米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社エニックス

発明の名称 ビデオゲーム装置およびプログラムを格納した記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−87546(P2001−87546A)
公開日 平成13年4月3日(2001.4.3)
出願番号 特願平11−307404
出願日 平成11年9月24日(1999.9.24)
代理人
発明者 鈴木 隆之 / 三宅 有
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 順次提示される音に合わせて入力し、該音の反復出力を行うゲーム装置にあって、提示された音の高低を該音の直前に提示された音と比較する比較手段と、前記比較手段により比較した比較結果を前記反復出力の入力ガイドとして表示手段に表示する表示制御手段と、前記表示手段に表示された前記入力ガイドにより前記反復出力の入力を行う入力手段と、前記入力手段からの入力が前記入力ガイドと一致しているかを判定する判定手段と、前記判定手段により一致していると判定されたときに反復出力する音を前記提示された音と同一の高さに設定し、これに対して、一致していないと判定されたときに反復出力する音を前記入力手段から入力した高低で設定する設定手段と、前記設定手段により設定した音を反復出力する音声出力手段とを備えたビデオゲーム装置。
【請求項2】 順次提示される音に合わせて入力し、該音の反復出力を行うゲーム装置にあって、前記反復出力の入力を行う入力手段と、提示された音の高低と前記入力手段により入力した音の高低とをそれぞれ該音の直前に提示された音と比較する比較手段と、前記比較手段により比較した前記提示された音の比較結果と、前記入力手段から入力した音の比較結果とが一致しているかを判定する判定手段と、前記判定手段により一致していると判定されたときに反復出力する音を前記提示された音と同一の高さに設定し、これに対して、一致していないと判定されたときに反復出力する音を前記入力手段から入力した高低で設定する設定手段と、前記設定手段により設定した音を反復出力する音声出力手段とを備えたビデオゲーム装置。
【請求項3】 順次提示する音に合わせて入力を受付け、該音の反復出力を行うプログラムを格納した記録媒体にあって、提示した音の高低を該音の直前に提示された音と比較する比較ステップと、前記比較ステップにより比較した比較結果を前記反復出力の入力ガイドとして表示手段に表示する表示制御ステップと、前記表示手段に表示された前記入力ガイドにより入力手段への前記反復出力の入力を催促する催促ステップと、前記入力手段からの入力が前記入力ガイドと一致しているかを判定する判定ステップと、前記判定ステップにより一致していると判定されたときに反復出力する音を前記提示した音と同一の高さに設定し、これに対して、一致していないと判定されたときに反復出力する音を前記入力手段から入力した高低で設定する設定ステップと、前記設定ステップにより設定した音を音声出力手段へ反復出力する音声出力ステップとを備えたプログラムを格納した記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、提示される音に合わせて入力手段から該音の反復出力の入力を行うビデオゲーム装置およびプログラムを格納した記録媒体に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、提示される入力ガイドに従い操作ボタンを押下する等により、音楽、効果音を出力したり、表示されたキャラクタを動作させる音楽ゲームが広くプレイヤの支持を集めている。
【0003】たとえば、音楽を出力するものでは、表示装置に順次提示される入力ガイドに従い指定された操作ボタンを押下することにより、押下したタイミングでリズムをとるとともに該ボタンの種類で音階を出力するようになっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、このような音楽ゲーム装置では、限られた操作ボタンに音階を振り分けることは困難であり旋律を出力させることには限界があった。
【0005】一方、鍵盤を押鍵するように音階を入力するのでは、楽器演奏の経験の少ないプレイヤにとっては困難なものとなってしまう。
