米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 カメラ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−184026
公開日 平成11年(1999)7月9日
出願番号 特願平9−365965
出願日 平成9年(1997)12月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】田北 嵩晴
発明者 田村 進
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 撮影レンズから独立してカメラ本体に設けられたシャッター膜が設けられたシャッターと、カメラ本体のアパーチャ後面に設けられたフィルム圧着板とを備えたレンズ交換が可能なカメラにおいて、シャッター精度等を測定する測定器からの測定用光ビームが照射される位置に、その入射光を拡散させるための梨地処理の施された少なくとも1つの所定サイズの反射部が前記圧着板に設けられていることを特徴とするカメラ。
【請求項2】 前記反射部は、前記圧着板の表面より低くフィルムとの非接触面としたことを特徴とする請求項1記載のカメラ。
【請求項3】 前記圧着板は、所定数の平行溝がフィルム給送方向に延びるように設けられた樹脂成形加工品であり、前記反射部を溝部分に有することを特徴とする請求項1記載のカメラ。
【請求項4】 前記圧着板は、先端でフィルム平面性を規制する所定数の突状物が点在するように構成された樹脂成形加工品であり、前記反射部が前記突状物間の空間に設けられていることを特徴とする請求項1記載のカメラ。
【請求項5】 前記反射部は、表面粗さが▽0.1S〜▽1.6Sの梨地処理が施されていることを特徴とする請求項1,3又は4記載のカメラ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、圧着板を備えたカメラに関し、詳しくは、撮影光軸方向から照射された測定光に対して反射光を生じさせ、シャッター精度等を測定することができるようにしたカメラに関するものである。
【0002】
【従来の技術】カメラのシャッターの精度を測定する測定器として、反射光式シャッター精度測定器がある。この反射光式測定器は、カメラに向けてビーム状の測定光(レーザー光)を投光する投光手段と、カメラから反射した前記測定光に対する反射光を受光する受光センサと、この受光センサによる受光光量をカウントするカウント手段を備えて構成されている。
【0003】図5は従来のカメラ及び該カメラのシャッター精度を測定中の反射光式シャッター精度測定器の模式的構成図である。図中、20は反射光式シャッター精度測定器本体、21は直径100μmの測定光としてのレーザー光を投光する半導体レーザーを備えた投光部、22はカメラから反射されたレーザー光を受光する受光素子とその受光光量をカウントする回路を備えた受光部、23はカメラ30から反射されて来る反射レーザー光21bを受光部22に集光させるための集光レンズである。
【0004】30は測定対象の一眼レフレックスカメラ(以下、略して「カメラ」という)であり、交換レンズを装着していない状態を示している。31は給送されるフィルムの平面性を保つためのフィルム圧着板、32は精度が測定されるフォーカルプレーン式のシャッター、33はシャッター32により駆動されるシャッター膜、40は反射面が光を拡散する特性を持った反射シート、41は反射シート40が収まっているカートリッジである。カートリッジ41はフィルムに代えて装填され、反射シート40がシャッター膜33の背面に位置している。フィルム圧着板31は、フィルム給送時にフィルムに疵を付けないように、フィルム圧着面(反射面)が鏡面仕上げ(但し、黒色塗装が施されている)になっている。
【0005】以上の構成において、まず、カートリッジ41を装填していないカメラ30の場合について説明する。カメラ30の前方に反射光式測定器本体20をセットし、その投光部21がシャッター32を開けた時のフィルム圧着板31に対向するように位置決めする。この状態で投光部21から直径100μmの測定用のレーザー光21aを投光する。このレーザー光21aはフィルム圧着板31に照射される。フィルム圧着板31は鏡面仕上げになっているため、入射光の殆どが正反射するが、一部は或る角度をもって反射レーザー光21b(反射光)となって反射し、反射光式測定器本体20に設置された受光部22で受光される。
【0006】しかし、この状態では、フィルム圧着板31は鏡面仕上げのため、レーザー光21aの殆どが正反射してしまい、レーザー光21aの光軸に対して角度をもって配置された受光部22に入射する光量は極めて少なく、測定に必要な光量(レーザー光21aの1/2以上の光量)を得ることができず、測定不能になる。
【0007】そこで、図5のように、カメラ30にカートリッジ41を装填し、反射シート40がフィルム圧着板31を覆う状態にし、反射シート40に向けてレーザー光21aを投光する。反射シート40はその反射面が光拡散特性を有しているため、反射レーザー光21bの光量は測定に必要な量を有しており、測定不能になることはない。
