米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 株式会社ダイフク

発明の名称 流動棚
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−187610(P2001−187610A)
公開日 平成13年7月10日(2001.7.10)
出願番号 特願平11−372708
出願日 平成11年12月28日(1999.12.28)
代理人
発明者 横田 哲朗
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】前後両側枠材間にローラーレールを架設して成る荷台を前下りに傾斜させて配設した流動棚において、前記前後両側枠材は、少なくとも天板部とこの天板部の内側辺から直角下向きに折曲連設された内側板部とを有する型材から成るとともに、前記天板部と内側板部とにわたって連続する2つ一組の切り欠き孔が枠材長さ方向適当間隔おきに並設され、内側板部における各切り欠き孔部には、外側に張り出した巾広部が設けられ、ローラーレールは、上側が開放した溝型材とこの溝型材に適当間隔おきに内嵌支承されたローラーとから成るとともに、溝型材の両側板部の上端からは、当該両側板部から突出するローラー支軸の上側と外側とをカバーするローラー軸カバー部が折曲連設され、溝型材の両端部には、底板部を有さない嵌合支持部が設けられ、この嵌合支持部の両側板部を前記前後両側枠材の2つ一組の切り欠き孔内に、当該両側板部を弾性に抗して互いに接近させた状態で上から下向きに嵌合させたとき、当該両側板部の弾性復帰により、溝型材両端の嵌合支持部のローラー軸カバー部が前記切り欠き孔の巾広部に嵌合係止されるように構成されている流動棚。
【請求項2】前記2つ一組の切り欠き孔は、等間隔おきに形成された切り欠き孔の互いに隣接する任意の2つの切り欠きで構成されるように、各切り欠き孔の形状が左右対称形に構成されている、請求項1に記載の流動棚。
【請求項3】前記前後両側枠材の内側板部における切り欠き孔部は、前記巾広部の下側に、前記溝型材のローラー軸カバー部より下側の両側板部が嵌合する小巾部を備えている、請求項1又は2に記載の流動棚。
【請求項4】前記溝型材両端の嵌合支持部は、両側板部の下側辺が、底板部を有する位置での両側板部の下端よりも高い位置にあって、この両側板部の段部によって、前後両側枠材に対する溝型材長さ方向の嵌合深さが制限されるように構成されている、請求項1〜3の何れかに記載の流動棚。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】前後両側枠材間にローラーレールを架設して成る荷台を前下りに傾斜させて配設した流動棚に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のこの種の流動棚は、ローラーレールの後端を後側枠材のローラーレール支持孔に後方向きに差し込んだ後、ローラーレールの前端を前側枠材のローラーレール支持孔に前方向きに差し込んで組み立てられていた。この構成では、ローラーレールの取り付け作業に手間がかかるだけでなく、後側枠材の前後方向巾を広くしておく必要があるとともに、ローラーレール自体の長さも長くなる欠点があった。
【0003】
【課題を解決するための手段】本発明は上記のような従来の問題点を解消し得る流動棚を提供することを目的とするものであって、その手段を後述する実施形態の参照符号を付して示すと、前後両側枠材15間にローラーレール4a,4bを架設して成る荷台2A〜2Cを前下りに傾斜させて配設した流動棚において、前記前後両側枠材15は、少なくとも天板部30とこの天板部30の内側辺から直角下向きに折曲連設された内側板部31とを有する型材から成るとともに、前記天板部30と内側板部31とにわたって連続する2つ一組の切り欠き孔32が枠材長さ方向適当間隔おきに並設され、内側板部31における各切り欠き孔部34には、外側に張り出した巾広部35が設けられ、ローラーレール4a,4bは、上側が開放した溝型材37とこの溝型材37に適当間隔おきに内嵌支承されたローラー38とから成るとともに、溝型材37の両側板部37aの上端からは、当該両側板部37aから突出するローラー支軸38aの上側と外側とをカバーするローラー軸カバー部37bが折曲連設され、溝型材37の両端部には、底板部37cを有さない嵌合支持部39が設けられ、この嵌合支持部39の両側板部37aを前記前後両側枠材15の2つ一組の切り欠き孔32内に、当該両側板部37aを弾性に抗して互いに接近させた状態で上から下向きに嵌合させたとき、当該両側板部37aの弾性復帰により、溝型材両端の嵌合支持部39のローラー軸カバー部37bが前記切り欠き孔32の巾広部35に嵌合係止される構成となっている。
