米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 医学 -> ユニ・チャーム株式会社

発明の名称 ウイング付き生理用ナプキン
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2000−210330(P2000−210330A)
公開日 平成12年8月2日(2000.8.2)
出願番号 特願平11−12534
出願日 平成11年1月20日(1999.1.20)
代理人 【識別番号】100066267
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 吉治
【テーマコード(参考)】
4C003
【Fターム(参考)】
4C003 DA06 HA00 
発明者 末兼 真 / 田村 竜也 / 西谷 和也
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 通気透液性表面シートと、通気不透液性裏面シートと、これら両シート間に介在する吸収性コアとを有し、前記裏面シートの側方への延出部分と、前記延出部分に接合するシート材料とによってウイングを形成し、前記ウイングの着用ショーツ当接面に粘着性の止着域が形成されているウイング付き生理用ナプキンであって、前記シート材料が、通気性のものであり、前記ナプキンの幅方向へ延び前記ナプキンの長さ方向へ間欠的に配設された複数の接合部分において、前記裏面シートの延出部分と該延出部分の基端部分とに接合していることを特徴とする前記ナプキン。
【請求項2】 前記シート材料が、前記表面シートである請求項1記載のナプキン。
【請求項3】 前記接合部分は、前記ウイングに螺線を画いて塗布された粘着剤のうちの前記ナプキンの幅方向へ延びる部分である請求項1または2記載のナプキン。
【請求項4】 前記複数の接合部分の前記ウイングに占める面積割合が、3〜60%である請求項1〜3のいずれかに記載のナプキン。
【請求項5】 前記ナプキンの周縁に沿って延びて前記表裏面シートを互いに接合する接合線を有し、前記接合線が溶着によって設けられて前記ウイングの基端部近傍において前記コアの側縁と並行に延び、前記接合線によっても前記シート材料が前記裏面シートに接合している請求項1〜4のいずれかに記載のナプキン。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、ウイング付き生理用ナプキンに関する。
【0002】
【従来の技術】特開平7−303670号公報には、ウイング付き生理用ナプキンが開示され、表面シートと裏面シートとを接合することにより形成されたウイングが例示されている。また、ナプキンの裏面シートに通気不透液性のプラスチックフィルムを使用することがあることは、一般によく知られている。かかるプラスチックフィルムは、例えばポリエチレン樹脂と硫酸バリウムや炭酸カルシウムの微粒子との混合物から得られる押出しフィルムを延伸することによって製造される。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】前記混合物から製造される通気不透液性プラスチックフィルムは、あまり引き裂き強度の高いものではないから、このフィルムを裏面シートに使用して形成されたウイングは、汚れたナプキンを着用ショーツから剥がそうとして引張るときに、基端部分がナプキンの長手方向に沿って裂けてしまうことがある。表面シートをこのフィルムの補強材として接合することにより、ウイングの引き裂き強度を向上させることは可能であるが、接合の仕方によってはウイングの部分においてフィルムの通気性が損われる。ウイングは、その全体が着用ショーツの外側へ折曲されるとは限らず、ショーツの内側に位置して着用者の肌に当接することがある。そのような可能性を有するウイングで通気性が損われるということは好ましくない。
【0004】この発明が課題とするところは、生理用ナプキンにおいて、通気不透液性の裏面シートでウイングを形成する際に、ウイングの通気性を損うことなく引き裂き強度を向上させることにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するために、この発明が前提とするのは、通気透液性表面シートと、通気不透液性裏面シートと、これら両シート間に介在する吸収性コアとを有し、前記裏面シートの側方への延出部分と、前記延出部分に接合するシート材料とによってウイングを形成し、前記ウイングの着用ショーツ当接面に粘着性の止着域が形成されているウイング付き生理用ナプキンである。
【0006】かかる前提において、この発明が特徴とするところは、前記シート材料が、通気性のものであり、前記ナプキンの幅方向へ延び前記ナプキンの長さ方向へ間欠的に配設された複数の接合部分において、前記裏面シートの延出部分と該延出部分の基端部分とに接合していること、にある。
【0007】この発明の好ましい実施態様の一つにおいて、前記シート材料が、前記表面シートである。
【0008】好ましい実施態様の他の一つにおいて、前記接合部分は、前記ウイングに螺線を画いて塗布された粘着剤のうちの前記ナプキンの幅方向へ延びる部分である。
【0009】好ましい実施態様の他の一つにおいて、前記接合部分の前記ウイングに占める面積割合が3〜60%である。
【0010】好ましい実施態様のさらに他の一つにおいて、前記ナプキンは、該ナプキンの周縁に沿って延びて前記表裏面シートを互いに接合する接合線を有し、前記接合線が溶着によって設けられていて前記ウイングの基端部近傍において前記コアの側縁と平行に延び、前記接合線によっても前記シート材料が前記裏面シートに接合している。
【0011】
【発明の実施の形態】添付の図面を参照し、この発明に係るウイング付き生理用ナプキンの詳細を説明すると、以下のとおりである。
