米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 医学 -> ユニ・チャーム株式会社

発明の名称 使い捨て着用物品の可撓性シート
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2000−225144(P2000−225144A)
公開日 平成12年8月15日(2000.8.15)
出願番号 特願平11−29251
出願日 平成11年2月5日(1999.2.5)
代理人 【識別番号】100066267
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 吉治
【テーマコード(参考)】
3B029
4C003
4F100
【Fターム(参考)】
3B029 BB03 BB07 BB08 
4C003 BA03 BA04 BA06 BA08 HA00
4F100 AJ01B AK01A AK01B BA02 DC14A DD03A DG06B DG15B EC03B EC18B GB72 JB16B JD05 JK17 JL00 YY00A YY00B
発明者 高井 尚志 / 久中 隆行 / 八巻 孝一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 上面と下面とを有し、使い捨て着用物品に使用される可撓性シートであって、前記可撓性シートが、前記上面の一部を形成するプラスチックシートと、前記プラスチックシートの下面に接合して前記可撓性シートの上面の一部と下面とを形成する繊維集合体とからなり、前記プラスチックシートでは、0.001〜0.05mmの厚みと0.03〜1mmの幅とを有し一方向へ並行して延びる複数状の実質的に平坦な部分それぞれが、隣り合う該平坦な部分どうしの間に形成されて前記一方向へ延びる開孔部分によって隔てられており、隣り合う該平坦な部分どうしの互いに向かい合う縁部には、これら縁部の双方から延びて前記開孔を横断し、前記平坦な部分どうしを連結する架橋部分と、前記プラスチックシートの上面から立ち上がり、前記一方向へ向かって起伏を繰り返す概ね鋸歯状の起立部分とが形成され、前記繊維集合体は、その構成繊維が機械的な絡み合い、溶着および接着のいずれかによって一体となったものであり、熱可塑性合成繊維、化学繊維および天然繊維の少なくとも一つを含み、前記構成繊維の一部が、前記プラスチックシートの開孔部分から上方へ延びていることを特徴とする前記可撓性シート。
【請求項2】 前記開孔部分のうちの大多数が、0.05〜1mmの幅と、前記幅の1.5倍以上の長さとを有している請求項1記載の可撓性シート。
【請求項3】 前記架橋部分の縁部には、前記一方向と交差する方向へ向かっての起伏を有する概ね鋸歯状の第2の起立部分が形成されている請求項1または2記載の可撓性シート。
【請求項4】 前記繊維集合体が、繊度0.05〜15dの熱可塑性合成繊維および化学繊維のいずれかを含んでいる請求項1〜3のいずれかに記載の可撓性シート。
【請求項5】 前記繊維集合体が、サーマルボンド不織布、メルトブローン不織布およびスパンレース不織布のいずれかである請求項1〜4のいずれかに記載の可撓性シート。
【請求項6】 前記プラスチックシートには、該シートの上面における開口径が0.1〜5mmであって、前記上面から下面方向へ向かって延びる管状部が形成されている請求項1〜5のいずれかに記載の可撓性シート。
【請求項7】 前記管状部の内側には、その先端部から上方へ向かって前記構成繊維の一部が延びている請求項6記載の可撓性シート。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、使い捨ておむつや吸尿パッド、生理用ナプキン等の使い捨ての体液吸収性着用物品、医療現場で使用する使い捨てガウン等の着用物品に好適な可撓性シートに関する。
【0002】
【従来の技術】図7は、特開昭62−57551号公報に開示されている感触が柔軟な微小開口化プラスチックシート110の斜視図である。このプラスチックシート110は使い捨ておむつの表面シートや裏面シートとして使用するのに好適なもので、シート110の表面には、多数の円筒状突起120が形成され、突起120の頂部には、微小開口部125が形成されている。かかるシート110は、柔軟で布様の感触を示すと説明されている。
