米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社オーイズミ

発明の名称 遊技データ提供方法、遊技システム、遊技データ出力装置、遊技データ管理装置、及び遊技機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−246115(P2001−246115A)
公開日 平成13年9月11日(2001.9.11)
出願番号 特願2000−62819(P2000−62819)
出願日 平成12年3月8日(2000.3.8)
代理人 【識別番号】100086298
【弁理士】
【氏名又は名称】船橋 國則
【テーマコード(参考)】
2C088
【Fターム(参考)】
2C088 BA88 BC22 BC31 CA31 CA35 
発明者 ▲高▼橋 和起
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 遊技者の投入した遊技媒体と同様の遊技媒体を遊技勝敗に応じて払い出し又は回収する遊技機を使用してなされる遊技の遊技データ提供方法であって、前記遊技機の遊技中又は遊技終了時に、前記遊技機の履歴となる遊技機データと、該遊技の開始から遊技途中又は遊技終了までの前記遊技機に対してなされた遊技者個人の遊技データとを該遊技者に提供することを特徴とする遊技データ提供方法。
【請求項2】 前記遊技機データと、前記遊技データとの提供が、表示機に出力される表示、印刷装置から出力される記録紙、又は記憶媒体に書き込まれる書込みによってなされることを特徴とする請求項1記載の遊技データ提供方法。
【請求項3】 前記記録紙又は記憶媒体による提供に際し、前記記録紙又は記憶媒体に、抽選番号又はポイントが付加的に記録されることを特徴とする請求項2記載の遊技データ提供方法。
【請求項4】 前記記録紙又は記憶媒体による提供に際し、前記記録紙又は記憶媒体に、経過遊技時間毎の前記遊技媒体の数が付加的に記録されることを特徴とする請求項2記載の遊技データ提供方法。
【請求項5】 複数の遊技機と、それぞれの該遊技機毎に対応して設けられた一つの遊技媒体貸出機と、一組となる前記遊技機と該遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続され該遊技機及び該遊技媒体貸出機からのデータが入力される一つの遊技データ管理装置と、複数の該遊技データ管理装置が接続され個々の該遊技データ管理装置に対して前記データの取出しを可能にしたネットワークと、該ネットワークに接続されて前記遊技データ管理装置を介して特定の前記遊技機からの前記データが入力されるとともに、投入された遊技媒体を計数する計数機と、該計数機に接続され遊技データ管理装置からの前記データ及び該計数機による計数値を記録紙に記録して出力する印刷装置とを具備したことを特徴とする遊技システム。
【請求項6】 前記ネットワークに接続され前記遊技データ管理装置を介して個々の遊技機毎のデータが同時に一画面で表示されるデータ表示モニターを具備したことを特徴とする請求項5記載の遊技システム。
【請求項7】 前記計数機に接続され景品交換用の発券を行うとともに、前記計数機による遊技媒体の計数値と、特定の前記遊技機の前記データとを出力する売上時点登録器を具備したことを特徴とする請求項5又は請求項6記載の遊技システム。
【請求項8】 一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ出力装置であって、前記遊技機及び前記遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納されるとともに、該遊技機データ、遊技データ及び売上データをネットワークへ送出する遊技データ管理装置と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示する表示機とを具備したことを特徴とする遊技データ出力装置。
【請求項9】 投入された遊技媒体を計数する計数機に接続される遊技データ出力装置であって、前記計数機からの計数値が格納されるとともに、ネットワークから特定の遊技機に対応する遊技機データ、遊技データ及び売上データが入力される遊技データ管理装置と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示する表示機と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力する印刷装置とを具備したことを特徴とする遊技データ出力装置。
【請求項10】 一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ出力装置であって、前記遊技機及び該遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納される遊技データ管理装置と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示する表示機と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力する印刷装置とを具備したことを特徴とする遊技データ出力装置。
