米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 繊維;紙;印刷 -> 株式会社リコー

発明の名称 2色感熱記録材料
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2000−79765(P2000−79765A)
公開日 平成12年3月21日(2000.3.21)
出願番号 特願平10−265799
出願日 平成10年9月4日(1998.9.4)
代理人 【識別番号】100105681
【弁理士】
【氏名又は名称】武井 秀彦
【テーマコード(参考)】
2H026
【Fターム(参考)】
2H026 AA11 BB02 BB30 DD02 DD34 DD45 DD53 FF01 
発明者 久郷 智之 / 角田 朋尚 / 金子 義一 / 宮本 修二 / 秋本 猛
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 支持体上に発色物質である無色又は淡色の発色色調の異なる2種類のロイコ染料と、加熱時反応して該ロイコ染料を発色せしめる顕色剤を主成分とする感熱発色層があり、該感熱発色層のどちらか一方のロイコ染料がワックスにてカプセル化されていることを特徴とする2色感熱記録材料。
【請求項2】 該ワックスの融点が100〜150℃であることを特徴とする請求項1の2色感熱記録材料。
【請求項3】 該感熱発色層中に増感剤が含有されていることを特徴とする請求項1の2色感熱記録材料。
【請求項4】 該感熱発色層の顕色剤としてビス(3−アリル−4−ヒドロキシフェニル)スルフォンを用いることを特徴とする請求項1の2色感熱記録材料。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は感熱記録材料に関し、更に詳しくは2色分離性に優れた2色感熱記録材料に関するものである。
【0002】
【従来の技術】無色又は淡色の発色性物質と該発色性物質を熱時発色させうる顕色性物質を利用した感熱記録材料は特公昭43−4160号公報、特公昭45−14039号公報等で知られ、広く実用化されている。一般に、感熱記録材料は、ロイコ染料とフェノール性物質等の顕色剤をそれぞれ別個に微粒子状に分散化した後、両者を混合し、これに結合剤、増感剤、充填剤、滑剤等の添加剤を添加して塗液となし、紙、フィルム、合成紙等の支持体に塗布したもので、加熱によりロイコ染料と顕色剤の一方又は両者が溶融、接触して起こる化学反応により発色記録を得るものであり、通常シート状の感熱記録材料が調製される。このような感熱記録シートの発色のためにはサーマルヘッドを内蔵したサーマルプリンタ等が用いられる。この感熱記録法は他の記録法に比較して、(1)記録時に騒音が出ない、(2)現像定着等の必要がない、(3)メンテナンスフリーである、(4)機械が比較的安価である等の特徴により、ファクシミリ分野、コンピュータのアウトプット、電卓等のプリンタ分野、医療計測用のレコーダー分野、自動券売機分野、感熱記録型ラベル分野等に広く用いられている。
【0003】これらの分野の中で、特に食品POSラベルにおいてPOP文字の色を変えて印字することにより、販売促進を図る試みがあり、2色発色感熱記録材料への要望が強まっている。従来の2色発色感熱記録材料は、一般に紙やフィルムなどの支持体上に異なった発色エネルギーで異なった色調に発色する2種の高温及び低温の発色層を重ねて形成したものであって、大別すると次の2種類に分けられる。その一つは高温発色層を発色させる場合には混色して低温発色層の色調とは異なる色調を得る方法であり、他の一つは高温発色層を発色せる場合には低温発色層を消色する消色剤を用いて低温発色層の発色を抑え、高温発色層の色調を得るものである。消色剤を用いるタイプは、単に積層した混色タイプに比べて機構が複雑であり、また消色剤が経時で作用し、発色濃度の低下や、記録保存性に問題があった。また、積層タイプにおいても第一発色層の感度が遅く、高速化したラベルプリンタとのマッチングに支障があったり、水浸漬試験などにおいて第一発色層が第二発色層によって隠蔽されてしまい、本来の色調を失うといった問題があった。
