Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
搬送装置 - 松下電器産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 搬送装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−206521(P2001−206521A)
公開日 平成13年7月31日(2001.7.31)
出願番号 特願2000−18420(P2000−18420)
出願日 平成12年1月27日(2000.1.27)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄 (外2名)
【テーマコード(参考)】
3F024
【Fターム(参考)】
3F024 CA04 DA12 
発明者 椎野 忠俊 / 広瀬 智瑩 / 大蔵 健治
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 上面に吸引口を有する吸引手段と、この吸引手段の吸引口上に移動自在に設けられるとともに、複数の吸引孔を有する搬送帯と、この搬送帯を前記吸引手段の吸引口上において移動させる駆動手段と、前記搬送帯の吸引孔上に搬送体を供給する供給手段と、前記搬送帯の吸引孔上に供給された搬送体に対する作業を行う作業手段とを備えた搬送装置。
【請求項2】 搬送帯の吸引孔と搬送体間には空気の流入部を設けた請求項1に記載の搬送装置。
【請求項3】 吸引孔は複数の吸引小孔群により構成し、前記各吸引小孔群の大きさはこの吸引小孔を搬送体が通過することができない大きさとした請求項2に記載の搬送装置。
【請求項4】 吸引手段の吸引口上において、搬送帯の吸引孔から搬送体を吸引する吸引ノズルを設け、この吸引ノズルに対向する搬送帯の下方には空気吐出ノズルを設けた請求項1〜3のいずれか一つに記載の搬送装置。
【請求項5】 空気吐出ノズルと吸引ノズルの間に位置する搬送体の外周位置決定手段を設けた請求項4に記載の搬送装置。
【請求項6】 吸引手段は、上面に吸引口を有する吸引ボックスを備え、この吸引ボックスの吸引口の搬送帯移動側端部には切欠部を設けた請求項1に記載の搬送装置。
【請求項7】 切欠部を弾性体で覆った請求項6に記載の搬送装置。
【請求項8】 吸引ボックスには、搬送帯の移動方向に所定間隔をおいて複数の吸引ホースを連結した請求項6に記載の搬送装置。
【請求項9】 吸引ホースは、吸引ボックスの吸引口に直交する部分に連結した請求項8に記載の搬送装置。
【請求項10】 複数の吸引ホースは、一つの吸引ポンプに連結した請求項8に記載の搬送装置。
【請求項11】 搬送帯の吸引孔は、打抜き加工、またはレーザ加工により形成し、その加工側面を上面側にして、この搬送帯を吸引手段上に配置した請求項1に記載の搬送装置。
【請求項12】 搬送帯の供給手段による搬送体の供給位置よりも上流側にクリーニング手段を設けた請求項1に記載の搬送装置。
【請求項13】 クリーニング手段は、異物の吸引体と異物の吸着体とにより構成した請求項12に記載の搬送装置。
【請求項14】 クリーニング手段と、供給手段による搬送体の供給位置との間に異物検出センサを設けた請求項12に記載の搬送装置。
【請求項15】 搬送帯はループ状とし、このループの内周に設けたプーリにより駆動手段を構成し、このプーリの搬送帯の吸引孔に対向する部分には溝を設けた請求項1に記載の搬送装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば電子部品等を搬送するための搬送装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の搬送装置として、例えば検査装置に用いられるものについて説明する。すなわちこの検査装置に用いられる搬送装置は、複数の部品を搬送帯に接着して順次これを検査手段側に移動させこの搬送帯の上面側の検査を行っていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来例において、検査手段による検査が終った部品は搬送帯から取りはずされこれが次の検査工程に送られたり、あるいは収納箱に収納されるようになっていた。しかしながら上記電子部品はその下面側が、搬送帯に接着させられていたので、この部品の下面側には、接着剤が残存しており、この残存した接着剤が例えばこの部品を実装機によって回路基板上で実装した場合に半田接続の不良等を生じさせる事になることがあった。