【0006】本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、順次提示される音に合わせて反復出力するための入力の操作性を高めるとともに、複雑な旋律を容易に演奏することのできるビデオゲーム装置およびプログラムを格納した記録媒体を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の第1の手段は、順次提示される音に合わせて入力し、該音の反復出力を行うゲーム装置にあって、提示された音の高低を該音の直前に提示された音と比較する比較手段と、前記比較手段により比較した比較結果を前記反復出力の入力ガイドとして表示手段に表示する表示制御手段と、前記表示手段に表示された前記入力ガイドにより前記反復出力の入力を行う入力手段と、前記入力手段からの入力が前記入力ガイドと一致しているかを判定する判定手段と、前記判定手段により一致していると判定されたときに反復出力する音を前記提示された音と同一の高さに設定し、これに対して、一致していないと判定されたときに反復出力する音を前記入力手段から入力した高低で設定する設定手段と、前記設定手段により設定した音を反復出力する音声出力手段とを備えたビデオゲーム装置である。
【0008】本発明の手段によれば、順次提示される音の高低を直前の音に対して比較した結果を入力のガイドとして表示し、プレイヤの入力した音が該ガイドに一致していれば提示音と同じ音の高さで反復出力し、一致していなければ入力した高低で設定し反復出力する。このように、プレイヤは提示された入力ガイドに合わせ入力することで音楽の旋律を出力することができる。
【0009】ここに、順次提示される音とは、メトロノーム音のようなタップ音、旋律のある音楽等を意味する。
【0010】本発明の第2の手段は、順次提示される音に合わせて入力し、該音の反復出力を行うゲーム装置にあって、前記反復出力の入力を行う入力手段と、提示された音の高低と前記入力手段により入力した音の高低とをそれぞれ該音の直前に提示された音と比較する比較手段と、前記比較手段により比較した前記提示された音の比較結果と、前記入力手段から入力した音の比較結果とが一致しているかを判定する判定手段と、前記判定手段により一致していると判定されたときに反復出力する音を前記提示された音と同一の高さに設定し、これに対して、一致していないと判定されたときに反復出力する音を前記入力手段から入力した高低で設定する設定手段と、前記設定手段により設定した音を反復出力する音声出力手段とを備えたビデオゲーム装置である。
【0011】本発明の手段によれば、順次提示される音の高さとプレイヤの入力した音の高さとをそれぞれ直前の音に対して比較する。該両者の比較結果が一致していれば入力した音を提示音と同じ音の高さで反復出力し、一致していなければ入力した高さで反復出力する。このように、プレイヤは提示された音に合わせ、直前の音との高さの比較を入力するだけで、音楽の旋律を出力することができる。
【0012】本発明の第3の手段は、順次提示する音に合わせて入力を受付け、該音の反復出力を行うプログラムを格納した記録媒体にあって、提示した音の高低を該音の直前に提示された音と比較する比較ステップと、前記比較ステップにより比較した比較結果を前記反復出力の入力ガイドとして表示手段に表示する表示制御ステップと、前記表示手段に表示された前記入力ガイドにより入力手段への前記反復出力の入力を催促する催促ステップと、前記入力手段からの入力が前記入力ガイドと一致しているかを判定する判定ステップと、前記判定ステップにより一致していると判定されたときに反復出力する音を前記提示した音と同一の高さに設定し、これに対して、一致していないと判定されたときに反復出力する音を前記入力手段から入力した高低で設定する設定ステップと、前記設定ステップにより設定した音を音声出力手段へ反復出力する音声出力ステップとを備えたプログラムを格納した記録媒体である。
【0013】ここに、記録媒体としては、CD−ROM、ゲームカートリッジ、メモリカード、フロッピーディスク、磁気ディスク、光磁気ディスク等のあらゆる記録媒体を用いることができるが、この中でも特にゲームに適しているのはCD−ROM、ゲームカートリッジである。
【0014】
【発明の実施の形態】本発明の実施形態を図に基づいて説明する。
【0015】
【実施例1】図1は本発明のビデオゲーム装置をビデオディスプレイ装置5(以下、単に「ディスプレイ5」という)に接続した状態を示している。
【0016】ゲーム機本体1は、CD−ROMドライブのカバー2aの下に図示せぬCD−ROM(Compact Disc−ROM)2が装着され、ゲームプログラムおよびゲームデータを提供する。また外部入力装置としてコントローラ3および外部記憶装置としてのメモリカード4が接続されている。
【0017】ディスプレイ5はゲーム機本体1から出力される表示記号を表示画像として、またスピーカ6は音声記号を音声としてプレイヤに提供するためのものであり、一般家庭用のテレビ受像機を用いることができる。
