米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 医学 -> エシコン・インコーポレイテッド

発明の名称 排気を可能にする細長い鈍化装置を有する針組立体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−190684(P2001−190684A)
公開日 平成13年7月17日(2001.7.17)
出願番号 特願2000−367721(P2000−367721)
出願日 平成12年12月1日(2000.12.1)
代理人 【識別番号】100066474
【弁理士】
【氏名又は名称】田澤 博昭 (外1名)
発明者 ドナルド・ディー・ソロモン / マイケル・エル・ミラー
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 針組立体において、針基端部、鋭い針先端部、およびこれらの間に貫通する針カニューレを有する針と、前記針カニューレ内に少なくとも部分的に延在している細長い鈍化部材から成る細長い鈍化装置とから成り、当該細長い鈍化部材が鈍化部材基端部、鈍化部材先端部、これらの間に貫通して血液を鈍化部材先端部から鈍化部材基端部に流すことのできる鈍化部材血液流通路、および鈍化部材血液流出開口部を有しており、当該鈍化部材血液流出開口部を通して、血液が鈍化部材血液流通路から流れ出ることができ、さらに、前記細長い鈍化部材の基端部に固定された鈍化部保持部材から成り、当該鈍化部保持部材が前記鈍化部材血液流出開口部に対向する表面部分および当該表面部分と鈍化部材血液流出開口部との間で形成された空孔部を有していて、血液がこの空孔部の中に流れ込むことができるようになっており、さらに、前記鈍化部保持部材を前記針に対して移動するように駆動できる移動部材から成り、当該鈍化部保持部材の針に対する移動により、前記鈍化部材先端部が針カニューレの中に後退して前記鋭い針先端部が身体に進入できる後退位置から、当該鈍化部材先端部が針カニューレから延出して鋭い針先端部が身体に進入することを阻止できる延出位置まで前記細長い鈍化部材が移動し、さらに、内部空間を有するフラッシュチャンバーから成り、当該内部空間が前記空孔部に連通していて、血液が当該空孔部から前記内部空間内に流れることが可能であり、前記フラッシュチャンバーがその内部空間内に存在する血液を見ることのできる材料により少なくとも部分的に作成されている針組立体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は鋭い針先端部を有する針と、当該鋭い針先端部による刺傷を防ぐために使用できる細長い鈍化装置とを有する針組立体に関する。
【0002】
【従来の技術】針組立体は人体からの流体の取り出し、特に静脈や動脈からの血液の採取、人体への流体の供給、または静脈や動脈内へのカテーテルのような物体の挿入のような、種々の医療目的において使用されている。
【0003】このような針組立体は鋭い針先端部を有する針を備えている。この鋭い針先端部は人体内に刺して、体内の流体内に挿入するために使用される。体液は医療従事者に病気を移す可能性のあるウイルスを含んでいる場合がある。それゆえ、針を人体から取り外した場合に、この鋭い針の先端部が医療従事者の体内に進入しないように注意する必要がある。
【0004】このような鋭い針先端部の刺傷を防ぐために細長い鈍化装置(blunting device)を使用することができる。すなわち、この細長い鈍化装置を針の針カニューレの中に配置して、当該細長い鈍化装置の先端部が針カニューレ内に後退している後退位置から、当該鈍化装置の先端部が針カニューレの外に延出する延出位置まで、移動部材により移動可能にして、鋭い針先端部の医療従事者の体内への進入を防止することができる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】血液流通路を針の中に備えることができ、フラッシュチャンバーをこの血液流通路に連通させることにより、血液が血液流通路からフラッシュチャンバーの内部空間内に流れ込むようすることができる。このフラッシュチャンバーは一般にその内部空間内に血液が存在している時にこれを見ることができる材料により作成されている。