米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 有限会社三輪サイエンス研究所

発明の名称 吸引式又は還流式掃除機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−87184(P2001−87184A)
公開日 平成13年4月3日(2001.4.3)
出願番号 特願平11−272243
出願日 平成11年9月27日(1999.9.27)
代理人
発明者 三輪 博秀 / 三輪 博昭
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 吸引式又は還流式掃除機において、その掃除ヘッドが絨毯の毛中に挿入可能な複数の中空サブノズル群を有し、そのサブノズルを経由して吸入又は噴出気流を絨毯深部に導入しダストを掃除すると共に、ヘッド走査方向でサブノズルに先行する位置に先行梳毛手段を有することを特徴とする吸引式又は還流式掃除機。
【請求項2】 請求項1の先行梳毛手段が、左右(Y)方向に長い回転軸とその軸上に少なくとも一つのサブノズルに対応するY位置に複数の放射状に配列された櫛歯の車及び/または毛の円盤を設けた回転体で、モーター、走行車輪、又は気流に駆動される風車等によって回転駆動される機構であることを特徴とする吸引式又は還流式掃除機。
【請求項3】 請求項1の先行梳毛手段が、少なくとも一つのサブノズルに対応するY位置に設けられたほぼ上下に長い線状または板状の櫛歯であることを特徴とする吸引式又は還流式掃除機。
【請求項4】 請求項3の先行梳毛手段が、櫛歯群がほぼ上下に垂直に姿勢を拘束されながらその先端が円運動に近い運動をするようにされた機構とされることことを特徴とする吸引式又は還流式掃除機。
【請求項5】 請求項3において、該櫛歯及び/又はサブノズルが左右(Y),及び/又は前後(X)方向に加振されることを特徴とする吸引式又は還流式掃除機。
【請求項6】 請求項5においてサブノズル以外に別の先行梳毛手段を設けることなくサブノズル自体が先行梳毛手段を兼ね、且つ加振されることを特徴とする吸引式又は還流式掃除機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】電気掃除機の分野に属し、特に絨毯の毛の深部にある砂ゴミ等を有効に掃除するb技術に関わる。
【0002】
【従来の技術】絨毯深部の砂ゴミ等を掃除するためにサブノズルを使用する技術は従来各種開示されている。そのうちでサブノズルが絨毯の毛中に挿入されるものは比較的少ないが毛中に挿入される例を示すと、サブノズルを吸引に使用するのにはUSP3,611,473(Johnson)等が,噴気に使用されるのには室内空気からはUSP4,594,749(Waterman)等が、還流正圧からはUSP8,268,942(Rossnan)等がある。しかしいずれも実用されていない。また本発明者は絨毯の毛に挿入されるサブノズルを用いる方式を特開平9−299287に出願している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来技術が実用されていない最大原因の一つは、いずれも明記していないが絨毯の毛に挿入されたときの走査(走行)抵抗が大きいことである。本発明者の出願中の特開平9−299287も同様の困難を抱えている。この絨毯の毛の中に挿入されたサブノズルの走行抵抗を低減することが本発明が解決しようとする課題である。
【0004】
【課題を解決するための手段】(手段1) 吸引式又は還流式掃除機において、その掃除ヘッドが絨毯の毛中に挿入可能な複数の中空サブノズル群を有し、そのサブノズルを経由して吸入又は噴出気流を絨毯深部に導入しダストを掃除すると共に、ヘッド走査方向でサブノズルに先行する位置に先行梳毛手段を有することにより解決する。
【0005】(手段2) 手段1の先行梳毛手段が、左右(Y)方向に長い回転軸とその軸の少なくとも一つのサブノズルに対応するY位置に複数の放射状に配列された櫛歯車及び/または毛の円盤を設けた回転体で、モーター、走行車輪、又は気流に駆動される風車等によって回転駆動される機構とされることにより解決される。
【0006】(手段3) 手段1の先行梳毛手段が、少なくとも一つのサブノズルに対応するY位置に設けられたほぼ上下に長い線状または板状の櫛歯とされることで解決される。
【0007】(手段4) 手段3の先行梳毛手段が、櫛歯群がほぼ上下に垂直に姿勢を拘束されながらその先端が円運動に近い運動をするようにされた機構とされることで解決される。
(手段5) 手段3において、該櫛歯及び/又はサブノズルが左右(Y),及び/又は前後(X)方向に加振されることにより解決される。
(手段6) 手段5においてサブノズル以外に別の先行梳毛手段を設けることなくサブノズル自体が先行梳毛手段を兼ね、且つ加振されることにより解決される。
【0008】
