米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 画像表示装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−184011
公開日 平成11年(1999)7月9日
出願番号 特願平9−355249
出願日 平成9年(1997)12月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】岸田 正行 (外4名)
発明者 長野 明彦
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 投影された画像を記憶し、読み出し光を受けてこの記憶画像を観察可能に表示する記憶表示手段と、フィルムの画像を前記記憶表示手段に投影する投影手段と、前記読み出し光を前記記憶表示手段に照射する読み出し照明手段と、前記フィルムの次観察画面への送り動作を行うフィルム給送手段とを有する画像表示装置において、前記読み出し照明手段が点灯した状態で操作されたときに、前記給送手段の送り動作、前記読み出し照明手段の消灯、前記記憶表示手段の駆動、前記書き込み照明手段の点灯および消灯を全て行わせるための第1操作手段を有することを特徴とする画像表示装置。
【請求項2】 前記第1操作手段が、フィルムの駒送り用スイッチであることを特徴とする請求項1に記載の画像表示装置。
【請求項3】 電源のオフからオンへの切り換えと前記読み出し照明手段の点灯とを行わせる第2操作手段を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の画像表示装置。
【請求項4】 フィルムから投影された画像を記憶し、読み出し光を受けてこの記憶画像を観察可能に表示する記憶表示手段と、前記読み出し光を前記記憶表示手段に照射する読み出し照明手段と、前記フィルムの次観察画面への送り動作を行うフィルム給送手段と、前記記憶表示手段の表示面側に設けられて開閉動作を行う遮光手段とを有する画像表示装置において、前記記憶表示手段に記憶された画像の書き換え時に、前記読み出し照明手段の消灯、前記遮光手段の閉じ動作および前記フィルム給送手段の送り動作の順序を変更するための順序選択手段を有することを特徴とする画像表示装置。
【請求項5】 前記順序選択手段により第1順序が選択されたときは、前記読み出し照明手段の消灯、前記遮光手段の閉じ動作、前記フィルム給送手段の送り動作の順序で画像書き換えを行い、第2順序が選択されたときは、前記遮光手段の閉じ動作、前記フィルム給送手段の送り動作、前記読み出し照明手段の消灯の順序で画像書き換えを行うことを特徴とする請求項4に記載の画像表示装置。
【請求項6】 前記第2順序が選択されたときに、画像書き換え動作の進行速度を選択するための速度選択手段を有することを特徴とする請求項5に記載の画像表示装置。
【請求項7】 前記記憶表示手段に記憶表示されているフィルム画像に関する情報を表示する情報表示手段を有することを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の画像表示装置。
【請求項8】 前記記憶表示手段が、空間光変調素子であることを特徴とする請求項1から7のいずれかに記載の画像表示装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、現像済みのフィルム画像を空間光変調素子等で鑑賞するための画像表示装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】カメラ等で撮影されたフィルムは、現像後印画紙に焼き付けられて写真として鑑賞されるのが一般的であるが、最近ではフィルム画像をフィルムスキャナー等で電子的に読みとって、その電子画像をテレビ等で鑑賞可能な装置が市販されている。同種の装置は、電源のON/OFF時、フィルム交換時に記憶されたフィルム画像は消去されるようになっている。
【0003】また、本出願人は、カメラ等で撮影されたフィルム画像を空間光変調素子で鑑賞するための画像表示装置を提案している。この画像表示装置は、フィルムを背後からキセノン管等の光源で照明し、その透過光を投影レンズおよび反射ミラーからなる投影光学系を介して空間光変調素子に投影してフィルム画像を書き込む(記憶させる)。
【0004】ここで、空間光変調素子は、強誘電性液晶および光電変換膜等から構成されており、強誘電性液晶のメモリー作用により書き込まれた画像情報は長期間保存可能となっている。なお、空間光変調素子の動作原理については、特開平4−299314号公報等にて説明されている。