【0018】コントローラ3は、種々の操作ボタンを有している。平面方向からみたコントローラ3の左方には、↑(上)、↓(下)、←(左)、→(右)方向の方向キー7が設けられ該当方向のキーを押下することによりカーソルを移動する等に用いられる。一方、コントローラ3の右方には、○ボタン8があり設定入力に使用され、×ボタン9は取り消し入力に使用される。その他、□ボタン10および△ボタン11は特定のコマンド入力に使用される。また、コントローラ3の中央部には、スタートボタン12がありゲームの一時停止や再スタート等に用いられ、セレクトボタン13は画面の切り替え等に使用される。
【0019】図2は、ビデオゲーム装置のハードウェアブロック図を示している。該ビデオゲーム装置は、CPU(Central Processing Unit)21およびその周辺装置等からなる制御系と、フレームバッファ28に描画を行うGPU(Graphic Processing Unit)27等からなるグラフィックシステムと、音楽、効果音等を発生するSPU(Sound Processing Unit)31等からなるサウンドシステムと、CD−ROM2の制御を行うCD−ROM制御部と、プレイヤによるコントローラ3からの指示入力およびメモリカード4との入出力を制御する通信制御部等を備えている。
【0020】上記制御系は、CPU21と割り込み制御やDMA(Dynamic Memory Access)転送の制御を行う周辺装置制御部22と、主記憶装置としてのRAM(RandomAccess Memory)23と、主記憶装置、グラフィックシステム、サウンドシステム等の管理を行うオペレーティングシステム等のプログラムが格納されたROM(Read Only Memory)24とを備えている。またCPU21には、クロック信号を発生する発振回路と該クロック信号を分周し計時信号とする分周回路とを備えている。
【0021】上記グラフィックシステムは、CD−ROM2から読み出された圧縮されて符号化された画像データを復号化する画像デコーダ25と、画像デコーダ25で復号化された画像データについて座標演算やレンダリング等の処理を行うGTE(Geometry Transfer Engine)26と、GTE26で座標演算されたデータを基にシェーディング、テクスチャーマッピング、ラスター処理等の描画を行うGPU27と、該GPU27による描画された画像を記憶するフレームバッファ28と、該画像データの伸張を行うとともにディジタルアナログ変換する伸張装置29と、NTSC方式のビデオ信号に変換しディスプレイ5へ出力するNTSCエンコーダ30とを備えている。
【0022】上記サウンドシステムは、CPU21からの指示に基づいて、音楽、効果音等を発生するSPU31と、該SPU31により波形データ等が格納されるサウンドバッファ32と、CD−ROM装置34で再生された音声データを復号化するDAC(Digital Analog Converter)33と、該復号化データを出力するスピーカ6とを備えている。
【0023】上記CD−ROM制御部は、CD−ROM2に格納されたプログラムやデータ等を再生するCD−ROM装置34と、ノイズのフィルタリングを行うCD−DSP(CD−Digital Signal Processor)35と、たとえばエラー訂正符号が付加されて格納されているプログラム、データ等を復号するデコーダ36と、CD−ROM装置34からの再生データを一時的に格納することによりCD−ROM2からの読み出しを高速化するバッファ37とを備えている。これらの装置で再生、デコードされた画像データおよび音声データは、バス20を介してそれぞれグラフィックシステム、サウンドシステムへ送出される。
【0024】上記通信制御部は、バス20を介して双方向にCPU21との通信制御を行う通信制御38と、プレイヤからの指示を入力するコントローラ3と、ゲームの設定データ等を格納する外部記録装置としてメモリカード4とを備えている。
【0025】ここに、CD−ROM2に格納されたビデオゲームは、順次提示される音に合わせてプレイヤが入力手段から入力を行い提示された音を反復出力させる音楽デームである。
【0026】図3は、本実施例の入力画面であり、背景53の中に提示される音に対応して点燈するガイドライト51、および反復出力の入力により点燈する入力ライト52が表示されている。提示された音が直前に提示された音よりも低いときにはガイドライト51Lが点燈し、同一のときにはガイドライト51Nが点燈し、また高いときにはガイドライト51Hが点燈する。プレイヤはこれらの点燈されたガイドライト51に対応してコントローラ3のボタンを押下し反復出力の入力を行う。該入力に対応して入力ライト52が点燈する。