【0008】シャッター32の精度測定は、シャッター膜33に向けてレーザー光21aを投光する。この状態ではシャッター膜33が閉じており、かつ、通常はシャッター膜33が黒色に塗られているため、レーザー光21aが投光されてもシャッター膜33には殆ど反射光が生じない。この状態で、測定したいシャッター時間Tを設定してシャッターレリーズを実行する。この操作に伴ってシャッター膜33が開き、レーザー光21aは反射シート40に到達し、この表面で拡散された一部の反射光である反射レーザー光21bは集光レンズ23で集光され、受光部22に受光される。同時にカウント手段により時間のカウントが開始される。シャッター32は設定した時間が経過するとシャッター膜33を閉じる。同時に反射レーザー光21bは消失し、カウント手段もカウントを終了する。カウント手段のカウント時間からシャッター32の露光時間を知ることができ、その結果からシャッター精度を判定することができる。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来例では、シャッター精度の測定時には、フィルム圧着板31の前面に必ず反射シート40を介在させる必要がある。このため、以下のような問題があった。
(1)シャッター精度測定時に必ず反射シート40を挿入する作業が必要になるため、測定に時間がかかり、測定効率が低下する。
(2)反射シート40はカメラを代える毎に何回も使用されるため、反射面に汚れが付着し、測定回数が増えるにつれて測定誤差が生じてくる。
(3)反射シート40を装填したシャッター精度測定においては、反射シートがシャッターレリーズ毎に給送されないように、通常、撮影用フィルムカートリッジの装填時とは異なる給送シーケンスが必要になる。このため、カメラのソフトウェアが複雑になり、開発に時間を要すると共に開発コストが高くなる。
【0010】本発明は上述の問題点に鑑み、フィルム圧着板の前面に反射シートを介在させることなく、シャッター精度等の測定が可能なカメラを提供することを目的としている。
【0011】
【課題を解決するための手段】本出願に係る発明の目的を実現する構成は、請求項1に記載のように、撮影レンズから独立してカメラ本体に設けられたシャッター膜が設けられたシャッターと、カメラ本体のアパーチャ後面に設けられたフィルム圧着板とを備えたレンズ交換が可能なカメラにおいて、シャッター精度等を測定する測定器からの測定用光ビームが照射される位置に、その入射光を拡散させるための梨地処理の施された少なくとも1つの所定サイズの反射部が前記圧着板に設けられていることを特徴とするカメラである。
【0012】この構成によれば、シャッターが開けられたとき、圧着板に設けられた反射部に測定器からの測定用光ビームが照射されると、入射した測定用光ビームは反射部で拡散反射され、測定器の受光部には測定に必要な光量で受光される。したがって、反射シートを圧着板のフィルム位置に挿入することなく、圧着板のみによりシャッター精度等の測定が可能になる。
【0013】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項2に記載のように、前記反射部は、前記圧着板の表面より低くフィルムとの非接触面としたことを特徴とするカメラである。
【0014】この構成によれば、圧着板に凹部を設けた構造の反射部にし、反射部を圧着板の表面から下げた位置に形成したことにより、反射部がフィルムに接触せず、反射部が光拡散構造に加工されていてもフィルムに疵を付けることがない。また、反射部がフィルムで擦られないので、光拡散特性の劣化を招くことがない。
【0015】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項3に記載のように、前記圧着板は、所定数の平行溝がフィルム給送方向に延びるように設けられた樹脂成形加工品であり、前記反射部を溝部分に有することを特徴とするカメラである。
【0016】この構成によれば、圧着板を樹脂成形としたことにより、光拡散特性を均一化することができるので安定した反射部を確保でき、また、量産性が高められると共に低コスト化を図ることができる。
【0017】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項4に記載のように、前記圧着板は、先端でフィルム平面性を規制する所定数の突状物が点在するように構成された樹脂成形加工品であり、前記反射部が前記突状物間の空間に設けられていることを特徴とするカメラである。
【0018】この構成によれば、圧着板を樹脂成形としたことにより、光拡散特性を均一化することができるので安定した反射部を確保できる。また、量産性が高められると共に低コスト化を図ることができる。
【0019】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項5に記載のように、前記反射部は、表面粗さが▽0.1S〜▽1.6Sの梨地処理が施されていることを特徴とするカメラである。
【0020】この構成によれば、拡散に適した表面粗さの梨地処理にしたので、測定用入射光に対して十分な光量の反射光を得ることができ、受光センサ部に測定可能な光量を確実に反射することができる。