【0005】そして、本出願人提案の画像表示装置では、画像が書き込まれた空間光変調素子を蛍光ランプを用いて背後からバックライト照明し、空間光変調素子を透過した光を利用して画像を鑑賞できるようになっている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、本出願人提案の画像表示装置では、フィルム画像を空間光変調素子に書き込む動作、画像鑑賞時に空間光変調素子をバックライト照明する動作、フィルムを次の鑑賞画面に送る動作等を個々に専用に設けられた操作スイッチで行わせているため、特に鑑賞画像の切り換え時の操作が煩雑になるという欠点があった。
【0007】さらに、上記画像表示装置における鑑賞画像の切り換え動作(つまりは、空間光変調素子への画像書き換え動作)が画一的な手順で行われるようになっているため、鑑賞者の好みに応じられないという欠点がある。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記欠点を解消するために、本願第1の発明では、投影された画像を記憶し、読み出し光を受けてこの記憶画像を観察可能に表示する空間光変調素子等の記憶表示手段と、フィルムの画像を記憶表示手段に投影する投影手段と、読み出し光を記憶表示手段に照射する読み出し照明手段と、フィルムの次観察画面への送り動作を行うフィルム給送手段とを有する画像表示装置において、読み出し照明手段が点灯した状態でフィルムの駒送り用スイッチ等の第1操作手段が操作されると、給送手段の送り動作、読み出し照明手段の消灯、記憶表示手段の駆動、書き込み照明手段の点灯および消灯という画像書き換えに必要な全動作が行われるようにしている。
【0009】これにより、画像表示装置における特に画像切り換え時の操作を容易にすることが可能となる。
【0010】なお、上記発明において、電源スイッチ(メインスイッチ)が操作されると、読み出し照明手段が点灯するようにして、既に記憶されていた画像の鑑賞も容易に行えるようにしてもよい。
【0011】また、本願第2の発明では、フィルムから投影された画像を記憶し、読み出し光を受けてこの記憶画像を観察可能に表示する記憶表示手段と、読み出し光を記憶表示手段に照射する読み出し照明手段と、フィルムの次観察画面への送り動作を行うフィルム給送手段と、記憶表示手段の表示面側に設けられて開閉動作を行う遮光手段とを有する画像表示装置において、記憶表示手段に記憶された画像の書き換え時に、読み出し照明手段の消灯、遮光手段の閉じ動作およびフィルム給送手段の送り動作の順序を変更できるようにしている。
【0012】具体的には、第1順序が選択されたときは、読み出し照明手段の消灯、遮光手段の閉じ動作、フィルム給送手段の送り動作の順序で画像書き換えを行い、第2順序が選択されたときは、遮光手段の閉じ動作、フィルム給送手段の送り動作、読み出し照明手段の消灯の順序で画像書き換えを行うようにしている。
【0013】これにより、遮光手段が開いた状態で前に記憶されていた画像が消え、その後遮光手段が閉じて新たな画像の記憶が行われるパターン(第1順序)や、前に記憶されていた画像が遮光手段により徐々に(あたかも幕が降りるように)隠された後、新たな画像の記憶が行われるパターン(第2順序)というような複数の書き換えパターンの中から鑑賞者が好みに応じたパターンを選択することが可能となる。なお、第2順序が選択されたときに、画像書き換え動作の進行速度を選択できるようにしてもよい。
【0014】
【発明の実施の形態】(第1実施形態)図1〜図4には、本発明の第1実施形態である画像表示装置を示している。なお、図1(a)は画像表示装置の外観図、図1(b)は操作スイッチ説明図、図1(c)は液晶表示素子説明図、図2は画像表示装置のレイアウト説明図、図3は画像表示装置の電気回路ブロック図、図4は画像表示装置の動作のフローチャートである。
【0015】画像表示装置10は、画像表示装置全体を制御するCPU100と、強誘電性液晶および光電変換膜等から構成された空間光変調素子(以下、SLMと称す)1と、このSLM1を駆動制御するSLM駆動回路101とを有する。
【0016】ここで、SLM1の動作原理について簡単に説明する。SLM1は、強誘電性液晶と有機光導電膜等の光電変換膜とを積層した構成になっている。SLM駆動回路101によって強誘電性液晶層および光電変換膜に電圧を印加すると、強誘電性液晶層および光電変換膜の抵抗によって分圧された電圧が各層に印加される。このときSLM駆動回路101は、強誘電性液晶層にかかる電圧が強誘電性液晶分子が反転するしきい値電圧より低くなるようにSLM1へ電圧を印加する。この状態でSLM1に光を照射すると、光電変換膜に光が照射された領域では電荷が発生し光電変換膜の抵抗が小さくなる。その結果、光電変換膜に光が照射された領域に対応した強誘電性液晶層にかかる電圧は大きくなり強誘電性液晶分子が反転するしきい値電圧を超えるため、強誘電性液晶分子が反転する。