【0004】一方、混色積層を用いたタイプは、混色の程度が印字条件で変化するので、一定の安定した色調の画像が得られにくいという欠点があった。また、高温印字の場合には、その周辺部に必ず低温印字のときと同じ温度の領域が生じるため、高温印字画像の周辺に低温発色領域が生じるという欠点があった。一般に、この現象は隈取り又はニジミと言われ、画像の鮮明さを損なう原因となっていた。また、消色剤及び混色を利用したタイプの2色感熱記録材料は、多層構成により成り立っているため、製造工程での歩留まりの低下、品質管理の難しさ等がつきまとっている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、上記欠点を改良した2色分離性に優れた2色感熱記録材料を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明者等は上記の欠点を改良すべく鋭意研究を重ねた結果、本発明を完成するに至った。即ち、本発明は支持体上に発色物質である無色又は淡色の発色色調の異なる2種類のロイコ染料と、加熱時反応して該ロイコ染料を発色せしめる顕色剤を主成分とする感熱発色層があり、該感熱発色層のどちらか一方のロイコ染料がワックスにてカプセル化されていることにより構成されている。更に、本発明の効果を上げるためには、該ワックスの融点を100〜150℃に限定したり、感熱発色層中へ増感剤を添加し、顕色剤としてビス(3−アリル−4−ヒドロキシフェニル)スルフォンを用いる等により、一層の2色分離性が向上する。
【0007】本発明における2色感熱記録材料は、支持体上に発色色調の異なる2種のロイコ染料と、顕色剤を基本成分とする感熱発色層により構成され、2種のロイコ染料で発色画像の強い色調をもつ方をワックスによりカプセル化させることで2色分離性を向上できる。
【0008】本発明の発色機構を詳細に説明する。例えば、黒ロイコ染料、赤ロイコ染料、顕色剤で黒ロイコ染料をワックスによりカプセル化させてなる感熱層を支持体上に設けられた2色感熱記録材料を作成する。その感熱面へ熱ヘッドから低エネルギーをかけることで、まず、赤ロイコ染料と顕色剤の反応により赤画像が形成される。続いて熱ヘッドから高エネルギーをかけることで黒ロイコ染料の外壁ワックスカプセルが溶融し、黒ロイコ染料が現われる。そこで黒ロイコ染料と赤ロイコ染料の両方が顕色剤と反応し黒画像が形成される。以上により、赤画像と黒画像がヘッドエネルギー差により鮮明に形成され、前記従来技術課題であった消色剤を用いたときの保存性低下、混色積層したときの低温発色画像の縁取りやニジミ、多層構成による製造工程の不具合など解消できる。本発明の目的である2色分離性をさらに向上させるために、例えば、ロイコ染料カプセル壁剤であるワックスの融点を100〜150℃に限定することで2色分離性が更に向上する。これは、例えばワックス融点が100℃以下の低い温度であるとカラー(例えば赤、黄、ライトブルーなどの淡い色)ロイコ染料の溶融とワックスの溶融の差が小さくなって分離性効果が小さくなり、また、逆に150℃以上であると黒発色感度が徐々に遅くなりヘッドエネルギーへの付加が大きくなり易くなる。
【0009】別の手段として、2色分離性を向上させるためには、さらに感熱層中に増感剤を含有させる手段がある。これによりワックスカプセル化された黒ロイコ染料に影響を与えることなく、カラーロイコの発色感度を早めて2色分離性を向上させるという考え方である。