【実施例】図1に手段1の具体的構成法としての手段2の実施例を示す。1−AはX−X断面を示す側面図、1−BはZ−Z断面を示す平面図でいずれも要部のみを示し他は省略されていて回転式先行梳毛手段1と、そのサブノズル2との相対関係を示す。11は回転軸、12は軸から放射状に例えば6枚とりつけられた櫛歯(以下櫛歯車12という)である。矢印3は走行方向を示す。図1−Bに示すように櫛歯車は各サブノズルの前に設けられているが、サブノズル間にも、あるいは回転軸上連続的に設けられて良いことは勿論である。
【0009】回転式先行梳毛手段1の回転方向は前進方向(fと図示)でも後進方向(rと図示)でも良い。回転によりあらかじめ絨毯の毛の相互の絡みを解き、サブノズルの前に毛の隙間を形成しサブノズルの先端の、ひいてはサブノズル本体のその隙間への進入を容易にし、ヘッドの走行抵抗を下げる。
【0010】f方向回転の1と絨毯との摩擦はヘッドの走行抵抗を減少しヘッドを浮上させる分力を発生する。逆にr方向回転はヘッドの走行抵抗を増加し、ヘッドを沈下させる分力を発生する。ヘッドは往復走行が一般であるのでサブノズルの前後に1を設け往復とも回転駆動すれば走行抵抗については相互に相殺するが。浮上又は沈下分力は加算されるのでヘッドの設計により何れか適当な方を選択できる。ただし往復に際し一方のみを使用して良いことは勿論である。
【0011】図2は回転式先行梳毛手段1をヘッドに装着した概念を示す断面図である。サブノズル2はその上端を集合取り付函21にとりつけられ、函の上蓋はこの例では室内空気に開放されている。勿論上蓋を残してファン後流の正圧に接続されて良いことは言うまでもない。1は図示されていないがこの函21にモーターと共に取り付けられ回転される。ヘッドは前後双方に走行して掃除に使用されるので左右対称の構造とされる。左右の回転式先行梳毛手段1は夫々図示の方向に互いに逆方向に回転される。
【0012】上面カバー22はヘッドの横行吸引空間23を形成し、前縁24・後縁25からの吸引気流とサブノズルからの吸引気流とを図示されない吸引管に導く。函21はカバー22と上下に滑動可能にとりつけられる。これは絨毯の毛の長さに応じてサブノズル及び先行梳毛手段がカバーに対し相対的に上下できるためである。
【0013】図3は手段3,5の実施例を示す要部の斜視図である。13は櫛歯で図では上下(Z)に長い前後(X)に狭い左右(Y)に厚い短冊状の板である。2は中空サブノズルで前後は船の船首のようにとがっている。櫛歯のY位置は各サブノズルのY位置に対応する。31はこれら櫛歯を一括する支持体である。手段3ではこの櫛歯構造はサブノズル群構造に固定され、通常の櫛のようにサブノズルに先立って毛を梳る。
【0014】手段5では31は機械的なクランク機構や、音響スピーカーのムービングコイルのような電磁力を利用した駆動機構や、超音波駆動機構等で主としてY方向に加振される。勿論X方向の加振を加えて良いが,通常Y方向の加振はX方向の加振をも誘発する。特に板13はY,X混合した加振となる。この振動は毛の絡みを解きほぐす作用を持ち、あらかじめ梳ることによりサブノズルの先端がこの解きほぐした隙間に入り、走行抵抗を下げる。
【0015】図4は手段4の実施例である。4−Aは側面図4−Bは正面図である。櫛歯集合47は複数の上下に長い櫛歯が並列に左右(Y)方向に多数配置された図示のごとき集合体である。各櫛歯のY位置はサブノズルのY位置に対応している。47の左端には上下に長い垂直の連結竿により同一半径のクランク円盤41,42の同一回転角(同相)で同一半径位置にピン45、46で連結される。41,42と一体の同一半径のタイミングベルト車43、44は相互にタイミングベルト48で契合され,同一速度で同一方向に回転する。44は周辺に歯車を有し歯車49と契合する【0016】同一の左右反転した構造体が図2−Bに示すごとく47の右端にも設けられる。左右の歯車49は同一の駆動回転軸50により図示の矢印の方向にモータ等により回転される。
【0017】この図から判明するように50の回転により、47は姿勢を垂直下方に向けるようにピン45,46で拘束されつつその先端は絨毯の毛に挿入されてクランク円盤41,42の円周に近い円運動をする。その上下ストロークを毛の長さの1〜2倍とすると絨毯の毛は熊手で掻かれるごとく梳毛される。
【0018】手段6のサブノズル自体に加振することはサブノズル集合に手段5で説明した手段を利用して行えることは自明である。サブノズルのY方向幅が大きく別の先行梳毛手段を設ける場合に比して走行抵抗は大きく、且つサブノズル集合体の質量が大きいので加振には、より大きなエネルギーが必要となる欠点がある。
【0019】
【発明の効果】本発明によれば先行梳毛手段によりサブノズルを利用してもその走行抵抗を減少できるので絨毯深部に有効なサブノズルの効果を利用することが実用的に可能になる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013