙部3は、2点差線で示すような第1、第2トレー装着部4、5の2つのトレー装着部4,5が形成されており、第1、第2トレー装着部4、5は、それぞれトレー挿入口4a、5aを有している。
【0014】前記第1トレー装着部4には、図3に示すような第1用紙トレー6が装着可能になっており、第1用紙トレー6は、複数枚のはがき等の厚紙から成る記録用紙2を収納可能になっている。また、第2トレー装着部5には、図4に示すような、第2用紙トレー7が装着可能になっており、第2用紙トレー7は、A4サイズ等で、コピー紙等の前記はがきより薄い薄紙から成る記録用紙2を収納可能になっている。
【0015】前記第1用紙トレー6は、図3に示すように、周囲を矩形状の側壁6aで囲まれた、はがき等の厚紙から成る記録用紙2を収納可能な収納部6bが所定の深さで形成されている。また、図3に示す第1用紙トレー6は、側壁6aの右寄りに、後述するレバー15、16が係脱可能な、所定の幅と深さのレバー係脱溝6cが形成されている。前記レバー係脱溝6cが形成された部分の側壁6aには、後述する可動部材10を上下動可能に保持する縦長のガイド孔6dが貫通形成されている。
【0016】前記収納部6bの底部には、2本の支持棒8a、8bを支持部8cで交差状に組み合わせた支持部材8が配設され、この支持部材8の上に平板状の第1ホッパー部材9が取り付けられている。前記支持部材8は、支持部8cを支点としてパンタグラフのように動作することで、第1ホッパー部材9が収納部6b内を水平状態で昇降可能になっている。
【0017】前記縦長のガイド孔6dには、第1ホッパー部材9と後述する昇降手段14のレバー15、16との間に配設された、棒状の第1可動部材10が保持されている。この第1可動部材10は、記録用紙2を後述する印刷手段21側に搬送する搬送方向Dと直交する方向に配設され、ガイド孔6dに昇降自在に挿入されている。このような棒状の第1可動部材10は、両端部に当接部10aが形成され、図6に示すように、レバー係脱溝6cが形成された部分の、互いに対向する両側壁6a、6aから当接部10aを突出させた状態でガイド孔6dに配設されている。前記当接部10aには、回転自在のパイプ状のカランが取り付けられている。
【0018】また、図4に示すような第2用紙トレー7は、周囲を矩形状の側壁7aで囲まれた収納部7bが形成され、この収納部7bに前記薄紙から成る記録用紙2を収納可能に所定の深さで形成されている。また、第2用紙トレー7は、図4の側壁7aの右寄りに、後述する昇降手段14のレバー15、16が係脱可能な、所定の幅と深さでのレバー係脱溝7cが形成されている。前記レバー係脱溝7cが形成された部分の側壁7aには、縦長のガイド孔7dが貫通形成されている。
【0019】前記収納部7b底部の図示右寄りには、平板状の第2ホッパー部材11が配設されている。この第2ホッパー部材11は、図示左側に形成された回動支点11aが収納部7bを構成する側壁7aの内面に取り付けられ、回動支点11aを支点として、図示右側の他方側11bが昇降可能になっている。前記縦長のガイド孔7dには、第2ホッパー部材11と後述する昇降手段14のレバー15、16との間に配設された、棒状の第2可動部材12が保持されている。
【0020】この第2可動部材12は薄紙から成る記録用紙2を後述する印刷手段21側に搬送する搬送方向Dと直交する方向に配設されている。そして、第2可動部材12は、第1用紙トレー6と同様に、レバー係脱溝7cが形成された、互いに対向する両側壁7aから両端部が突出して配設され、この両端部に当接部13aが形成されている。この当接部13aには、第1可動部材10と同様に回転自在のパイプ状のカランが取り付けられている。
【0021】前記第1、第2トレー装着部4、5の奥側の上方には、図1、2に示すような回転軸13aに固着された、破線で示すような複数の円柱状の給紙ローラ13が等間隔で配設されている。この給紙ローラ13は、材質がゴム等から成り、図5に示すように外周表面には、軸方向に筋状の凹凸が複数形成されて、外周表面に圧接される記録用紙2がスリップしにくいようになっている。
【0022】また、第1、第2トレー装着部4、5には、第1、第2用紙トレー6、7に収納した記録用紙2を昇降させて、給紙ローラ13に圧接状態、または非圧接状態に操作可能な昇降手段14がそれぞれ配設されている。そして、例えば第1トレー装着部4側の昇降手段14により、第1用紙トレー6の第1ホッパー部材9を昇降させ、図5に示す、第1トレー装着部4に装着状態の第1用紙トレー6に収納している、はがき等の厚紙から成る記録用紙2を給紙ローラに対して圧接状態、または非圧接状態に操作可能になっている。
