米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 カメラ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−184006
公開日 平成11年(1999)7月9日
出願番号 特願平9−364857
出願日 平成9年(1997)12月22日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】田北 嵩晴
発明者 山▲崎▼ 亮
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 カメラ本体と、撮影対象の被写体を確認するために前記カメラ本体の所定位置に設けられたファインダと、前記カメラ本体に設けられ、受信した信号に応じた制御を実行させる遠隔操作受信部を備えたカメラにおいて、前記ファインダの接眼部に着脱可能に装着されたアイカップと、該アイカップに一体的に設けられ、前記アイカップを前記カメラ本体から取り外したときに前記遠隔操作受信装置にシャッターレリーズ等を行なわせるための制御信号を送信可能な遠隔操作送信装置を備えることを特徴とする遠隔操作可能なカメラ。
【請求項2】 前記カメラ本体は、前記アイカップの装着の有無を検出する検出手段を備えることを特徴とする請求項1記載の遠隔操作可能なカメラ。
【請求項3】 前記検出手段は、前記遠隔操作送信装置の装着有りを検出したとき、前記カメラ本体の機能を通常の撮影状態に設定する指示を行なうことを特徴とする請求項2記載のカメラ。
【請求項4】 前記遠隔操作送信装置は、前記接眼部に装着した状態では、その操作部材が前記カメラ本体と対峙する側に設けられていることを特徴とする請求項1記載の遠隔操作可能なカメラ。
【請求項5】 カメラ本体と、撮影対象の被写体を確認するために前記カメラ本体の所定位置に設けられたファインダと、前記カメラ本体に設けられ、受信した信号に応じた制御を実行させる遠隔操作受信部を備えたカメラにおいて、前記ファインダの接眼部に固定状態に設けられ或いは着脱可能に装着されたアイカップと、該アイカップに着脱可能に装着され、前記アイカップから取り外したときに前記遠隔操作受信装置にシャッターレリーズ等を行なわせるための制御信号を送信可能な遠隔操作送信装置を備えることを特徴とする遠隔操作可能なカメラ。
【請求項6】 前記カメラ本体は、前記遠隔操作送信装置の装着の有無を検出する検出手段を備えることを特徴とする請求項5記載の遠隔操作可能なカメラ。
【請求項7】 前記検出手段は、前記遠隔操作送信装置の装着有りを検出したとき、前記カメラ本体の機能を通常の撮影状態に設定する指示を行なうことを特徴とする請求項6記載のカメラ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ファインダーに装着されたアイカップを備えるカメラに関し、詳しくは、カメラ本体に着脱可能な遠隔操作装置を備えたカメラに関する。
【0002】
【従来の技術】カメラのシャッターレリーズをレリーズ釦によらずに行なう場合、一般に、電子式シャッターを用いたカメラでは、リモートスイッチ、或いは赤外線または電波等を通信手段に用いた遠隔操作装置が用いられる。遠隔操作装置として広く用いられているものにワイヤレスリモコン送信器がある。リモートスイッチは、長さ50cm程度のケーブルの一端に押し釦を設け、他端にプラグを備えて構成され、そのケーブル長さの範囲でシャッターレリーズを行なうことができる。これに対し、ワイヤレスリモコン送信器は、カメラ本体から数十メートル離れた場所から制御信号をワイヤレスにカメラ本体へ伝送することができ、信号を受信したカメラ本体側はシャッターレリーズを制御(1枚撮影、連続撮影等)する。ワイヤレスリモコン送信器は、例えば、赤外線発光素子、赤外線発信回路、電池、押し釦等を備えて構成されている。
【0003】ワイヤレスリモコン送信器は、リモートスイッチと異なり、数十mの距離まで移動してシャッターレリーズを制御できる利点はあるが、部品数が多いことから、名刺サイズ程度の大きさになることは避けられず、カメラと一緒に持ち運ぶときには邪魔になる。また、カメラと別体であるために紛失しやすい。