【0021】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0022】(第1の実施の形態)本発明の第1の実施の形態を図1、図2に基づいて説明する。
【0023】図1は本発明に係るカメラ、及び反射光式シャッター精度測定器の模式的構成図を示している。図1において、1はカメラであり、不図示のフィルムの平面性を保持させると共に、所定位置には図2に示す反射部2a,2b,2cが設けられているフィルム圧着板2、このフィルム圧着板2の前面を開閉可能に配設されたシャッター膜3aをシャッターレリーズボタン(不図示)の操作に連動して駆動するシャッター3を備えている。
【0024】4は反射光式シャッター精度測定器であり、投光部4a、受光部4b、及び集光レンズ4cを備えて構成されている。投光部4aは半導体レーザーを用いて構成され、直径100μmのレーザー光を測定光7aとして発光する。受光部4bはフィルム圧着板2から反射された反射光7bを受光し、シャッター膜3aの開閉に伴う時間をカウントする。集光レンズ4cは、フィルム圧着板2から反射した反射光7bを受光部4bに集光させるために用いられる。
【0025】図2はフィルム圧着板2の詳細構成を示す平面図である。図2において、2a,2b,2cは、反射光式シャッター精度測定器4からの測定光7aを受光部4bへ反射させるために、フィルム圧着板2上に設けられた小面積の反射部である。2aは元値測定光の反射部、2bは中値測定光の反射部、2cは末値測定光の反射部である。2a,2b,2cの夫々の反射部は、フィルムの裏面に接触しないように他の面より一段低く形成された凹部であり、その表面には表面粗さが▽0.1S〜▽1.6Sの梨地処理が施され、光拡散特性を持つように構成されている。
【0026】反射光式シャッター精度測定器4は、直径100μmの測定用レーザー光を投光する半導体レーザーを備えた投光部4a、カメラから反射された測定用半導体レーザー光を受光する受光素子と受光光量をカウントする回路を備えた受光部4b、カメラ1から反射されて来る反射光7bを受光部4bに集光させるための集光レンズ4cを備えている。
【0027】以上の構成の本実施の形態において、反射光式シャッター精度測定器4に配置されている投光部4aから投光された測定光7aは、フィルム圧着板2に設けられている反射部2a,2b,2cに施されている梨地処理面で拡散反射する。この反射による反射光7bは、集光レンズ4cで集光され、受光部4bに測定可能な1/2以上の光量で入射し、元値、中値、末値のそれぞれのシャッター精度が測定される。
【0028】ここで、フィルム圧着板2の反射部2a,2b,2cに施されている梨地処理の表面粗さの条件について説明する。梨地処理の表面粗さを▽0.1S以下にした場合、拡散光が少なく正反射光が多くなり、受光部4bに到達する光量が1/2以下となり、シャッター精度測定が不可能になる。また、表面粗さを▽1.6S以上にした場合、表面のひと山ひと山が大きくなるために拡散特性が大きくなり、受光部4bに到達する光量が1/2以下となり、やはりシャッター精度の測定ができなくなる。
【0029】以上のように、本実施の形態によれば、カメラ1の裏蓋に取り付けられているフィルム圧着板2に拡散特性を有した反射部2a,2b,2cを設けたため、反射シート40を用いることなくシャッター精度測定が可能になり、シャッター精度測定の短縮が可能になり、測定精度が安定した。更に、カメラのソフトの簡略化が可能になった。また、拡散特性を有した反射部をフィルムと接触しないように、他の面より高さが低くなるようにしたことで、フィルムへの疵の発生を防止することができる。
【0030】なお、反射部2a,2b,2cを設けず、梨地処理を圧着板2の全面に設けることが考えられる。しかし、全面に設けると、撮影フィルムを透過した光が梨地処理面で拡散反射し、実際の露光量より多く露光させてしまうだけでなく、撮影画像に光かぶりを生じさせ、画像品質を著しく悪化させることになる。
【0031】(第2の実施の形態)図3は本発明に係るカメラの第2の実施の形態のフィルム圧着板を示す平面図である。なお、図3の実施の形態においては、カメラの構成及び反射光式シャッター精度測定器の構成は、フィルム圧着板の構成を除き、他の構成は図1に示した通りであるので、ここでは図示及び説明を省略する。
【0032】図3において、5は熱可塑性樹脂で成形されたフィルム圧着板である。フィルム圧着板5は、反射部5a,5b,5c、溝部5d、及び圧着面5eを備えている。反射部5a,5b,5cは、溝部5dに設定されている反射光シャッター精度測定器4の投光部4aから投光される元値、中値、末値の各測定光を反射する反射部である。そして、反射部5a,5b,5cには、拡散性を有するように、表面粗さが▽0.1S〜▽1.6Sの梨地処理が施されている。
【0033】溝部5dは、フィルム(不図示)との摺動摩擦を低減して耐久性を向上させ、同時にフィルムに疵を付けない目的で設けられた数本の溝によって構成され、反射光式シャッター精度測定器4の投光部4aからの入射光の光束範囲(直径100μm)に合致するように形成されている。圧着面5eは、給送されるフィルムに摺動してフィルムの平面性を保つ働きをすると共に、溝部5dの壁体を形成している。