【請求項11】 一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ管理装置であって、前記遊技機及び前記遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納されるメモリと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データをネットワークへ送出する通信インターフェースと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示出力する外部表示出力回路とを具備したことを特徴とする遊技データ管理装置。
【請求項12】 遊技媒体の計数機に接続される遊技データ管理装置であって、前記計数機からの計数値が格納されるメモリと、特定の遊技機に対応する遊技機データ、遊技データ及び売上データをネットワークを介して入力する通信インターフェースと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力するための印刷出力回路と、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示するための外部表示出力回路とを具備したことを特徴とする遊技データ管理装置。
【請求項13】 一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ管理装置であって、前記遊技機及び該遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納されるメモリと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力するための印刷出力回路と、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示するための外部表示出力回路とを具備したことを特徴とする遊技データ管理装置。
【請求項14】 請求項10記載の遊技データ出力装置を内蔵したことを特徴とする遊技機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、遊技者の投入した遊技媒体と同様の遊技媒体を遊技勝敗に応じて払い出し又は回収する遊技機を使用してなされる遊戯の遊技データ提供方法、遊技システム、遊技データ出力装置、遊技データ管理装置、及び遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】スロット台、パチンコ台等の遊技機を設置した店舗(所謂、ホール)は、ホール離れをなくすため、集客力のある遊技機を設置する必要がある。また、これら遊技機は、集客力を付加するため、種々の付加機能が同様に開発されている。そのため、他店舗との差別化が図れる遊技機の開発が望まれている。集客力を向上させるための手段の一つには、遊技者に対するサービスの提供がある。従来、この種の遊技機による遊技者へのサービスとしては、遊技者が使用する遊技機において、特定の遊技時間で、遊技媒体の払出し数を重さにより判断して表示するもの等があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述した表示機能を有した従来の遊技機は、遊技機1台から払い出される遊技媒体のみを行い、遊技者個人の遊技データの提供は行われていなかった。従って、遊技機のみの特徴は、表示データにより把握できるものの、遊技者個人の遊技データを得ることによる遊技機と遊技者との勝敗状況を、総合的に分析することはできなかった。即ち、従来の遊技者に対するデータのサービスは、遊技意欲を生じさせるには十分とは言えなかった。また、遊技機が払い出す遊技媒体の数のみを表示する場合には、実際の獲得遊技媒体数と誤差が生じた。さらに、遊技媒体貸出機、遊技機、計数機のデータの照会が、何らなされていなかったため、他店舗から持ち込まれた遊技媒体の排除が行えない問題があった。このため、他店舗から遊技媒体を持ち込むことにより不正な払い出しを得る、不正遊技に対する対策、所謂ゴト師対策等がなんら採られていなかった。本発明は上記状況に鑑みてなされたもので、遊技者に、遊技意欲を生じさせるデータの提供が行え、しかも、その得られたデータを、総合的に管理することにより、不正な払い出し等が防止できる遊技データ提供方法、遊技システム、遊技データ出力装置、遊技データ管理装置、及び遊技機を提供し、もって、他店舗に対する差別化による集客力の向上、及び不正遊技に対するセキュリティの向上を、同時に図ることを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するための本発明に係る請求項1記載の遊技データ提供方法は、遊技者の投入した遊技媒体と同様の遊技媒体を遊技勝敗に応じて払い出し又は回収する遊技機を使用してなされる遊技の遊技データ提供方法であって、前記遊技機の遊技中又は遊技終了時に、前記遊技機の履歴となる遊技機データと、該遊技の開始から遊技途中又は遊技終了までの前記遊技機に対してなされた遊技者個人の遊技データとを該遊技者に提供することを特徴とする。