【0010】本発明に用いる顕色剤として様々なものが使用できるが、ビス(3−アリル−4−ヒドロキシフェニル)スルフォンの顕色剤を用いることでカラー発色画像をより一層鮮やかにすることができる。また、本発明によれば、発色層の感度を上げるために、中空粒子を主成分とするアンダー層を設けることも可能である。中空粒子としては、通常の感熱記録材料で用いられているものが利用可能であり、乾燥時の重量が2〜10g/m2、好ましくは2.5〜7g/m2の範囲で設けることができる。保護層は通常の感熱記録材料と同様な材料を用いることが可能であり、2〜8g/m2、好ましくは2.5〜5g/m2の範囲で設けられる。必要に応じて感熱裏面に磁気記録層等を設けることもできる。
【0011】ロイコ染料をカプセル化させるワックスの例として、例えば、動植物性ワックス、合成ワックスなどのワックス類や、高級脂肪酸、高級脂肪酸アミド、高級脂肪酸アニリド、芳香族アミンのアセチル化物などである。中でも本発明によれば、第一発色層の水浸漬時の保存安定性のためには、パラフィンワックスが最も適している。他のワックス類としては、例えば木ろう、カルナウバろう、シェラック、モンタンろう、酸化パラフィン、ポリエチレンワックス、酸化ポリエチレン等が、高級脂肪酸としては、例えばステアリン酸、ベヘン酸等が、高級脂肪酸アミドとしては、例えば、ステアリン酸アミド、オレイン酸アミド、N−メチルステアリン酸アミド、エルカ酸アミド、メチロールベヘン酸アミド、メチロールステアリン酸アミド、メチレンビスステアリン酸アミド、エチレンビスステアリン酸アミド等が、高級脂肪酸アニリドとしては、例えばステアリン酸アニリド、リノール酸アニリド等が、芳香族アミンのアセチル化物としては、例えばアセトトルイジド等がある。
【0012】ワックスカプセルに内包される発色性化合物の例としては、一般に、感圧記録紙や感熱記録紙に用いられている青色・緑色ないし黒色に発色するものの中から選ばれるが、食品POSに活用する目的からは、黒色に発色するものが最も好ましい。その具体例としては、例えば、フルオラン系化合物、トリアリールメタン系化合物、ズピロ系化合物、ジフェニルメタン系化合物、チアジン系化合物、ラクタム系化合物、フルオレン系化合物等が挙げられるが、好ましくはそれらの吸収スペクトルの特性が550〜1000nm間に少なくとも1個以上の極大吸収波長を有するものがよい。
【0013】このうちフルオラン系化合物としては、例えば、3−ジエチルアミノ−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−ジブチルアミノ−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−(N−メチル−N−シクロヘキシルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−(N−エチル−N−イソペンチルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−(N−イソブチル−N−エチルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−[N−エチル−N−(3−エトキシプロピル)アミノ]−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−(N−エチル−N−ヘキシルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−ジペンチルアミノ−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−(N−メチル−N−プロピルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−(N−エチル−N−テトラヒドロフリルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−ジエチルアミノ−6−メチル−7−(p−クロロアニリノ)フルオラン、