そこで本発明は、このような搬送されるもの、すなわち搬送体の下面側の汚れを防止する事を目的とするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】そしてこの目的を達成するために本発明は、上面に吸引孔を有する吸引手段と、この吸引手段の吸引孔上に移動自在に設けられるとともに、複数の吸引孔を有する搬送帯と、この搬送帯を前記吸引手段の吸引口上において移動させる駆動手段と、前記搬送体の吸引孔上に搬送体を供給する供給手段と、前記搬送帯の吸引孔上に供給された搬送体に対する作業を行う作業手段とを備えた構成としたものである。
【0005】すなわち以上の様な構成とすれば、例えば部品等の搬送体は搬送帯の吸引孔に吸引された状態で作業手段部分に搬送され、検査・加工・組立・クリーニング等の作業が行なわれるので、この搬送体の下面側が汚れる事はなく、この結果として搬送体に対する以後の取り扱いに対する支障を生ずる事がなくなるものである。
【0006】
【発明の実施の形態】本発明の請求項1に記載の発明は、上面に吸引口を有する吸引手段と、この吸引手段の吸引口上に移動自在に設けられるとともに、複数の吸引孔を有する搬送帯と、この搬送帯を前記吸引手段の吸引口上において移動させる駆動手段と、前記搬送帯の吸引孔上に搬送体を供給する供給手段と前記搬送帯の吸引孔上に供給された搬送体に対する作業を行う作業手段とを備えた搬送装置であって、搬送体は搬送帯の吸引孔に吸引された状態で作業部分に搬送され、検査・加工・組立・クリーニング等の作業が行なわれるので、この搬送体の下面側が汚れることはなく、この結果として搬送体に対する以後の取り扱いに対する支障が生ずることがなくなるものである。
【0007】請求項2に記載の発明は、搬送帯の吸引孔と搬送体の間には空気の流入部を設けた請求項1に記載の搬送装置であって、吸引手段によって搬送帯の吸引孔部分に生ずる空気の流れを利用して搬送体を吸引する構成としたものであるので、搬送体によって搬送帯の吸引孔部分がふさがれることがなく、よってこの搬送帯の吸引孔部分から以後に搬送体を取りはずす際の作業がスムーズに行なわれるものである。
【0008】請求項3に記載の発明は、吸引孔の複数の吸引小孔群により構成し、前記各吸引小孔群の大きさは、この吸引小孔を搬送体が通過することができない大きさとした請求項2に記載の搬送装置であって、吸引孔を複数の吸引小孔群により構成することにより、この吸引孔部分の外周部分を搬送体よりも大きなものとして、この搬送体の外周に空気の流入部分が形成されるような構成としたとしても、各吸引小孔群の小孔の大きさが搬送体よりも小さいので、この吸引小孔内に搬送体が落下してしまうことを防止することができるものである。またその際上記請求項2に説明したごとく搬送体外周部分に空気の流入部が構成されることになるので、以降のこの搬送体の取りはずしも容易に行なえるようになるものである。
【0009】請求項4に記載の発明は、吸引手段の吸引口上において、搬送帯の吸引孔から搬送体を吸引する吸引ノズルを設け、この吸引ノズルに対向する搬送帯の下方には空気吐出ノズルを設けた請求項1〜3のいずれか一つに記載の搬送装置であって、作業手段による作業が完了した後に搬送帯の吸引孔部分から搬送体を吸引ノズルによって取り出す際に下方の空気吐出ノズルから空気を吐出させる事により、今まで搬送帯の吸引孔に加わっていた搬送体への吸引力を空気吐出ノズルから吐出させた空気によってキャンセルさせるような状態とし、この状態において上方の吸引ノズルによって搬送体をスムーズに吸引することができるようになるものである。
【0010】請求項5に記載の発明は、空気吐出ノズルと吸引ノズルの間に位置する搬送体の外周位置決定手段を設けた請求項4に記載の搬送装置であって、空気吐出ノズルから吐出された空気によって今まで搬送体に加わっていた吸引力をキャンセルするような状態で上方の吸引ノズルで搬送体を上方に吸引するに際して、その外周位置を決定する手段を設ける事によりスムーズに上方の吸引ノズルに吸着させることができる様になるものである。
【0011】請求項6に記載の発明は、吸引手段は上面に吸引口を有する吸引ボックスを備え、この吸引ボックスの吸引口の搬送帯移動側端部には切欠部を設けた請求項1に記載の搬送装置であって、吸引ボックスの吸引口の搬送帯移動側端部分に切欠部を設けることにより、搬送帯の吸引孔部分に搬送体の一部が欠けた状態でかみ込んでいたものがあったとしても、これが次の吸引口の搬送帯移動側端部分にこすりつけられて、この搬送体の欠けた部分が吸引口の端部にあたることにより搬送帯の吸引孔部分を損傷させて以後の使用ができなくなってしまうということを防止することができるものである。