【0005】この遊技データ提供方法では、遊技機の有する遊技機データと、遊技機に対してなされた遊技者個人の遊技データとが遊技者に提供され、遊技者による遊技機及び遊技者自身に対しての勝敗分析が行えるようになる。また、遊技者は、遊技中においても、正確な遊技媒体の所持数が把握可能になる。これにより、遊技者へのサービスを向上させ、他店舗との差別化が可能となる。
【0006】請求項2記載の遊技データ提供方法は、前記遊技機データと、前記遊技データとの提供が、表示機に出力される表示、印刷装置から出力される記録紙、又は記録媒体に書き込まれる書込みによってなされることを特徴とする。
【0007】この遊技データ提供方法では、遊技機データ及び遊技データとが、表示機に出力されれば、その表示時点での上記データが瞬時に把握可能になる。また、上記データが記録紙に記録されて出力されれば、遊技者による記録紙の蓄積が可能になり、遊技機データ及び遊技データの統計的な勝敗分析や遊技機攻略が行えるようになり、遊技機に対する対戦意欲が高められる。さらに、上記データが磁気記録媒体に書き込まれれば、大量且つ正確な上記データが、遊技者によってデータ処理可能になる。
【0008】請求項3記載の遊技データ提供方法は、前記記録紙又は記憶媒体による提供に際し、前記記録紙又は記憶媒体に、抽選番号又はポイントが付加的に記録されることを特徴とする。
【0009】この遊技データ提供方法では、遊技機データ及び遊技データの提供媒体である記録紙に、遊技時間、投資金額等の遊技データに応じて容易に抽選番号又はポイントが記録され、記録紙、記憶媒体の付加価値が高められる。これにより、他店舗との差別化が更に促進されるようになる。また、遊技機を使用する直接的な遊技以外にも、遊技者に来店意欲が生じ、集客力が向上する。
【0010】請求項4記載の遊技データ提供方法は、前記記録紙又は記憶媒体による提供に際し、前記記録紙又は記憶媒体に、経過遊技時間毎の前記遊技媒体の数や大当り等の履歴経移表が付加的に記録されることを特徴とする。
【0011】この遊技データ提供方法では、遊技機データ及び遊技データの提供媒体である記録紙又は記憶媒体に、経過遊技時間毎の遊技媒体の数がグラフによって記録され、時間の経過に伴う勝敗分析が、視覚的に容易に行えるようになる。また、他の同様の記録紙との比較も容易となる。
【0012】請求項5記載の遊技システムは、複数の遊技機と、それぞれの該遊技機毎に対応して設けられた一つの遊技媒体貸出機と、一組となる前記遊技機と該遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続され該遊技機及び該遊技媒体貸出機からのデータが入力される一つの遊技データ管理装置と、複数の該遊技データ管理装置が接続され個々の該遊技データ管理装置に対して前記データの取出しを可能にしたネットワークと、該ネットワークに接続されて前記遊技データ管理装置を介して特定の前記遊技機からの前記データが入力されるとともに、投入された遊技媒体を計数する計数機と、該計数機に接続され遊技データ管理装置からの前記データ及び該計数機による計数値を記録紙に記録して出力する印刷装置とを具備したことを特徴とする。
【0013】この遊技システムでは、遊技機からの獲得遊技媒体数と、遊技媒体貸出機からの購入遊技媒体数と、計数機による遊技媒体の計数値とが、ネットワークを介してデータ照合可能となる。従って、正確な獲得遊技媒体数が把握、及び提供可能になる。また、これにより、購入遊技媒体数、遊技機からの獲得遊技媒体数、遊技機に回収された回収遊技媒体数との関係から、不正な他店舗遊技媒体の持ち込みが把握可能になる。さらに、遊技媒体数の異常な払出しが容易に把握可能になり、不正な払出しに対する対策、所謂ゴト師対策が容易に行えるようになり、セキュリティの向上が可能になる。
【0014】請求項6記載の遊技システムは、前記ネットワークに接続され前記遊技データ管理装置を介して個々の遊技機毎のデータが同時に一画面で表示されるデータ表示モニターを具備したことを特徴とする。
【0015】この遊技システムでは、個々の遊技機毎のデータ(例えば、現在遊技者の大当たり回数、当日の大当たり回数、遊技媒体払出し数等)が同時に一画面で表示され、遊技者が店内を移動することなく、データ表示モニターの設置された一箇所で、個々の遊技機毎の状況が把握可能になる。これにより、遊技者へのサービス向上が可能になる。
【0016】請求項7記載の遊技システムは、前記計数機に接続され景品交換用の発券を行うとともに、前記計数機による遊技媒体の計数値と、特定の前記遊技機の前記データとを出力する売上時点登録器を具備したことを特徴とする。
【0017】この遊技システムでは、遊技媒体の獲得枚数が、計数機による計数時と、売上時点登録器(所謂POS)による清算時との両方で確認され、二重にチェック可能になる。
【0018】請求項8記載の遊技データ出力装置は、一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ出力装置であって、前記遊技機及び前記遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納されるとともに、該遊技機データ、遊技データ及び売上データをネットワークへ送出する遊技データ管理装置と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示する表示機とを具備したことを特徴とする。
