米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 車両 -> 三菱重工業株式会社

発明の名称 航空機荷物室の煙探知装置及び探知方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−80592(P2001−80592A)
公開日 平成13年3月27日(2001.3.27)
出願番号 特願平11−262370
出願日 平成11年9月16日(1999.9.16)
代理人 【識別番号】100069246
【弁理士】
【氏名又は名称】石川 新 (外1名)
発明者 岡田 良治
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 航空機荷物室の天井に煙探知器とファンとを取付けたことを特徴とする航空機荷物室の煙探知装置。
【請求項2】 前記ファンは前記煙探知器に隣接して配置されると共に、前記ファンの軸方向は前記煙探知器のセンサ部を向くように配設されることを特徴とする請求項1記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【請求項3】 前記煙探知器は前記荷物室天井に埋込まれていることを特徴とする請求項1又は2記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【請求項4】 前記煙探知器とファンは共に前記荷物室天井に埋込まれていることを特徴とする請求項1又は2記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【請求項5】 前記煙探知器とファンが取付けられている下面の天井には金網が取付けられていることを特徴とする請求項4記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【請求項6】 航空機の荷物室天井の煙探知器に隣接してファンを取付け、同ファンを飛行中には常時作動させて前記荷物室内の空気を循環させておき;煙が発生すると前記循環流により前記煙探知器のセンサ部に煙を流通させることを特徴とする航空機荷物室の煙探知方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は航空機荷物室の煙探知装置及び探知方法に関し、荷物室内の無人の空間内で火災又は煙が発生した場合には早期にこれを正確に検知できるようにしたものである。
【0002】
【従来の技術】ヘリコプタの荷物室は客室とは隔離されているが、飛行中に荷物室内で万一火災又は煙が発生すると有害な煙が客室内へ廻り込み、乗務員や乗客に危害が及ぶので、荷物室には煙探知器を備える規定となっている。
【0003】図3はヘリコプタを示す図で、(a)は平面図、(b)は側面図である。図において、50はヘリコプタ全体で、荷物室51が後方に、客室52が中央に、操縦室54が前部にそれぞれ設けられている。荷物室51と客室52との間には燃料タンク53が設けられ、両室間は隔離されている。荷物室51には扉55が設けられており、扉55を閉じると完全な無人の室となる。そのために荷物室51内の天井には煙探知器60が設置され、万一煙が発生すると規定時間内に煙の発生を検知し、操縦室54内に通報されるようになっている。
【0004】図4は上記に説明のヘリコプタの荷物室内の煙探知器の取付状態を示し、(a)は荷物室内の煙探知器の取付状態、(b)は煙探知器の取付部詳細を示す図である。図4(a)において、煙探知器60は荷物室51の天井中央部に取付けられ、内部に発生した煙70を検知するようになっている。図4(b)において、煙探知器60には下面が天井64とほぼ同一平面となるようにブラケット61に取付けられており、ブラケット61は取付材63を介して構造部材62に取付けられている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】前述のように従来のヘリコプタ荷物室の天井には煙探知器が取付けられており、飛行中に無人の荷物室に火災又は煙が発生すると、これを探知し、操縦室へ知らせ、客室や操縦室へ煙が廻り込む前に消火システムを作動させるか、又は緊急着陸を行うようになっている。しかし、荷物室内の火災又は煙の発生位置によっては、煙が煙探知器に流れるのに時間がかかり、煙探知器が仲々作動せず、規定時間ぎりぎりに探知することが起る。このような時には無人の荷物室内での火災により、又は客室や操縦室への有害な煙の侵入によって重大な事故を起す恐れがある。従って煙探知器は規定時間内に煙の発生を確実に探知できるシステムでなければならない。
【0006】そこで本発明は、航空機の荷物室に発生した火災又は煙が確実に煙探知器のセンサ部へ流れ、煙が直ちにセンサ部に接触して煙を探知できるようなシステムとし、煙探知器の探知の信頼性を向上することを課題としてなされたものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は前述の課題を解決するために次の(1)乃至(5)の煙探知装置、(6)の探知方法を提供する。
【0008】(1)航空機荷物室の天井に煙探知器とファンとを取付けたことを特徴とする航空機荷物室の煙探知装置。
【0009】(2)前記ファンは前記煙探知器に隣接して配置されると共に、前記ファンの軸方向は前記煙探知器のセンサ部を向くように配設されることを特徴とする(1)記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【0010】(3)前記煙探知器は前記荷物室天井に埋込まれていることを特徴とする(1)又は(2)記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【0011】(4)前記煙探知器とファンは共に前記荷物室天井に埋込まれていることを特徴とする(1)又は(2)記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【0012】(5)前記煙探知器とファンが取付けられている下面の天井には金網が取付けられていることを特徴とする(4)記載の航空機荷物室の煙探知装置。
【0013】(6)航空機の荷物室天井の煙探知器に隣接してファンを取付け、同ファンを飛行中には常時作動させて前記荷物室内の空気を循環させておき;煙が発生すると前記循環流により前記煙探知器のセンサ部に煙を流通させることを特徴とする航空機荷物室の煙探知方法。