【0012】請求項7に記載の発明は、切欠部を弾性体で覆った請求項6に記載の搬送装置であって、切欠部分を弾性体で覆ったことにより、この切欠部分から吸引ボックス部分に大量に流れ込む空気流を遮断し、この吸引ボックスに流れ込む空気流は搬送帯の吸引孔部分から流れるようにすることで搬送体に対する吸引力を強くすることができるようになるものである。
【0013】請求項8に記載の発明は、吸引ボックスには、搬送帯の移動方向に所定間隔をおいて複数の吸引ホースを連結した請求項6に記載の搬送装置であって、吸引ボックスの長手方向に対して所定間隔をおいて複数の吸引ホースを連結することにより、搬送帯の長手方向に対する吸引力を安定化することができるものである。
【0014】請求項9に記載の発明は、吸引ホースは、吸引ボックスの吸引口に直交する部分に連結した請求項8に記載の搬送装置であって、吸引ホースを吸引ボックスの吸引口に直交する部分に連結することにより、搬送帯の吸引孔から、この吸引ボックスの吸引口に流れこんだ空気がただちに吸引ホースに直行するものよりは、このように吸引ホースを吸引ボックスの吸引口に直交する部分に連結することにより、この部分で空気流に対する抵抗が生ずることとなり、逆にこれは搬送帯の各吸引孔に対する吸引力を安定することにつながるものとなる。
【0015】請求項10に記載の発明は、複数の吸引ホースは、一つの吸引ポンプに連結した請求項8に記載の搬送装置であって、複数の吸引ホースを一つの吸引ポンプに連結することにより、各吸引ホースに加わる吸引力を安定化させることができるだけでなく機器のコンパクト化にも貢献できるものとなる。
【0016】請求項11に記載の発明は、搬送帯の吸引孔は、打ち抜き加工、またはレーザ加工により形成し、その加工面側を上面側にしてこの搬送帯を吸引手段上に配置した請求項1に記載の搬送装置であって、搬送帯の吸引孔の形成時に、その加工面とは反対側に形成されるバリをこの搬送帯の吸引孔の下方となるようにすることにより、この搬送帯吸引孔上に吸着させられる搬送体に対する傷つきや損傷を防止することができるものとなる。
【0017】請求項12に記載の発明は、搬送帯の供給手段による搬送体の供給位置よりも上流側にクリーニング手段を設けた請求項1に記載の搬送装置であって、搬送体の供給位置よりも上流側にクリーニング手段を設けることにより、搬送帯の吸引孔部分のクリーニングが事前に行なわれた状態で、この部分に供給手段によって搬送体を供給することができるので、この供給された部分における搬送体の吸着状態が安定したものとなる。
【0018】請求項13に記載の発明は、クリーニング手段は異物の吸引体と異物の吸着体により構成した請求項12に記載の搬送装置であって、クリーニング手段としてまず異物を吸引除去し、次にさらにそれによっても除去できなかった異物を吸着体によって吸着除去することによりより高いクリーニング効果を得られ、このことは搬送帯の吸引孔部分による搬送体の吸着力を高めることにつながるのである。
【0019】請求項14に記載の発明は、クリーニング手段と供給手段による搬送体の供給位置との間に異物検出センサを設けた請求項12に記載の搬送装置であって、クリーニング手段によりクリーニングしたとしても、搬送帯の吸引孔部分に異物が除去されずに残ってしまった場合には、これを異物検出センサによって検出し、その場合には異物検出センサによって検出された異物を、たとえば手作業等によって除去することによって、それ以降その搬送帯の吸引口に搬送体が正しく吸着させることができるようになるものである。
【0020】請求項15に記載の発明は、搬送帯はループ状とし、このループの内周に設けたプーリにより駆動手段を構成し、このプーリの搬送帯の吸引孔に対向する部分には溝を設けた請求項1に記載の搬送装置であって、駆動手段を構成するプーリに溝を設けることにより搬送帯の吸引孔に異物がひっかかっていたとしても、これがプーリに当たることによって、搬送帯の吸引孔部分を損傷させてしまうことが無くなるものである。
【0021】以下本発明の一実施の形態を添付図面に従って説明する。
【0022】図1において、1は部品の投入口で、この投入口1に供給された部品は搬送手段2によって搬送された後にターンテーブル3に設けられた吸引ノズル4によって吸引され、その後これが搬送帯5に移し替えられるようになっている。