【0019】この遊技データ出力装置では、遊技機及び遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが、遊技データ管理装置に一旦格納され、ネットワークへ送出されることになる。即ち、ネットワークを介して、他の場所に設置された機器(例えば、計数機等)で、これらデータの照会が可能になる。また、遊技者は、遊技途中においても、表示機によってこれらデータの把握が可能になる。また、この遊技データ出力装置では、複数の遊技機からの上記データが、計数機に接続された一台の印刷装置により出力可能になり、遊技機毎に印刷装置を設ける必要がない。
【0020】請求項9記載の遊技データ出力装置は、投入された遊技媒体を計数する計数機に接続される遊技データ出力装置であって、前記計数機からの計数値が格納されるとともに、ネットワークから特定の遊技機に対応する遊技機データ、遊技データ及び売上データが入力される遊技データ管理装置と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示する表示機と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力する印刷装置とを具備したことを特徴とする。
【0021】この遊技データ出力装置では、他の場所に設置された特定の遊技機に対応する遊技機データ、遊技データ及び売上データがネットワークを介して遊技データ管理装置に入力される。従って、計数機からは、これらのデータと、投入された遊技媒体との計数値とが、共に表示機及び印刷装置によって出力される。これにより、遊技機データ、遊技データ、売上データ及び計数値の照会が可能となる。
【0022】請求項10記載の遊技データ出力装置は、一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ出力装置であって、前記遊技機及び該遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納される遊技データ管理装置と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示する表示機と、該遊技データ管理装置に接続され前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力する印刷装置とを具備したことを特徴とする。
【0023】この遊技データ出力装置では、遊技機及び遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが、遊技データ管理装置に一旦格納される。これらデータが、遊技途中又は遊技終了時に、遊技に使用された遊技機から、表示機及び印刷装置によって直接に出力され、遊技者に提供可能となる。
【0024】請求項11記載の遊技データ管理装置は、一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ管理装置であって、前記遊技機及び前記遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納されるメモリと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データをネットワークへ送出する通信インターフェースと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示出力する外部表示出力回路とを具備したことを特徴とする。
【0025】この遊技データ管理装置では、遊技機及び遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データがメモリに格納され、通信インターフェースを介してネットワークへ送出可能になる。また、メモリに格納されたこれらデータは、外部表示出力回路を介して遊技機の近傍で表示出力可能となる。
【0026】請求項12記載の遊技データ管理装置は、遊技媒体の計数機に接続される遊技データ管理装置であって、前記計数機からの計数値が格納されるメモリと、特定の遊技機に対応する遊技機データ、遊技データ及び売上データをネットワークを介して入力する通信インターフェースと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力するための印刷出力回路と、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示するための外部表示出力回路とを具備したことを特徴とする。
【0027】この遊技データ管理装置では、他の場所に設置された特定の遊技機に対応する遊技機データ、遊技データ及び売上データが、通信インターフェースを介してネットワークからメモリに格納される。これらのデータと、投入された遊技媒体との計数値とが、印刷出力回路、外部表示出力回路を介して、計数機の近傍に設置された印刷装置及び表示機に出力可能になる。
