米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 医学 -> ユニ・チャーム株式会社

発明の名称 使い捨ておむつ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2000−140017(P2000−140017A)
公開日 平成12年5月23日(2000.5.23)
出願番号 特願平10−316347
出願日 平成10年11月6日(1998.11.6)
代理人 【識別番号】100066267
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 吉治
【テーマコード(参考)】
3B029
4C098
【Fターム(参考)】
3B029 BD01 BD03 BD04 BD06 BD09 
4C098 AA09 CC01 CC12 CC14 CE07 CE08
発明者 大坪 俊文
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 透液性トップシートと、不透液性バックシートと、これら両シートの間に介在する吸液性コアとで構成され、長手方向に前胴周り域と、後胴周り域と、これら前後胴周り域の間に位置する股下域とを有するとともに、前記長手方向へ互いに並行して延びる両側縁部と、前記長手方向と交差する幅方向へ互いに並行して延びる前後端縁部とを有し、前記前胴周り域には、前記幅方向へ延びる弾性伸縮性部材が伸長状態で取り付けられている開放型の使い捨ておむつにおいて、前記前胴周り域と前記後胴周り域とのうちの一方の前記両側縁部上面には、前記前後胴周り域を互いに締結するための一対の第1係合部が形成され、前記前後胴周り域の他方の前記両側縁部下面には、前記第1係合部に着脱可能な一対の第2係合部が形成され、前記第2係合部を含む前記他方の両側縁部それぞれが、前記おむつの上面に折り重ねられ、かつ、前記上面に剥離可能に止着されていることを特徴とする前記おむつ。
【請求項2】 前記前胴周り域の側縁部に前記第1係合部が形成され、前記後胴周り域の側縁部に第2係合部が形成されている請求項1記載のおむつ。
【請求項3】 前記後胴周り域の側縁部に前記第1係合部が形成され、前記前胴周り域の側縁部に第2係合部が形成されている請求項1記載のおむつ。
【請求項4】 前記第1係合部が、ループ部材とフック部材とからなるメカニカルファスナのうちの一方の部材で形成され、前記部材の内端部が、前記前後胴周り域の一方の前記両側縁部に固着され、前記部材の外端部が、前記前後胴周り域両側縁部から前記幅方向外方へ延出し、前記第2係合部が、ループ部材とフック部材とからなるメカニカルファスナのうちの他方の部材で形成されている請求項1記載のおむつ。
【請求項5】 前記第1係合部が、合成樹脂フィルムの上面に塗布された粘着剤で形成され、前記フィルムの内端部が、前記前後胴周り域の一方の前記両側縁部に固着され、前記フィルムの外端部が、前記前後胴周り域両側縁部から前記幅方向外方へ延出し、前記第2係合部が、前記前後胴周り域の他方の前記両側縁部下面に取り付けられた前記合成樹脂フィルムで形成されている請求項1記載のおむつ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、開放型の使い捨ておむつに関する。
【0002】
【従来の技術】前後胴周り域それぞれを粘着性の左右一対のテープファスナで締結する使い捨ておむつは公知である。ファスナは、その内端部がおむつ本体の後胴周り域の側縁部に固着され、その外端部がおむつ本体の幅方向内方へ折り返されて、後胴周り域の側縁部に形成された離型域に剥離可能に仮着されている。このようなおむつは、特開昭60−119944号公報、特開昭62−243803号公報、特開昭62−243804号公報等に開示されている。
