米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 敷地 雄一

発明の名称 切り取り不要トイレットペーパーとトイレットペーパーホルダーの構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−78920(P2001−78920A)
公開日 平成13年3月27日(2001.3.27)
出願番号 特願平11−297213
出願日 平成11年9月12日(1999.9.12)
代理人
発明者 敷地 雄一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 トイレットペーパーの長さをあらかじめ一定の長さで切断し、トイレットペーパーとして巻き込んで行く。この時、ペーパーの先端を2cm程度重ねて巻き込んで行く。重ね方は、すでに巻き込んでいるペーパーの外側に重ねても、内側に重ねても良い。次に、このトイレットペーパーを以下に述べるトイレットペーパーホルダーに設置する。このホルダーは、トイレットペーパーカバーの軸心にコイル状のばねをはめ込み、カバーがトイレットペーパーを常に圧迫するように作用するものである。このホルダーカバーの作用によって、一定の長さで巻き込まれたペーパーは、トイレットペーパー本体から分離する最終時点までトイレットペーパー本体を回転させ、ペーパー同士の重なり部分である2cm程度をカバーより引き出す。つまりこのホルダーの作用は、一定の長さで巻き込まれたペーパーがトイレットペーパー本体を回転させず、途中で滑り出る事を防止する。一定の長さで切断され、巻き込まれたトイレットペーパーと、ペーパーカバーがペーパーに対して常に圧迫を加えるトイレットペーパーホルダーを使用する事で、ペーパーを切るという動作を省くことができる。また、ペーパーの使用を一定の長さで制限することができる。さらに、ペーパーとの2cm程度の重なり部分が引き出されるため、次回の使用の際にペーパーを引き出しやすい。ペーパーの使用の長さを一定とした切り取り不要のトイレットペーパー。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、トイレットペーパーとこれを設置するトイレットペーパーホルダーの構造に自然法則を利用し、使用時にペーパーを切り取る動作を不要としたトイレットペーパー製品の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のトイレットペーパーの構造は、ペーパーを渦巻き状に巻いた構造であり、使用に関しては任意の長さで使用者がペーパーを切り取る必要がある。任意の長さであるためにペーパーの無駄遣いが生じてしまう。また、半身麻痺などの両手の使用が困難な障害者にとっては、ペーパーを切り取る動作が困難となっている。本発明は、この様な従来のトイレットペーパー使用の際の欠点を補う物である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、トイレットペーパー使用時のペーパーの長さをあらかじめ設定しておくことで、ペーパーの無駄遣いを防止すること。並びに、トイレットペーパー使用時にペーパーを切り取る動作を省くことで、半身麻痺などの両手の使用が困難な障害者にとって利用しやすいトイレットペーパーを提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するためトイレットペーパーの長さをあらかじめ一定の長さで切断し、トイレットペーパーとして巻き込んで行く。この時、ペーパーの先端を2cm程度重ねて巻き込んで行く。重ね方は、すでに巻き込んでいるペーパーの外側に重ねても、内側に重ねても良い。次に、このトイレットペーパーを以下に述べるトイレットペーパーホルダーに設置する。このホルダーは、トイレットペーパーカバーの軸心にコイル状のばねをはめ込み、カバーがトイレットペーパーを常に圧迫するように作用するものである。このホルダーカバーの作用によって、一定の長さで巻き込まれたペーパーは、トイレットペーパー本体から分離する最終時点までトイレットペーパー本体を回転させ、ペーパー同士の重なり部分である2cm程度をカバーより引き出す。一定の長さで切断され、巻き込まれたトイレットペーパーと、ペーパーカバーがペーパーに対して常に圧迫を加えるトイレットペーパーホルダーを使用する事で、ペーパーを切るという動作を省くことができ、また、ペーパーの使用を一定の長さで制限することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013