【0028】請求項13記載の遊技データ管理装置は、一組となる遊技機と遊技媒体貸出機とのそれぞれに接続される遊技データ管理装置であって、前記遊技機及び該遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが格納されるメモリと、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを記録紙に記録して出力するための印刷出力回路と、前記遊技機データ、遊技データ及び売上データを表示するための外部表示出力回路とを具備したことを特徴とする。
【0029】この遊技データ管理装置では、遊技機及び遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが、メモリに一旦格納され、これらのデータが、印刷出力回路、外部表示出力回路を介して、遊技機の近傍に設置された表示機及び印刷装置に出力可能になる。
【0030】請求項14記載の遊技機は、請求項10記載の遊技データ出力装置を内蔵したことを特徴とする。
【0031】この遊技機では、遊技機に、遊技データ出力装置が内蔵され、遊技機単体において、遊技機及び遊技媒体貸出機からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが表示機及び印刷装置によって直接に出力され、遊技者に提供可能となる。
【0032】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る遊技データ提供方法、遊技システム、遊技データ出力装置、遊技データ管理装置、及び遊技機の好適な実施の形態を図面を参照して詳細に説明する。図1は本発明に係る遊技システムの構成を示す概念図である。
【0033】ホール1には遊技機である複数台のスロット台3と、同じく遊技機である複数台のパチンコ台5がそれぞれのエリア(所謂、島)に、並設されている。一方、これらの各島には、計数機7がそれぞれに設けられている。さらに、ホール1には、P0S(売上時点登録器)9が設けられている。これらの機器類は、島内ネットワーク11、店舗内ネットワーク13を介してデータ信号の送受が可能な遊技システム15を構成している。島内ネットワーク11、店舗内ネットワーク13は、ホール1に設けられたホストコンピュータ17により構築されている。
【0034】図2は表示機が内蔵された遊技媒体貸出機の正面図、図3は図2に示した表示機の拡大図、図4は印刷装置が内蔵された計数機の斜視図、図5は表示機、印刷装置が内蔵された売上時点登録器の斜視図である。
【0035】これらの遊技機、例えばスロット台3には、図2に示す遊技媒体貸出機19が付設されている。この遊技媒体貸出機19には図1に示す遊技データ管理装置である台データ管理装置21が接続されている。台データ管理装置21は、スロット台3の近傍であれば、遊技媒体貸出機19に内蔵されなくともよい。
【0036】図3に示すように、台データ管理装置21には、表示機23、操作部25、カード挿入部27が設けられている。操作部25としては、例えばデータ取得ボタン25a、データ終了ボタン25b、データ切替えボタン25c等が設けられている。表示機23には、データ切替えボタン25cによって、現在獲得金額或いは現在獲得数等が切替え表示される。
【0037】図示は省略するが、それぞれのパチンコ台5においても、同様の台データ管理装置21が設けられる。但し、遊技媒体貸出機19は、スロット台3の場合、遊技媒体としてメダルが貸し出され、パチンコ台5の場合、遊技媒体としてパチンコ玉が貸し出される。なお、遊技システム15の構成要素となる台データ管理装置21には、記録紙によりデータを出力する印刷装置は設けられていない。
【0038】各遊技機別の島毎に設けられた計数機7には、図4に示すように、店員呼出ボタン(操作部)7a、台番号入力キー(操作部)7b、カード挿入口7c、記録紙である明細シートの発券口7dが設けられている。図1に示したように、それぞれの島端には、遊技データ管理装置である島端データ管理装置31が設けられている。この島端データ管理装置31は、例えば店舗内ネットワーク13を介して計数機7に接続されている。
【0039】また、売上時点登録器9にも、図5に示すように、表示機9a、店員呼出ボタン9b、台番号入力キー9c、カード挿入口9d、明細シートの発券口9eが設けられている。
【0040】図6は遊技機に接続される遊技データ出力装置のブロック図、図7は島端部に設けられた計数機に接続される遊技データ出力装置のブロック図である。図6に示すように、台データ管理装置21には中央演算装置(CPU)21aが設けられ、中央演算装置21aには入力回路21b、21c、通信インターフェース21d、RAM21e、ROM21f、外部表示出力回路21g、入力回路21hが設けられている。
【0041】台データ管理装置21の中央演算装置21aには入力回路21bを介して遊技機の外部出力端子から遊技機の履歴となる遊技機データと、遊技機に対してなされた遊技者個人の遊技データとが入力される。この遊技機データとしては、OUT出力、IN出力、大当たり、小当たり、CT(チャレンジ・タイム)出力等がある。また、台データ管理装置21の中央演算装置21aには入力回路21cを介して遊技媒体貸出機19からの売上データが入力される。台データ管理装置21は、これらの遊技機データ、遊技データ及び売上データを、通信インターフェース21dを介して島内ネットワーク11に送出可能としている。
