米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社エニックス

発明の名称 ビデオゲームデータ処理装置、方法および記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−62140(P2001−62140A)
公開日 平成13年3月13日(2001.3.13)
出願番号 特願平11−274922
出願日 平成11年8月24日(1999.8.24)
代理人
発明者 山名 学 / 川本 昌之
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 CD−ROMからゲームデータを読み取りフィールド上のキャラクタを表示手段に表示するビデオゲーム処理装置であって、前記ゲームデータは表示する前記フィールドのエリア毎に前記CD−ROMに記録され、前記キャラクタの表示されているエリアを認識するエリア認識手段と、前記エリア認識手段により認識されたエリアおよび当該エリアの周辺エリアのゲームデータを前記CD−ROMから読み取り、該ゲームデータの管理情報を内部メモリへ読み込むとともに該ゲームデータのデータ部分を前記CD−ROMのバッファメモリへ読み込む読込手段と、前記キャラクタの移動入力および/または前記フィールドの表示視点の変更入力を受け付る入力受付手段と、前記入力受付手段で受け付けられた前記移動入力および/または前記変更入力により前記内部メモリおよび前記CD−ROMバッファメモリからゲームデータを読み取り前記表示手段に表示する表示制御手段とを備えたことを特徴とするビデオゲームデータ処理装置。
【請求項2】 CD−ROMからゲームデータを読み取りフィールド上のキャラクタを表示手段に表示するビデオゲーム処理方法であって、前記ゲームデータを表示する前記フィールドのエリア毎に前記CD−ROMに記録しておき、前記キャラクタの表示されているエリアを認識し、前記認識されたエリアおよび当該エリアの周辺エリアのゲームデータを前記CD−ROMから読み取り、該ゲームデータの管理情報を内部メモリへ読み込むとともに該ゲームデータのデータ部分を前記CD−ROMのバッファメモリへ読み込み、前記キャラクタの移動入力および/または前記フィールドの表示視点の変更入力を受け付け、前記受け付けた前記移動入力および/または前記変更入力により前記内部メモリおよび前記CD−ROMバッファメモリからゲームデータを読み取り前記表示手段に表示することを特徴とするビデオゲームデータ処理方法。
【請求項3】 フィールド上のキャラクタを表示手段に表示するプログラムを記録した記録媒体であって、表示する前記フィールドのエリア毎に記録されたゲームデータと、前記キャラクタの表示されているエリアを認識するエリア認識ステップと、前記エリア認識ステップにより認識されたエリアおよび当該エリアの周辺エリアのゲームデータを前記ゲームデータから読み取り、該ゲームデータの管理情報を内部メモリへ読み込むとともに該ゲームデータのデータ部分を前記バッファメモリへ読み込む読込ステップと、前記キャラクタの移動入力および/または前記フィールドの表示視点の変更入力を受け付る入力受付ステップと、前記入力受付ステップで受け付けられた前記移動入力および/または前記変更入力により前記内部メモリおよび前記バッファメモリから・ゲームデータを読み取り前記表示手段に表示する表示制御ステップとを備えたことを特徴とするプログラムを記録した記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、CD−ROMからデータを読み取りゲームを行うビデオゲームデータ処理装置、方法および記録媒体に関する。
【0002】
【従来の技術】ビデオゲームは、キャラクタや背景等の画像データ、BGM(Back GroundMusic)や効果音等の音声データおよびこれらを制御するプログラム等から構成され、これらのデータおよびプログラムは大量の情報量となることから記録媒体としてコンパクトに記録できるCD−ROMが用いられることが多い。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、このようなCD−ROMを用いたビデオゲームでは、3次元データによる背景画像等をプレイヤの入力指示に従い移動や回転を行う場合、当該画像データをCD−ROMから読み取り表示するまでに処理時間を要し、しばしば待ちが発生していた。