【0012】図1、2はウイング付き生理用ナプキン1の部分破断斜視図と、そのII−II線断面図であって、ナプキン1を取り付けられるショーツ5が仮想線で示されている。ナプキン1は、通気透液性の表面シート2と、通気不透液性の裏面シート3と、これら両シート2,3間に介在する吸収性コア4とを有する。表裏面シート2,3は、コア4の周縁から延出して重なり合い、その周縁に沿って延びる接合線6において互いに接合し、線6の外側に、長さ方向へ並行する一対の側縁部フラップ7と、幅方向へ並行する一対の端縁部フラップ8とを形成している。側縁部フラップ7のそれぞれは、一部分が側方へ延出してウイング11を形成している。接合線6は、ホットメルト等の粘着剤のほか、圧搾溶着条溝で設けられ、ウイング11の基端部近傍においてコア4の側縁と並行に延びている。図では、ウイング11の一方がショーツ5の股下域の外面へ折り重ねられており、ウイング11のもう一方が側方へ延びた状態にある。ウイング11は、その下面に塗布された粘着剤15(図2参照)を介してショーツ5に剥離可能に止着される。
【0013】ウイング11では、互いに重なり合う表面シート2と裏面シート3とが、これらシート2,3のいずれか一方においてナプキンの幅方向へ延び、長さ方向へ間欠的に配設された複数の塗布部分12Aからなる粘着剤塗布域12、または塗布域12に替わるシート2,3どうしの溶着域12において接合している。これら塗布域12または溶着域12におけるシート2,3の接合部分12Aの面積は、シート2,3の通気性を著しく妨げることがないように、ウイング11の面積の3〜60%にとどめられる。塗布部分12Aは、ウイング11の基端部分11Aとなるナプキン1の側縁部フラップ7にまで延びていることがある。
【0014】かかるナプキン1において、通気透液性表面シート2には、坪量10〜80g/m2を有する熱可塑性合成繊維の不織布やレーヨン繊維の不織布、孔径0.1〜5mmの多数の開孔を有する厚み0.01〜0.1mmのプラスチックフィルム等が使用される。通気不透液性の裏面シート3には、硫酸バリウムや炭酸カルシウムの微粒子を30〜70重量%含むポリエチレン等の延伸フィルムが使用される。このフィルムは非常に柔軟で肌触りのよいものであるから、このフィルムから得られるウイング11もまた柔軟で肌触りのよいものになる。ウイング11の粘着域12が間欠的に配設されることも、ウイング11を柔軟で肌触りのよいものにするうえで重要である。コア4には、粉砕パルプや粉砕パルプと高吸水性ポリマー粒子との混合物が使用される。粘着剤塗布域12には、例えばゴム系のホットメルト接着剤が塗布される。
【0015】このナプキン1を着用するときには、図1、2に示されるように、それぞれのウイング11をショーツ5の脚周り縁部に沿って折曲し、粘着剤15を介して股下域の外面に止着する。汚れたナプキン1は、ウイング11をショーツ5から剥がして廃棄されるが、そのときに、ウイング11がショーツ5から完全には剥がれていないのにナプキン1が図1の矢印Aの方向へ持ち上げられることがある。すると、ウイング11の基端部分11Aには、長手方向に沿う引き裂き力が作用し、ウイング11が通気不透液性フィルムのみで構成されている場合には、その引き裂き力に負けて、基端部分11Aで破れてしまい、ウイング11のみがショーツ5に残ることがある。
【0016】しかし、このナプキン1では、ウイング11が表面シート2によって補強されているので引き裂き強度が高く、ナプキン着用者は、ウイング11が引き裂ける前に、ウイング11はショーツ5から未だ完全には剥離していないということに気づくことができる。また、ウイング11では、粘着域12が間欠的に形成されているので、粘着域12の存在によって表裏面シート2,3の通気性を損うということがない。それゆえ、このナプキン1では、ウイング11が肌に当接するような着用状態でも、蒸れやかぶれを誘発することがない。さらにはまた、粘着剤塗布部分12Aは、長手方向と交差する方向へ延びているから、それが長手方向へ延びる場合に比べて、ウイング11が長手方向へ裂けるのを効果的に防止できる。
【0017】図3は、この発明の実施態様の一例を示すナプキン1のウイング11とその近傍の部分破断平面図である。ウイング11は、通気不透液性の裏面シート3と、表面シート2とは異なる通気性の熱可塑性合成繊維不織布からなる上面シート21とで形成され、これら両シート3,21が、長さ方向へスパイラルを画いて延びる複数条の粘着剤からなる塗布域12において互いに接合している。上面シート21は、表面シート2に替わる補強シートであって、ナプキン1の内方へ延びて側縁部フラップ7において表面シート2の上に重なり、線6において表裏面シート2,3と上面シート21とが接合している。塗布域12には、ナプキン1の幅方向へ延び、かつ、長手方向において互いに離間している粘着剤塗布部分12Aが形成されており、隣り合うスパイラルの部分12Aと12Aとが協働して、図1において幅方向へ延びている粘着剤塗布部分12Aと同様に、ウイング11が長さ方向へ裂けるのを防止している。
【0018】
【発明の効果】この発明に係る生理用ナプキンでは、通気不透液性のプラスチックフィルムからなる裏面シートが側方へ延出している部分と、この部分に接合する補強シートとによってウイングを形成し、これら裏面シートと補強シートとを、ナプキンの幅方向へ延び、長さ方向へ間欠的に配設される接合域において接合したから、ウイングは通気性であって、しかもナプキンの長さ方向へ容易に裂けることがない。
【0019】ナプキンの周縁に沿って表裏面シートを接合する接合線が溶着によって設けられ、しかもその接合線がウイングの基端部近傍にコアの側縁と並行に延びる態様では、前記接合線は、該線を横切って裏面シートの延出部分および/またはウイングを裂く作用を阻止する機能をも有し、前述のウイングの裂き防止効果がさらに向上される。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013