【0017】さらにSLM駆動回路101によってSLM1への電圧印加を遮断しても、強誘電性液晶のヒステリシス特性によって液晶分子の向きは保存される。そのため、SLM1への電圧無印加状態においても1度書き込まれた画像は長期間保存可能である。
【0018】また、画像表示装置10は、原画像であるフィルム2を給送するフィルム給送機構14およびフィルム給送機構14を制御するフィルム給送回路104からなるフィルム給送手段とを有する。
【0019】また、画像表示装置10は、フィルム2を照明するキセノン管7と、このキセノン管7から発光された光を効率よくフィルム2に集光するための反射笠8と、キセノン管の発光を制御するストロボ発光回路105と、フィルム2を透過したストロボ光をSLM1に投影するための投影レンズ3および反射ミラー4とからなる投影手段をも有する。
【0020】また、画像表示装置10は、フィルム画像をSLM1に投影するのと同一の側面から、SLM1の直前に配置された高分子分散型液晶からなる液晶拡散板9を照明する2個の蛍光ランプ5と、これら蛍光ランプ5から発光した光を効率よく液晶拡散板9上に集光するための反射笠6と、2個の蛍光ランプ5の発光を制御する蛍光ランプ点灯回路102と、液晶拡散板9の透過・拡散状態を切り換え制御する液晶拡散板駆動回路103とからなる照明手段(請求の範囲にいう読み出し照明手段)をも有する。
【0021】なお、蛍光ランプ5は直管型で、SLM1の長手方向長さと略同じ長さを有し、図2の紙面垂直方向に延びて配置されている。また、高分子分散型液晶からなる液晶拡散板9の動作原理等については、特開平1−229232号公報にて説明されているのでここでは説明を省略する。
【0022】さらに、画像表示装置10は、装置の電源をON/OFFするためのメインスイッチ11(請求の範囲にいう第2操作手段)と、操作スイッチ群20と、SLM1に書き込まれたフィルム画像の駒番号情報あるいはフィルムに設けられた磁気記録部に記憶された磁気情報(請求の範囲にいう記憶表示手段に記憶表示されているフィルム画像に関する情報)等を記憶するEEPROM110と、上記駒番号情報や磁気情報等を表示する液晶表示素子(請求の範囲にいう情報表示手段)12をも有する。
【0023】なお、図1(b)に示すように、操作スイッチ群20は、送り停止スイッチ21と、1駒送りスイッチ(請求の範囲にいう第1操作手段)22と、1駒戻しスイッチ(同じく請求の範囲にいう第1操作手段)23と、早送りスイッチ24と、早戻しスイッチ25とからなる。また、図1(c)に示すように、液晶表示素子12は反射型のTN液晶表示素子からなり、7セグメントが4組形成されていて、駒番号等の情報の他に時刻も表示可能となっている。
【0024】次に、図4を用いて上記画像表示装置10の動作について説明する。まず、鑑賞者13によって画像表示装置10の側面に配置されたメインスイッチ11がONされるまで待機する(#201)。
【0025】メインスイッチ11がONされると、装置全体を制御するCPU100は、蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を点灯させる。これにより、蛍光ランプ5からの光が反射ミラー4および液晶拡散板9を介してSLM1を照明する。このとき蛍光ランプ5による照明光は、液晶拡散板駆動回路103によって電圧印加が停止されて拡散状態に設定された液晶拡散板9を均一に照明し、さらに液晶拡散板9で拡散されてSLM1を均一に照明する(#202)。このため、鑑賞者13はメインスイッチ11をONするだけで既にSLM1に記憶されているフィルム画像を鑑賞することができる。
【0026】次に、CPU100は、LCD駆動回路107に信号を送信して、画像表示装置10の前面に配置された液晶表示素子12にSLM1に表示されたフィルム画像の駒番号を表示させる(#203)。この駒番号は、EEPROM110に記憶されたものである。
【0027】CPU100は、引き続き信号入力回路306を介してメインスイッチ11および操作スイッチ群20の状態を確認する(#204)。
【0028】鑑賞者13が画像表示装置10を鑑賞状態に設定したままで、操作スイッチ群20のいずれかのスイッチが操作されたか否かを確認する(#205)。いずれのスイッチも操作されていなければ、CPU100はスイッチの状態が変化するまで待機する。一方、いずれかのスイッチが操作されると、CPU100はフィルム給送回路104の制御状態を確認してフィルム給送機構14によってフィルム2が給送中であるかどうかを判定する(#206)。フィルム2が給送中でなければ、スイッチの種類に応じた制御を実行する。
