米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 日東電工株式会社

番号 発明の名称
1 多孔質フィルムの製造方法
2 複合管状物の製法
3 樹脂基板
4 複合逆浸透膜
5 スパイラル型分離膜エレメント
6 分離膜
7 スパイラル型膜モジュールを用いた処理システムおよびその運転方法
8 バグフィルタおよびその製造方法
9 スパイラル型気液接触膜モジュール
10 スパイラル型気液接触膜エレメントおよびスパイラル型気液接触膜モジュール
11 スパイラル型気液接触膜エレメントおよびスパイラル型気液接触膜モジュール
12 限外濾過膜とその製造方法及びそれに用いるドープ組成物
13 フッ素樹脂複合部材およびこれを用いた有機エレクトロルミネッセンス素子
14 スパイラル型膜エレメントおよびその運転方法
15 積層型膜カートリッジ
16 スパイラル型膜エレメントを備えた処理システムおよびその運転方法
17 ピペット及びピペット用フィルタ−
18 スパイラル型気液接触膜モジュール
19 半導電性ベルト及びその製造方法
20 剥離ライナ及びその製造方法
21 酸性ガス分離膜及びその製造方法
22 粉末状マイクロカプセルの製造方法およびそれにより得られる粉末状マイクロカプセル
23 膜分離装置の殺菌方法及び膜分離装置
24 スパイラル型膜エレメントおよびスパイラル型膜モジュールの運転方法
25 エポキシ系樹脂シートの連続製造方法
26 外面防食金属管の防食処理方法
27 多孔質フィルムの製造方法
28 複合多孔質フィルム及びこれを用いた電池用セパレーター
29 エアフィルタ用ろ材およびそれを用いたエアフィルタユニット
30 分離膜及びその製造方法
31 複層樹脂板及びその製造方法
32 配向シートの連続製造法とその装置
33 配向シートの連続製造法とその装置
34 難燃性繊維強化プラスチック部材
35 スパイラル型膜エレメントおよびスパイラル型膜モジュールの運転方法ならびにスパイラル型膜モジュール
36 透明積層体の製造方法
37 膜分離装置およびその運転方法
38 サンドブラスト加工方法
39 剥離可能な非透湿性フィルムで覆われたフッ素樹脂複合部材
40 クリーニングシ―ト
41 印刷用シート、印刷シートおよびその製造方法
42 金属触媒付着担体及びその製造方法並びにそれを用いた活性酸素源含有液の処理方法
43 多孔質フィルムの製造方法
44 スパイラル型膜モジュールおよびスパイラル型膜エレメントの装填方法
45 リネン排水再利用膜システムの分離膜性能回復方法
46 処理システムおよびその運転方法
47 集塵機用フィルター
48 複合逆浸透膜およびその製造方法
49 カレンダーロール及び熱可塑性材料の加工方法
50 多孔質フィルムの製造方法
51 ヒートシール用シート基材、及びこれを備えてなる袋材、並びにこれを用いた使い捨てカイロ
52 複合管状物及びその製造方法
53 処理部材の製法
54 多孔質シート基材
55 気体成分処理シートおよびそれを内蔵したエレクトロルミネッセンス素子
56 ガス吸着体及びその使用方法
57 基板処理装置のクリーニング方法
58 クリーニング部材又はシート、及びこれらを用いたクリーニング方法
59 積層シートの製造方法
60 カレンダーロール及び積層シートの製造方法
61 カレンダーロール及び積層シートの製造方法
62 カレンダーロール及び積層シートの製造方法
63 膜分離装置の洗浄方法
64 クリーニングシ―ト
65 溶剤含有物除去用クリーニングシート、及び溶剤含有物の除去方法
66 透明積層体とプラズマデイスプレイパネル用フイルタ
67 透明積層体とプラズマデイスプレイパネル用フイルタ

[1]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013