【0023】前記第1、第2トレー装着部4、5に配設している昇降手段14は、どちらも構成が同じなので、第1トレー装着部4側の昇降手段14のみを説明する。前記昇降手段14は、第1可動部材10の当接部10aに当接させた状態で第1ホッパー部材9を昇降可能に支持する一対のレバー15、16を有している。この一対のレバー15、16は、鉄板等の金属板から成り、図6に示すように、一方側に回動支点15a、16aを有し、他方側に自由端部15b、16bを有し、この自由端部15b、16bには舌辺状の押し上げ部15c、16cが互いに対向する位置に形成されて、外形が略L字状になっている。前記一対のレバー15、16は、第1トレー装着部4に装着した第1用紙トレー6の左右(図6では上下)の側壁6a、6aの外側に、互いに対向状態で配設されている。
【0024】前記レバー15は、図6に示す本体部1の図示下方の側板1bに取り付けられた支持軸1dに、回動支点15aを取り付け、この回動支点15aを支点として他方側の自由端部15bが昇降可能になっている。また、レバー16は図示上方の側板1aに取り付けられた支持軸1cに、回動支点16aを取り付け、この回動支点16aを支点として他方側の自由端部16bが昇降可能になっている。
【0025】前記レバー15、16は、自由端部15b、16bが第1トレー装着部4の奥側に位置すると共に、回動支点15a、16aが第1トレー装着部4のトレー挿入口4a寄りに取り付けられている。そして、レバー15、16の回動による自由端部15b、16bの昇降により、押し上げ部15c、16cが第1可動部材10の当接部10aに当接して、第1可動部材10を介して第1ホッパー部材9が昇降可能になっている。
【0026】また、本体部1の側板1a、1bには図1に示すような引っ張りコイルバネから成る弾性部材17の一方側がそれぞれ取り付けられ、この弾性部材17の他方側にはレバー15、16が取り付けられて、レバー15、16の自由端部15b、16bが上方に弾性付与されている。そして、レバー15、16は、弾性部材17による上方への弾性付与で、自由端部15b、16bが上方に牽引されて上昇し、第1可動部材10を介して第1ホッパー部材9を上昇させるようになっている。
【0027】また、昇降手段14は、弾性部材17の弾性付与に抗して、レバー15、16を押し下げ可能な一対のカム部材18を有し、このカム部材18は、レバー15、16の自由端部15b、16bの上方に回動中心が位置するように配設されている。前記一対のカム部材18は、図5に示すように、回動中心が連結軸18dで連結されて一体化されている。また、カム部材18は、図2に示すように、回動中心から半径の大きな長尺辺18aと、回動中心から半径の小さな短尺辺18bとに挟まれた、半径の異なる円弧状のカム部18cが形成されている。
【0028】また、一対のカム部材18の内の一方側には、図2に示す給紙ローラ13の外径より若干大きい駆動部18eが形成され、駆動部18eの外周部の一部にはカム部材18を回動させるための複数の歯山が形成されている。そして、図示しない駆動源から駆動部18eに動力が伝達されて一方のカム部材18が回動する、駆動部18eのない他方のカム部材18も、連結軸18dを介して同時に回動するようになっている。また、前記カム部18cは、図2に示すように、駆動部18eから突出して形成されている。
【0029】前記カム部材18は、回動中心が給紙ローラ13の回転軸13aに取り付けられている。そして、図示しない駆動源の回転が駆動部18eに伝達されて、カム部材18が給紙ローラ13とは独立して回転可能になっており、カム部材18を回転させることにより、レバー15、16の自由端部15b、16bを降下させるようになっている。
【0030】また、図8に示す2つの給紙ローラ13、13に挟まれた位置の回転軸13aと連結軸18dには、第1用紙トレー6に収納している記録用紙2の有無を検出可能な反射式のフォトセンサーから成検出部材25が取り付けられている。この検出部材25は、ホルダー26に取り付けられて、給紙ローラ13の回転軸13aと、カム部材18の連結軸18dとにスナップ係合されて、2つの給紙ローラ13、13の間に配設されている。