これにより、医療従事者は血液が鋭い針先端部からフラッシュチャンバーの内部空間内に流れることにより、鋭い針の先端部を静脈または動脈に突き通す時を知ることができる。鋭い針先端部からフラッシュチャンバー内に血液を流すために、針組立体内の通路の中に存在している空気をこれらの通路から排気する必要がある。本発明は主にこのような通路から空気を排気することに関する。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は一般に針、細長い鈍化装置、移動部材、およびフラッシュチャンバーを有する種類の針組立体に関する。この針は針基端部、鋭い針先端部、およびこれらを貫通する針カニューレを有する種類のものである。細長い鈍化装置は針カニューレの中に少なくとも部分的に延在している。この細長い鈍化装置は鈍化装置基端部、鈍化装置先端部、およびこれらを貫通する鈍化装置血液流通路を有する種類のものであり、当該血液流通路の中を通して血液が鈍化装置先端部から鈍化装置基端部まで流れることができる。また、上記の移動部材は針に対して移動するように駆動可能であり、この針に対する移動により、鈍化装置先端部が針カニューレ内に後退して鋭い針先端部が身体に進入できる後退位置から、鈍化装置が針カニューレから延出して鋭い針先端部の身体への進入が防止される延出位置まで、細長い鈍化装置が移動する。さらに、上記のフラッシュチャンバーは一定の内部空間を有する種類のものであり、この内部空間は鈍化装置血液流通路に連通して血液が鈍化装置血液流通路から当該内部空間内に流れるようにする。このフラッシュチャンバーは血液がその内部空間内にある時にこれを見ることのできる材料により少なくとも部分的に作成されている。
【0007】本発明の一態様によれば、排気通路が上記の鈍化装置基端部内に備えられていて、この排気通路を通して、当該鈍化装置血液流通路の中を血液が流れる方向とほぼ同一方向に、空気が鈍化装置血液流通路から排気できる。
【0008】この排気通路は、例えば、空気を通過させるが血液の通過はほとんど阻止するような寸法を有する排気開口部とすることができる。あるいは、この排気通路は空気を通過させるが血液の通過はほとんど阻止する多孔質部材を備えてもよい。
【0009】本発明の別の態様によれば、排気通路が備えられていて、当該排気通路を通して空気が上記の鈍化装置血液流通路から排気できる。さらに、血液が鈍化装置血液流通路の中に流れ込む時に、この排気通路はその血液が当該排気通路を通して流出することをほとんど阻止する。
【0010】本発明の別の態様によれば、上記の細長い鈍化装置は細長い鈍化部材および鈍化部保持部材を備えている。この細長い鈍化部材は針カニューレ内に少なくとも部分的に延在していて、鈍化部材基端部、鈍化部材先端部、および鈍化部材血液流通路を有しており、当該鈍化部材血液流通路を通して血液が鈍化部材先端部から鈍化部材基端部に流れるようになっている。さらに、この細長い鈍化部材は鈍化部材血液流出開口部を有しており、当該開口部を通して血液が鈍化部材血液流通路から流出できる。また、上記の鈍化部保持部材は細長い鈍化部材の基端部に固定されていて、鈍化部材血液流出開口部に対向する表面部分および当該表面部分と鈍化部材血液流出開口部との間に設けられた空孔部を有しており、血液が当該空孔部の中に流れ込めるようになっている。さらに、上記のフラッシュチャンバーの内部空間がこの空孔部に連通していて、血液が当該空孔部から内部空間の中に流れるようになっている。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明を以下の図面に基づく例示的な実施形態によりさらに詳細に説明する。図面における図1は針組立体20を示しており、この組立体20は本体部分22、針24、カテーテル構成部品26、および細長い鈍化装置28を備えている。