【0004】そこで、このような不便を解消すべく、(i)ワイヤレスリモコン送信器をカメラ本体に一体的に取り付ける方法、(ii)ストラップに着脱可能に取り付けるという方法、(iii)カメラのレンズキャップに内蔵する方法、等が提案されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記従来例では、ワイヤレスリモコン送信器をカメラ本体に一体的に取り付ける上記(i)の方法では、カメラを小型化するには不向きである。また、前記従来例のワイヤレスリモコン送信器をカメラのレンズキャップに内蔵する(ii)の方法では、カメラを持ち運ぶ際には便利だが、撮影の際にはレンズキャップを必ず外すことになるので、紛失する恐れがある。そこで、前記(iii)のストラップに着脱可能に取り付ける方法が主流になっている。しかし、カメラの使用形態によってはストラップをカメラに装着しない場合がある。
【0006】このような場合、ワイヤレスリモコン送信器を別個に持ち歩くことになり、煩わしいし、紛失の恐れもある。また、ストラップにワイヤレスリモコン送信器を常時取り付けていると、カメラを肩からかけて携帯している際に不用意に外れて紛失する恐れがある。更に、前記従来例では、カメラ本体にわざわざワイヤレスリモコン撮影モードに設定するための操作部材を設け、ワイヤレスリモコン撮影の際はカメラ本体をワイヤレスリモコン撮影状態に設定する必要がある。
【0007】本発明は上述の問題点に鑑み、遠隔操作送信装置を備えながら、カメラ本体の大型化を招くことなく、携帯性を向上させたカメラを提供することを目的としている。
【0008】
【課題を解決するための手段】本出願に係る発明の目的を実現する構成は、請求項1に記載のように、カメラ本体と、撮影対象の被写体を確認するために前記カメラ本体の所定位置に設けられたファインダと、前記カメラ本体に設けられ、受信した信号に応じた制御を実行させる遠隔操作受信部を備えたカメラにおいて、前記ファインダの接眼部に着脱可能に装着されたアイカップと、該アイカップに一体的に設けられ、前記アイカップを前記カメラ本体から取り外したときに前記遠隔操作受信装置にシャッターレリーズ等を行なわせるための制御信号をワイヤレスで送信可能な遠隔操作送信装置を備えることを特徴とする遠隔操作可能なカメラにある。
【0009】この構成によれば、アイカップと一体に遠隔操作送信装置が設けられているため、遠隔操作を行いたい時にはアイカップをカメラ本体から取り外し、不使用時にはアイカップをカメラ本体に取り付ければ遠隔操作送信装置を収納したことになる。したがって、遠隔操作装置のためにカメラの小型化が制限されることはなく、しかも携帯の邪魔になることもないので、不用意に外れて紛失する可能性を少なくすることができる。
【0010】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項2に記載のように、前記カメラ本体は、前記アイカップの装着の有無を検出する検出手段を備えることを特徴とするカメラにある。
【0011】この構成によれば、アイカップがカメラ本体から取り外されているときは、その非装着が検出される。この検出結果を用いれば、遠隔操作撮影状態に自動的に設定する等の制御が可能になる。
【0012】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項3に記載のように、前記検出手段は、前記遠隔操作送信装置の装着有りを検出したとき、前記カメラ本体の機能を通常の撮影状態に設定する指示を行なうことを特徴とするカメラにある。
【0013】この構成によれば、遠隔操作送信装置が装着されていれば、遠隔操作送信装置を用いずにカメラ本体のシャッター釦を用いることは明らかであるので、遠隔操作送信装置の装着を検出した際、自動的に通常の撮影状態に設定し、カメラ本体のシャッター釦を用いることができるようにする。