【0023】次にこの搬送帯5に移し替えられた部品は、その上面側が検査手段として用いたカメラ6,7,8によって検査され、この検査が終わった部品は次にターンテーブル9のノズル10にその上面側が吸着された状態で移し替えられ、ここには図示していないがカメラによって部品の下面側の検査が行なわれるようになっている。
【0024】そしてこれらの検査の結果、不良品と判定された部品は搬送帯11上に移し替えられ、良品と判定された部品は搬送帯12側へと移し替えられることになる。そして搬送帯11に移し替えられた不良品となった部品はトレイ13に移し替えられて集められることとなる。
【0025】また良品となった部品は搬送帯12上に移し替えられ、この良品となった部品が移し替えられるごとに1ステップずつ前送りされていく。したがってこの搬送帯12上には一列に良品と判定された部品がならんだ状態となるので、次の工程においてノズル14によって10個が一度に吸引され、この状態でトレイ15に奥の方から一列ずつ順次収納されていくようになっていく。
【0026】さてこのような構成のものにおいて各部の状態を次に説明していくこととする。まず投入口1から供給された部品の状態を図2に示す。図2においてこの部品は16で表示されており、この部品16はコンベアベルト17,18の間に橋渡しをされた状態で順次ターンテーブル3のノズル4側へと搬送されていくことになる。
【0027】その場合にこのコンベアベルト17,18上から部品16が落下しないようにするためにコンベアベルト17,18の外側にはそれぞれガイド19,20が位置している。さらにその上方はフタ21によって覆われた状態となっている。そしてこのように順次供給されてきた部品16はストッパ22に当接すると、ここで位置決めがなされ、この状態で下方の空気吹き出しノズル23からの吹き出しにより、上方へ若干押し上げられることになる。
【0028】この時、その上方には部品16とは少しの距離をおいてノズル4が下降してきているので、この状態でノズル4に吸引力を働かせれば部品16は、ノズル4へとスムーズに吸着される事になる。この状態は図3にも示している。
【0029】さてこのようにしてターンテーブル3のノズル4に吸引された部品16は次にターンテーブル3が回転することにより、図4に示す搬送帯5の吸引孔24に吸着されることになる。この搬送帯5は図7、図10に示すごとく、その長手方向の軸線上部分に4個の吸引小孔25が対向して十字状に配置されたものであって、これらの吸引小孔25の間には桟26が残った状態となっている。
【0030】さてこのような吸引孔24上に部品16を吸引させた状態が図7に示したものである。この図7に示すごとく部品16を吸引孔24によって吸引させた場合においても、この部品16の外周部分には、空気の流入部27が外周4箇所にほぼ均等に形成されるようになっている。ここで重要なことはこのように空気の流入部27が全周に形成されることにより以後詳しく説明するが部品16に対する吸引力はこの部品16の下方のみならずこの空気の流入部27の部分から内方に入る空気流によっても吸着力が得られる状態となっている。
【0031】ただしこのように部品16の外周部分に4箇所空気の流入部27を設けることにより以降、吸引孔24から部品16を取りはずすことがきわめて容易になるものである。これはよく知られたことではあるが、吸引孔24を部品16で完全に覆ってしまった場合には、この状態で吸引力を取り除くのは、非常に大きい力が必要となり、これは図4に示したようなステンレス製の薄い搬送帯5であればこれを変形させてしまうことにもなる。
【0032】そこで部品16の搬送状態を安定させるとともに、この損傷を防止するために、部品16の外周部分には空気の流入部27をあえて設けたものである。なおこのように吸引孔24は4個の吸引小孔25の集合体によって形成したものであるが、大切なことは吸引小孔25の大きさが部品16の大きさよりも小さくなっていること、すなわち部品16がこの吸引小孔25部分から落下してしまわないようにすることが重要である。
【0033】なお図10にも示したが、搬送帯5はその両端面がつき合わされ、この端面において溶接部28が形成されている。このことによって図1に示すごとく搬送帯5はループ状となり、このループ状となった内周部分にプーリ29,30,31,32が設けられた状態になっている。なお各プーリ29から32の外周にはそれぞれピン29a、32a(プーリ30,31のピンは図示せず)が設けられており、それらのピン29a〜32aはそれぞれ図7に示す搬送帯の吸引孔24の両側に所定間隔をおいて設けられたパイロット穴33に嵌合し、この状態でプーリ29を図示していないがモータで間欠駆動することにより所定間隔ごとに送られるようになっている。