【0004】上記構成の本発明流動棚を実施するについて、具体的には、前記2つ一組の切り欠き孔32は、等間隔おきに形成された切り欠き孔の互いに隣接する任意の2つの切り欠き32で構成されるように、各切り欠き孔32の形状を左右対称形に構成することができる。
【0005】又、前記前後両側枠材15の内側板部31における切り欠き孔部34は、前記巾広部35の下側に、前記溝型材37のローラー軸カバー部37bより下側の両側板部37aが嵌合する小巾部36を備えた形状とすることができる。
【0006】さらに、前記溝型材両端の嵌合支持部39は、両側板部37aの下側辺が、底板部37cを有する位置での両側板部37aの下端よりも高い位置にあって、この両側板部37aの段部37dによって、前後両側枠材15に対する溝型材長さ方向の嵌合深さが制限されるように構成することができる。
【0007】
【発明の実施の形態】以下に本発明の好適実施形態を添付図に基づいて説明すると、図1において、1A,1Bは同一構造の側枠であり、2A〜2Cは、左右両側枠1A,1B間に架設された上下複数段の同一構造の荷台である。この各段の荷台2A〜2Cは、矩形枠3の内側に、2本一組で荷を滑動可能に支持するローラーレール4a,4bを左右横方向に複数列並設して成るもので、前記左右両側枠1A,1B間に前下りに傾斜するように架設されている。しかして、各ローラーレール4a,4bの前端(傾斜下端)には、荷を受け止めるストッパー5が配設され、このストッパー5で受け止められた前端の荷を取り出し易いように、上段の荷台2B,2Cの前端は、下段の荷台2A,2Bの前端よりも後方に位置するように構成されている。
【0008】左右両側枠1A,1Bは、各段の荷台2A〜2Cの前端位置に対応するように後方に傾斜する前側支柱6と、垂直に起立する後側支柱7と、前側支柱6の上端近傍位置と後側支柱7の下端近傍位置とを斜めに連結する連結材8とから構成されている。9は前側支柱6の上端部どうしを連結する左右方向連結材である。図1では見えないが、後側支柱7の下端部どうしも左右方向連結材により連結されている。
【0009】左右両側枠1A,1Bの前側支柱6と後側支柱7とには、図2に示されるように、その左右両側板部10において長さ方向適当間隔おきに角孔11が設けられ、各段の荷台2A〜2Cと左右両側枠1A,1Bとは、各荷台2A〜2Cの矩形枠3を構成する左右両側枠材12の前後両端近傍位置とその外側に当接する前側支柱6及び後側支柱7の内側の側板部10とを、当該側板部10の角孔11に回転不能に嵌合する角根部を有する角根ボルト13と、前記左右両側枠材12の内側に遊嵌する蝶ナット14とで結合することにより、固定されている。
【0010】各荷台2A〜2Cの矩形枠3は、前記左右両側枠材12と前後両側枠材15とを、矩形枠3のコーナー部において互いに結合することにより構成されるが、この左右両側枠材12と前後両側枠材15との結合には、図2及び図3に示されるように、L形の成形コーナー部材16が利用される。この成形コーナー部材16は、互いに直角を成す正面板部17と側面板部18、これら両板部の上下両側辺から内側に折曲連設された上下側板部19とから成る一体成形品であって、正面板部17と側面板部18とには、それぞれこれら板部の内側で当該板部の遊端側に向かって突出する切り起こし舌片20,21と取付孔22,23とが設けられ、左右両側枠材12と前後両側枠材15とには、前記切り起こし舌片20,21が嵌合可能な係止孔24,25と取付孔26,27とが設けられている。