【0003】図8は、特開平7−328061号公報に開示されている生理用ナプキン200の斜視図である。このナプキンの表面シート210は、不織布211と、不織布211の上面に接合する複数条の帯状のプラスチックシート212とからなるもので、プラスチックシート212は、互いに平行で、ナプキン200の長手方向へ延びている。不織布211は、プラスチックシート212と212との間に位置する部位の密度がプラスチックシート212の直下に位置する部位の密度よりも低く、経血は密度の低い部位から密度の高い部位へと移行し、密度の高い部位は、プラスチックシート212で覆われているので、経血で汚れても目立つことがない。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】使い捨ておむつや生理用ナプキンの表面シートや裏面シートに使用されるプラスチックシートが肌に触れたときに柔軟であるというときの、柔軟性の判断基準、換言すると柔軟性の比較対象は、天然繊維や合成繊維等からなる織布や不織布のそれであることが多い。
【0005】前記特開昭62−57551号に開示のプラスチックシートは、円筒状突起の頂部に形成された微小開口部の周縁が細分化されて花弁状を呈するものであって、プラスチックシートの表面に限ってみれば、肌がその花弁状部分を擦するときに、柔軟な感触が得られるのであろう。しかしながら、プラスチックシートに円筒状突起を多数形成すると、シートそのものは、剛性が低くなるどころか、逆に高くなることが多いから、このプラスチックシートで、織布や不織布なみの柔軟性を得ることは難しいであろう。
【0006】特開平7−328061号に開示の表面シートでは、隣り合う帯状のプラスチックシートの間で露出している不織布の面積が広くなれば、この不織布が肌に当接することによって柔軟な感触は得られるのだが、この表面シートには、厚手のプラスチックシートを使用した場合に、そのシートの側縁部分がいわばナイフエッジのように作用して肌を強く刺激しかねないという難点がある。
【0007】この発明が課題とするところは、使い捨ておむつ等の体液吸収性着用物品や医療現場での使い捨てガウン等の着用物品にプラスチックシートを使用した場合に生じる前記従来技術の諸問題を解決することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】この発明が前記課題解決のために対象とするのは、上面と下面とを有し、使い捨て体液吸収性物品に使用される可撓性シートである。
【0009】かかる可撓性シートにおいて、この発明が特徴とするところは、次のとおりである。前記可撓性シートは、前記上面の一部を形成するプラスチックシートと、前記プラスチックシートの下面に接合して前記可撓性シートの上面の一部と下面とを形成する繊維集合体とからなる。前記プラスチックシートでは、0.001〜0.05mmの厚みと0.03〜1mmの幅とを有し一方向へ並行して延びる複数状の実質的に平坦な部分が、隣り合う該平坦な部分どうしの間に形成されて前記一方向へ延びる開孔部分によって隔てられており、隣り合う該平坦な部分どうしの互いに向かい合う縁部には、これら縁部の双方から延びて前記開孔を横断し、前記平坦な部分どうしを連結する架橋部分と、前記プラスチックシートの上面から立ち上がり、前記一方向へ向かって起伏を繰り返す概ね鋸歯状の起立部分とが形成される。前記繊維集合体は、その構成繊維が機械的な絡み合い、溶着および接着のいずれかによって一体となったものであり、熱可塑性合成繊維、化学繊維および天然繊維の少なくとも一つを含み、前記構成繊維の一部が前記プラスチックシートの開孔部分から上方へ延びている。
【0010】この発明には、次のような好ましい実施態様がある。
【0011】(1)前記開孔部分のうちの大多数が、0.05〜1mmの幅と、前記幅の1.5倍以上の長さとを有している。
【0012】(2)前記架橋部分の縁部には、前記一方向と交差する方向へ向かっての起伏を有する概ね鋸歯状の第2の起立部分が形成されている。