【0004】本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、CD−ROMを用いたビデオゲームおけるキャラクタの移動に伴う背景画像を見掛け上の時間待なしに表示できる技術を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の第1の手段は、CD−ROMからゲームデータを読み取りフィールド上のキャラクタを表示手段に表示するビデオゲーム処理装置であって、前記ゲームデータは表示する前記フィールドのエリア毎に前記CD−ROMに記録され、前記キャラクタの表示されているエリアを認識するエリア認識手段と、前記エリア認識手段により認識されたエリアおよび当該エリアの周辺エリアのゲームデータを前記CD−ROMから読み取り、該ゲームデータの管理情報を内部メモリへ読み込むとともに該ゲームデータのデータ部分を前記CD−ROMのバッファメモリへ読み込む読込手段と、前記キャラクタの移動入力および/または前記フィールドの表示視点の変更入力を受け付る入力受付手段と、前記入力受付手段で受け付けられた前記移動入力および/または前記変更入力により前記内部メモリおよび前記CD−ROMバッファメモリからゲームデータを読み取り前記表示手段に表示する表示制御手段とを備えたことを特徴とするビデオゲームデータ処理装置である。
【0006】本発明の手段によれば、ゲームデータをフィールドのエリア毎にCD−ROMに記録しておき、キャラクタの表示エリアおよび周辺エリアデータを読み込んでおくことから、キャラクタの移動または視点変更に伴う背景の表示等を待ち時間なしで表示することができる。
【0007】ここに、ゲームデータとはビデオゲームをプレイするに必要な画像データ、音声データおよびプログラム等を意味する。フィールドとは山、川、建物等が配置されキャラクタが行動する空間である。キャラクタとは、プレイヤが操作してディスプレイ上で動作させる人間、動物、仮想上の生物、ロボット、乗り物等のプレイヤキャラクタを意味する。表示手段は、たとえばCRT、液晶表示等のディスプレイ装置を意味する。
【0008】本発明の第2の手段は、CD−ROMからゲームデータを読み取りフィールド上のキャラクタを表示手段に表示するビデオゲーム処理方法であって、前記ゲームデータを表示する前記フィールドのエリア毎に前記CD−ROMに記録しておき、前記キャラクタの表示されているエリアを認識し、前記認識されたエリアおよび当該エリアの周辺エリアのゲームデータを前記CD−ROMから読み取り、該ゲームデータの管理情報を内部メモリへ読み込むとともに該ゲームデータのデータ部分を前記CD−ROMのバッファメモリへ読み込み、前記キャラクタの移動入力および/または前記フィールドの表示視点の変更入力を受け付け、前記受け付けた前記移動入力および/または前記変更入力により前記内部メモリおよび前記CD−ROMバッファメモリからゲームデータを読み取り前記表示手段に表示することを特徴とするビデオゲームデータ処理方法である。
【0009】本発明の手段によれば、読み取ったゲームデータの管理情報を内部メモリに、またデータ部をCD−ROMのバッファメモリに読み込んでおくことで読み取り時間および画像処理時間を短縮することができる。
【0010】本発明の第3の手段は、フィールド上のキャラクタを表示手段に表示するプログラムを記録した記録媒体であって、表示する前記フィールドのエリア毎に記録されたゲームデータと、前記キャラクタの表示されているエリアを認識するエリア認識ステップと、前記エリア認識ステップにより認識されたエリアおよび当該エリアの周辺エリアのゲームデータを前記ゲームデータから読み取り、該ゲームデータの管理情報を内部メモリへ読み込むとともに該ゲームデータのデータ部分を前記バッファメモリへ読み込む読込ステップと、前記キャラクタの移動入力および/または前記フィールドの表示視点の変更入力を受け付る入力受付ステップと、前記入力受付ステップで受け付けられた前記移動入力および/または前記変更入力により前記内部メモリおよび前記バッファメモリからゲームデータを読み取り前記表示手段に表示する表示制御ステップとを備えたことを特徴とするプログラムを記録した記録媒体である。
【0011】ここに、記録媒体は、CD−ROMであり画像データ、音声データおよびプログラムが記録されている。
【0012】
【発明の実施の形態】本発明の実施形態を図に基づいて説明する。図1は本発明のビデオゲームデータ処理装置をビデオディスプレイ装置5(以下、単に「ディスプレイ5」という)に接続した状態を示している。
【0013】ビデオゲームデータ処理装置本体1は、CD−ROMドライブのカバー2aの下に図示せぬCD−ROM(Compact Disc−ROM)2が装着され、ゲームプログラムおよびゲームデータを提供する。また外部入力装置としてコントローラ3および外部記憶装置としてのメモリカード4が接続されている。
【0014】ディスプレイ5はビデオゲームデータ処理装置本体1から出力される表示記号を表示画像として、またスピーカ6は音声記号を音声としてプレイヤに提供するためのものであり、一般家庭用のテレビ受像機を用いることができる。
