米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> リンナイ株式会社

発明の名称 グリル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−275849(P2001−275849A)
公開日 平成13年10月9日(2001.10.9)
出願番号 特願2000−100757(P2000−100757)
出願日 平成12年4月3日(2000.4.3)
代理人 【識別番号】100060025
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 欣一 (外3名)
【テーマコード(参考)】
4B040
【Fターム(参考)】
4B040 AA02 AB02 AC01 CA02 CA12 ED02 
発明者 杉本 喜輝
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 グリル庫の底板に、該グリル庫から下方に突出しかつ所定の面積を有する突出部を設けたグリルにおいて、前記突出部の平坦面に、上方に向かって隆起させた複数の隆起部を形成すると共に、各隆起部の頂部に空気孔を開設したことを特徴とするグリル。
【請求項2】 グリル使用時にグリル皿の温度が高くなる個所が集中的に冷却されるように、前記隆起部を設けたことを特徴とする請求項1記載のグリル。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガスコンロや厨房家具等の開口に吊持させて設置するビルトインコンロに一体的に組み込まれるグリルに関する。
【0002】
【従来の技術】この種のグリルは、例えばガスバーナーや該ガスバーナー制御用電子部品等を収容したガスコンロの略箱状のコンロ器体の中央部に組み込まれる。該グリルは、コンロ器体を覆うように載置された天板の排気口に連通する排気筒を有するグリル庫と、該グリル庫の天井部に取付けられたグリルバーナーとを備える。また、魚等の被調理物を加熱調理した場合に生じる脂、水等の焼汁を収容するため、グリル庫の底部にはグリル皿が焼き網の下方に位置して収納される。ところで、グリルでの被調理物の調理中に被調理物から生じた焼汁は直接或いは焼き網を介して該グリル皿に落下し、溜められる。そして、この状態でさらに調理を進めると、その焼汁へのバーナーの火炎の輻射によってバーナーの火炎がその焼汁に引火する場合がある。そのため、調理時にグリル皿を冷却する必要があり、ある種のグリルでは調理時にグリル皿に水を注入して使用されるが、例えば、水が全部蒸発した後にグリル皿に溜められた焼汁へのバーナーの火炎の輻射でバーナーの火炎がその焼汁に引火しないように考慮する必要がある。
【0003】グリル皿の冷却方法として、特願2000−1579号明細書から、グリル庫の底部に、該グリル庫から下方に突出した突出部を設けると共に、該突出部の側壁の外周面全体に渡って略長方形の複数個の空気孔を開設したものが知られている。このものでは、グリル使用時に排気筒を介して排出される熱排気流に伴う庫内ドラフト作用で誘引される上昇気流に伴って突出部内に生じるグリル庫前方から後側への空気の流れでグリル皿が冷却される。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記グリルでは、グリル皿の冷却がグリル庫前面から後方への空気流で行われるためグリル皿全体を均等に冷却することができず、特にグリルバーナーの配置形態等に伴って、グリル皿のうち温度が高くなる個所の冷却が不十分となる。
【0005】また、上記グリルを、ビルトインコンロ等の略箱状のコンロ器体を備えたガスコンロに組み込んだ場合、例えば、調理者がグリル皿をグリル庫から出し入れする際に誤ってグリル皿内の水を溢すと突出部に流れ込んだ水が突出部側壁の空気孔からコンロ器体内部に漏れ出すという不都合があった。この場合、漏れ出た水はコンロ器体の底板に溜まり、コンロ器体底板に配置されたガスバーナーへの燃料ガス供給管や電子部品等が水に浸る。その結果、電子部品の動作不良を誘発すると共に、コンロ器体の底部や燃料ガス供給管等に錆を生じさせ、ガスコンロの耐久性を損なうという不具合があった。
【0006】そこで、本発明の課題は、グリル使用時にグリル皿が均等に空気で冷却でき、また、例えば、調理者がグリル皿をグリル庫から出し入れする際に誤ってグリル皿内の水を溢した場合でも、その水がコンロ器体内部に漏れ出すことが防止でき、ガスコンロの耐久性を向上できるグリルを提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するために本発明は、グリル庫の底板に、該グリル庫から下方に突出しかつ所定の面積を有する突出部を設けたグリルにおいて、前記突出部の平坦面に、上方に向かって隆起させた複数の隆起部を形成すると共に、各隆起部の頂部に空気孔を開設したことを特徴とする。