【0012】本体部分22はフラッシュチャンバー30、および外端部32を有している。このフラッシュチャンバー30は第1の管状部分34および第2の管状部分36によりそれぞれ形成されている。これらの第1の管状部分34および第2の管状部分36は互いに連通して連続的な内部空間38を形成している。フラッシュチャンバー30の全体は透明または半透明なプラスチック材料により作成されていて、当該材料を通して、内部空間38の中にある血液を見ることができる。第1の管状部分34の基端部は開口していて、O−リング40の形態のシールが当該第1の管状部分34における基端部の口に配置されている。また、第2の管状部分36の基端部も開口していて、プラグ42が当該第2の管状部分36の基端部の中に挿入されてこれを閉じている。このプラグ42のコア44は多孔質材料により作成されていて、この材料は空気を通過させるが血液の通過をほとんど阻止できる。このコア44は一般に約50ミクロンの大きさの孔径を有している。
【0013】針24は針基端部46および鋭い針先端部48を有している。この針基端部46は第1の管状部分34の先端部に固定されている。カニューレ50が針24を貫通して形成されており、開口部が第1の管状部分34の先端部に形成されていて、針カニューレ50が第1の管状部分34内の内部空間38に連通している。
【0014】細長い鈍化装置28は細長い鈍化部材54および鈍化部保持部材56を備えている。さらに、細長い鈍化部材54は鈍化部材基端部58および鈍化部材先端部60を有している。また、鈍化部材血液流通路62が細長い鈍化部材54の中に形成されている。この鈍化部材血液流通路62は鈍化部材先端部60において血液流入開口部64を、また、鈍化部材基端部58において鈍化部材血液流出開口部66を有している。
【0015】鈍化部保持部材56は鈍化部保持部材先端部68および鈍化部保持部材基端部70を有している。さらに、鈍化部保持部材血液流通路72が鈍化部保持部材先端部68の中に形成されている。鈍化部材受容開口部74も鈍化部保持部材先端部68の中に形成されている。この鈍化部材受容開口部74は鈍化部保持部材血液流通路72に比してその直径が僅かに大きく、長さが短い。鈍化部材基端部58は鈍化部材受容開口部74の中に挿入されている。すなわち、この鈍化部材基端部58は摩擦嵌めまたは移動嵌めにより鈍化部材受容開口部74の中に嵌合している。これにより、鈍化部材先端部60が細長い鈍化装置28における鈍化装置先端部60を構成し、鈍化部保持部材基端部70が細長い鈍化装置28の鈍化装置基端部70を構成する。さらに、鈍化部材血液流通路62および鈍化部保持部材血液流通路72が結合して細長い鈍化装置28を貫通する鈍化装置血液流通路80を構成している。
【0016】排気開口部82の形態の排気通路が鈍化装置基端部70において形成されている。この排気開口部82は鈍化装置血液流通路80が延在している方向に沿って延在している。すなわち、鈍化装置血液流通路80は一定の中心線を有しており、排気開口部82はこの鈍化装置血液流通路80の中心線にほぼ一致する中心線を有している。また、排気開口部82は一定の断面寸法または直径を有しており、当該寸法は空気を排気するのに十分な大きさであるが、血液がこれを通して流出することをほとんど阻止できる程度に小さい。すなわち、この排気開口部82は一般に約250ミクロン以下の直径であり、一般に約2.5mmの長さを有している。
【0017】血液流出通路86は鈍化部保持部材56側面内に形成されていて、鈍化部保持部材血液流通路72から鈍化部保持部材56を経て延出している。
【0018】鈍化部材先端部60は第1の管状部分34の基端部からO−リング40を経て針カニューレ50の中に挿入されている。O−リング40は鈍化部保持部材56の外表面部の上に配置されてこれをシールする。鈍化部保持部材血液流通路72は血液流出通路86を介して内部空間38に連通して配置されている。
【0019】図1において示すように、細長い鈍化装置28はその後退位置に配置されており、この場合に、鈍化部材先端部60は針カニューレ50の中に後退している。
【0020】移動部材84が鈍化装置基端部70に固定されている。この移動部材84は鈍化部保持部材56から延出している第1の部分87、および当該第1の部分87からカテーテル構成部品26まで延出している第2の部分88を備えている。この移動部材84はクリップ形成部分90を有している。移動部材84はフラッシュチャンバー30に向かって該部材のスプリング作用に抗するように屈曲していて、外部突出部32に抗して配置されているクリップ形成部分90と共にこの外部突出部32によりその状態で保たれている。