【0014】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項4に記載のように、前記遠隔操作送信装置は、前記接眼部に装着した状態では、その操作部材が前記カメラ本体と対峙する側に設けられていることを特徴とするカメラにある。
【0015】この構成によれば、遠隔操作送信装置の操作部材がカメラ本体側に設けられたことにより、操作部材が誤って操作されることはなく、誤操作を防止することができる。
【0016】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項5に記載のように、カメラ本体と、撮影対象の被写体を確認するために前記カメラ本体に設けられたファインダと、前記カメラ本体の所定位置に設けられ、受信した信号に応じた制御を実行させる遠隔操作受信部を備えたカメラにおいて、前記ファインダの接眼部に固定状態に設けられ或いは着脱可能に装着されたアイカップと、該アイカップに着脱可能に装着され、前記アイカップから取り外したときに前記遠隔操作受信装置にシャッターレリーズ等を行なわせるための制御信号をワイヤレスで送信可能な遠隔操作送信装置を備えることを特徴とするカメラにある。
【0017】この構成によれば、アイカップに着脱可能に遠隔操作送信装置が設けられているため、使用時にはアイカップをカメラ本体から取り外し、或いはアイカップから遠隔操作送信装置を取り外すことにより遠隔操作を行うことができる。遠隔操作の終了後は、カメラ本体に取り付けられているアイカップに装着し、或いは遠隔操作送信装置の取り付けられたアイカップをカメラ本体に取り付ければ収納できる。したがって、遠隔操作装置によってカメラの小型化に支障をきたすことがなく、しかも携帯の邪魔になることがないので、不用意に外れて紛失する可能性を少なくすることができる。
【0018】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項6に記載のように、前記カメラ本体は、前記遠隔操作送信装置の装着の有無を検出する検出手段を備えることを特徴とするカメラにある。
【0019】この構成によれば、遠隔操作送信装置がカメラ本体から取り外されているときは、その非装着が検出される。この検出結果を用いれば、遠隔操作撮影状態に自動的に設定する等の制御が可能になる。
【0020】本出願に係る発明の目的を実現する具体的な構成は、請求項7に記載のように、前記検出手段は、前記遠隔操作送信装置の装着有りを検出したとき、前記カメラ本体の機能を通常の撮影状態に設定する指示を行なうことを特徴とするカメラにある。
【0021】この構成によれば、遠隔操作送信装置が装着されていれば、遠隔操作送信装置を用いずにカメラ本体のシャッター釦を用いることは明らかであるので、遠隔操作送信装置の装着を検出した際、自動的に通常の撮影状態に設定することで、カメラ本体のシャッター釦を用いることができるようになる。
【0022】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0023】(第1の実施の形態)図1は本発明に係るカメラの第1の実施の形態における主要部の構成を示す。図中、(a)は本発明に係る遠隔操作送信装置を内蔵可能なアイカップを示す正面図、(b)は(a)の背面図である。
【0024】図1において、1は遠隔操作送信装置を内蔵したアイカップである。アイカップ1には、カメラ本体のファインダ接眼部(不図示)に係着してファインダ接眼部から抜け出しを防止する一対のフック部2が設けられ、中央部にはファインダ窓3が設けられている。このファインダ窓3の周辺には、遠隔操作送信装置を構成する送信釦4及び電池室5が設けられている。また、アイカップ1の端部には投光部6が設けられている。更に、電池室5には電池を収納するための電池蓋7が開閉可能にして設けられている。