【0015】コントローラ3は、種々の操作ボタンを有している。平面方向からみたコントローラ3の左方には、上下左右方向の方向キー7が設けられ該当方向のキーを押下することによりキャラクタを所望の方向へ移動したり、選択画面でカーソルを移動する等に用いられる。一方、コントローラ3の右方には、○ボタン8があり決定入力に使用され、×ボタン9は取り消し入力に使用される。その他、□ボタン10および△ボタン11は特定のコマンド入力に使用される。また、コントローラ3の中央部には、スタートボタン12がありゲームの一時停止や再スタート等に用いられ、セレクトボタン13は画面の切り替え等に使用される。さらに、コントローラ3の前面には左方に視点を左に変更するためのL1ボタン14、右方に視点を右に変更するためのR1ボタン15が設けられている。
【0016】図2は、ビデオゲームデータ処理装置のハードウェアブロック図を示している。該ビデオゲームデータ処理装置は、CPU(Central Processing Unit)21およびその周辺装置等からなる制御系と、フレームバッファ28に描画を行うGPU(Graphic Processing Unit)27等からなるグラフィックシステムと、音楽、効果音等を発生するSPU(Sound Processing Unit)31等からなるサウンドシステムと、CD−ROM2の制御を行うCD−ROM制御部と、プレイヤによるコントローラ3からの指示入力およびメモリカード4との入出力を制御する通信制御部等を備えている。
【0017】上記制御系は、CPU21と割り込み制御やDMA(Dynamic Memory Access)転送の制御を行う周辺装置制御部22と、主記憶装置としてのRAM(RandomAccess Memory)23と、主記憶装置、グラフィックシステム、サウンドシステム等の管理を行うオペレーティングシステム等のプログラムが格納されたROM(Read Only Memory)24とを備えている。
【0018】上記グラフィックシステムは、CD−ROM2から読み出された圧縮されて符号化された画像データを復号化する画像デコーダ25と、画像デコーダ25で復号化された画像データについて座標演算やレンダリング等の処理を行うGTE(Geometry Transfer Engine)26と、GTE26で座標演算されたデータを基にシェーディング、テクスチャーマッピング、ラスター処理等の描画を行うGPU27と、該GPU27による描画された画像を記憶するフレームバッファ28と、該画像データの伸張を行うとともにディジタルアナログ変換する伸張装置29と、NTSC方式のビデオ信号に変換しディスプレイ5へ出力するNTSCエンコーダ30とを備えている。
【0019】上記サウンドシステムは、CPU21からの指示に基づいて、音楽、効果音等を発生するSPU31と、該SPU31により波形データ等が格納されるサウンドバッファ32と、CD−ROM装置34で再生された音声データを復号化するDAC(Digital Analog Converter)33と、該復号化データを出力するスピーカ6とを備えている。
【0020】上記CD−ROM制御部は、CD−ROM2に格納されたプログラムやデータ等を再生するCD−ROM装置34と、ノイズのフィルタリングを行うCD−DSP(CD−Digital Signal Processor)35と、たとえばエラー訂正符号が付加されて格納されているプログラム、データ等を復号するデコーダ36と、CD−ROM装置34からの再生データを一時的に格納することによりCD−ROM2からの読み出しを高速化するバッファメモリ37とを備えている。これらの装置で再生、デコードされた画像データおよび音声データは、バス20を介してそれぞれグラフィックシステム、サウンドシステムへ送出される。
【0021】上記通信制御部は、バス20を介して双方向にCPU21との通信制御を行う通信制御38と、プレイヤからの指示を入力するコントローラ3と、ゲームの設定データ等を格納する外部記録装置としてメモリカード4とを備えている。
【0022】ここに、CD−ROM2に格納されたプログラムは、プレイヤがキャラクタを操作しフィールド上を移動させながら発生するイベントを処理して進めるビデオゲームである。
【0023】図3は、上述のビデオゲームの画面の1例を示している。キャラクタ51はコントローラ3の方向キー7を押下することでフィールド上に移動表示される。この移動に伴いフィールド上の背景52がスクロールされる。本画面での背景52は跳ね橋の掛った城の入り口であり、キャラクタ51の接近により該橋が降りて渡される。
【0024】図4は、L1ボタン14の押下により図3の視点位置から左へ回転した画面を示している。また図5はR1ボタン15の押下により同様に右へ回転した画面を示している。