【0029】次に、CPU100は、メインスイッチ11がONのままか否かを確認し(#207)、ONのままであるときは、鑑賞者13が鑑賞する画像を切り換えるために1駒送りスイッチ22又は1駒戻しスイッチ23をONしたか否かを確認する(#208)。いずれかのスイッチ22,23がONのときは、CPU100は、蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を消灯させる(#209)。
【0030】さらにCPU100は、フィルム給送回路104に信号を送ってフィルム給送機構14によってフィルム2を1駒給送する(#210)。このとき、フィルム2はフィルム給送機構14によって不図示のフィルムカートリッジから引き出されスプールに巻き取られる。またこれと同時に、CPU100は、SLM1に前に記憶されていた画像を消去するために、SLM駆動回路101に信号を送信してSLM1に書き込み時とは逆方向の電圧を印加する。
【0031】フィルム給送機構14によってフィルム2が所定の画像書き込み位置まで給送されると(#210)、CPU100はLCD駆動回路107に信号を送信して液晶表示素子12に新たな駒番号を表示させる(#211)。
【0032】さらにCPU100は、SLM1へのフィルム画像の書き込みを実行する。まず、CPU100は、ストロボ発光回路105に信号を送信してキセノン管7を発光させ、フィルム2を照明する(#212)。フィルム2を透過した光は投影レンズ3、反射ミラー4および液晶拡散板9を介してSLM1に投影される。このとき、液晶拡散板9は液晶拡散板駆動回路103によって電圧が印加されて透過状態に設定される。これにより、液晶拡散板9がSLM1への画像書き込みの障害になることはない。なお、投影レンズ3に関して、フィルム2とSLM1とは共役となっている。
【0033】CPU100は、キセノン管7が発光している間にSLM駆動回路101に信号を送信してSLM1に所定のパルス電圧を印加する(#213)。これにより、SLM1においては、光電変換膜に光が照射された領域の強誘電性液晶分子が反転し、フィルム画像の転写が行われる。そして、SLM1に転写されたフィルム画像はSLM1の一部を構成する強誘電性液晶の記憶作用により記憶される。SLM1へのフィルム画像の書き込みが終了すると、CPU100は蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を点灯させる(#214)。同時にCPU100は、液晶拡散板駆動回路103に信号を送信して液晶拡散板9への電圧の印加を中止し、液晶拡散板9が拡散状態になるように設定する。こうして、反射ミラー4および拡散状態の液晶拡散板9を介して蛍光ランプ5によって均一に照明されたSLM1を透過した光によって、鑑賞者13はフィルム2に撮影された被写体像を鑑賞することができる。
【0034】さらにCPU100は、SLM1に新たに書き込まれたフィルムの駒番号をEEPROM110に記憶する(#215)。
【0035】このように、鑑賞者13が1駒送りスイッチ22又は1駒戻しスイッチ23を操作することによって、SLM1による鑑賞画像を切り換えるための読み出し照明手段(蛍光ランプ5等)、フィルム給送手段、空間光変調素子駆動手段および投影手段の動作から構成される一連の画像書き換え動作がすべて実行されるため、鑑賞者13が画像切り換えのために煩雑な操作をする必要はなくなる。
【0036】こうしてフィルム画像の切り換えが終了すると、#205に戻り、#207までを再び実行する。そして、#207においてメインスイッチ11がONのままであり、#208において1駒送りスイッチ22又は1駒戻しスイッチ23が操作されたときは、#209〜#215までの画像書き換え動作を再び行う。
【0037】一方、#207においてメインスイッチ11がOFFであったときは、CPU100は蛍光ランプ点灯回路102に信号を送信して蛍光ランプ5を消灯させる(#220)。さらにCPU100は、LCD駆動回路107に信号を送信して液晶表示素子12に時刻を表示するように設定する(#221)。このときフィルム2が繰り出し中であれば(#222)、CPU100はフィルム給送回路104に信号を送信してフィルム給送機構14によってフィルム2を巻き戻す(#223)。そして、一連のシーケンスが終了すると(#224)、初期状態に戻って(#200)、メインスイッチ11がONされるまで待機する(#201)。