【0011】しかして、前後両側枠材15の端部を正面板部17と上下側板部19の内側に、切り起こし舌片部20が係止孔24内に嵌まり込むように嵌合させるとともに、当該前後両側枠材15を、その端部が側面板部18の内側に当接するように上下側板部19に沿って移動させることにより、切り起こし舌片20を係止孔24の一端に係合させる。この後、左右両側枠材12の端部を側面板部18と上下側板部19の内側に、切り起こし舌片部21が係止孔25内に嵌まり込むように嵌合させるとともに、当該左右両側枠材12を、その端部が前後両側枠材15の端部側面に当接するように上下側板部19に沿って移動させることにより、切り起こし舌片21を係止孔25の一端に係合させる。この状態で、正面板部17と前後両側枠材15とを、互いに合致する取付孔22,26を貫通するボルトナットなどの結合具28により結合するとともに、側面板部18と左右両側枠材12とを、互いに合致する取付孔23,27を貫通するボルトナットなどの結合具29により結合している。
【0012】荷台2A〜2Cの前後両側枠材15は、図4、図6及び図7に示されるように、下側が開放するように配置したリップ付き溝型材から成り、その天板部30とこの天板部30の内側辺から直角下向きに折曲連設された内側板部31とにわたって連続する切り欠き孔32が枠材長さ方向等間隔おきに並設されている。各切り欠き孔32は、天板部30の切り欠き孔部33から内側板部31の切り欠き孔部34の上端より若干下がった位置までが同一巾で、その下側が左右両側に広がった巾広部35に形成され、さらにこの巾広部35の中央位置から下方に延出する小巾部36が形成されたもので、左右対称形である。
【0013】各ローラーレール4a,4bは同一構造のものであって、図4〜図7に示されるように、上側が開放する溝型材37内に、一部が突出するようにローラー38を適当間隔おきに軸支したものであり、溝型材37の両側板部37aの上端からは、当該両側板部37aから突出するローラー支軸38aの上側と外側とをカバーするローラー軸カバー部37bが折曲連設され、溝型材37の両端部には、底板部37cを有さない嵌合支持部39が設けられている。この嵌合支持部39は、その長さが前後両側枠材15の前後方向巾よりも短く、当該嵌合支持部39の両側板部37aの下側辺は、底板部37cがある位置での両側板部37aの下側辺(底板部37cの位置)よりも高く、嵌合支持部39の内端位置で両側板部37aに段部37dが形成されている。
【0014】ローラーレール4a,4bの溝型材37は、図5Aに示されるように、一次成形により上広がりに成形されており、この状態で、溝型材37の両側板部37aの上端に設けられた軸受孔40にローラー38の両側から突出する支軸38aを嵌合させるように、ローラー38を両側板部37a間に嵌入させ、二次成形により、図5Bに示されるように、両側板部37aが互いに平行になる所期の溝型材形状に閉じられる。
【0015】溝型材37の両端の嵌合支持部39や、図1に示されるストッパー5が配設される溝型材前端から適当長さの領域にはローラー38を軸支しない状態で組み立てられたローラーレール4a,4bは、荷台用矩形枠3の前後両側枠材15間に適当間隔おきに架設するのであるが、このローラーレール4a,4bの組み付け方法を説明すると、図4及び図7の上側に示すように、溝型材37の両端に形成された嵌合支持部39を左右両側から押圧して、当該嵌合支持部39のローラー支軸カバー部37bを含む両側板部37a間の間隔を狭める。この状態で、前記嵌合支持部39を前後両側枠材15の隣接する2つの切り欠き孔32内に上から嵌め込み、当該嵌合支持部39における両側板部37a(段部37dと溝型材端部との間の部分)を、前後両側枠材15の内側板部31における切り欠き孔部34の小巾部36に嵌合させるとともに、嵌合支持部39における両側板部37aを弾性復帰させて元の間隔に戻すことにより、当該嵌合支持部39における両側板部37aのローラー支軸カバー部37bを、前後両側枠材15の内側板部31における切り欠き孔部34の巾広部35に嵌合係止させる。
【0016】換言すれば、隣接する2つの切り欠き孔32の、前後両側枠材15の天板部30における切り欠き孔部33の両側辺の内、互いに遠い側にある側辺間の間隔は、ローラーレールの溝型材37における両側のローラー支軸カバー部37bの外側辺間距離よりも狭く、上記のように溝型材両端の嵌合支持部39を左右両側から押圧して、当該嵌合支持部39のローラー支軸カバー部37bを含む両側板部37a間の間隔を狭めない限り、隣接する2つの切り欠き孔32内に、溝型材両端の嵌合支持部39におけるローラー支軸カバー部37bを含む両側板部37aを嵌合させることができない構造となっている。