【0034】そしてその所定間隔ごとに送られた状態で上述したごとくカメラ6から8において、その部品16の上面側の各種検査が行なわれることになるものである。
【0035】次に搬送帯5がプーリ32からプーリ29へと搬送されていく経路の下方に設けた吸引手段について図4、図5を用いて説明する。図4、図5に示すごとく搬送帯5の下方には吸引ボックス34が設けられており、この吸引ボックス34の上面には横長形状の吸引口35が設けられている。そしてこの吸引口35の上面側を図5に示すごとく搬送帯5が摺動しながらプーリ29側へと移動することになっている。
【0036】この吸引ボックス34には図4、図5に示すごとくその長手方向に対して吸引ホース36が3本所定間隔をおいて設けられている。これらの吸引ホース36は図6に示す吸引ポンプ37の分岐管38にそれぞれ連結されこの吸引ポンプ37を駆動すれば分岐管38を介して3本設けた吸引ホース36に対して均等な吸引力が働くこととなる。この結果として上述したごとく吸引口35の上方を摺動する搬送帯5に設けられた吸引孔24部分には吸引力が働くこととなり、このことが図7で説明した部品16の吸引につながることになるものである。
【0037】この吸引は上述したごとく、部品16の下面に伝わる吸引力と外周部分の空気流入部27を流れる空気流によって形成されるのできわめて安定した状態となり、したがって安定した状態で、上述したカメラ6,7,8部分へと供給されることになる。
【0038】さてこのようにして上面側の検査が完了した部品16は、次にターンテーブル9のノズル10によって吸引され、次の搬送帯11,12へと選択的に供給されることになる。
【0039】それでは次にその状態を図12、図13を用いて説明する。すなわち図12、図13に示すごとくノズル10の部分に部品16が搬送されると、図12、図13に示すごとく搬送帯5の外方から位置決めブロック39,40が部品16の外周をつつむごとく接近し、この状態において図13に示すごとく吸引ボックス34内に設けた空気吐出ノズル41から部品16の下面に吸引小孔25を介して吹きつけられることとなる。
【0040】このことは今まで部品16に働いていた下方への吸引力をキャンセルするような状態となるので、その状態で上方に設けた吸着ノズル10に吸引力を働かせれば、部品16は上方へと吸着されることとなる。この場合に重要なのが、位置決めブロック39,40で部品16の外周の位置決めを行なっていることである。そしてこのように位置決めをした状態で部品16が引着ノズル10に吸引されるようになることによって部品16はノズル10に安定した状態で吸着されるものである。
【0041】さてこのように部品16が吸着ノズル10に吸着された後に搬送帯5は上述したごとくプーリ29側へと移動することになる。しかしここで重要なことは図14に示すごとく吸引ボックス34に設けた吸引口35の搬送帯の移動側端部に切欠部42を設けたことである。すなわちこの部分に切欠部42が設けられていない場合には、たとえば搬送帯5の吸引小孔25に部品16の一部がかみ込んだ状態になっていた場合には切欠部42部分に存在していた壁面にその部品16の一部分が衝突し、これによって部品16の一部がかみ込んでいた吸引小孔25を損傷させてしまうので、この部分に切欠部42を設けたものである。
【0042】ただしこのように切欠部42を設けた場合にはこの切欠部42から大量の空気が流入することによって吸引口35に対する吸引力が低下することが考えられるので、それを回避するために設けたのが図15に示す弾性体43である。
【0043】この弾性体43は薄いゴム板材で作ったものであるので、たとえばそのように部品16の一部が吸引小孔25にかみ込んでいた場合には、この弾性体43が変形することによってその部品16の一部を通過させることができるようになっているものである。もちろんこの部品16の一部が次のプーリ29部分の外周に当った場合にも同様の状態が生ずるので、このプーリ29の中央部にも溝44を設けている。この溝44は図1に示すプーリ30,31,32にも全て設けられているものである。