【0003】おむつの着用時には、ファスナの外端部に形成された粘着域が、おむつ本体の前胴周り域外面に貼着される。外端部の先端には、粘着剤を塗布していない非粘着性の摘持部が形成されており、この摘持部を持ってファスナの貼着操作がなされる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】これら公知のおむつでは、通常、後胴周り域の左側と右側とに位置するファスナのいずれか一方づつを交互に貼着する。たとえば、右手でおむつ本体を押さえ、左側に位置するファスナを左手の親指と人差指とで摘持して前胴周り域外面に貼着し、次に、左手でおむつ本体を押さえ、右側に位置するファスナを右手の親指と人差指とで摘持して前胴周り域外面に貼着する。
【0005】これら公知のおむつは、ファスナのいずれか一方を貼着するときに、両方の手を使わなければならない。また、一方を貼着した後に他方を貼着するときには、おむつ本体を押さえていた右手を左手に、ファスナを摘持していた左手を右手にそれぞれ換える必要がある。
【0006】本発明の課題は、手の操作を換えることなしに、一度の操作でおむつの前後胴周り域それぞれを互いに締結させることができる使い捨ておむつを提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】前述した課題を解決するために、本発明が前提とするところは、透液性トップシートと、不透液性バックシートと、これら両シートの間に介在する吸液性コアとで構成され、長手方向に前胴周り域と、後胴周り域と、これら前後胴周り域の間に位置する股下域とを有するとともに、前記長手方向へ互いに並行して延びる両側縁部と、前記長手方向と交差する幅方向へ互いに並行して延びる前後端縁部とを有し、前記前胴周り域には、前記幅方向へ延びる弾性伸縮性部材が伸長状態で取り付けられている開放型の使い捨ておむつである。
【0008】かかる前提において、本発明の特徴とするところは、前記前胴周り域と前記後胴周り域とのうちの一方の前記両側縁部上面には、前記前後胴周り域を互いに締結するための一対の第1係合部が形成され、前記前後胴周り域の他方の前記両側縁部下面には、前記第1係合部に着脱可能な一対の第2係合部が形成され、前記第2係合部を含む前記他方の両側縁部それぞれが、前記おむつの上面に折り重ねられ、かつ、前記上面に剥離可能に止着されていることにある。
【0009】本発明の実施の態様として、前記前胴周り域の側縁部に前記第1係合部が形成され、前記後胴周り域の側縁部に第2係合部が形成されている。
【0010】本発明の他の実施の態様として、前記後胴周り域の側縁部に前記第1係合部が形成され、前記前胴周り域の側縁部に第2係合部が形成されている。
【0011】本発明の他の実施の態様として、前記第1係合部が、ループ部材とフック部材とからなるメカニカルファスナのうちの一方の部材で形成され、前記部材の内端部が、前記前後胴周り域の一方の前記両側縁部に固着され、前記部材の外端部が、前記前後胴周り域両側縁部から前記幅方向外方へ延出し、前記第2係合部が、ループ部材とフック部材とからなるメカニカルファスナのうちの他方の部材で形成されている。
【0012】本発明の他の実施の態様として、前記第1係合部が、合成樹脂フィルムの上面に塗布された粘着剤で形成され、前記フィルムの内端部が、前記前後胴周り域の一方の前記両側縁部に固着され、前記フィルムの外端部が、前記前後胴周り域両側縁部から前記幅方向外方へ延出し、前記第2係合部が、前記前後胴周り域の他方の前記両側縁部下面に取り付けられた前記合成樹脂フィルムで形成されている。
【0013】
【発明の実施の形態】添付の図面を参照して、本発明に係る使い捨ておむつの詳細を説明すると、以下のとおりである。
【0014】図1は、使い捨ておむつ1の部分破断斜視図である。おむつ1は、透液性トップシート2と、不透液性バックシート3と、これら両シート2,3の間に介在する吸液性コア4とで構成され、長手方向に前胴周り域20と、後胴周り域22と、これら前後胴周り域20,22の間に位置する股下域21とを有し、前後胴周り域20,22が、長手方向へ互いに並行して延びる両側縁部20a,22aと、長手方向と交差する幅方向へ互いに並行して延びる両端縁部20b,22bとを有する。
