米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 衣類 -> 株式会社アズ

発明の名称 シャツ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2001−164401(P2001−164401A)
公開日 平成13年6月19日(2001.6.19)
出願番号 特願平11−351780
出願日 平成11年12月10日(1999.12.10)
代理人 【識別番号】100064584
【弁理士】
【氏名又は名称】江原 省吾 (外3名)
発明者 東 俊一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 前身頃では側胴部から袖付け部の脇下部まで、後身頃では側胴部から外側肩部までの領域の伸縮性を大きく構成し、前身頃及び後身頃の残部の領域の伸縮性を小さく構成したことを特徴とするシャツ。
【請求項2】 前身頃と後身頃との伸縮性を大きくした領域を連続した生地で構成したことを特徴とする請求項1記載のシャツ。
【請求項3】 伸縮性を大きく構成した領域と小さく構成した領域との生地を、伸縮性の異なる生地で構成したことを特徴とする請求項1又は2に記載のシャツ。
【請求項4】 伸縮性を大きく構成した領域と小さく構成した領域との生地を、同一生地で構成すると共に、前者領域をバイアスに裁断した生地で構成したことを特徴とする請求項1又は2に記載のシャツ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、着心地の快適性と運動機能性とを改善したシャツに関するものである。
【0002】
【従来の技術】シャツを着用する人体の上半身の皮膚は、人体の姿勢や動作によって伸縮するが、その伸縮の度合いが各部で異なっている。例えば、腕の上下動作や左右交差、或いは、上半身の左右への捻り、前屈動作等によって側胴部から腋窩部及び肩甲骨部(背中の左右側部)の皮膚が比較的に大きく伸縮するが、前面胸部を含む前面上半身及び背中の中央部の皮膚の伸縮は比較的に少ない。
【0003】それにも拘らず、従来のシャツは、前後の身頃生地を含めた全体をクレープ生地やメリヤス生地、ニット生地等の同一生地で構成している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】従来のシャツは、人体の姿勢や動作による上半身各部の皮膚の伸縮の差に基づいた構成にはなっておらず、着心地の快適性と運動機能性とが中途半端なものとなっている。そのため、ゆとりを大きく採り過ぎると、着心地の快適性が損われ、ゆとりが小さいと運動機能性が損われる不具合があった。なお、従来、スポーツウエア等において、側胴部から腋窩部を経て袖部の内側に至る部分を伸縮性のある布地で構成したものがあるが、これであると、腕を左右に交差させた場合や、上半身を左や右に捻った場合、シャツの背中側に引き攣れが生じる欠点があり、ゆとりを大きくすると、だぶつきにより外観性が低下する不具合があった。
【0005】本発明は、着心地の快適性と運動機能性の両方を向上させ得るシャツを提供することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成すべく、本発明のシャツは、前身頃では側胴部から袖付け部の脇下部まで、後身頃では側胴部から外側肩部までの領域の伸縮性を大きく構成し、前身頃及び後身頃の残部の領域の伸縮性を小さく構成したことを特徴とする。この構成により、人体上半身の皮膚の伸縮率の大きい部分の動作(例えば、腕を左右交差させる動作、上半身を左右に捻じる動作、腕を上下左右に振る動作等)を軽快円滑にし、また、皮膚の伸縮が少ない部分に対しては、伸縮性を小さく構成して、生地の伸縮性による負荷が余分にかかることを防止でき、しかも、皮膚の伸縮の比較的に少ない前身頃と後身頃中央部とは伸縮性を小さく構成してあるため、形態保持機能を維持させ得てシルエットの崩れを防止でき、また、過大なゆとりによるだぶつきや過小なゆとりによる引き攣れがなく、適度にフィットして着心地の快適性と運動機能性の両方を向上させることができる。
【0007】また、本発明のシャツは、前身頃と後身頃との伸縮性を大きくした領域を連続した生地で構成したことを特徴とする。この構成により、生地の裁断及び縫製作業を容易化できる。
【0008】さらに、本発明のシャツは、伸縮性を大きく構成した領域と小さく構成した領域との生地を、伸縮性の異なる生地で構成したことを特徴とする。この構成により、大きい伸縮性を必要とする領域には伸縮性の大きい生地を、その他の領域には通常の生地を使用することができるため、着心地の快適性と運動機能性とに優れたシャツを安価に提供することができる。