【0034】この第2の本実施の形態においては、第1の実施の形態と同様に、投光部4aから投光された元値、中値、末値の各測定光は、フィルム圧着板5の反射部5a,5b,5cによって受光部4bに向けて測定に必要な光量を確実に反射させることができ、元値、中値、末値の各シャッター精度の測定が可能となる。
【0035】以上のように、第2の実施の形態によれば、第1の実施の形態と同様に、従来のように反射シートを挿入しなくともシャッター精度の測定が可能になり第1の実施の形態と同様の効果を得ることができる。また、拡散特性を有した反射部は、熱可塑性樹脂を用いた一体成形加工が可能であるため、バラツキの少ない安定した反射部を確保することができ、低コスト化を図ることができる。
【0036】(第3の実施の形態)図4は本発明に係るカメラの第3の実施の形態におけるフィルム圧着板の平面図である。図4においても、フィルム圧着板の形状を除き、カメラの構成及び反射光式シャッター精度測定器の構成は図1に示した通りであるので、図示を省略すると共に、説明は省略する。
【0037】図4において、フィルム圧着板6は熱可塑性樹脂を成形して作られる。このフィルム圧着板6は、反射部6a,6b,6c及び突状物としてのダボ(凸)部6dを備えている。反射部6a,6b,6cは、ダボ部6d以外の平面部に設定されると共に、反射光シャッター精度測定器4の投光部4aから投光される元値、中値、末値の各測定光を反射する。反射部6a,6b,6cには、拡散性を持たせるため、表面粗さ▽0.1S〜▽1.6Sの梨地処理が施されている。ダボ部6dは、フィルムとの接触面積を少なくし、摺動摩擦を低減し耐久性を向上させると同時に、フィルムに疵を付けるのを防止するために数十個以上が設けられ、フィルムの平面性を保つように機能する。このダボ部6dは、反射光式シャッター精度測定器4の投光部4aから投光された測定光の光束範囲(直径100μm)に一致しない位置に設けられる。
【0038】以上の構成による第3の実施の形態は、第1の実施の形態及び第2の実施の形態と同様に、投光部4aから投光された元値、中値、末値の各測定光は、フィルム圧着板6の反射部6a,6b,6cにより、受光部4bに向けて測定できるだけの光量を確実に反射させ、元値、中値、末値の各シャッター精度の測定が可能になる。
【0039】以上のように、第3の実施の形態によれば、第1の実施の形態と同様に、従来のように反射シートを挿入することなくシャッター精度の測定が行なえるようになり、第1の実施の形態と同様の効果を得ることができる。そして、反射部6a,6b,6cは熱可塑性樹脂による一体成形加工が可能であるため、第2の実施の形態と同様の効果が得られる。
【0040】なお、本発明は、シャッター精度の測定に対応したカメラについて述べたが、カメラのピント測定、或いは、他の反射光式測定器により他の光学機器の測定を行う場合にも適用可能である。
【0041】また、各実施の形態において、3つの反射部は、圧着板の縦方向に設けたが、これは縦走りフォーカルプレンシャッターに対応させたものであり、横走り式のフォーカルプレンシャッターの場合には、横方向に3つの反射部を配置することになる。
【0042】〔発明と実施の形態の対応〕以上の実施の形態において、溝部5dが平行溝に相当し、ダボ部6dが突状物に相当する。また、反射光式シャッター精度測定器4が測定器に、測定光7aが測定用光ビームに相当する。
【0043】
【発明の効果】以上説明したように、本出願に係る請求項1記載の発明によれば、圧着板のシャッター精度等を測定する測定器からの測定用光ビームが照射される位置に、その入射光を拡散させるための梨地処理を施した反射部を設けたので、反射シートを圧着板のフィルム位置に挿入することなく、圧着板のみによりシャッター精度等の測定が可能になる。
【0044】本出願に係る請求項2記載の発明によれば、反射部を圧着板の表面より下げた構造にしたので、フィルムに疵が付き難くなる。また、反射部がフィルムで擦られないので、拡散特性の劣化を招くことがない。
【0045】本出願に係る請求項3記載の発明によれば、所定数の平行溝がフィルム給送方向に延びるように設けられた樹脂成形加工による圧着板とし、反射部を溝部分に設ける構成にしたので、拡散特性を均一化することができるので安定した反射部を確保でき、また、量産性及び低コスト化を高めることができる。
【0046】本出願に係る請求項4記載の発明によれば、フィルムの平面性を保持するための所定数の突状物が点在するように構成された樹脂成形による圧着板とし、かつ反射部が前記突状物間の空間に設けられた構成にしたので、拡散特性の均一化により安定した反射部を確保でき、また、量産性が高められると共に低コスト化を図ることができる。
【0047】本出願に係る請求項5記載の発明によれば、表面粗さが▽0.1S〜▽1.6Sの梨地処理が施された反射部にしたので、測定用入射光に対して十分な光量の反射光を得ることができ、受光センサ部に測定可能な光量を確実に反射することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013