【0015】前胴周り域20の両側縁部20aには、前胴周り域20の端縁部20bに沿って、おむつ1の幅方向へ一対の第1係合部5が延在している。第1係合部5は、合成樹脂製のフィルム片の上面に塗布された粘着剤5aで形成されている。粘着剤5aは、フィルム片の幅方向外側に位置する先端部5bをわずかに残して塗布されている。第1係合部5の下面は、前胴周り域20の側縁部20aにおけるトップシート2に固着されている。
【0016】後胴周り域22の両側縁部22aは、おむつ1の幅方向を二等分して長手方向へ延びる中心線Yへ向かってトップシート2の上面の側へ折り重ねられている。折り重ねられた部位22cは、点状接合部7においてトップシート2に剥離可能に止着されている。部位22cのバックシート3の側には、後胴周り域22の端縁部22bに沿って、おむつ1の幅方向へ第2係合部6が延在している。第2係合部6は、合成樹脂製のフィルム片であって、下面が部位22cにおけるバックシート3に固着されている。
【0017】前後胴周り域20,22の端縁部20b,22bには、それらの端縁に沿って幅方向へ延びるフィルム状の弾性伸縮性部材8,9が、トップシート2とバックシート3との間に介在し、これらシート2,3のうちの少なくとも一方に伸長状態で固着されている。前胴周り域20のほぼ中央部分には、幅方向へ延びる多数の糸状弾性部材10が、トップシート2とバックシート3との間に介在し、これらシート2,3のうちの少なくとも一方に伸長状態で固着されている。
【0018】股下域21の側縁部それぞれには、中心線Yへ向かって凹欠部11が形成され、凹欠部11に沿って長手方向へ延びる複数の糸状弾性部材12がトップシート2とバックシート3との間に介在し、これらシート2,3のうちの少なくとも一方に伸長状態で固着されている。
【0019】シート2,3にフィルム片を固着することやシート2,3に弾性部材8,9,10,12を固着するには、ホットメルト接着剤による接着または熱融着の技術を使用することができる。
【0020】このおむつ1の後胴周り域22における部位22cの幅方向の寸法W3は、1〜3cmの範囲にあることが好ましい。また、前胴周り域20の幅方向の寸法W1および部位22cの内側縁22dの間における幅方向の寸法W2は、大人用、子供用に応じて寸法を適宜決定することができるが、寸法W1が26〜30cmの範囲にあるときには、寸法W2は13〜17cmの範囲にあることが好ましい。
【0021】図2は、前後胴周り域20,22の側縁部20a,22aを互いに締結させるときの操作説明図であり、おむつ1の厚みを省略してある。図では、伏臥させた着用者23の腹部23aの側に前胴周り域20が位置し、着用者23の背部23bの側に後胴周り域22が位置している。部位22cを着用者23の背部23bから左右方向外方へ延出させるには、後胴周り域22の弾性部材9を幅方向へ伸長させた状態で着用者23を寝かせればよい。
【0022】おむつ1を着用するには、図2の(A)〜(D)に示すように、第1係合部5の先端部5bを人差指と親指とで摘持する。前胴周り域20を弾性部材8,10の収縮力に抗して幅方向外方へ伸長させながら前胴周り域20の第1係合部5を、後胴周り域22の第2係合部6に係合させる。部位22cが、弾性部材8,9,10の収縮力によってトップシート2の上方へ引っ張られると、部位22cが点状接合部7において剥離し、幅方向外方へ折り返される。
【0023】図3は、着用状態にあるおむつ1の斜視図である。第1係合部5と第2係合部6とを係合させると、おむつ1には、胴周り開口13と一対の脚周り開口14とが形成され、胴周り開口13と脚周り開口14と前胴周り域20の中央部分とには、弾性部材8,9,10が収縮して、ギャザーが形成される。
【0024】図4,5は、図1とは異なる態様のおむつ1の部分破断斜視図と、着用状態にあるおむつ1の斜視図である。前胴周り域20の両側縁部20aには、合成樹脂製の一対のテープファスナが取り付けられている。テープファスナは、側縁部20aに位置して中心線Yへ向かって延びる内端部5cと、側縁部20aから幅方向外方へ延びる外端部5dとを有する。