3−ジエチルアミノ−6−メチル−7−(p−フルオロアニリノ)フルオラン、3−(p−トルイジノエチルアミノ)−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−ジエチルアミノ−6−メチル−7−(p−トルイジノ)フルオラン、3−ジエチルアミノ−7−(3,4−ジクロロアニリノ)フルオラン、3−ピロリジノ−6−メチル−7−アニリノフルオラン、3−ジエチルアミノ−6−クロロ−7−エトキシエチルアミノフルオラン、3−ジエチルアミノ−6−クロロ−7−アニリノフルオラン、3−ジエチルアミノ−7−フェニルフルオラン、3−(p−トルイジノエチルアミノ)−6−メチル−7−フェネチルフルオラン等が挙げられる。
【0014】また、トリールメタン系化合物としては、例えば、3,3−ビス(p−ジメチルアミノフェニル)−6−ジメチルアミノフタリド(別名:クリスタルバイオレットラクトン又はCVL)、3,3−ビス(p−ジメチルアミノフェニル)フタリド、3−(p−ジメチルアミノフェニル)−3−(1,2−ジメチルアミノインドール−3−イル)フタリド、3−(p−ジメチルアミノフェニル)−3−(2−メチルインドール−3−イル)フタリド、3−(p−ジメチルアミノフェニル)−3−(2−フェニルインドール−3−イル)フタリド、3,3−ビス(1,2−ジメチルインドール−3−イル)−5−ジメチルアミノフタリド、3,3−ビス(1,2−ジメチルインドール−3−イル)−6−ジメチルアミノフタリド、3,3−ビス(9−エチルカルバゾール−3−イル)−5−ジメチルアミノフタリド、3,3−(2−フェニルインドール−3−イル)−5−ジメチルアミノフタリド、3−p−ジメチルアミノフェニル−3−(1−メチルピロール−2−イル)−6−ジメチルアミノフタリド等が挙げられる。
【0015】更に、スピロ系化合物としては、例えば、3−メチルスピロジナフトピラン、3−エチルスピロジナフトピラン、3,3’−ジクロロスピロジナフトピラン、3−ジベンジルスピロジナフトピラン、3−プロピルスピロベンゾピラン、3−メチルナフト−(3−メトキシベンゾ)スピロピラン、1,3,3−トリメチル−6−ニトロ−8’−メトキシスピロ(インドリン−2,2’−ベンゾピラン)等が挙げられる。
【0016】また、ジフェニルメタン系化合物としては、例えば、N−ハロフェニル−ロイコオーラミン、4,4−ビス−ジメチルアミノフェニルベンズヒドリルベンジルエーテル、N−2,4,5−トリクロロフェニルロイコオーラミン等が挙げられる。
【0017】また、チアジン系化合物としては、例えば、ベンゾイルロイコメチレンブルー、p−ニトロベンゾイルロイコメチレンブルー等が、ラクタム系化合物としては、例えば、ローダミンBアニリノラクタム、ローダミンB−p−クロロアニリノラクタム等が、フルオレン系化合物としては、例えば、3,6−ビス(ジメチルアミノ)フルオレンスピロ(9,3’)−6’−ジメチルアミノフタリド、3,6−ビス(ジメチルアミノ)フルオレンスピロ(9,3’)−6’−ピロリジノフタリド、3−ジメチルアミノ−6−ジエチルアミノフルオレンスピロ(9,3’)−6’−ピロリジノフタリド等が挙げられる。これらの発色性化合物は単独若しくは混合して用いられる。
【0018】第二感熱発色層に用いる赤系に発色するロイコ染料としては、例えば、3−ジエチルアミノ−6−メチル−7−クロロフルオラン、3−シクロヘキシルアミノ−6−クロロフルオラン、3−ジエチルアミノ−ベンゾ[α]フルオラン、3−ジブチルアミノ−ベンゾ[α]フルオラン、3−ジエチルアミノ−7−クロロフルオラン、3−ジエチルアミノ−7−メチルフルオラン、3−N−エチル−N−イソアミルアミノ−ベンゾ[α]フルオラン、3−N−エチル−N−p−メチルフェニルアミノ−7−メチルフルオラン、3−ジエチルアミノ−6,8−ジメチルフルオラン、3−ジブチルアミノ−6−メチル−7−ブロモフルオラン、3,6−ビス(ジエチルアミノフルオラン)−γ−(4’−ニトロ)アニリノラクタム、ビス(1−n−ブチル−2−メチルインドール−3−イル)フタリド、ビス(1−エチル−2−メチルインドール−3−イル)フタリド等が挙げられる。