【0031】そして、昇降手段14により記録用紙2を上昇させて、記録用紙2が給紙ローラ13に圧接状態の時に、検出部材25で記録用紙2の有無を検出可能になっている。また、第1ホッパー部材9は、図8に示すように、厚紙から成る記録用紙2を第1ホッパー部材9に載置した状態で、昇降手段14により第1ホッパー部材9を上昇させて、記録用紙2が給紙ローラ13に圧接状態となる。
【0032】また、図1に示す記録用紙2の搬送方向Dの給紙ローラ13の下流側には、それぞれ異なる形状の第1、第2用紙ガイド19、20が配設されている。また、記録用紙2の搬送方向Dの第1、第2用紙ガイド19、20の下流側には、記録用紙2に印刷可能な印刷手段21が配設されている。この印刷手段21は、給紙ローラ13の回転により第1、または第2用紙トレー6、7から送られてくる記録用紙2を、紙送りローラ(図示せず)と圧接ローラ(図示せず)との間に圧接狭持して、下流側のプラテン22とサーマルヘッド23の間に搬送される。
【0033】前記サーマルヘッド23は、プラテン22に沿って往復移動可能なキャリッジ24に搭載され、印刷時はプラテン22側にヘッドダウン可能になっている。また、キャリッジ24には、所望の色のインクが塗布されたインクリボンを収納するリボンカセット30が載置可能になっており、印刷時はプラテン22とサーマルヘッド23との間に記録用紙2とインクリボンとを位置させた状態で、サーマルヘッド23をプラテン22側にヘッドダウンさせて、印刷情報に対応して、サーマルヘッド23の発熱素子を選択的に発熱させ、記録用紙2にインクリボンのインクを転写して、所望の書式から成る画像を印刷するようになっている。
【0034】本発明のプリンタは、本体部1内に、それぞれ異なる複数の印刷書式を印刷情報に変換して記憶したROM等から成る記憶手段(図示せず)と、この記憶手段に記憶している複数の印刷情報の中から所望の印刷情報を選択する選択手段(図示せず)と、この選択手段により選択された所望の印刷情報を印刷手段21で印刷することを決定する決定手段(図示せず)とを有している。前記記憶手段には、例えば30〜50種類の複数の印刷情報が記憶されている。
【0035】また、本体部1には、外周全体を覆うようなケース(図示せず)が配設され、このケースの外面の一部に、操作パネル(図示せず)が設けられている。この操作パネルには、前記選択手段を操作するための選択スイッチ、及び前記決定手段を操作するための決定スイッチ等が設けられている。また、前記操作パネルには、キャンセルボタン(図示せず)が設けられており、第1、第2用紙トレー6、7に収納しているそれぞれの記録用紙2を上昇させて、給紙ローラ13に圧接状態にある時、前記キャンセルボタンを押圧することで、それぞれの記録用紙2の前記圧接状態を解除して非圧接状態とすることができるようになっている。
【0036】前述したような本発明のプリンタの動作を説明すると、図2に示す第1、第2トレー装着部4、5のそれぞれのレバー15、16の自由端部15b、16bは、カム部材18により降下状態にあり、この第1、第2トレー装着部4、5には、異なる種類の記録用紙2を収納した第1、第2用紙トレー6、7が装着されている。前記第1、第2トレー装着部4、5に第1、第2用紙トレー6、7が装着されていることを確認してから、図7の操作手順に示すように、前記操作パネルの選択スイッチを操作して、複数の印刷情報の中から所望の印刷情報の選択を開始する。
【0037】次に、前記選択スイッチの操作により、この操作信号を図示しない制御部が検知すると、駆動源(図示せず)を動作させて、第1、第2トレー装着部4、5の、それぞれの昇降手段14のカム部材18を、図2の状態から図1に示すように、略90゜回転させる。すると、自由端部15b、16bが弾性部材17で上方に牽引され、第1、第2用紙トレー6、7のそれぞれの記録用紙2が給紙ローラ13に圧接されて圧接状態となる。即ち、本発明のプリンタは、前記選択手段を操作して、前記印刷情報の選択を開始すると共に、昇降手段14により記録用紙を給紙ローラ13側に上昇させて記録用紙2を前記圧接状態とするような、2つの動作を同時に並行して行うようになっている。