【0038】また、#208において1駒送りスイッチ22および1駒戻しスイッチ23のいずれも操作されなかったときは、CPU100は早送りスイッチ24又は早戻しスイッチ25が操作されたか否かを確認し(#216)、操作されたときは操作されたスイッチに応じてフィルム給送回路104に信号を送り、フィルム給送機構14によってフィルム2を早送り又は早戻しする(#217)。このとき、CPU100は、LCD駆動回路107に信号を送信して、液晶表示素子12に所定の画像書き込み位置を通過する駒番号を表示させる(#218)。
【0039】(第2実施形態)図5〜図9には、本発明の第2実施形態である画像表示装置を示している。なお、図5(a)は画像表示装置の外観図、図5(b)はメインスイッチ説明図、図6は画像表示装置のレイアウト説明図、図7は画像表示装置の電気回路ブロック図、図8は画像表示装置の動作のフローチャート、図9は画像表示装置の遮光動作説明図である。また、本実施形態において、第1実施形態と共通構成要素については第1実施形態と同符号を付して説明に代える。
【0040】本実施形態の画像表示装置300は、SLM1の前面(表示面)側に配置されて、装置の鑑賞窓302の全面を覆う位置(閉じ位置)と、観賞窓302を開放して画像鑑賞を可能とする位置(開き位置)との間で駆動される遮光部材314を有する。この遮光部材314は、帯状シートに観賞用開口を開放するための開口部を形成したものであり、巻取り軸311,312が駆動されることによって上記閉じ位置と開き位置の間で移動する。
【0041】巻取り軸311,312の一端には、ギア部311a、312aが一体的に形成されている。また、巻取り軸311,312の近傍には、遮光部材314に適当な張力を与えて平面性を与えるとともに、巻取り軸311,312に遮光部材314をガイドするガイド軸313が配設されている。
【0042】巻取り軸312と同軸上には、モータ315が配置されており、このモータ315の駆動力がギア列によって巻取り軸311および巻取り軸312に選択的に伝達されることにより、遮光部材314が図中上下に駆動されて、鑑賞窓302を開閉する。なお、モータ315は、図7に示す遮光機構駆動回路108によって駆動制御される。
【0043】また、画像表示装置300におけるキセノン管7とレンズ3との間には、キセノン管7からの光を均一に拡散してフィルム2に照射させる拡散板304と、ネガカラーフィルムのベース色を補正するための色補正フィルタ306とが設けられている。
【0044】さらに、画像表示装置300の側面には、図5(a)に示すように、電源のON/OFF切り換えと、画像書き換え動作時のbeforeモード(請求の範囲にいう第1順序での動作モード)とafterモード(請求の範囲にいう第2順序での動作モード)との設定を行うためのメインスイッチ321が配置されている。beforeモードでは、SLM1への画像書き換え時に、蛍光ランプ5が直ちに消灯され、その後遮光部材14が開き位置から閉じ位置に移動するように設定される。一方、afterモードでは、遮光部材14が開き位置から閉じ位置に移動した後、蛍光ランプ5が消灯されるように設定される。なお、afterモードでは、不図示の速度選択スイッチにより画像書き換え速さ(例えば、遮光部材314の開き位置から閉じ位置までの移動速度)を選択できるようになっている。
【0045】次に、図8を用いて本実施形態の画像表示装置300の動作について説明する。まず、鑑賞者によってメインスイッチ321が「off」位置から「before」位置又は「after」位置に操作されるまで待機する(#231)。
【0046】メインスイッチ321が「before」位置又は「after」位置に操作されると、CPU100はまず遮光機構駆動回路108に信号を送信してモータ315を駆動し、鑑賞窓302の全面を覆っていた遮光部材314を開き位置に向けて移動させる(#232)。次に、蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を点灯させる。蛍光ランプ5からの照明光は拡散状態の液晶拡散板9を介してSLM1を均一に照明する。このため、鑑賞者は、SLM1を透過した光を見ることによって既にSLM1に記憶されていたフィルム画像を鑑賞することができる(#233)。