【0019】更に、青色、緑色、黄色等に発色するロイコ染料も用いることが可能であり、例えば、3−(4−ジエチルアミノフェニル)−3−(1−エチル−2−メチルインドリル−3−イル)フタリド、3−(4−ジエチルアミノ−2−エトキシフェニル)−3−(1−エチル−2−メチルインドリル−3−イル)−4−アザフタリド、3−(4−ジエチルアミノフェニル)−3−(1−メチル−2−メチルインドリル−3−イル)フタリド、3−(4−ジエチルアミノ−2−メチルフェニル)−3−(1−エチル−2−メチルインドリル−3−イル)フタリド、3,3−ビス(4−ジメチルアミノフェニル)−6−ジエチルアミノフタリド、3,7−ビス(4−ジメチルアミノ)−10−ベンゾリルフェノラジン、3,3−ビス(4−ジエチルアミノ−6−エトキシフェニル)−4−アザフタリド、3−ジエチルアミノ−7−ジアニリノフルオラン、3−N−エチル−N−4−メチルフェニルアミノ−7−N−メチルアニリノフルオラン、3−ジエチルアミノ−7−N−ジベンジルアミノフルオラン、3,6−ジメトキシフルオラン、3,6−ジブトキシフルオラン等が挙げられる。
【0020】顕色性化合物も一般に感圧記録紙や感熱記録紙に用いられているものであればよく、特に制限されないが、第二発色層に用いる場合、発色性、色の再現性、保存安定性の観点から、ビス(3−アリル−4−ヒドロキシフェニル)スルホンを用いることが好ましい。他の具体例としては、例えば、α−ナフトール、β−ナフトール、p−オクチルフェノール、4−t−オクチルフェノール、p−t−ブチルフェノール、p−フェニルフェノール、1,1−ビス(p−ヒドロキシフェニル)ブロパン、2,2−ビス(p−ヒドロキシフェニル)ブロパン(別名:ビスフェノールA又はBPA)、2,2−ビス(p−ヒドロキシフェニル)ブタン、1,1−ビス(p−ヒドロキシフェニル)シクロヘキサン、4,4’−チオビスフェノール、4,4’−シクロヘキシリデンジフェノール、2,2’−(2,5−ジブロム−4−ヒドロキシフェニル)プロパン、4,4−イソプロピリデンビス(2−t−ブチルフェノール)、2,2’−メチレンビス(4−クロロフェノール)、4,4’−ジヒドロキシジフェニルスルホン、4−ヒドロキシ−4’−メトキシジフェニルスルホン、4−ヒドロキシ−4’−エトキシジフェニルスルホン、4−ヒドロキシ−4’−イソプロポキシジフェニルスルホン、4−ヒドロキシ−4’−ブトキシジフェニルスルホン、ビス−(4−ヒドロキシフェニル)酢酸メチル、ビス−(4−ヒドロキシフェニル)酢酸ブチル、ビス−(4−ヒドロキシフェニル)酢酸ベンジル、2,4−ジヒドロキシ−2’−メトキシベンズアニリド等のフェノール性化合物、p−ヒドロキシ安息香酸ベンジル、p−ヒドロキシ安息香酸エチル、4−ヒドロキシフタル酸ジベンジル、4−ヒドロキシフタル酸ジメチル、5−ヒドロキシイソフタル酸エチル、3,5−ジ−t−ブチルサリチル酸、3,5−ジ−α−メチルベンジルサリチル酸等の芳香族カルボン酸誘導体、芳香族カルボン酸又はその金属塩等が挙げられる。
【0021】また、感熱層中に必要に応じて感度向上の目的から増感剤と呼ばれる熱可融性化合物が使用される。用いうる熱可融性化合物の例としては、例えば、1−ベンジルオキシナフタレン、2−ベンジルオキシナフタレン、1−ヒドロキシナフトエ酸フェニルエステル等、1,2−ジフェノキシエタン、1,4−ジフェノキシエタン、1,2−ビス(3−メチルフェノキシ)エタン、1,2−ビス(4−メトキシフェノキシ)エタン等、1,2−ビス(3,4−ジメチルフェニル)エタン、1−フェノキシ−2−(4−クロロフェノキシ)エタン、1−フェノキシ−2−(4−メトキシフェノキシ)エタン等、p−ヒドロキシ安息香酸ベンジルエステル、p−ベンジルオキシ安息香酸ベンジルエステル、テレフタル酸ジベンジルエステル等、p−トルエンスルホン酸フェニルエステル、フェニルメシチレンスルホナート、4−メチルフェニルメシチレンスルホナート等、炭酸ジフェニル、シュウ酸ジベンジルエステル、シュウ酸ジ(4−メチルベンジル)エステル、シュウ酸ジ(4−クロロベンジル)エステル等、p−ベンジルビフェニル、p−アリルオキシビフェニル、p−アセチルビフェニル等、m−ターフェニル等が挙げられる。