【0013】(3)前記繊維集合体が、繊度0.05〜15dの熱可塑性合成繊維および化学繊維のいずれかを含んでいる。
【0014】(4)前記繊維集合体が、サーマルボンド不織布、メルトブローン不織布およびスパンレース不織布のいずれかである。
【0015】(5)前記プラスチックシートには、該シートの上面における開口径が0.1〜5mmであって、前記上面から下面方向へ向かって延びる管状部が形成されている。
【0016】(6)前記管状部の内側には、その先端部から上方へ向かって前記構成繊維の一部が延びている。
【0017】
【発明の実施の形態】添付の図面を参照して、この発明に係る使い捨て体液吸収性物品に使用される可撓性シートの詳細を説明すると、以下のとおりである。
【0018】図1に斜視図で示された可撓性シート1は、プラスチックシート2と、プラスチックシート2の下面に接合している繊維集合体3とからなり、可撓性シート1の上面がプラスチックシート2と繊維集合体3とによって形成され、下面が繊維集合体3によって形成されている。
【0019】プラスチックシート2は、可撓性のもので、双頭矢印Yが示す方向へ互いに並行して延びる複数条の実質的に平坦な部分8と、隣り合う平坦な部分8と8との間に位置して矢印Y方向へ延びる多数の開孔9と、隣り合う平坦な部分8において互いに向かい合う縁部18から双頭矢印Xが示す方向へ延びて開孔9を横断している架橋部分10と、平坦な部分8の縁部18において平坦な部分8の上面13から上方へ延びる起立部分12とを有する。起立部分12は、鋸歯状を呈し、矢印Y方向へ不規則な起伏を繰り返している。
【0020】繊維集合体3は、開孔9において露出しており、その開孔9では構成繊維3Aの一部が上方へ向かって直線的に、または弧を画くように延びている。
【0021】図2,3は、図1のII−II線およびIII−III線断面図である。
【0022】これらの図2,3において、プラスチックシート2の平坦な部分8は、0.001〜0.05mmの厚みと、矢印X方向で隣り合う開孔9と9との間に0.03〜1mmの幅W1とを有する。大多数の開孔9は、矢印Y方向へ長く延び、好ましくは、その幅W2が0.05〜1mm,長さが幅W2の1.5倍以上である。
【0023】架橋部分10は、矢印Y方向へ間欠的に配置されており、平坦な部分8の上面13から上方へ向かって凸となるように弧を画いているもの10Aと、部分8と同様に平坦なもの10Bとがある。弧を画いている架橋部分10Aは、平坦な部分8から延びているように見える基端部19Aを有する場合と、起立部12から延びているように見える基端部19Bを有する場合とがある(図1を併せて参照)。好ましい架橋部分10は、矢印Y方向へ延びる幅W3が、最も狭い部分で0.001〜2mmの範囲にある(図2参照)。
【0024】起立部分12のうちの大多数のもの12Aは、プラスチックシート2が平坦な部分8の縁部18から上方へ向かって延びることにより形成され、平坦な部分8につながる基端部16と、基端部16から上方へ延びる自由端部17とを有する。自由端部17の上縁17Aは、縁部18に沿って起伏を繰り返している。かかる上縁17Aの平坦な部分8の上面13からの高さは0〜1mmの間で変化している。起立部分12のうちの一部のもの12Bは、架橋部分10の縁部に形成されて矢印X方向へ延び、起立部分12Aと同程度の高さを有する(図1を併せて参照)。
【0025】起立部分12Aの上縁17Aが起伏を繰り返す態様の一例は、図2に示されるとおりであって、ほぼ右上りに延びる斜辺21と、ほぼ左上りに延びる斜辺22と、これら斜辺21,22間に延びる基端部16とによって形成される三角形または三角形に類似した形状を呈する部位23の不規則な繰り返しである。起立部分12Bもまた、起立部分12Aと同様の起伏を有する。これら起立部分12Aと12Bとからなる起立部分12は、その厚みが平坦な部分8の厚みと同じであるかまたはそれよりも薄く、人の肌に触れるとしなやかに変形し、可撓性シート1の表面にベルベットのように滑らかで柔軟な感触をもたらすことができる。