【0047】次に、CPU100は、LCD駆動回路107に信号を送信して液晶表示素子12にSLM1に表示されているフィルム画像の駒番号を表示させる(#234)。 CPU100は、引き続き信号入力回路106を介してメインスイッチ321および操作スイッチ群20の状態を確認し(#235)、操作スイッチ群20のいずれかのスイッチ(送り停止スイッチ21、1駒送りスイッチ22、1駒戻しスイッチ23、早送りスイッチ24又は早戻しスイッチ25)が操作されたか否かを確認し(#236)、いずれのスイッチも操作されていないときはいずれかのスイッチが操作されるまで待機する。一方、いずれかのスイッチが操作されたときは、CPU100はフィルム給送回路104の制御状態を確認してフィルム給送機構14によってフィルム2が給送中であるかどうかを判定する(#237)。フィルム2が給送中でなければ、スイッチの種類に応じた制御を実行する。
【0048】次にCPU100は、メインスイッチ321が「before」位置又は「after」位置に操作されたままか否か確認し(#238)、操作されたままであるときは、鑑賞者が、鑑賞する画像を切り換えるために1駒送りスイッチ22又は1駒戻しスイッチ23をONしたか否かを確認する(#239)。いずれかのスイッチ22,23がONのときは、CPU100は信号入力回路106にてメインスイッチ321が「before」位置なのか「after」位置なのかを確認する(#240)。
【0049】メインスイッチ321が「before」位置のときは、CPU100は、まず蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を直ちに消灯させる(#241)。このため、鑑賞者は蛍光ランプ5が消灯した時点でSLM1に表示されていた画像を見ることができなくなる。さらに、CPU100は、遮光機構駆動回路108に信号を送信してモータ315を駆動し、遮光部材314を閉じ位置に移動させて、鑑賞窓302を覆うとともに(#242)、フィルム給送回路104に信号を送ってフィルム給送機構14によってフィルム2を1駒給送する(#243)。なお、このとき、フィルム2はフィルム給送機構14によって不図示のフィルムカートリッジから引き出されスプールに巻き取られる。またこれと同時に、CPU100は、SLM1に前に記憶されていた画像を消去するために、SLM駆動回路101に信号を送信してSLM1に書き込み時とは逆方向の電圧を印加する。
【0050】フィルム給送機構14によってフィルム2が所定の画像書き込み位置まで給送されると(#243)、CPU100はLCD駆動回路107に信号を送信して液晶表示素子322に新たな駒番号を表示させる(#244)。
【0051】次に、CPU100はSLM1へのフィルム画像の書き込みを実行する。まず、CPU100は、ストロボ発光回路105に信号を送信してキセノン管7を発光させ、フィルム2を照明する(#245)。フィルム2を透過した光は投影レンズ3、反射ミラー4および液晶拡散板9を介してSLM1に投影される。このとき、液晶拡散板9は液晶拡散板駆動回路103によって電圧が印加されて透過状態に設定される。これにより、液晶拡散板9がSLM1への画像書き込みの障害になることはない。なお、投影レンズ3に関して、フィルム2とSLM1とは共役となっている。
【0052】CPU100は、キセノン管7が発光している間にSLM駆動回路101に信号を送信してSLM1に所定のパルス電圧を印加する(#246)。これにより、SLM1においては、光電変換膜に光が照射された領域の強誘電性液晶分子が反転し、フィルム画像の転写が行われる。そして、SLM1に転写されたフィルム画像はSLM1の一部を構成する強誘電性液晶の記憶作用により記憶される。次に、CPU100は、遮光機構駆動回路108に信号を送信してモータ315を駆動し、遮光部材314を開き位置に移動させて鑑賞窓302を開放して画像の鑑賞を可能とする(#247)。
【0053】こうしてSLM1へのフィルム画像の書き込みが終了すると、CPU100は蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を点灯させる(#248)。同時にCPU100は、液晶拡散板駆動回路103に信号を送信して液晶拡散板9への電圧の印加を中止し、液晶拡散板9が拡散状態になるように設定する。こうして、反射ミラー4および拡散状態の液晶拡散板9を介して蛍光ランプ5によって均一に照明されたSLM1を透過した光によって、鑑賞者はフィルム2に撮影された被写体像を鑑賞することができる。
【0054】さらにCPU100は、SLM1に新たに書き込まれたフィルムの駒番号をEEPROM110に記憶する(#249)。
【0055】こうしてフィルム画像の切り換えが終了すると、#235に戻り、#238までを再び実行する。そして、#238においてメインスイッチ321が「before」位置又は「after」位置のままであり、#239において1駒送りスイッチ22又は1駒戻しスイッチ23が操作されたことが確認され、さらに#240においてメインスイッチ321が「before」位置であることが確認されたときは、#241〜#249までの画像書き換え動作を再び行う。