【0022】アンダー層、発色層、中間層、保護層には必要に応じ結合剤、充填剤が使用される。用いうる充填剤の例としては、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、酸化マグネシウム、シリカ、ホワイトカーボン、タルク、クレー、アルミナ、水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム、酸化アルミニウム、硫酸バリウム、ポリスチレン樹脂、尿素−ホルマリン樹脂等が挙げられる。
【0023】結合剤の例としては、例えばメチルセルロース、メトキシセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、ナトリウムカルボキシメチルセルロース、セルロース、ポリビニルアルコール(PVA)、カルボキシル基変性ポリビニルアルコール、スルホン酸基変性ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、ポリアクリルアミド、ポリアクリル酸、デンプン及びその誘導体、カゼイン、ゼラチン、水酸化イソプレンゴム、スチレン/無水マレイン酸共重合体のアルカリ塩、イソ(又はジイソ)ブチレン/無水マレイン酸共重合体のアルカリ塩等の水溶性のもの或いはポリ酢酸ビニル、塩化ビニル/酢酸ビニル共重合体、ポリスチレン、ポリアクリル酸エステル、ポリウレタン、スチレン/ブタジエン(SB)共重合体、カルボキシル化スチレン/ブタジエン(SB)共重合体、スチレン/ブタジエン/アクリル酸共重合体、コロイダルシリカとアクリル樹脂の複合体粒子等の疎水性高分子エマルジョン等が挙げられる。
【0024】
【実施例】以下、本発明を実施例により具体的に説明するが、本発明がこれらに限定されるものではない。
実施例1<分散液A・・・カプセル染料生成> 3−(N−エチル−N−4−メチルフェニルアミノ)−6−エチル −7−アニリノフルオラン 5重量部 パラフィンワックス(融点70℃) 10重量部 ジクロールエタン 20重量部上記成分からなる混合液を、ホモミキサーで乳化し、W/O型のエマルジョンとして、更に10%ポリビニルアルコールを5部、水を85部加え、再度ホモミキサーにて乳化し、(W/O)/W型のエマルジョンとした。これを40℃に加温された水槽内で十分に溶剤分を飛ばして、カプセル染料分散液を生成した。
【0025】
<分散液B・・・カラー染料の生成> 3−ジエチルアミノ−7−クロルフルオラン 25重量部 10%ポリビニルアルコール 25重量部 水 50重量部上記成分からなる混合液をサンドミルを用いて平均粒径2〜3μmになるよう粉砕分散した。
【0026】
<分散液C・・・顕色剤の生成> 4−ヒドロキシ−4’−イソプロポキシジフェニルスルホン 25重量部 10%ポリビニルアルコール 25重量部 水 50重量部上記成分からなる混合液をサンドミルを用いて平均粒径2〜3μmになるよう粉砕分散した。
【0027】<感熱液Dの生成>分散液A 500重量部分散液B 100重量部分散液C 600重量部水 100重量部上記成分からなる混合液を十分に撹拌を行ない、感熱液を生成した。
【0028】坪量70g/m2の上質紙に、上記の感熱液を乾燥重量5.0g/m2になるように塗布し、次いで感熱面平滑度が1000秒になるようキャレンダー処理して2色感熱記録材料を得た。