【0044】このようにして部品16のかけらが生じたとしても、それによって搬送帯の吸引小孔25部分が損傷してしまわないように構成しているものである。なお図11に示すごとく搬送帯5の下面側には微少ではあるがバリ45ができてしまっている。これはステンレス製の搬送帯5において吸引小孔25を形成するためには、たとえば打ち抜き加工あるいはレーザ加工によって形成するので、その加工側とは反対側にバリ45が形成されてしまうものである。
【0045】そこで本実施の形態においては、このバリ45は搬送帯5の下面側に設けることによってその上面側において吸着する部品16への汚染や損傷を防止しているものである。また図8に示すごとく、特にプーリ29およびプーリ32は吸引ボックス34の上面よりも若干上方になるような配置としている。このようにすることによって、プーリ29とプーリ32間を通過する搬送帯5が吸引ボックス34の上面側をまずプーリ32から進む場合、あるいはこの吸引ボックス34の上面側からプーリ29側へと流れる場合において、下方への屈曲力が生じてこの部分によって薄い搬送帯に不用意な癖がついたり摩耗が生ずることが無くなるようにするためであって、図8に示すaは基本的には0mmでもよいが0.05mm程度上方になるようにしている。
【0046】このようにわずか0.05mmであっても、上方に持ち上げた状態にしておくことが上述したように搬送帯5の損傷や摩耗や不用意な癖つき等を防止することに大きく役立つものである。
【0047】次に図16は特に搬送帯12の部分において吸着ノズル14部分において一度に10個の部品16を吸着する様になるので、この部分においても10本の吸着ノズル14に正しく部品16が吸引されるように位置決めブロック46,47でその外方から接近させることによって位置決めを行い、これによって10個の部品16が吸着ノズル14に一度に正しく吸着させることができるようにしたものである。
【0048】次に図17、図18は再び搬送帯5の説明をするためのものである。すなわちプーリ31を通過した後の搬送帯5は図17に示すごとく、まずブラシ48でその上下面のブラッシングを行うとともに、その際に生じた異物等が有ればホース49,50によって吸引するようにしている。またその状態からさらにプーリ32側へと進んだ部分においては、この搬送帯5の上面と下面側に接するごとく粘着シート51,52を当接させることにより、よりクリーニング効果を高めるようにしている。そしてさらにその下流でプーリ32の間には異物検出センサ53が設けられており、この異物検出センサ53は搬送帯5の吸引小孔25部分に光を通すことにより異物が有ればここを通過する光が減少し、これをもって異物が有るという事を検出し、図示していないが報知手段によって作業者に知らせることにしている。
【0049】この状態は基本的には下方の図7に示した2つのクリーニング手段によってほとんど生ずることがないので、この場合には、作業者の手作業によって行なうようにしている。そしてこのような状態でプーリ32を経由して新生面となった吸引孔24がノズル4の下方に出現することになるので、この部分において部品16の吸着が正しく行なわれるようになるものである。なお前述した異物検出センサ53に関しては図18にも詳しく示している。
【0050】次に図19はプーリ32を示したものであり、図4で説明したが、プーリ29によって駆動力を発生させるので、このプーリ32はブレーキ力を掛ける必要がある。そのためにこのプーリ32はシャフト54にバネ55によってブレーキシュー56を押しつけることによってブレーキング効果を出すようにしているものである。またプーリ31に関しては、次の図20に示すごとく、このプーリ31はテンションレバー57の一端に当接させあるいは取付けられており、このテンションレバー57は支点ピン58の反対側にバネ59による付勢力を加える事によってプーリ31部分に搬送帯5に対するテンションが加わるようにしているものである。
【0051】
【発明の効果】以上のように本発明は、上面に吸引口を有する吸引手段と、この吸引手段の吸引口上に移動自在に設けられるとともに、複数の吸引孔を有する搬送帯と、この搬送帯を前記吸引手段の吸引口上において移動させる駆動手段と、前記搬送帯の吸引孔上に搬送体を供給する供給手段と、前記搬送帯の吸引孔上に供給された搬送体に対する作業を行う作業手段とを備えたものであるので、搬送体は搬送帯の吸引孔に吸引された状態で作業手段部分に搬送され、検査・加工・組立・クリーニング等の作業が行われるようになり、この搬送体の下面側が汚れることはなく、この結果として搬送体に対する以後の取り扱いに対する支障が生ずることがなくなるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013