Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
グリル - リンナイ株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> リンナイ株式会社

発明の名称 グリル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−190423(P2001−190423A)
公開日 平成13年7月17日(2001.7.17)
出願番号 特願2000−1519(P2000−1519)
出願日 平成12年1月7日(2000.1.7)
代理人 【識別番号】100060025
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 欣一 (外3名)
【テーマコード(参考)】
4B040
【Fターム(参考)】
4B040 AA03 AB03 AC02 AD04 CA02 CA15 EA08 NA03 NA11 NA13 
発明者 戸田 裕 / 山根 賢哉
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 グリル庫の底部に、被調理物の調理時に発生する焼汁を収容するグリル皿が、グリル庫内で被調理物を載置する焼き網の下方に位置して収納されるグリルにおいて、グリル庫の底部に、該グリル庫から下方に突出しかつ少なくともグリル庫の前面側及び後面側に外気と連通する複数個の空気孔が開設された突出部を設け、グリル庫へのグリル皿の収納時、該突出部とグリル庫内部とがグリル皿により隔絶されることを特徴とするグリル。
【請求項2】 前記グリル皿がその周囲につば部を備え、グリル庫へのグリル皿の収納時、グリル皿のつば部が少なくともグリル庫の後壁及び両側壁に当接することを特徴とする請求項1記載のグリル。
【請求項3】 前記グリル皿底板の裏面にシール部材を取付けるとともに、該シール部材が画成する面積を突出部の面積より大きくすることで、グリル庫へのグリル皿の収納時、グリル皿のシール部材がグリル庫の底部に当接することを特徴とする請求項1記載のグリル。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガスコンロ等に一体的に組み込まれ、かつグリル庫の底部に、被調理物の調理時に発生する焼汁を収容するグリル皿が、グリル庫内で被調理物が載置される焼き網の下方に位置して格納されるグリルに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種のグリルは、例えば、ガスコンロに一体的に組み込まれ、焼き網に載置された被調理物を加熱調理するのに使用される。該グリルは、ガスコンロの天板の排気口に連通する排気筒を有するグリル庫と、該グリル庫の天井部に取付けられたグリルバーナーとを備えるとともに、被調理物を加熱調理した場合に生じる脂、水等の焼汁を収容するため、グリル庫の底部にはグリル皿が焼き網の下方に位置して収納される。
【0003】ところで、グリルでの被調理物の調理中に被調理物から生じた焼汁は、直接或いは焼き網を介して該グリル皿に落下し、溜められるが、この状態でさらに調理を進めると、その焼汁へのバーナーの火炎の輻射によってバーナーの火炎がその焼汁に引火する場合があった。そのため、調理時、グリル皿を冷却する必要があり、この場合、グリル皿に水を入れて使用していた。
【0004】グリル皿を冷却する方法として、特開平3−13740号公報から、グリル庫の前面及び底部に空気孔を設けるとともに、その底部に収納されるグリル皿をグリル庫の後方に向かって上向きに傾斜して形成することで、グリルバーナー使用時の庫内ドラフトに伴って、それらの空気孔から吸込まれる空気でグリル皿を空冷するように構成したグリルが知られている。また、特開平3−11241号公報から、グリル庫の底部に突起を設け、グリル庫に収納されるグリル皿をその突起に載置することで、グリル皿とグリル庫の底部との間に一定の空隙を設けて第1空気通路を形成するとともに、グリル庫の外底面に板状形成体を設けることで、グリル庫の外底面との間に、第1空気通路並びに排気筒に連通する第2空気通路を形成し、グリル皿を冷却するように構成したグリルが知られている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述のグリルでは、庫内ドラフトにより、グリル庫の前面及び下面の空気孔から吸込まれた空気が排気筒に直接流れるか、またはグリル庫を経て排気筒に流れるため、それに伴ってグリル庫内の温度を部分的に低下させる。その結果、被調理物の焼き性能が低下する、という問題があった。