【0042】また、台データ管理装置21は、外部表示出力回路21gを介して表示機23に、これらのデータを表示可能としている。また、台データ管理装置21には、図1に示す呼出ランプ33が接続され、呼出ランプ33からの信号が台データ管理装置21を介して島内ネットワーク11に送出されてもよい。
【0043】図6に示すように、台データ管理装置21と、表示機23と、操作部25とは、遊技データ出力装置である台データ出力装置35を構成している。なお、図1中、5aはセーフBOX、5bはアウトBOXを示す。
【0044】一方、島端に設けられた計数機7には、図7に示す島端データ管理装置31が接続されている。島端データ管理装置31には中央演算装置(CPU)31aが設けられ、中央演算装置31aには入力回路31b、通信インターフェース31c、RAM31d、ROM31e、印刷出力回路31f、外部表示出力回路31g、入力回路31hが設けられている。
【0045】島端データ管理装置31の中央演算装置31aには入力回路31bを介して計数機7の計数出力端子から計数値データが入力される。島端データ管理装置31には、島内ネットワーク11を介して台データ管理装置21からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが通信インターフェース31cに入力されるようになっている。
【0046】また、島端データ管理装置31は、印刷出力回路31f、外部表示出力回路31gを介して印刷装置37、表示機39に、これらのデータを出力可能にしている。この際、計数機7からの計数値も同時に出力されるようになっている。
【0047】図7に示すように、島端データ管理装置31と、印刷装置37と、表示機39と、操作部7a、7bは、データ出力装置である島端データ出力装置41を構成している。
【0048】図8は遊技機がスロット台である場合のネットワーク構成図である。従って、図8に示すように、複数のスロット台3を並設したスロット島の場合、特定のスロット台3、及びこのスロット台3に付設された遊技媒体貸出機19からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが、対応する台データ管理装置21に入力される。入力されたこれらデータは、島内ネットワーク11を介して島端データ管理装置31に入力されるようになっている。
【0049】島端データ管理装置31と計数機7とは、図7に示すように直接接続されてもよく、また、図8に示すように、店舗内ネットワーク13を介して接続されてもよい。従って、計数機7には、上記データが島端データ管理装置31を介して入力されるようになっている。つまり、計数機7は、島端データ管理装置31から入力された遊技機データ、遊技データ及び売上データと共に、計数機7に投入された遊技媒体の計数値を印刷装置37及び表示機39によって出力可能としている。
【0050】図9は遊技機がパチンコ台である場合のネットワーク構成図である。図8には遊技機がスロット台3の場合を例に示したが、パチンコ台5においても、遊技機データ、遊技データの種類は若干異なるものの、遊技機データ、遊技データ及び売上データの流れは、図9に示すように基本的にスロット台3の場合と同様となる。
【0051】図10は島端部におけるネットワーク構成図である。図7に示した島端データ出力装置41の場合、計数機7と島端データ管理装置31とが直接接続される場合を例に説明したが、島端データ出力装置41は、図10に示すように、島端データ管理装置31と計数機7とが店舗内ネットワーク13を介して接続されてもよい。さらに、この場合には、計数機7に、印刷装置37、売上時点登録器9を接続し、島端データ管理装置31からのデータを計数機7を介してこれら機器に出力させる構成としてもよい。なお、図10中、42はPOS用チケット印刷装置を示す。
【0052】このように構成される遊技システム15の作用を説明する。図11は図1に示した遊技システムの作用説明図である。図11に示すように、遊技システム15によるデータの提供には、先ず、遊技者によって、遊技開始時に、台データ出力装置35に設けられているデータ取得ボタン25aがONとされる。そして、当該遊技機による遊技が終了した際には、データ終了ボタン25bがONされる。すると、遊技機自体の履歴データである遊技機データと、遊技者個人の遊技データと、遊技機に付設された遊技媒体貸出機19からの売上データとが、島内ネットワーク11を介して島端データ管理装置31に入力される。この際、例えば遊技媒体がメダルの場合、遊技媒体貸出機19から売上データが入力されると、対応するメダル数が台データ管理装置21に格納される。そして、イン枚数(スロット台に入った枚数)に応じて、格納データが減算され、アウト枚数(スロット台から出た枚数)に応じて格納データが加算される。
【0053】この際、遊技者は、台データ出力装置35に設けられた表示機23により、これらのデータを予め把握することが可能となる。但し、個々の遊技機においては、これらのデータの記録紙による出力は行われない。
【0054】遊技者は、獲得した遊技媒体を、島端に設けられた計数機7まで持参する。遊技媒体は、計数機7によって計数される。計数機7には、台番号入力キー7bから遊技機の台番号が入力されることで、店舗内ネットワーク13を介して該当する遊技機の台データ管理装置21から、遊技機データ、遊技データ及び売上データが入力される。