【0008】この構成によれば、たとえ調理者がグリル皿をグリル庫から出し入れする際に誤ってグリル皿内の水を溢し、突出部に水が流れ込んだとして、グリル皿を空冷する空気孔は隆起部の頂部に開設されているので、該突出部に水が溜まるだけで、コンロ器体内部にその水が流出しない。その結果、コンロ器体底板に配置したガスバーナー構成部品やガスバーナー制御用電子部品等に水に浸ることが防止されてそれらの動作不良を誘発することなく、ガスコンロの耐久性を向上できる。また、グリル使用時に庫内ドラフト作用で誘引される上昇気流に伴って隆起部の各空気孔を介してコンロ器体内部の空気がグリル庫の底板の突出部に吸い込まれる。この場合、本発明では、空気孔が突出部の平坦面に上方に向かって隆起させた複数の隆起部の頂部に開設したものであるため、グリル皿の前後方向の空気流によりグリル皿を冷却するのではなく、グリル皿に直角な方向から吸込まれた空気を直接グリル皿の底面に衝突させて、グリル皿を冷却する。その結果、十分なグリル皿の冷却が可能になる。
【0009】また、本発明の構成では、突出部の平坦面への隆起部の形成位置は設定自在である。そこで、本発明では、グリル使用時にグリル皿の温度が高くなる個所が集中的に冷却されるように前記隆起部を設けたことを特徴とする。これにより、グリル皿全体を均等に冷却できる。
【0010】
【発明の実施の形態】図1を参照して、厨房家具1の開口に吊持させて設置されたビルトインコンロ2は、略箱状のコンロ器体2aに設けられたコンロバーナー21を備え、各コンロバーナー21は、両端の正面パネル22に取付けられた操作ボタン23や火力調節レバー24により操作される。また、コンロ器体2aの中央部、即ち、両端の正面パネル22の間には、魚等の被調理物を調理するグリル3が組み込まれている。
【0011】図2を参照して、グリル3は、略直方体形状であって、スチール製のグリル庫31を備えている。グリル庫31の後側には、コンロ器体2aの上面を覆う天板25に設けられた排気口に連通する排気筒32が備えられている。また、グリル庫31の天井部には、被調理物を調理するグリルバーナー33が取付けられている。該グリルバーナー33は、ガス混合室の上面に、貫通する複数個のガス噴出口を備えた複数のセラミック製プレートを、排気筒32側を避けて略コ字状に装着してなるシュバンク式バーナーであり、正面パネル22の操作ボタン23や火力調節レバー24により操作される。
【0012】該グリル庫31の開口した前面には、耐熱性ガラスが組み込まれたグリル扉34が装着される。該グリル扉34は、枠材34aを備えかつグリル庫31の前後方向に摺動自在であって、グリル庫31に着脱自在である。グリル扉34に着脱自在な枠材34aは後述するグリル皿35を支持し、グリル扉34の開閉に伴ってグリル皿35をグリル庫31から出し入れする役割を果たす。
【0013】グリル皿35は、スチール製薄板を略長方形の皿状でかつその周囲に水平なつば部35aが形成されるようにプレス成形した後、ホーロー等の仕上塗装を施したものである。それと同時に、グリル皿35の底板の四隅には、焼き網36を支持するため、その底板から突出した略長方形の焼き網支持部35bが形成されている。グリル庫31内で魚等の被調理物を保持する焼き網36の前後の端部には、網面に対して直角に延びる支持部材36aが設けられ、その端部を、グリル皿35の底板の焼き網支持部35bに載置した後、焼き網36はグリル皿35とともにグリル庫31に収納される。
【0014】図3(a)及び図3(b)を参照して、グリル庫31の底板31aのほぼ中央部には、略長方形でかつグリル庫31の下方向に見て凸状の突出部37が一体的に形成されている。該突出部37の面積はグリル皿の底板の面積より小さく形成されている。また、突出部の平坦部37aには複数個の隆起部37bが形成され、その頂部には空気孔37cが開設されている。該隆起部37bの高さは、例えば、調理者がグリル皿35をグリル庫31から出し入れする際に誤ってグリル皿内の水を溢した場合、突出部に流れ込んだ水が空気孔37cを介してコンロ器体内部に漏れ出すことが防止できかつグリル扉を介してグリル皿をグリル庫から出し入れする際にグリル皿と接触しない範囲であれば定寸自在である。また、本発明の実施の形態では、グリルバーナー33が、複数のセラミック製プレートを排気筒32側を避けて略コ字状に装着してなるものだから、グリル使用時、グリル皿の前側がグリルバーナー33からの輻射熱を受けて温度が高くなる。そのため、隆起部37bは、グリル皿35の前側に集中させて配置されている。これにより、グリル皿35全体の均等な冷却が可能になる。
【0015】次に、本発明のグリル3での被調理部の調理時におけるグリル皿35の冷却作用について説明する。
【0016】先ず、焼き網36上に魚等の被調理物を載置し、該焼き網36を支持するグリル皿35とともにグリル庫31に収納する。そして、グリルバーナー33を点火、着火して調理を開始する。この状態で調理が進むと、排気筒32を介して排出される熱排気流により排気筒32の領域に負圧が発生する。この負圧に伴う庫内ドラフト作用により上昇気流が誘引される。そのため、グリル庫31の突出部37の平坦部37aに形成した隆起部37bの各空気孔37cからコンロ器体2a内部の空気が吸込まれる。この場合、空気は、グリル皿35に垂直な方向から吸込まれ、直接グリル皿35の底面に衝突するため、十分かつ均等なグリル皿の冷却が可能になる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013