【0017】ローラーレール4a,4bの両端部(溝型材37の両端の嵌合支持部39)を、上記の要領で前後両側枠材15の隣接する2つの切り欠き孔32に嵌合支持させることにより、溝型材両端の嵌合支持部39の内端にある両側板部37aの段部37d間の底板部37cは、前後両側枠材15間に嵌合する。このとき、両嵌合支持部39の内端の前記段部37dが前後両側枠材15の内側板部31に当接して、溝型材37が前後両側枠材15間で溝型材長さ方向に全く移動できないように構成しても良いが、両嵌合支持部39の内端の前記段部37d間の距離を、前後両側枠材15間の距離(内側板部31間の距離)よりも適当に短くしておけば、左右両側から押圧して間隔を狭めた状態の嵌合支持部39を各側枠材15の隣接する2つの切り欠き孔32に内嵌させる操作が容易になる。
【0018】上記構成では、左右両側に広くなる巾広部35を持つように、各切り欠き孔32を左右対称形に構成しているので、等間隔おきに並列する切り欠き孔32の内、互いに隣接する任意の2つの切り欠き孔32を、溝型材37を支持する2つ一組の切り欠き孔32とすることができ、ローラーレール4a,4b間の間隔、即ち、2本の溝型材37の支持間隔は、隣接する2つの切り欠き孔32間の間隔を単位に、換言すれば溝型材37の巾よりも狭い長さを単位にして、自由に設定することができるが、場合によっては、右側にのみ広くなる巾広部35を備えた切り欠き孔32と、左側にのみ広くなる巾広部35を備えた切り欠き孔32とを互いに隣接させ、この形状の異なる2つ一組の切り欠き孔32で溝形材35を支持するように構成しても良い。この場合は、形状の異なる2つ一組の切り欠き孔32を前後両側枠材15の長さ方向に適当間隔おきに並設することになるが、溝型材37の巾が比較的大きいか又はローラー支軸カバー部37bの巾が狭い場合には、形状の異なる2つ一組の切り欠き孔32を、隣接する一方の2つ一組の切り欠き孔32間に他方の2つ一組の切り欠き孔32の一つが位置するように、並設することができる。
【0019】組み立てられた上記構成の棚(流動棚)においては、各段の荷台2A〜2Cの左右一対のローラーレール4a,4bから成る荷支持列ごとに、その傾斜上端部(荷台2A〜2Cの後端部)上に荷を載置することにより、各荷はローラーレール4a,4b上を滑動し、傾斜下端のストッパー5に先頭の荷が受け止められる状態で、後方へつながるように滞留し、保管される。そして、各段の荷台2A〜2Cの前端部上から先頭の荷を取り上げることにより、後続の荷はローラーレール4a,4b上を滑動し、再び先頭の荷がストッパー5で受け止められ、この後ろに後続の荷がつながる状態になる。
【0020】
【発明の効果】以上のように本発明の流動棚によれば、ローラーレールを構成する溝型材の両端の嵌合支持部を左右から押圧して両側板部の間隔を狭めた状態で、ローラーレールの両端を前後両側枠材に上から下向きに嵌合するだけでローラーレールの取り付けが可能であるため、ローラーレールの取り付け作業性が向上する。
【0021】しかも、従来のものと比較して、後側枠材の前後巾を、これに内嵌するローラーレール(溝型材)の長さ分より若干広い程度に構成することができ、又、ローラーレール(溝型材)自体の長さも、前後両側枠材間の距離とこれら両側枠材に内嵌する嵌合深さとを足した程度の長さとすることができ、使用材料の節減、延いてはコストダウンを図ることができる。
【0022】なお、請求項2に記載の構成によれば、等間隔おきに並列する切り欠き孔の内、互いに隣接する任意の2つの切り欠き孔を、溝型材(ローラーレール)を支持する2つ一組の切り欠き孔とすることができ、ローラーレール間の間隔、即ち、2本の溝型材の支持間隔は、隣接する2つの切り欠き孔間の間隔を単位に、換言すれば溝型材の巾よりも狭い長さを単位にして、自由に設定することができる。
【0023】又、請求項3に記載の構成によれば、前後両側枠材の内側板部における切り欠き孔部によって切除される面積を必要最小限にして、これら枠材の強度低下を抑えることができる。
【0024】さらに、請求項4に記載の構成によれば、前後両側枠材に対する溝型材長さ方向の嵌合深さをこれら前後両側枠材の前後巾よりも短くすることができ、延いては、溝型材(ローラーレール)の全長を抑えて、材料節減、延いてはコストダウンを図ることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013