【0055】図12は一般的な出力紙の例を示す説明図、図13は経過遊技時間毎の遊技媒体の数がグラフによって記録された出力紙の例を示す説明図、図14は抽選番号が記録された出力紙の例を示す説明図、図15はポイントが記録された出力紙の例を示す説明図、図16はバーコードが記録された出力紙の例を示す説明図、図17は景品数の記録された出力紙の例を(a)、この出力紙と同時に書込みが行われる景品交換カードを(b)に示した説明図である。
【0056】これにより、計数機7からは、遊技機データ、遊技データ及び売上データと、計数値とが図12に示す記録紙45に記録された状態で出力される。遊技機データとしては、例えばホール名、住所、電話番号、発行日時、発券番号等が挙げられる。遊技データとしては、例えば会員コード、名前、滞在時間、休憩時間合計、遊技機種別(スロット、一般台、セブン台、CT等)、機種名、その他の詳細等が挙げられる。その他の詳細としては、例えば総プレイ数、獲得枚数、投資金額、交換金額、収支、平均遊技速度、最大はまり、瞬間最大獲得枚数、ビッグ最大獲得枚数、ビッグ最小獲得枚数、ビッグ平均獲得枚数、平均消化ゲーム数、ボーナス確率、通常時小役確率等が出力される。また、売上データとしては、投資金額が出力される。
【0057】さらに、記録紙45には、図13に示すように、経過遊技時間毎の遊技媒体の数が、所謂スランプグラフ51として付加的に記録されてもよい。このようなグラフ51が記録されることにより、時間の経過に伴う勝敗分析が、視覚的に容易に行えるようになる。また、同グラフが記録された他の記録紙45との比較も容易となる。
【0058】さらに、図14、図15に示すように、記録紙45には、上記データに加え、抽選番号53や、ポイント55が記録されてもよい。このような抽選番号53又はポイント55が記録されれば、記録紙45の付加価値が高められる。これにより、他店舗との差別化が更に促進されるようになる。また、遊技機を使用する直接的な遊技以外にも、遊技者に来店意欲が生じ、集客力が向上する。この場合、ポイント55記録部分は、切離線57によってポイント55の交換時に、切り離し容易にされる。
【0059】さらに、記録紙45は、図16に示すように、遊技者控え部59と、ホール控え部61とを切離線57で一体で連続させ、売上時点登録器9においての景品交換時に、切り離されるようにしてもよい。この際、ホール控え部61には、売上時点登録器9によって遊技機データ、遊技データ及び売上データの読み取り可能なバーコード63が記録されてもよい。図16に示した記録紙45は、遊技媒体獲得枚数が遊技システム15により確認された後、計数機7で発行され、売上時点登録器9でバーコード63が読み取られた後、店員が上下を切り離して景品交換が行われる。従って、この場合、遊技媒体の獲得枚数が、計数機7による計数時と、売上時点登録器9による清算時との両方で確認され、二重のチェックが可能になる。
【0060】また、記録紙45は、図17に示すように、磁気記録カードである景品交換用カード69と同時に出力されてもよい。この場合には、遊技者控えは、記録紙45として出力され、他の景品交換用のデータ等は、景品交換用カード69に、磁気情報で書き込まれることになる。
【0061】図18は図1の遊技システムに設けられるデータ表示モニターの正面図、図19はデータ表示モニターの部分拡大図である。遊技システム15には、データ表示モニター71が、店舗内ネットワーク13を介して各島端データ管理装置31と接続されている。店舗内ネットワーク13には、各島端データ管理装置31を介して個々の遊技機毎のデータが同時に一画面で表示される。この場合の表示例としては、図19に示すように、大当たり71a、出玉数71b、現在出玉数71c、台番号71d、高設定台ランプ71eが設けられる。また、現在、本日、昨日のBest3等が、台番号により表示部71fに表示されてもよい。
【0062】このようなデータ表示モニター71が設けられれば、複数台の遊技機の各種データが同時に一画面で表示され、遊技者が店内を移動することなく、データ表示モニター71の設置された一箇所で、個々の遊技機毎の状況が容易に把握可能になる。
【0063】上記遊技システム15によれば、各遊技機からの獲得遊技媒体数と、遊技媒体貸出機19からの購入遊技媒体数と、計数機7による遊技媒体の計数値とが、ネットワークを介してデータ照合可能となる。従って、正確な獲得遊技媒体数が把握、及び提供可能になる。また、これにより、購入遊技媒体数、遊技機からの獲得遊技媒体数、遊技機に回収された回収遊技媒体数との関係から、不正な他店舗遊技媒体の持ち込みが把握可能になる。さらに、遊技媒体数の異常な払出しが容易に把握可能になり、不正な払出しに対する対策、所謂ゴト師対策が容易に行えるようになり、セキュリティの向上が可能になる。
【0064】次に、本発明に係る遊技機の他の実施の形態を説明する。図20は遊技データ出力装置が内蔵された遊技機の正面図、図21は図20の遊技データ出力装置の拡大図、図22は図20の遊技データ出力装置のブロック図、図23は遊技データ出力装置の内蔵される遊技機がスロット台である場合のブロック図、図24は遊技データ出力装置の内蔵される遊技機がパチンコ台である場合のブロック図、図25は遊技データ出力装置を内蔵した遊技機が使用され、ネットワークが使用されない場合の作用説明図、図26はネットワークを使用しない場合の計数機においての獲得遊技媒体の確認状況説明図である。