【0025】図6は、フィールドとエリアの関係を示している。キャラクタ51が移動するフィールドはエリアで区分され、該エリア単位にゲームデータを記録している。該エリアのゲームデータはヘッダーである管理情報(図7(a)参照)とデータ部(図7(b)参照)とから構成される。キャラクタ51が現在表示されているエリア2bおよび該エリア2bを取り巻く周辺エリア(1a〜3c)の管理情報を主記憶装置であるRAM23に記録し、データ部をCD−ROM2のバッファメモリ37に記録する。ヘッダーである管理情報は、データ部アドレス、プログラムサイズ、画像データサイズおよび音声データサイズとを含む。これに対応するデータ部は、プログラム、画像データおよび音声データがそれぞれ可変長で記録されている。これら管理情報とデータ部とは、CD−ROM2のトラック53上に連続して記録されている(図8参照)。これによりキャラクタ51が移動入力を受け、例えばエリア3bへ移動したときに、ヘッダーアドレスにより該エリア3bの管理情報をRAM23から読み取り、また該管理情報のデータ部アドレスからこれに対応するデータ部をバッファメモリ37から読み取ることにより、CD−ROM2から直接読み取る場合に比べ処理時間を短くすることができる。また、キャラクタ51がエリア62へ移動した場合、エリア(4a〜4c)のゲームデータをそれぞれCD−ROM2から読み取るとともに、エリア(1a〜1c)のゲームデータを消去する。ここで、CD−ROM2のゲームデータはエリア毎にCD−ROM2の同一部分に記録しておくことにより(図8参照)シーク時間を短縮することができる。
【0026】図9は、本実施例の機能ブロック図を示している。入力受付部81が、コントローラ3の方向キー7の押下を受付けた場合、エリア認識部82は、キャラクタ51の移動後のエリアを認識する。他のエリアへ移動となる場合は、表示制御部83は、キャラクタ51の移動したエリアのエリアNoに対応したヘッダーアドレスからRAM23の管理情報を読み取るとともに、該管理情報に含まれるデータ部アドレスによりCD−ROM2のバファメモリ37からデータ部をポインタで読み取り、画像処理を行いディスプレイ5に表示する。同様に、音声出力部84は、音声データをRAM23およびバッファメモリ37から読み取り復号化処理を行いスピーカ6に出力する。読取部85は、キャラクタ51移動先のエリアに隣接するエリアのエリアNoに対応するヘッダーアドレスによりCD−ROM2から管理情報とデータ部を読み取り、管理情報をRAM23に読み込むとともにデータ部をCD−ROMバッファメモリ37に読み込む。またエリアデータ読取部85は、キャラクタ51が表示されるエリアに隣接しなくなったエリアの管理情報とデータ部を消去する。
【0027】一方、入力受付部81がコントローラ3のL1ボタン14またはR1ボタン15の押下を受けた場合、表示制御部83は、キャラクタ51の表示されている現在のエリアの視点変更ゲームデータを、RAM23およびCD−ROMバッファメモリ37から読み取り画像処理を行いディスプレイ5に表示する。
【0028】これをフロー図で示したものが図8である。すなわち、入力受付部81はコントローラ3の方向キー7の押下があると(101)、エリア認識部82は移動先のエリアを認識し(102)、移動先が現在のエリアの場合は該エリア内でスクロール表示を行う(111)。一方、他のエリアへ移動となる場合(103)、表示制御部83は、当該エリアの管理情報をRAM23から、またデータ部をバッファメモリ37から読み取り画像をディスプレイ5へ表示するとともに、音声出力部84は、音声をスピーカ6へ出力する(104)。読込部85は、CD−ROM2から移動先エリアの隣接エリアのゲームデータを読み取り、RAM23およびCD−ROMバッファメモリ37へ読み込むとともに、隣接しなくなったエリアのゲームデータをRAM23およびCD−ROMバッファメモリ37から消去する(105)。
【0029】一方、入力受付部81は、L1ボタン14またはR1ボタン15が押下されると(121)、現在の表示エリアのゲームデータを読み取り視点変更表示および音声出力を行う(122)。
【0030】このように、本実施例によれば、フィールドのエリア毎にプログラム、画像データおよび音声データをCD−ROMへ記録しておき、これらデータの管理情報をRAMに、データ部をCD−ROMバッファメモリにそれぞれ読み込んでおくことにより、キャラクタの移動に伴う背景の表示を見掛け上の待ち時間なしに表示することができるようになった。
【0031】なお、管理情報はRAMに代えてCPUのキャッシュメモリに記録してもよい。
【0032】
【発明の効果】本発明によれば、CD−ROMを用いたビデオゲームおけるキャラクタの移動に伴う背景画像を見掛け上の時間待なしに表示できる技術を提供できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013