【0025】図2は本発明に係るカメラを示し、(a)は正面図、(b)は背面図である。図2において、8はカメラ本体であり、正面の撮影レンズ12の近傍には(a)に示すように、遠隔操作送信装置(不図示)からの信号を受信する遠隔操作受信部9が設けられている。また、(b)に示すように、カメラ本体8の背面の上部にはファインダ接眼部10が設けられ、ファインダ接眼部10の近傍にはアイカップ1の装着、非装着の状態を検出するためのセンサとしてのフォトリフレクター11が設けられている。
【0026】図3は図2のカメラの側面図を示し、(a)はアイカップ1の装着時における側面図、(b)はアイカップ非装着時の側面図である。図3において、13はペンタプリズムの上部に設けられた開閉式のストロボ装置、10はファインダ接眼部10、12は撮影レンズである。
【0027】図4はフォトリフレクター11と中央演算処理装置20の接続構成を示す電気系のブロック図である。図中、14は電源としての電池であり、20は電池14から電源供給を受けて動作するCPU内蔵の中央演算処理装置である。この中央演算処理装置20には、遠隔操作受信部9及びフォトリフレクター11が接続されている。
【0028】図5はフォトリフレクター11の周辺構成を示す回路図である。図中、15はフォトリフレクターの発光素子であり、トランジスタ17のエミッタにアノード側が接続されている。16はフォトリフレクターの受光素子、17はトランジスタ、18はA/D変換器である。トランジスタ17のベースと中央演算処理装置20の出力端子20aの間にはバイアス用の抵抗51が挿入され、発光素子15のカソード側とグランドとの間に抵抗52が接続されている。更に、受光素子16のエミッタとグランドとの間に抵抗53が接続されている。抵抗53に生じる端子電圧がA/D変換器18に印加され、このA/D変換器18の入力信号になる。トランジスタ17,16のコレクタには電池14の電圧VCが供給される。
【0029】次に、上記の構成のカメラにおける通常の撮影動作について説明する。まず、図3の(a)のように、アイカップ1がカメラ本体8のファインダ接眼部10に図1のフック部2が係合するように取り付けられる。このとき、図5において、中央演算処理装置20からトランジスタ17のベース端子に抵抗51を介してベースバイアス電圧が印可されている。この結果、トランジスタ17は導通状態になっており、発光素子15には所定の電流が流れ、発光素子15の発光による光はアイカップ1の裏面に反射し、その反射光が受光素子16に受光される。すると、受光素子16は導通状態になり、抵抗53には通電電流に応じた端子電圧が生じる。この電圧により、A/D変換器18に電圧が入力され、この入力電圧が所定値を越えたときにA/D変換器は、所定のデジタル出力信号(アイカップ1の装着信号)を出力する。このデジタル出力信号を受信した中央演算処理装置20は、カメラ本体8にアイカップ1が装着されていることを判定し、通常の撮影状態になり、シャッター釦を押下すれば、撮影が行なわれる。この状態では、アイカップ1の送信釦4はカメラ本体8と向かい合う側に配置されているので、撮影者が通常の撮影をしている際やカメラを持ち運んでいる際に不用意に送信釦4に触れることがなく、誤操作を防止できる。また、通常の撮影もしくは持ち運ぶ際には、普通、アイカップは取り付けたままであるので携帯の邪魔にはならない。ここで、アイカップ1は、フォトリフレクター11に対峙する部分に反射部材を用い、発光素子15からの光が反射し易いようにしている。
【0030】次に、遠隔操作装置を用いた撮影について説明する。まず、図3の(b)のようにカメラ本体8に取り付けられているアイカップ1を取り外す。このとき、図5において、中央演算処理装置20の出力端子20aからトランジスタ17のべース端子に所定の電圧が印可される。これによって、発光素子15に電流が流れ、発光素子15が発光するが、アイカップ1が取り外されているので、受光素子16は殆ど受光することができない。すると、受光素子16からA/D変換器18には殆ど電流が流れず、A/D変換器は、所定値以上の電流が入力されないと中央演算処理装置20にアイカップ1の非装着信号を出力し、カメラ本体8はアイカップ1の非装着状態を検出する。すると、カメラは遠隔操作撮影状態になり、撮影者は離れた場所から送信釦4を押すことにより、カメラ本体8を遠隔操作撮影状態に設定することなく、遠隔操作装置により遠隔操作撮影を行うことが可能になる。