【0009】また、本発明のシャツは、伸縮性を大きく構成した領域と小さく構成した領域との生地を、同一生地で構成すると共に、前者領域をバイアスに裁断した生地で構成したことを特徴とする。この構成により、外観向上が図れ、着心地の快適性と運動機能性とに優れたシャツを一層安価に提供することができる。
【0010】
【発明の実施の形態】図1の(A)は本発明に係るシャツの概略正面図、(B)は概略背面図である。
【0011】本発明のシャツは、図1の(A)(B)に示すように、前身頃1では側胴部a、aから袖付け部b、bの脇下部c、cまでの領域1a、1a、後身頃2では側胴部a、aから外側肩部d、dまでの領域2a、2aの伸縮性を大きく構成し、前身頃1及び後身頃2の残部の領域1b、2bの伸縮性を小さく構成したものである。
【0012】上記前身頃1と後身頃2との伸縮性を大きくした領域1a、2aは、一連に連続した生地で構成するのが好ましい。しかし、分離して構成し、縫合してもよい。
【0013】本発明のシャツの実施例の1つは、伸縮性を大きく構成した領域1a、2aと小さく構成した領域1b、2bとの生地を、伸縮性の異なる生地で構成する。この場合、伸縮性の大きい生地としては、メッシュ生地(網目を大きくした編み物生地)、伸縮糸(スパンデックス糸等)を使用した伸縮布地等をバイアスに裁断して使用する。そして、伸縮性の小さい生地としては、従来からシャツに使用されているクレープ地、メリヤス地、ニット地等の一方向伸縮性生地が使用される。
【0014】また、本発明のシャツの他の実施例としては、伸縮性を大きく構成した領域1a、2aと小さく構成した領域1b、2bとの生地を、同一生地で構成すると共に、前者領域をバイアスに裁断した生地で構成する。この場合に使用する生地としては、クレープ地、メリヤス地、ニット地等の一方向伸縮性生地が好ましい。
【0015】次に、生地の裁断及び縫製方法について説明する。本実施例では、前身頃1と後身頃2とについて、伸縮性を大きく構成する領域1a、2aと小さく構成する領域1b、2bとに分けてカットした型紙を製作して、この型紙に沿って前記した生地を裁断する。この場合、伸縮性を大きく構成する領域1a、2aは、前身頃1と後身頃2で分離して裁断することも可能であるが、一連に連続した状態に展開した型紙を製作し、この型紙に沿って生地を裁断する(このようにすれば、縫製工数を少なくできる)。このようにして生地を裁断した後、縫合作業に移行する。縫合の手順は、例えば、次のようにする。先ず、前身頃1の両側に伸縮性を大きく構成する領域1a、1aの生地を袖付け部b、bの脇下部c、cから側胴部a、aに向けて前縫合線3、3で縫合し、続いて、後身頃2の両側に伸縮性を大きく構成する領域2a、2aの生地を側胴部a、aから外側肩部d、dに向けて後縫合線4、4で縫合する。上記領域1a、2aは一連に連続して裁断してあるので、この後、前身頃1と後身頃2とを両側の肩部縫合線5、5及び両側下部縫合線6、6に沿って縫合する。縫合手順は、上記順序を変えて実施してもよい。そして、首回りに適宜の襟生地7を縫着し、両側の袖口に適宜の袖生地8、8を縫着する。本実施例は半袖を示しているが、七分袖や長袖でもよい。なお、本発明は、下着、中衣、外衣、スポーツウエアやワーキングウエアにも適用可能である。
【0016】
【発明の効果】請求項1の発明によれば、人体上半身の皮膚の伸縮率の大きい部分の動作(例えば、腕を左右交差させる動作、上半身を左右に捻じる動作、腕を上下左右に振る動作等)を軽快円滑にし、また、皮膚の伸縮が少ない部分に対しては、伸縮性を小さく構成して、生地の伸縮性による負荷が余分にかかることを防止でき、しかも、皮膚の伸縮の比較的に少ない前身頃と後身頃中央部とは伸縮性を小さく構成してあるため、形態保持機能を維持させ得てシルエットの崩れを防止でき、また、過大なゆとりによるだぶつきや過小なゆとりによる引き攣れがなく、適度にフィットして着心地の快適性と運動機能性の両方を向上させることができる。
【0017】また、請求項2の発明によれば、生地の裁断及び縫製作業を容易化できる。
【0018】さらに、請求項3の発明によれば、着心地の快適性と運動機能性とに優れたシャツを安価に提供することができる。
【0019】また、請求項4の発明によれば、外観向上が図れ、着心地の快適性と運動機能性とに優れたシャツを一層安価に提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013