【0006】そこで本発明は、グリル庫内の熱分布を維持できるとともに、グリル皿のみが冷却されるように構成したグリルを提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するために本発明は、グリル庫の底部に、被調理物の調理時に発生する焼汁を収容するグリル皿が、グリル庫内で被調理物を載置する焼き網の下方に位置して収納されるグリルにおいて、グリル庫の底部に、該グリル庫から下方に突出しかつ少なくともグリル庫の前面側及び後面側に外気と連通する複数個の空気孔が開設された突出部を設け、グリル庫へのグリル皿の収納時、該突出部とグリル庫内部とがグリル皿により隔絶されることを特徴とする。
【0008】グリル使用時、グリルバーナーからの熱排気流は排気筒を経て外気へと排出されるが、この場合、グリル庫の排気筒は加熱されて高温になっているため、該排気筒後側の空間内の空気には対流による上昇気流が生じる。その結果の負圧発生により、グリル庫底部には、グリル庫前方から後側への空気の流れが生じる。
【0009】そこで、本発明は、グリル庫の底部に、該グリル庫から下方に突出しかつ少なくともグリル庫の前面側及び後面側に外気と連通する複数個の空気孔が開設された突出部を設けたので、上記空気の流れに伴って、該突出部の前面の空気孔から突出部内に吸込まれた空気が突出部の後側の空気孔を通って排出されるという空気の流れが生じるとともに、グリル庫前面の間隙から吸込まれた空気が、グリル皿の下側を経て突出部の後側の空気孔へ流れる。これにより、該突出部を流れる空気でグリル皿が冷却される。また、グリル皿をグリル庫に収納することで、空気流が発生する突出部内とグリル庫内部とを隔絶したので、その空気流はグリル庫内部に流入しない。これにより、グリル庫内の温度を低下させず、グリル庫内の熱分布が良好に維持され、被調理物の焼き性能を低下させない。
【0010】また、グリル庫へのグリル皿の収納時、該突出部とグリル庫内部とをグリル皿により隔絶する場合、前記グリル皿がその周囲につば部を備え、グリル庫へのグリル皿の収納時、グリル皿のつば部が少なくともグリル庫の後壁及び両側壁に当接するように構成するか、または、前記グリル皿底板の裏面にシール部材を取付けるとともに、該シール部材が画成する面積を突出部の面積より大きくすることで、グリル皿のシール部材がグリル庫の底部に当接するように構成することが好ましい。
【0011】
【発明の実施の形態】図1は本発明のグリルが一体的に組み込まれたガスコンロの斜視図である。図2は図1のII−II線に沿った断面図である。図1及び図2に示すように、魚等の被調理物を調理するグリル1は、両端の正面パネル21に取付けられたバーナー等の操作ボタン22や火力調節レバー23と、コンロ器体の天板24の開口部25に臨ませて設けられた2個のコンロバーナー26とを備えたガスコンロ2の中央部に、即ち、天板24の下側であって、両端の正面パネル21の間に位置するように一体的に組み込まれている。該グリル1は略直方体形状であって、スチール製のグリル庫11を備えている。グリル庫11の後側には、ガスコンロ2の天板24に設けられた排気口28に連通する排気筒5が備えられている。また、グリル庫11の天井部には、被調理物を調理するグリルバーナー14が取付けられている。該グリルバーナー14は、ガス混合室の上面に、貫通する複数個のガス噴出口を備えたセラミック製プレートを装着してなるシュバンク式バーナーである。