【0031】(第2の実施の形態)次に、本発明に係るカメラの第2の実施の形態について説明する。図6は第2の実施の形態を示し、(a)は正面図、(b)は(a)の背面図である。カメラ本体8の前面には、図2の(a)と同様に、撮影レンズ12の近傍に遠隔操作受信部9が設けられている。19は、アイカップの装着・非装着を検出する進退可能なスイッチであり、ファインダ接眼部10の横位置に設けられている。
【0032】図7は図6のスイッチ19と中央演算処理装置20の接続構成を示すブロックである。14は電池であり、この電池14からの電源供給を受けて中央演算処理装置20が動作する。この中央演算処理装置20には、遠隔操作受信部9及びスイッチ19が接続されている。
【0033】図8は、図6の(b)及び図7に示したスイッチ19の詳細構造を示す断面図である。図中、(a)はアイカップ装着時の状態を示し、(b)はアイカップ非装着時の状態を示している。これらの図において、21は往復運動をする可動ピンであり、先端はカメラ本体8の外壁部分を貫通して露出し、その突出状態はアイカップ1装着の有無により変わる。22は可動ピン21の後部に外嵌された附勢手段(コイルバネ)である。23,24はリード端子であり、リード端子は可動ピン21の途中に設けられた鍔部21aに当接し、図の左方向に押圧されたときにリード端子23に接触する。25は可動ピン21の後部を摺動可能にガイドする保持部25である。可動ピン21、コイルバネ22、リード端子23,24、保持部25によりスイッチ19が構成される。なお、遠隔操作送信装置を内蔵したアイカップ1の構成は図1と同じであり、アイカップの装着/非装着時の状態は、図3と同じである。
【0034】次に、第2の実施の形態におけるカメラの通常時の撮影について説明する。まず、図3の(a)のようにアイカップ1をカメラ本体8のファインダ接眼部10にフック部2を係合するようにして取り付ける。このとき、図8の(a)のように、可動ピン21はアイカップ1に当接して移動が規制され、カメラ本体8の内部へ押し込まれる。この状態では、リード端子23,24は非接触状態、すなわちスイッチオフになっている。図7に示すように、リード端子23と24が非接触状態であれば、スイッチ19はオフであり、中央演算処理装置20内の不図示の判別回路はアイカップ1が装着されていると判断し、通常の撮影状態になる。この状態では、アイカップ1の送信釦4はカメラ本体8に向かい合う側に配置されているので、撮影者が通常の撮影をしている際やカメラを持ち運んでいる際に不用意に送信釦4に触れることがなく、誤操作を防止できる。また、通常の撮影もしくは持ち運ぶ際には、普通アイカップは取り付けたままであるので、携帯の邪魔にはならない。
【0035】次に遠隔操作装置を用いた撮影について説明する。まず、図3の(b)のようにカメラ本体8に取り付けられているアイカップ1を上方向に押し上げ、ファインダ接眼部10から取り外す。このとき、図8の(b)のように、可動ピン21は附勢手段であるコイルバネ22によって図の左方向に附勢され、リード端子23,24は接触する。すると、カメラ本体8は、中央演算処理装置20内の判別回路によりアイカップ1が非装着状態にあるものと判断し、カメラは遠隔操作撮影状態になり、撮影者は離れた場所からアイカップ1に設けられた送信釦4を押すことにより、カメラ本体8を遠隔操作撮影状態に設定することなく、遠隔操作撮影を行うことができる。
【0036】(第3の実施の形態)次に、本発明の第3の実施の形態について説明する。図9は本発明に係るカメラの第3の実施の形態における主要部の構成を示す。図中、(a)はアイカップに装着される本発明に係る遠隔操作送信装置を示す側面図であり、(b)は(a)の遠隔操作送信装置を示す背面図である。ここでは、図1及び図2及び図6に示したものと同一部材であるものには同一引用数字を用いており、したがって、重複する説明は省略する。26はアイカップに装着可能な遠隔操作送信装置、27は遠隔操作送信装置26が着脱可能なように構成されたアイカップ(以下、「送信装置収納アイカップ」という)で、遠隔操作送信装置26には、送信装置収納アイカップ27に遠隔操作送信装置26を装着するための係合部28が設けられている。