【0027】図4は、提示される音、点燈するライトおよび押下するボタンとの関係の1例を示している。まず最初にドの音が楽譜のリズムで提示されると、該ドの前に提示された音がないためガイドライト51Nが点燈される。プレイヤは該ガイドライト51Nを見て○ボタン8を押下することによりドの音が反復出力され、入力ライト52Nが点燈する。次にソが楽譜のリズムで提示されると該ソを直前に提示されたドに比較し、ソはドより高いためガイドライト51Hが点燈される。プレイヤは該ガイドライト51Hを見て○ボタン8と→キー7を押下することによりソの音が反復出力され、入力ライト52Hが点燈する。次いでミが提示されるとミをソに比較しミが低いことからガイドライト51Lが点燈される。プレイヤは該ガイドライト51Lを見て○ボタン8と←キー7を押下することによりソの音が反復出力され、入力ライト52Lが点燈する。次に同じミが提示されると該ミを直前のミに比較し同じ高さであるため提示音ライト51Nが点燈される。プレイヤは該ガイドライト51Nを見て○ボタン8を押下することによりミの音が反復出力され、入力ライト52Nが点燈する。
【0028】図5は、本実施例の機能ブロック図を示している。音声出力部61はスピーカ6に順次音を提示する。比較部62は、該音の高さを直前に提示した音と比較する。表示制御部63は、該比較結果によりガイドライト51L、51Nまたは51Hのうちの当該ガイドライト51をディスプレイ5に点燈表示する。入力部64は、コントローラ3のボタン押下により反復出力の入力を行い、表示制御部63は、該入力により入力ライト52L、52Nまたは52Hのうちの当該入力ライト52をディスプレイ5に点燈表示する。判定部65は、前述の提示した音の比較結果と反復出力の入力とが一致しているかを判定する。設定部66は、両者が一致していると判定されたときに反復出力する音を提示した音の高さに設定し、一致していないときに反復出力する音を入力された音の高さに設定する。音声出力部67は、設定された高さの音をスピーカ6へ反復出力する。
【0029】これをフロー図で示したものが図6である。すなわち、音声出力部61は、音を提示し(101)、比較部62は、提示した音の高さを直前に提示した音と比較する(102)。該比較結果によりディスプレイ5にガイドライト51L,51Nまたは51Hのうちの当該ガイドライト51を点燈表示する(103)。ここで入力部64へコントローラ3のボタン押下により反復出力の入力があると(104)、表示制御部63は、該入力によりディスプレイ5に入力ライト52L,52Nまたは52Hのうちの当該入力ライトを点燈表示する(105)。判定部65は、提示された音の高さの比較結果と、反復出力の入力した音の高さとが一致しているか判定し、設定部66は、一致していれば(106)、反復出力する音を提示された音の高さに設定し(107)、一方、一致していなければ(106)、反復出力する音を入力した高さに設定する(108)。音声出力部61は、設定された高さで音をスピーカ6へ反復出力する(109)。上述のステップ101からステップ109の処理を音の提示が終了するまで繰り返す(110)。
【0030】以上説明したように、本実施例によれば、点燈表示されるガイドライトに合わせて入力することで旋律が反復出力され、ゲームの操作を容易にすることができる。
【0031】なお、提示する音と反復出力する音とは音色を変えて、例えばギターと笛とのように異なる楽器の演奏のようにしてもよい。
【0032】
【実施例2】前述の実施例1ではガイドライトに合わせてボタンを押下したが、プレイヤが操作に習熟してくると物足りなくなってしまう。
【0033】本実施例ではガイドライトの使用をやめることでこれを解決した。すなわち、図5の機能ブロック図と図7のフロー図とで、音声出力部61は、音を提示し(201)、比較部62は、提示した音の高さを直前に提示した音と比較する(202)。ここで入力部64へコントローラ3のボタン押下により反復出力の入力があると(203)、比較部62は、直前に提示した音と比較する(204)。判定部65は、提示された音の高さの比較結果と、反復出力の入力した音の高さとが一致しているか判定し、設定部66は、一致していれば(205)、反復出力する音を提示された音の高さに設定し(206)、一方、一致していなければ(205)、反復出力する音を入力した高さに設定する(207)。音声出力部61は、設定された高さで音をスピーカ6へ反復出力する(208)。上述のステップ201からステップ208の処理を音の提示が終了するまで繰り返す(209)。
【0034】このように、本実施例によれば、プレイヤは提示される音の高低を直前の音と比較し入力することが求められ、音楽ゲームとしての興味を高めることができるようになった。
【0035】
【発明の効果】本発明によれば、順次提示される音に合わせて反復出力するための入力の操作性を高めるとともに、複雑な旋律を容易に演奏することのできるビデオゲーム装置およびプログラムを格納した記録媒体を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013