【0012】該グリル庫11の開口した前面には、耐熱性ガラスが組み込まれたグリル扉12が装着される。該グリル扉12は、枠材13を備えかつガスコンロ2の前後方向に摺動自在であって、グリル庫11に着脱自在である。グリル扉12に着脱自在な枠材13は後述するグリル皿3を支持し、グリル扉12の開閉に伴ってグリル皿をグリル庫11から出し入れする役割を果たす。
【0013】グリル庫11の底部に収納されるグリル皿3は、スチール製薄板を略長方形の皿状でかつその周囲に水平なつば部31が形成されるようにプレス成形した後、ホーロー等の仕上塗装を施したものである。それと同時に、グリル皿3の底板32の四隅には、焼き網4を支持するため、その底板32から突出した略長方形の焼き網支持部33が形成される。また、水平のつば部31の端部には、該つば部に直角であって、グリル皿3の下方に延出する隔絶部34が形成されている。尚、グリル皿3は、該グリル皿3をグリル庫11の所定の位置に収納した時、グリル皿3の隔絶部34がグリル庫の両側壁及び後壁と当接するように、定寸されている。これにより、グリル庫11内部と後述するグリル11庫底部の突出部6とが隔絶される。この場合、該隔絶部34をグリル皿内に案内するための、案内溝をグリル皿3の両側壁に形成することもできる。また、グリル庫11へのグリル皿3の収納時、後述するグリル庫底部の突出部6をグリル庫11から隔絶するために、グリル皿3の底板の裏側にシール部材を取付けることもできる。この場合、該シール部材は、耐熱性及び難燃性を有する材料から形成する。
【0014】グリル庫11内で被調理物を保持する焼き網4の前後の端部には、網面に対して直角に延びる支持部材41が備えられ、その端部を、グリル皿3の底板の焼き網支持部33に載置した後、焼き網4はグリル皿3とともにグリル庫に収納される。
【0015】図3には、グリル庫11の底部の上面図が示されている。図3に示すように、グリル庫11の底部のほぼ中央部には、略長方形で、かつグリル庫11の下方向に見て凸状の突出部6が一体的に形成されている。該突出部6の面積は、グリル皿3の底板32の面積より小さく形成されている。また、突出部6の側壁61には、その外周面全体に渡って略長方形の複数個の空気孔62が開設されている。また、グリル皿3の底部にシール部材を取付けて突出部6をグリル庫11から隔絶する場合、突出部6の面積は、そのシール部材が画成する面積より小さく形成される。
【0016】次に、本発明のグリルでの被調理部の調理時におけるグリル皿3の冷却について説明する。
【0017】先ず、焼き網4上に魚等の被調理物を載置し、該焼き網4を支持するグリル皿3とともにグリル庫11に収納する。この場合、グリル庫11底部の突出部6は、グリル皿3の隔絶部34がグリル庫11の壁部に当接することによってグリル庫11内部から隔絶される。そして、グリルバーナー14を点火、着火して調理を開始する。この状態で調理が進むと、グリルバーナー14からの熱排気流は排気筒5を経てガスコンロ2の排気口28へと排出される。この時、グリル庫の排気筒5は加熱されて高温になるため、グリル庫11の排気筒5の後側と、ガスコンロ2の背板27との間の空間29の空気には対流による上昇気流が生じる。その結果の負圧発生により、グリル庫11底部には、グリル庫11前方から後側への空気の流れが生じる。そのため、グリル庫11底部の突出部6には、その側壁61に開設されたグリル庫11の前面及び側面の空気孔62から吸込まれた空気が、グリル庫11の後側の空気孔62を通って排出されるという空気の流れが生じる。それと同時に、グリル庫11と、その前面に装着されたグリル扉12との間隙から空気が吸込まれるが、グリル皿3の隔絶部34がグリル庫11の壁部に当接し、突出部6とグリル庫11とが隔絶されているので、その空気は、グリル皿3の下側を経て突出部6の後側の空気孔62へと流れる。これによって、グリル使用中、グリル皿3が冷却される。その際、空気流が発生する突出部6とグリル庫11とは、グリル皿3の隔壁部34で隔絶されているので、その突出部6に流入した空気は、グリル庫11内部へ流入しない。これにより、グリル庫内の温度を低下させず、グリル庫内の熱分布が良好に維持され、被調理物の焼き性能は低下しない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013