【0021】カテーテル構成部品26はカテーテル92およびルア94を備えている。このカテーテル92の基端部はルア94の先端部に固定されている。カテーテル構成部品26はその中に形成したカテーテル通路96を有している。針24はこのカテーテル通路96の中に挿入されて、カテーテル構成部品26が針24の周りに配置される構成になっている。
【0022】ルア94はルア・ロック形成部分98を有しており、当該部分98は移動部材84の先端部における当該部分98と相補的なロック形成部分100と係合する。それゆえ、カテーテル構成部品26は移動部材84を介して細長い鈍化装置28に接続している。従って、カテーテル構成部品26が針24に沿って移動すると、これに追随して細長い鈍化部材54が針24に沿って移動する。
【0023】使用時において、鋭い針先端部48が人間の静脈や動脈のような身体部分を突き通すために用いられる。その後、針24およびカテーテル92が共に体内に挿入される。鈍化装置血液流通路80および内部空間38が初期的に空気により満たされる。鋭い針先端部48が静脈または動脈に突き通されると、当該鋭い針先端部48における針カニューレ50の中に血液が流れ込む。この血液は針カニューレ50から鈍化部材血液流入開口部64を介して鈍化部材血液流通路62の中に流れる。さらに、この血液は鈍化装置血液流通路80の中に存在する空気に圧力を加える。この空気は血液が鈍化部材血液流通路62の中を流れる方向と同一方向で排気開口部82の中に流入する。その後、この空気は排気開口部82内を流れて、当該空気が排気開口部82に流入した方向と同一方向でこの排気開口部82から流出する。このようにして空気が効果的に大気中に排気される。その後、鈍化装置血液流通路80の中に存在する全ての空気が排気開口部82を介して排気されて当該鈍化装置血液流通路80の全体が血液で満たされるまで、血液が鈍化部材先端部60から鈍化装置血液流通路80の中を介して鈍化部保持部材基端部70まで流れ続ける。
【0024】排気開口部82の寸法により、鈍化装置血液流通路80の中の血液は排気開口部82から流出することを阻止される。従って、血液は鈍化装置血液流通路80から血液流出通路86を介して内部空間38の中に流れる。さらに、鈍化部保持部材56およびO−リング40の間の漏れ防止界面が鈍化部保持部材56からの血液の漏れを防止する。この血液は内部空間38の中に存在する空気に圧力を加える。その後、この空気はコア44の多孔質性によりプラグ42のコア44を通して排気される。血液は全ての空気がコア44を通して排気されて、内部空間38全体が血液で充填されるまで内部空間38の中を流れ続ける。しかしながら、この血液はプラグ42のコア44を通して流れることが阻止されている。フラッシュチャンバー30の材料が透明または半透明のために、内部空間38内に存在する血液を見ることができるので、鋭い針先端部48を静脈または動脈に突き通す時間を決定することができる。
【0025】カテーテル92が身体内の一定の所要の位置に配置されると、針24は図2に示すようにカテーテル構成部品26から引き出される。O−リング40は鈍化部保持部材56の表面上を摺動して、細長い鈍化装置28のフラッシュチャンバー30に対する移動を可能にする。カテーテル構成部品26と細長い鈍化装置28との間の接続により、細長い鈍化部材54は、針24が身体から部分的に取り外されてカテーテル92から部分的に抜き出されている時に、カテーテル92に対して概ね一定の位置に保たれる。これにより、細長い鈍化部材54はその後退位置から、鈍化部材先端部60が針カニューレ50から延出する延出位置まで針24に対して移動する。この結果、移動部材84がカテーテル構成部品26により駆動されて針24に対して移動し、この針24に対する移動により細長い鈍化部材54をその後退位置からその延出位置まで移動させる。
【0026】針24がカテーテル92に対して移動する時に、クリップ形成部分90が外部突出部32に沿って摺動する。この結果、このクリップ形成部分90は移動部材84のスプリング作用により相補的形成部分102および外部突出部32の後方の位置にスナップ嵌合する。ロック形成部分100はルア・ロック形成部分98から分離して移動して、カテーテル構成部品26が移動部材84から分離する。これにより、針24および細長い鈍化部材54は一体となってカテーテル構成部品26から取り外されて、カテーテル92が身体内に残される。