【0026】起立部分12は、その一つ一つを目視によって確認することは難しいが、全体としては、可撓性シート1にその上面が毛羽立っているような外観を与えている。また、起立部分12は、入射光を乱反射するので、プラスチックシート2の上面13は光沢面にならない。かように、起立部分12は、平滑なプラスチックシートに固有の表面光沢を減殺することができ、加えて平坦な部分8が上面13にエンボス処理を施されて多数の微細な凹凸を有していれば、表面光沢を一層減殺することができる。これらの結果として、可撓性シート1は表面光沢のないものになる。
【0027】かような可撓性シート1が使い捨ておむつや生理用ナプキンの透液性表面シートとして使用される場合に、プラスチックシート2は、JIS−L−1096に準拠した通気度が5〜700mm3/cm2・secの範囲にあり、JIS−L−1092に準拠した耐水度が0〜200mmの範囲にあることが好ましい。プラスチックシート2には、疎水性または親水性の熱可塑性プラスチックで成形されたシート、疎水性の熱可塑性プラスチックで成形されたシートに親水化処理を施したもの等が使用される。
【0028】また、繊維集合体3には、熱可塑性合成繊維、レーヨン繊維等の化学繊維、これら合成繊維と化学繊維との混合物、これら合成繊維や化学繊維とコットン繊維やパルプ繊維等の天然繊維との混合物のいずれかであって、好ましくは坪量2〜50g/m2を有する可撓性のものが使用される。より好ましくは、これら繊維または繊維混合物の繊維どうしが機械的な絡み合い、溶着または接着によって一体となった不織布が使用される。好ましい不織布の一例は、繊度0.05〜15dの熱可塑性合成繊維および化学繊維のいずれかを含むものである。熱可塑性合成繊維を含む不織布には、スパンボンド不織布やポイントボンド不織布、エアースルー不織布等のサーマルボンド不織布、メルトブローン不織布、スパンレース不織布がある。使い捨ておむつや生理用ナプキンの透液性表面材として使用される場合の繊維集合体3は、JIS−L−1096に準拠した厚み方向の通気度が5〜700mm3/cm2・sec,JIS−L−1092に準拠した厚み方向の耐水度が0〜200mmの範囲にあることが好ましい。繊維集合体3とプラスチックシート1とは、熱や超音波で溶着する他に、ホットメルト接着剤等の接着剤によって接合することができる。
【0029】図1〜3から明らかなように、開孔9で露出している繊維集合体3の部分からは、一部の構成繊維3Aがプラスチックシート2の平坦な部分8よりも上方へ直線的に、または弧を画いて延び、開孔9を挟んで向かい合う起立部12どうしの間に位置している。上方へ延びた繊維3Aのうちの大多数のものは、その高さが、平坦な部分8の上面13から0.02〜5mm,より好ましくは0.05〜1mmの範囲にあって、起立部分12の頂部を越えることがない。上方へ延びた繊維3Aは、プラスチックシート2の起立部分12ほどではないにしても可撓性シート1の表面にベルベットのような感触をもたらすことができることに加え、起立部分12が開孔9を塞ぐように倒伏し始めると、その起立部分12に下方から当接して、その倒伏を阻止し、開口9を常に開いた状態に維持することができる。繊維3Aの高さが起立部分12の頂部を越えなければ、繊維3Aは起立部分12が固有の感触を発現することの妨げにならない。架橋部分10は、プラスチックシート2の平坦な部分8を互いに連結することで、平坦な部分8の一部分が繊維集合体3から剥れた場合でも、その一部分を繊維集合体3の表面に保持しておくことができる。また、架橋部分10のうちで弧を画いているもの10Aは可撓性シート1の表面のクッション性を高めることができ、さらにはまた架橋部分10のうちで起立部12から延びているもの19Bは、その近傍の起立部12が開孔9の側へ、またはその反対側へ倒伏するのを防止することができる。