【0056】一方、#240において、メインスイッチ321が「after」位置であることが確認されたときは、まずCPU100は、速度選択スイッチにて設定された速度に応じて遮光機構駆動回路108に信号を送信してモータ315を駆動し、鑑賞窓302を開放していた遮光部材314を閉じ位置まで移動させる(#250)。このとき、鑑賞者は、遮光部材314が閉じ位置に向かって移動している間もSLM1に表示された画像の一部を鑑賞することができる。この様子を示したのが図9であり、遮光部材314が図中A方向に移動して鑑賞窓302を覆っていくことにより、鑑賞者には幕が下りるような印象を与える効果がある。
【0057】また、CPU100は、遮光部材314の閉じ動作を行うとともに、フィルム給送回路104に信号を送ってフィルム給送機構316によってフィルム303を1駒給送する(#251)。なお、このとき、フィルム2はフィルム給送機構14によって不図示のフィルムカートリッジから引き出されスプールに巻き取られる。またこれと同時に、CPU100は、SLM1に前に記憶されていた画像を消去するために、SLM駆動回路101に信号を送信してSLM1に書き込み時とは逆方向の電圧を印加する。
【0058】さらに、CPU100は、遮光部材314が完全に閉じ位置に移動したときは、蛍光ランプ点灯回路102に信号を送って蛍光ランプ5を消灯させる(#252)。 フィルム給送機構316によってフィルム303が所定位置まで給送されると、CPU100はLCD駆動回路107に信号を送信して液晶表示素子322に新たな駒番号を表示させる(#244)。
【0059】そして、CPU100は、#244〜#249のSLM301へのフィルム画像の書き込み動作を実行する。
【0060】なお、#207においてメインスイッチ11がOFFであったときは、CPU100は蛍光ランプ点灯回路102に信号を送信して蛍光ランプ5を消灯させる(#257)。さらにCPU100は、LCD駆動回路107に信号を送信して液晶表示素子12に時刻を表示するように設定する(#259)。このときフィルム2が繰り出し中であれば(#260)、CPU100はフィルム給送回路104に信号を送信してフィルム給送機構14によってフィルム2を巻き戻す(#261)。そして、一連のシーケンスが終了すると(#262)、初期状態に戻って(#230)、メインスイッチ321がONされるまで待機する(#231)。
【0061】また、#239において1駒送りスイッチ22および1駒戻しスイッチ23のいずれも操作されなかったときは、CPU100は早送りスイッチ24又は早戻しスイッチ25が操作されたか否かを確認し(#253)、操作されたときは操作されたスイッチに応じてフィルム給送回路104に信号を送り、フィルム給送機構14によってフィルム2を早送り又は早戻しする(#254)。このとき、CPU100は、LCD駆動回路107に信号を送信して、液晶表示素子12に所定の画像書き込み位置を通過する駒番号を表示させる(#255)。
【0062】なお、本実施形態では、メインスイッチ321での設定モードにより、遮光部材314の閉じ動作、フィルム2の給送および蛍光ランプ5の消灯の動作順序を選択した場合について説明したが、遮光部材314の開き動作および蛍光ランプ5の点灯の動作順序も選択可能にしてもよい。
【0063】また、上記各実施形態では、液晶タイプの空間光変調素子を記憶表示手段として用いた画像表示装置について説明したが、本発明は、液晶タイプ以外の空間光変調素子、例えばBSOを用いた空間光変調素子や他の記憶表示手段を用いた画像表示装置にも適用することができる。
【0064】
【発明の効果】以上説明したように、本願第1の発明によれば、画像の書き換え時に1つの操作手段を操作すれぱ、給送手段の送り動作、読み出し照明手段の消灯、記憶表示手段の駆動、書き込み照明手段の点灯および消灯という画像書き換えに必要な全動作が行われるので、画像切り換え操作を容易にすることができる。
【0065】なお、上記発明において、電源スイッチが操作されると、読み出し照明手段が点灯するので、既に記憶されていた画像の鑑賞も容易に行うことができる。
【0066】また、本願第2の発明によれば、画像の書き換え時における読み出し照明手段の消灯、遮光手段の閉じ動作およびフィルム給送手段の送り動作の順序を変更できるので、複数の書き換えパターンの中から鑑賞者が好みに応じたパターンを選択することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013