【0027】針24および細長い鈍化部材54がカテーテル構成部品26から取り外された後に、鈍化部材先端部60は鋭い針先端部48が別の身体部分に刺さるのを防止する。すなわち、クリップ形成部分90が外部突出部32上の相補的形成部分102に係合しているために、細長い鈍化部材54はその延出位置から離脱することを阻止されている。この結果、針組立体20は鋭い針先端部48が無用の刺傷を生じる可能性をほとんど減少した状態で安全に使用できる。
【0028】図3は細長い鈍化装置28および移動部材84の部分を示している図である。排気開口部82は鈍化部保持部材56および移動部材84を成形する時に射出成形できる微小孔である。あるいは、排気開口部82は鈍化部保持部材56および移動部材84を成形した後にレーザー穴あけした微小孔としてもよい。
【0029】図4は本発明の別の実施形態による細長い鈍化装置28Aの部分を示している図である。この細長い鈍化装置28Aは既に説明した実施形態におけるものと同様の鈍化部保持部材56Aおよび細長い鈍化部材54Aを有しているが、スロット112が鈍化部保持部材56Aの側面に形成されている。この細長い鈍化装置28Aはさらに通路形成部材114を備えている。この通路形成部材114はこれを貫通する排気開口部84Aを有している。この排気開口部84Aは通路形成部材114の中にレーザー穴あけまたは射出成形可能な微小孔である。
【0030】通路形成部材114は摩擦嵌めまたは移動嵌めによりスロット112の中に挿入されている。これにより、この通路形成部材114は、血液チャンネル空孔部116を鈍化部保持部材56A内のスロット112の表面部分および当該通路形成部材114の表面部分により形成する位置において、鈍化部保持部材56Aに固定されている。血液は細長い鈍化部材54Aから血液チャンネル空孔部116の中に流れて、当該血液チャンネル空孔部116からフラッシュチャンバー(図1における符号30)の内部空間(図1における符号38)の中に流れる。
【0031】図4の細長い鈍化装置28Aにおける利点は、鈍化部保持部材56Aおよび通路形成部材114を分離して容易に製造でき、且つ、排気開口部84Aをさらに制御された条件下で製造することによりこの鈍化装置28Aが製造できることである。
【0032】図5は本発明のさらに別の実施形態による細長い鈍化装置28Bを示している図である。この細長い鈍化装置28Bもまた鈍化部保持部材56Bおよび細長い鈍化部材54Bを備えている。図4の実施形態の場合と同様に、鈍化部保持部材56Bはスロット112Aを有している。この細長い鈍化装置28Bはさらに多孔質プラグ120を備えている。この多孔質プラグ120は摩擦嵌めまたは移動嵌めによりスロット112の中に挿入されている。これにより、この多孔質プラグ120は鈍化部保持部材56Bに固定されていて、血液チャンネル空孔部116Aがスロット112Aの表面部分および多孔質プラグ120の表面部分により形成されている。
【0033】血液は細長い鈍化部材54Bから血液チャンネル空孔部116Aの中に流れる。多孔質プラグ120は空気を通過させるが血液の通過をほとんど阻止することのできる多孔質材料により作成されている。この多孔質プラグ120は一般に約50ミクロンの孔径、約2.5mmの長さ、および約1mmの幅を有している。これにより、この多孔質プラグ120を通して空気を大気中に排気できる。すなわち、多孔質プラグ120は空気を排気するための排気通路を構成しているが、これを通過する血液の流れをほとんど阻止する。この結果、血液は血液チャンネル空孔部116Aからフラッシュチャンバーの内部空間に流れる。
【0034】図6は本発明のさらに別の実施形態による細長い鈍化装置28Cを示している図である。この細長い鈍化装置28Cは、上記の実施形態と同様に、鈍化部保持部材56Cおよびこれに固定した細長い鈍化部材54Cを備えている。スロット124は鈍化部保持部材56Cの側面に形成されている。このスロット124は、当該スロットが鈍化部保持部材56Cの先端部においてのみ形成されていると言う意味で、いわゆる「めくら穴」になっている。