【0029】実施例2分散液Aのワックスをステアリン酸亜鉛(融点140℃)にする以外は、実施例1と同様にして2色感熱記録材料を得た。
【0030】
実施例3<分散液E・・・増感剤の生成> p−メチルシュウ酸ジベンジル 25重量部 10%ポリビニルアルコール 25重量部 水 50重量部上記組成からなる混合液をサンドミルを用いて平均粒径2〜3μmになるよう分散して、実施例1の感熱液に100重量部の増感剤を添加した以外は、実施例1と同様にして2色感熱記録材料を得た。
【0031】実施例4実施例1の顕色剤4−ヒドロキシ−4’−イソプロポキシジフェニルスルホンをビス(3−アリル−4−ヒドロキシフェニル)スルホンに代えた以外は、実施例1と同様にして2色感熱記録材料を得た。
【0032】
比較例1<分散液F・・・増感剤の生成> 3−(N−メチル−N−4−メチルフェニルアミノ)−6−メチル −7−アニリノフルオラン 25重量部 10%ポリビニルアルコール 25重量部 水 50重量部上記成分からなる混合液をサンドミルを用いて平均粒径2〜3μmになるよう粉砕分散し、カプセル化をしないロイコ染料分散液を得た。
【0033】<感熱液Gの生成>分散液F 100重量部分散液B 100重量部分散液C 600重量部水 200重量部上記成分からなる混合液を十分に撹拌を行ない、感熱液を生成して、実施例1と同様の方法で2色感熱記録材料を得た。
【0034】比較例2<感熱液Hの生成>分散液B 100重量部分散液C 300重量部分散液E 200重量部水 150重量部<感熱液Iの生成>分散液F 100重量部分散液C 300重量部水 100重量部上記成分からなる混合液を十分に撹拌を行ない、2つの感熱液を生成した。
【0035】
<中間層液Jの生成> ステアリン酸亜鉛(30%分散液) 100重量部 水 150重量部上記成分からなる混合液を十分に撹拌を行ない、中間層液を生成した。
【0036】坪量70g/m2の上質紙に、感熱液Iを乾燥重量2.0g/m2になるように塗布し、次いで、中間層Jを乾燥重量が2.0g/m2になるように塗布し、更に、感熱液Hを乾燥重量が3.0g/m2になるように塗布し、感熱面平滑度が1000秒になるようキャレンダー処理して2色感熱記録材料を得た。
【0037】
比較例3<消色層液Kの生成> 4,4’−ジチオ−ジモルフォリン 18重量部 10%ポリビニルアルコール 80重量部 水 52重量部上記成分からなる混合液をボールミルで10時間分散して消色剤液を生成した。比較例2の中間層液Jの代わりに消色剤液Kを乾燥重量4.0g/m2になるように塗布した以外は、比較例2と同様にして、2色感熱記録材料を得た。
【0038】以上、実施例及び比較例により得られる2色感熱記録材料を用いて、動的発色濃度評価を実施した。
<テスト条件>サーマルヘッド抵抗 1284Ω記録密度 8dot/mm記録速度 4msec/lineプラテン圧 6kgf/lineヘッド入力 0.45w/dot赤発色 0.27mJ/dot黒発色 0.54mJ/dot濃度測定はマクベス濃度計(RD−514 フィルター V−106黒発色V−58赤発色)を使用した。また、上記印字により発色させた赤画像、黒画像を20℃、60%RHの常温湿下に1週間放置し、それぞれの画像変化を調べた。結果を表1に示す。
【0039】
【表1】

2色分離性ランク◎:赤発色部が鮮明である。
○:赤発色部に黒発色の混色がわずかに見られる。
△:赤発色部に黒発色の混色が認められるが色分離が可能である。
×:赤発色部に黒発色の混色が起こり色分離ができない。
【0040】
【発明の効果】以上、詳細かつ具体的な説明より明らかなように、本発明は2色の発色濃度も高く、画像の縁取りもなく、また、2色分離性も良好であり、消色剤を用いたときに見られるような画像消色がない2色感熱記録材料を提供できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013