【0025】内端部5cの下面は、前胴周り域20の側縁部20aにおけるトップシート2に固着されている。内端部5cと外端部5dとの上面には、外端部5dの幅方向外側に位置する先端部5bをわずかに残し、第1係合部5を形成するメカニカルファスナのうちのループ部材5aが取り付けられている。
【0026】後胴周り域22の両側縁部22aは、中心線Yへ向かってトップシート2の上面の側へ折り重ねられている。折り重ねられた部位22cは、点状接合部7においてトップシート2に剥離可能に止着されている。部位22cのバックシート3の側には、後胴周り域22の端縁部22bに沿って、おむつ1の幅方向へ第2係合部6が延在している。第2係合部6は、メカニカルファスナのうちのフック部材6aであって、フック部材6aが部位22cにおけるバックシート3に取り付けられている。
【0027】図2に示す順序に従って、前胴周り域20の第1係合部5と後胴周り域22の第2係合部6とを互いに接合させると、胴周り開口13と一対の脚周り開口14とが形成される。
【0028】図6は、図1,4とは異なる態様のおむつ1の部分破断斜視図である。前胴周り域20の両側縁部22aは、中心線Yへ向かってトップシート2の上面の側へ折り重ねられている。折り重ねられた部位20cは、点状接合部7においてトップシート2に剥離可能に止着されている。部位20cのバックシート3の側には、前胴周り域20の端縁部20bに沿って、おむつ1の幅方向へ第2係合部6が延在している。第2係合部6は、メカニカルファスナのうちのループ部材6aであって、ループ部材6aが部位22cにおけるバックシート3に取り付けられている。
【0029】後胴周り域22の両側縁部22aには、合成樹脂製の一対のテープファスナが取り付けられている。テープファスナは、側縁部22aに位置して中心線Yへ向かって延びる内端部5cと、側縁部22aから幅方向外方へ延びる外端部5dとを有する。
【0030】内端部5cの内面は、後胴周り域22の側縁部22cにおけるトップシート2に固着されている。内端部6bと外端部6cとの上面には、第1係合部5を形成するメカニカルファスナのうちのフック部材5aが取り付けられている。
【0031】図6において、おむつ1の前胴周り域20における部位20cの幅方向の寸法W3は、1〜3cmの範囲にあることが好ましい。また、後胴周り域22の幅方向の寸法W1が26〜30cmの範囲にあるときには、部位20cの内側縁20dの間における幅方向の寸法W2は、13〜17cmの範囲にあることが好ましい。
【0032】テープファスナには、合成樹脂フィルム、クラフト紙や不織布の単独または組み合わせ(ラミネートシート)を使用することができる。
【0033】トップシート2には、疎水性不織布を親水化剤で処理したものや親水化剤を練り込んだ繊維で形成した親水性不織布が用いられる。これら不織布に代えて開孔を有する熱可塑性合成樹脂フィルムを用いることもできる。
【0034】バックシート3には、合成樹脂フィルムまたは合成樹脂フィルムと疎水性不織布とのラミネートシート等が用いられる。コア4は、フラッフパルプと高吸収性ポリマー粒子またはそれらとコア4の形状を維持するための繊維との混合物であり、所要の厚みに圧縮され、全体がティシュペーパ等の透液性シートによって被覆されている。
【0035】コア4の側縁それぞれから幅方向外方へ延出する部分とコア4の端縁それぞれから長手方向外方へ延出する部分とには、トップシート2に代えて不透液性シートをバックシートに接合することもできる。
【0036】
【発明の効果】本発明に係る使い捨ておむつによれば、前胴周り域の両側縁部を摘持し、前胴周り域を幅方向外方へ伸長させながら、一度の操作で前胴周り域と後胴周り域とを締結させることができる。手の操作を換える必要がないので、開放型のおむつにおける締結操作が容易である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013