【0035】鈍化部開口部126が鈍化部保持部材56Cの基端部に形成されている。この鈍化部開口部126は血液が細長い鈍化部材54Cの中を流れる方向に対してほぼ反対の方向に鈍化部保持部材56Cの中に延在している。さらに、多孔質プラグ128が細長い鈍化部材54Cの中を血液が流れる方向に対して反対の方向にプラグ開口部126の中に挿入されている。空気連通開口部130がスロット124および鈍化部開口部126を内部接続している。血液チャンネル空孔部132が多孔質プラグ128の先端側表面部分、開口部130の表面部分、およびスロット124の表面部分により囲まれる空間内に形成されている。これにより、空気はこの血液チャンネル空孔部132を通過した後に、多孔質プラグ128の多孔質性により当該プラグ128を通過して排気される。しかしながら、血液はこの多孔質プラグ128の通過を阻止される。この結果、血液は血液チャンネル空孔部132からフラッシュチャンバーの内部空間に流れる。
【0036】図6に示すように、O−リング134を鈍化部保持部材56Cの周囲に固定して配置することができる。このO−リング134はフラッシュチャンバーに摺動可能に係合してこれと共にシールを形成する。従って、細長い鈍化装置128が針に対して移動すると、O−リング134がフラッシュチャンバーの表面上を摺動する。なお、既に説明した各実施形態においても、上記鈍化部保持部材56上において摺動する図1に示すO−リング40のようなO−リングの代わりにこの実施形態におけるO−リング134と類似のものを利用することができる。
【0037】図7は本発明の別の実施形態による針組立体220を示している図である。図2の針組立体20と同様に、この針組立体220は本体部分222、針224、カテーテル構成部品226、細長い鈍化装置228、外部突出部232、および移動部材284を備えている。細長い鈍化装置228は細長い鈍化部材254、および鈍化部保持部材256を備えている。さらに、鈍化部保持部材血液流通路272が鈍化部保持部材256の中に形成されている。細長い鈍化部材254の基端部は鈍化部保持部材血液流通路272の中に挿入されている。この実施形態においては、図1の実施形態における排気開口部82のような排気通路は全く備えられていない。その代わりに、鈍化部保持部材256が細長い鈍化部材254内の鈍化部材血液流通路262における鈍化部材血液流出開口部266に対向する内部表面部分274を有し、空孔部290がこの表面部分274および細長い鈍化部材254の基端部の間に形成されている。これにより、空気は鈍化部保持部材256の側面内の流出通路286を経てフラッシュチャンバー230内の内部空間238の中に流れた後に、プラグ242のコア244を通して排気される。この図7の実施形態におけるその他の構成は図1における実施形態と同一である。
【0038】図8は図7における細長い鈍化装置228をさらに詳細に示している図である。この図から分かるように、流出開口部286の全体が鈍化部保持部材256により形成および画定されている。
【0039】図9は本発明のさらに別の実施形態による細長い鈍化装置300を示している図である。この細長い鈍化装置300は鈍化部保持部材302および細長い鈍化部材304を備えている。
【0040】鈍化部保持部材302は基端側主支持部分306および当該主支持部分306から延出する3個のつめ部分308を有している。この主支持部分306は各つめ部分308の間に配置される表面部分310を有している。細長い鈍化部材304の基端部は各つめ部分308の間に挿入されている。すなわち、各つめ部分308はそれらの3個の異なる面において細長い鈍化部材304に係合している。
【0041】空孔部312が表面部分310および細長い鈍化部材304の間に形成されている。血液はこの細長い鈍化部材304から空孔部312の中に流れる。3個の流出開口部が各つめ部分308の各隣接対の間にそれぞれ形成されていて、血液が空孔部312から流出開口部を経て細長い鈍化装置300から流出するようになっている。
【0042】図10は本発明による細長い鈍化装置330のさらに別の実施形態を示している図である。この細長い鈍化装置330は鈍化部保持部材332および細長い鈍化部材334を備えている。鈍化部受容開口部336が鈍化部保持部材332の先端部に形成されている。この鈍化部保持部材332は鈍化部受容開口部336の基部において表面部分338を有している。