【0014】航空機の荷物室の天井には煙探知器が取付けられ、飛行中に無人の荷物室で火災又は煙が発生した場合には直ちにこれを探知できるようになっているが、煙の発生場所によっては煙が煙探知器に達するまでに時間がかかり、規定時間ぎりぎりに探知することがあり、火災又は煙の発生を早期に発見できないことが起る。そこで本発明の(1)においては、荷物室にファンを取付け、飛行中には常時ファンを作動させて荷物室内の空気を循環させておき、荷物室内で煙が発生すると、この循環流により煙を煙探知機に流通、通過させ煙探知器が直ちに煙を検知できる。
【0015】本発明の(2)では、ファンを煙探知器に隣接して配置し、ファンにより流される空気流によって煙が煙探知器のセンサ部に触れるようにして煙探知器の作動をより正確にする。又(3)の発明では煙探知器が天井に埋め込まれ、又(4)の発明では煙探知器とファンも共に天井に埋め込んで、荷物室内の突出部をなくし、荷物の収納スペースを確保している。
【0016】又、本発明の(5)では、煙探知器とファンはその下面が金網で保護されるので、荷物室での荷物の搬出、搬入時に荷物が衝突して煙探知器やファンを破損するようなことが防止され、又、塵や虫の侵入も防止できる。
【0017】本発明の(6)は煙探知の方法であり、飛行中にファンを常時作動させ、荷物室内の空気を循環させておくので、煙が発生しても、煙はこの循環流に流されて煙探知器に近接したファンに吸引されるが、この過程において隣接している煙探知器のセンサ部に煙が流れて接触し、煙探知器が直ちに応答し、これを検知することができる。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について、図面に基づいて具体的に説明する。図1は本発明の実施の一形態に係る航空機荷物室の煙探知装置の構成を示し、(a)が全体の配置、(b)が煙探知器取付部の詳細図である。図1(a)においてヘリコプタの荷物室51内には天井に煙探知器60が取付けられており、煙探知器60に隣接してファン1が設置されている。荷物室51内に煙が発生すると、その煙20はファン1の作動により、内部で循環することにより煙20はセンサ部60aの表面に沿って流れ、センサ部60aにより確実に煙が検知されるようにしている。
【0019】図1(b)は煙探知器60とファン1の取付部の詳細を示し、天井64の中央部には凹部を形成するために枠構造部12が設けられ、枠構造部12は支持部材13により構造部材62に支持されている。枠構造部12には煙探知器60が取付けられ、煙探知器60の下面にはセンサ部60aが設けられており、このセンサ部60aは枠構造部12で形成される空間内に配置されている。
【0020】煙探知器60に隣接してブラケット11が枠構造部12又は支持部材13に固定されており、ブラケット11にはファン1が取付けられている。ファン1の空気の吸込、吐出の中心軸はセンサ部60aと平行に配置され、ファン1の作動による空気又は煙の流れがセンサ部60aの表面に沿って流れるように配設されている。枠構造部12の開口部は金網2が取付けられており、天井64と金網2の下面とは同一面となるように配設されている。
【0021】図2(a)は図1(b)におけるA−A矢視図、(b)がB−B矢視図である。両図において、煙探知器60とファン1とは隣接して配設されており、ファン1が作動すると煙20が煙探知器60の下面を通るように配置されている。又、下面には天井64と同一面となるように金網2が取付けられ、荷物室51内へ荷物を搬出、搬入する際に荷物が煙探知器60やファン1に衝突してこれらを破損することを防止し、又防塵、防虫対策にもなる。そのために金網2はメッシュが細かい方が望ましい。
【0022】上記に説明の実施の一形態によれば、ヘリコプタの荷物室51内に煙探知器60を配設し、煙探知器60に隣接してファン1を配設し、飛行中にはファン1を常時作動させておく。飛行中に無人の荷物室51に火災又は煙が発生すると、その煙はファン1の循環流により図1に示すようにセンサ部60aの表面に沿って流れてファン1に再び吸引される。従って煙は直ちに煙探知器60に探知され、操縦室へ通報されるので早期に煙探知がなされる。
【0023】又煙探知器60、ファン1の下面には金網2が設けられているので、荷物室51内への荷物の搬出入時に荷物が衝突して煙探知器60やファン1を破損するようなことが防止され、安全性を確保又、防塵、防虫の効果も有している。
【0024】なお、上記の実施の形態においては、ヘリコプタの荷物室の例で説明したが、ヘリコプタに限定するものではなく、本発明はヘリコプタのみならず、あらゆる航空機の荷物室に適用され、同様の効果を奏するものである。
【0025】
【発明の効果】本発明の航空機荷物室の煙探知装置は、(1)航空機荷物室の天井に煙探知器とファンとを取付けたことを特徴としている。このような構成により、ファンにより荷物室の空気が常時循環しているので、荷物室で煙が発生しても、この循環流により煙を煙探知器へ沿って流通させることができ、直ちに煙の発生を確実に探知することができる。
【0026】本発明の(2)では、ファンを煙探知器に隣接して配置し、ファンにより流される空気流によって煙が煙探知器のセンサ部に触れるようにして煙探知器の作動をより正確にする。又(3)の発明では煙探知器が天井に埋め込まれ、又(4)の発明では煙探知器とファンも共に天井に埋め込んで、荷物室内の突出部をなくし、荷物の収納スペースを確保するようにしている。
【0027】又、本発明の(5)では、煙探知器とファンはその下面が金網で保護されるので、荷物室での荷物の搬出、搬入時に荷物が衝突して煙探知器やファンを破損するようなことが防止され、又、防塵や、虫の侵入を防止する効果を有する。
【0028】本発明の(6)は煙の検知方法であり、飛行中にファンを常時作動させ、荷物室内の空気を循環させておくので、煙が発生しても、煙はこの循環流に流されて煙探知器に近接したファンに吸引されるが、この過程において隣接している煙探知器のセンサ部に煙が流れて接触し、煙探知器が直ちに応答し、これを検知することができる。このような方法により、本発明の煙探知装置を用いた探知が確実に実施できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013