【0030】このようにして得られる可撓性シート1は、ベルベットのような感触を有する肌触りのよいシート、肌触りがよくて通気性を有するシート、または肌触りがよくて通気透液性を有するシートとして、使い捨ての体液吸収性着用物品の透液性表面シートのみではなく、裏面シートにも使用することができる。また、手術用の使い捨てガウン等の医療現場で使用される使い捨て着用物品の生地としても好適である。可撓性シート1の肌触りのよさは、主としてプラスチックシート2およびその起立部12の可撓性、および繊維集合体3とその上方へ延びる繊維3Aの可撓性によってもたらされる。可撓性シート1の通気性は、プラスチックシート2の開孔9と繊維集合体3における繊維間隙とによってもたらされる。可撓性シート1の透液性もまた、開孔9と繊維間隙とによってもたらされるが、その透液性には、プラスチックシート2と繊維集合体3とが親水性であるか否かということも大きな影響を及ぼす。例えば、プラスチックシート2は、その起立部12が親水性であるときに、体液が開孔9に集まり易く、繊維集合体3の構成繊維は少なくとも一部分が親水性のものであるときに、開孔9に集まった体液が毛管作用によって下方へ移行し易い。特に、開孔9において上方へ延びる繊維3Aが親水性であれば、起立部12が親水性ではなくても、体液が開孔9から下方へ容易に移行する。繊維集合体3が親水性繊維からなるもので、3〜30重量%の疎水性繊維を含む場合には、その疎水性繊維によって体液の下方への移行を促進できることがある。ただし、可撓性シート1が透液性を必要としないものとして使用される場合には、プラスチックシート2と繊維集合体3とは親水性のものでも疎水性のものでもよい。
【0031】可撓性シート1が体液吸収性物品の透液性表面シートとして使用されたときには、排泄された体液が、平坦な部分8では起立部分12と12との間を通って矢印F(図1参照)の如く開孔9へと流れ込み、繊維集合体3を経てその下に配置される吸収性コアに吸収される。
【0032】図4,5は、この発明の実施態様の一例を示す図1と同様の図面と、そのV−V線部分断面図である。この場合の可撓性シート1には、シート1の上面から下面へ向かう方向へ延びる管状部分51が形成されている。管状部分51は、上部開口52と下部開口53とこれら両開口52,53間に延びる管壁54とを有し、両開口52,53の口径は0.1〜5mm,より好ましくは1.5〜5mmの範囲にあり、上部開口52が可撓性シート1の上面に占める面積割合は1〜70%,より好ましくは5〜50%の範囲にある。また、管壁54は、上部開口52よりも下部開口53が小さくなるように、垂直方向に対して0〜70°の勾配を有する。管状部51の上下方向の長さは、0.1〜5mm,より好ましくは0.2〜3mmの範囲にある。下部開口53は繊維集合体3によって覆われることがなく、可撓性シート1が使い捨ておむつの透液性表面シートとして使用された場合には、下部開口53がおむつの吸収性コアの上面に位置する。
【0033】図6は、この発明の実施態様の他の一例を示す図5と同様の図面である。この場合の可撓性シート1では、管状部51の下部開口53が繊維集合体3によって覆われており、下部開口53の内側に露出している部分の繊維集合体3からは、一部の構成繊維3Bが上方へ向かって延びている。繊維3Bは、上部開口52からさらに上方へ延びることによって、繊維3Aと同様に、可撓性シート1の肌触りを柔軟にするような効果を奏する。繊維3Bが親水性のものであるときには、毛管作用によって体液を管状部51の下方へ導くことが容易になる。管状部51が疎水性のものであるときには、繊維3Bによる導液効果が顕著に現れる。
【0034】
【発明の効果】この発明に係る可撓性シートは、その上面の一部分を形成するプラスチックシートと、上面の一部分と下面とを形成する繊維集合体とからなる。プラスチックシートには一方向へ互いに並行して延びる多数の開孔が形成され、その開孔に沿ったプラスチックシートの縁部には起伏を繰り返す起立部が形成されており、開孔の内側では繊維集合体の構成繊維の一部が上方へ延びて、起立部が開孔を塞ぐように倒伏することを阻止している。それゆえ、この可撓性シートは、容易に倒伏することがない起立部と、上方へ延びる繊維とによって、柔軟で肌触りのよい状態を長く維持することができるばかりでなく、この可撓性シートが体液吸収性物品の透液性シートとして使用されれば、開孔は簡単には閉じることがないから、透液性を長く維持することができる。
【0035】可撓性シートが上面から下面方向へ延びる管状部を有する態様では、その管状部の下部開口から上方へ繊維集合体の構成繊維が延びていることによって、可撓性シートの肌触りのよさを向上させたり、管状部の導液作用を促進したりすることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013