【0043】細長い鈍化部材334の基端部は鈍化部受容開口部336の中に挿入されている。空孔部340が細長い鈍化部材334の基端部と表面部分338との間に形成されている。これにより、血液は空孔部340の中に流れることができる。
【0044】3個の溝342が細長い鈍化部材334の側面に対向して鈍化部受容開口部336の表面上に形成されている。各溝342は、それぞれの血液流出通路344が細長い鈍化部材334の側面部分と鈍化部保持部材332の内側表面部分との間に形成されることを可能にしている。これにより、血液は空孔部340から各血液流出通路344を経て細長い鈍化装置330から流れ出ることができる。
【0045】以上、特定の例示的な実施形態を説明し、且つ、図面に図示したが、これらの実施形態は本発明を単に例示するものであって何ら制限するものではなく、さらに、本発明が上記の説明および図示における特定の構成配列に制限されるものではないことを理解するべきである。すなわち、当該技術分野における通常の熟練者であれば、上記各実施形態における種々の変形および変更が本発明の範囲および趣旨を逸脱することなく可能である。
【0046】本発明の実施態様は以下の通りである。
(1)前記鈍化部保持部材が前記表面部分を形成する主支持部分と、当該主支持部分から前記細長い鈍化部材まで延在して当該細長い鈍化部材に対してその少なくとも2個の異なる面において係合している少なくとも2個のつめ部分を有している請求項1に記載の針組立体。
(2)前記細長い鈍化部材に対してその少なくとも3個の異なる面において係合している少なくとも3個のつめ部分により構成されている実施態様(1)に記載の針組立体。
(3)前記鈍化部保持部材が鈍化部受容開口部を有しており、当該鈍化部受容開口部の中に前記鈍化部材基端部が挿入され、さらに、血液流出通路が鈍化部保持部材の中に形成されていて、当該血液流出通路を通して血液が前記空孔部を経て鈍化部保持部材から流出できる請求項1に記載の針組立体。
(4)前記鈍化部保持部材が鈍化部受容開口部を有しており、当該鈍化部受容開口部の中に前記鈍化部材基端部が挿入され、さらに、血液流出通路が鈍化部保持部材の一側面と前記鈍化部受容開口部の内面部との間に形成されていて、血液が前記空孔部を経て鈍化部保持部材から流出できる請求項1に記載の針組立体。
(5)前記細長い鈍化装置がその延出位置に移動する時の位置にスナップ係合するクリップ形成部分を備えていて、前記細長い鈍化部材がその延出位置から外れてその後退位置に向けて移動することが阻止される請求項1に記載の針組立体。
【0047】(6)前記針の周囲に配置されたカテーテルを備えており、当該カテーテルが針と共に身体内に挿入可能であり、当該針がカテーテルから外れて身体から除去される一方で、カテーテルが身体内に残される請求項1に記載の針組立体。
(7)前記細長い鈍化装置がその延出位置に移動する時の位置にスナップ係合するクリップ形成部分を備えていて、前記細長い鈍化部材がその延出位置から外れてその後退位置に向けて移動することが阻止される実施態様(6)に記載の針組立体。
(8)前記細長い鈍化装置の周囲および当該細長い装置とフラッシュチャンバーとの間にシールを備えていて、フラッシュチャンバーからの血液の漏れがほとんど阻止できる請求項1に記載の針組立体。
(9)前記シールが、前記後退位置から前記延出位置まで前記細長い鈍化装置が移動する時に、当該細長い鈍化装置の表面上を摺動する実施態様(8)に記載の針組立体。
(10)さらに、空気を通過させるが血液をほとんど通過させない材料により作成されている多孔質部材から成り、当該多孔質部材がその多孔質性により前記鈍化部材血液流通路の中に血液が流入する時に当該多孔質部材を通して空気を排気し、且つ、当該多孔質部材を通過する血液の流れをほとんど阻止するように配置および形成されている請求項1に記載の針組立体。
(11)前記フラッシュチャンバーがプラグ孔を有しており、前記多孔質部材がその開口部を閉じる多孔質プラグであって、フラッシュチャンバーが血液で満たされる時に空気が排気されるが、この多孔質プラグを通して血液はフラッシュチャンバーからほとんど流出しない実施態様(10)に記載の針組立体。
【0048】
【発明の効果】従って、本発明によれば、従来に比して利便性の高い針組立体が提供できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013