【0065】図20に示す遊技機71には、図22に示す台データ管理装置73が設けられている。台データ管理装置73には中央演算装置(CPU)73aが設けられ、中央演算装置73aには入力回路73b、73c、印刷出力回路73d、RAM73e、ROM73f、外部表示出力回路73g、入力回路73hが設けられている。
【0066】台データ管理装置73の中央演算装置73aには入力回路73bを介して遊技機の外部出力端子から遊技機71の履歴となる遊技機データと、遊技機に対してなされた遊技者個人の遊技データとが入力される。また、台データ管理装置73の中央演算装置73aには入力回路73cを介して遊技媒体貸出機72からの売上データが入力される。
【0067】台データ管理装置73は、印刷出力回路73dを介して印刷装置75に接続されている。また、外部表示出力回路73gを介して表示機77に接続されている。従って、台データ管理装置73は、印刷装置75、表示機77に、遊技機データ、遊技データ及び売上データを出力可能としている。入力回路73hには操作部79が接続されている。操作部79としては、例えばデータ取得ボタン79a、データ終了ボタン79b、データ切替えボタン79c等が設けられている。表示機77には、データ切替えボタン79cによって、現在獲得金額或いは現在獲得数等が切替表示されるようになっている。
【0068】台データ管理装置73と、印刷装置75と、表示機77と、操作部79とは、遊技データ出力装置である図21、図22に示す台データ出力装置81を構成している。
【0069】従って、図23に示すように、遊技機71がスロット台83である場合、このスロット台83及びスロット台83に付設された遊技媒体貸出機72からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが、対応する台データ管理装置73に入力される。入力されたこれらデータは、印刷装置75と、表示機77とを介して出力されるようになっている。また、台データ管理装置73には、これらデータの関係から異常払い出しが判断され、異常払出信号(ゴト異常出力)84を出力する機能が備えられてもよい。
【0070】図23には遊技機71がスロット台83の場合を例に示したが、パチンコ台87においても、遊技機データ、遊技データの種類は若干異なるものの、遊技機データ、遊技データ及び売上データの流れは、図24に示すように基本的にスロット台83の場合と同様となる。
【0071】これらの遊技機71は、台データ出力装置81が設けられることで、単体で、記録紙45による出力が行えるようになる。従って、上述の遊技システム15の場合と異なり、島端単位での記録紙45の出力は行われない。これにより、ネットワークを構築する設備費用の削減が可能となる。
【0072】このような台データ出力装置81の内蔵された遊技機71が使用される場合には、図25に示すように、先ず、遊技者によって、遊技開始時に、台データ出力装置81に設けられているデータ取得ボタン79aがONとされる。そして、当該遊技機による遊技が終了した際には、データ終了ボタン79bがONされる。すると、遊技機自体の履歴データである遊技機データと、遊技者個人の遊技データと、遊技機に付設された遊技媒体貸出機72からの売上データとが、台データ出力装置81に入力される。これにより、台データ出力装置81から記録紙45が出力される。なお、台移動があった場合には、台移動時に、前の台の獲得媒体数を移動先の台で入力するようにする。
【0073】遊技者は、遊技の終了後に、台データ出力装置81から出力された記録紙45を、計数機89の設置場所まで持参する。計数機89の設置場所では、図26に示すように、店員によって、遊技者が持参した記録紙45の獲得遊技媒体データと、遊技者が持参した獲得遊技媒体を計数機89によって計数することによって得られた計数値とが、照会確認される。
【0074】従って、上記遊技機71によれば、台データ出力装置81が内蔵されるので、遊技機単体において、遊技機71及び遊技媒体貸出機72からの遊技機データ、遊技データ及び売上データが印刷装置75によって直接に出力され、遊技者に提供できる。
【0075】なお、上記他の実施の形態では、台データ出力装置81が遊技機71に内蔵される場合を例に説明したが、ネットワークを使用しない場合の台データ出力装置としては、この他、遊技媒体貸出機、計数機、売上時点登録器等に内蔵させてもよい。又、上記説明における記録紙に代えて、磁気カードやICカードなどの記憶媒体を用いることも可能である。
【0076】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明に係る遊技データ提供方法は、遊技機の使用終了時に、遊技終了までの遊技機の有する遊技機データと、この遊技の開始から終了までの遊技機に対してなされた遊技者個人の遊技データとを遊技者に提供するので、遊技者による遊技機及び遊技者自身の勝敗分析ができるようになり、他店舗との差別化が可能となって、集客力を向上させることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013