【0038】前記記録用紙2が給紙ローラ13に圧接状態になって、選択手段による所望の印刷情報の選択が終了後、操作パネルの決定手段を操作する。前記所望の印刷情報に対応する記録用紙2が、例えば、はがき等の厚紙から成る記録用紙2だとすると、第1用紙トレー6の厚紙から成る記録用紙2が圧接している側の給紙ローラ13のみを、制御部の制御により回転させる。この第1用紙トレー6側の給紙ローラ13のみの回転で、第1用紙トレー6の収納部6bに収納している最上部の記録用紙2が下部の記録用紙2から分離され、第1用紙ガイド19を経由して印刷手段21に搬送される。そして、所望の印刷情報を印刷手段21により記録用紙2に印刷して、所望の書式から成る画像を得ることができる。
【0039】このように、本発明のプリンタは、複数の印刷情報を選択する選択手段の選択スイッチが操作されると、記録用紙2を圧接状態にする昇降手段14の動作と、複数の印刷情報の中から所望の印刷情報を選択する動作とを、同時に並行して行うようになっているので、選択手段の選択スイッチを操作してから、記録用紙に所望の書式の画像を印刷するまでのトータルの印刷時間を短縮することができる。
【0040】また、本発明のその他の実施の形態として、第1、第2用紙トレー6、7にそれぞれ収納している記録用紙2は、昇降手段14によりそれぞれ独立して昇降可能となし、前記選択手段を操作して、複数の印刷情報の選択を開始すると共に昇降手段14により第1、及び第2用紙トレー6、7に収納しているそれぞれの記録用紙2を前記圧接状態とする。
【0041】そして、所望の印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作して、所望の印刷情報に不対応の側の第1、または第2用紙トレー6、7に収納している記録用紙2、例えば薄紙から成る記録用紙2を降下させて非圧接状態とし、その後、第1、及び第2用紙トレー7の両方の給紙ローラ13を回転させるようにしたものでも良い。このような、その他の実施の形態のプリンタは、第1、及び第2用紙トレー7の両方の給紙ローラ13を回転させても、所望の印刷情報に対応した記録用紙2を印刷手段21側に搬送することができ、第1用紙トレー6側、または第2用紙トレー7側の給紙ローラ13の回転の切り替えを行わなくて良い。
【0042】
【発明の効果】以上述べたように、本発明のプリンタは、選択手段を操作して、印刷情報の選択を開始すると共に昇降手段により記録用紙を給紙ローラ側に上昇させて圧接状態とし、前記選択手段による前記印刷情報の選択終了後、前記給紙ローラを回転させて圧接状態の前記記録用紙を印刷手段側に搬送し、前記選択手段で選択した前記印刷情報を前記記録用紙に印刷するようにしたので、記録用紙を圧接状態にする昇降手段の動作と、複数の印刷情報の中から所望の印刷情報を選択する動作とを並行して同時に行うことができ、選択手段を操作してから、記録用紙に所望の書式の画像を印刷するまでの、印刷に要する時間を短縮することができ、印刷効率を向上させたプリンタを提供できる。
【0043】また、前記選択手段を操作して、印刷情報の選択を開始すると共に記録用紙を給紙ローラ側に上昇させて圧接状態とし、前記選択手段による前記印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作することにより、前記給紙ローラを回転させるようにしたので、選択手段で選択した印刷情報が所望の印刷情報であるかを確認してから印刷することができ、ミスのない正確な印刷を行うことができるプリンタを提供できる。
【0044】また、前記選択手段を操作して、前記印刷情報の選択を開始すると共に前記昇降手段により前記複数の用紙トレーに収納している複数種類の記録用紙をそれぞれ圧接状態とし、前記所望の印刷情報の選択終了後、前記決定手段を操作して、前記所望の印刷情報に対応した前記記録用紙が圧接している側の前記給紙ローラのみを回転させるようにしたので、複数の印刷情報に対応した複数種類の記録用紙を給紙手段に収納することができ、種類の異なる記録用紙を、その都度給紙手段に装着する必要が無く、操作効率の良いプリンタを提供できる。
【0045】また、前記給紙手段は、はがき等の厚紙から成る前記用紙を収納可能な第1用紙トレーと、前記はがき等の厚紙より薄いコピー紙等の薄紙から成る前記記録用紙を収納可能な第2用紙トレーとを有するので、第1、第2用紙トレーを昇降させて、所望の印刷情報に対応した記録用紙を、確実に印刷手段に給紙して印刷することができ、用紙選択等のミスを防ぐことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013