【0037】図10は第3の実施の形態におけるカメラを示し、(a)は遠隔操作受信装置26を内蔵したカメラ本体8を示す正面図、(b)は遠隔操作送信装置26を装着した時のカメラ本体8を示す側面図、(c)は遠隔操作送信装置26が非装着時のカメラ本体8を示す側面図である。この実施の形態においては、前記実施の形態で説明した図4及び図5が共用される。図10の(b)に示すように、遠隔操作送信装置26を用いない時には、図10の(c)に示すように送信装置収納アイカップ27の溝27aに、上側から挿入して装着して収納することができる。
【0038】次に、第3の実施の形態における通常の撮影について説明する。まず、図10の(b)のように、斜線で示す遠隔操作送信装置26を送信装置収納アイカップ27の溝27aに上方向から挿入すると、送信装置収納アイカップ27の係合部(不図示)に遠隔操作送信装置26の係合部29が嵌合し、両者は位置決め固定される。
【0039】このとき図5において、中央演算処理装置20からトランジスタ17のベース端子に所定の電圧が印可され、トランジスタ17が導通することにより、発光素子15に電流が流れ、発光素子15は発光する。その光は遠隔操作送信装置26の背面で反射した後、受光素子16で受光される。この結果、抵抗53には通過電流に応じた端子電圧が生じ、その電圧がA/D変換器18に印可される。A/D変換器18は、所定値以上の電圧が入力されると中央演算処理装置20にアイカップ1の装着信号を出力し、カメラ本体8内の判別回路はアイカップ1の装着状態を検出し、通常の撮影状態になる。この状態では、遠隔操作送信装置26の送信釦4はカメラ本体8と向かい合う側に配置されているので、撮影者が通常の撮影をしている際やカメラを持ち運んでいる際に不用意に送信釦4に触れることがなく誤操作を防止できる。また、カメラを持ち運ぶ際には、遠隔操作送信装置26は送信装置収納アイカップ27に取り付けておけばよいので、携帯の邪魔にはならない。ここで、遠隔操作送信装置26のフォトリフレクター11と対峙する部分は、フォトリフレクター11の検出が可能な反射部材を用いている。
【0040】次に、遠隔操作装置を用いた撮影について説明する。まず、図10の(c)のように送信装置収納アイカップ27に取り付けられている遠隔操作送信装置26を上方向にスライドさせて取り外す。このとき、図5において、中央演算処理装置20からトランジスタ17のベース端子には、所定の電圧が入力される。これによって、発光素子15に電流が流れ、発光素子15が発光するが、遠隔操作送信装置26が取り外されているので、光照射位置に反射部材が存在せず、受光素子16への反射光は殆どない。このため、A/D変換器18には抵抗53から与えられる電圧は僅かであり、A/D変換器18には所定値以上の電圧が入力されない。したがって、A/D変換器18から中央演算処理装置20に遠隔操作送信装置26の非装着信号が出力され、カメラ本体8は遠隔操作送信装置26の非装着状態を検出する。すると、カメラ本体8は遠隔操作撮影状態になり、撮影者は離れた場所から遠隔操作送信装置26の送信釦4を押すことにより、カメラ本体8を遠隔操作撮影状態に設定することなく、遠隔操作撮影を行うことができる。
【0041】なお、上記の実施の形態においては、遠隔操作送信装置26の装着/非装着状態を検出する手段としてフォトリフレクター11を用いたが、進退可能なスイッチ等の公知の判別手段を用いることもできる。また、送信装置収納アイカップ27は、カメラ本体8に対して固定されていてもよいし、着脱可能であってもよい。更に、本実施の形態では、遠隔操作送信装置26の操作部材を、遠隔操作送信装置26の装着時においてカメラ本体8と対峙する側に設けたが、本実施の形態のように遠隔操作送信装置26をカメラ本体8と送信装置収納アイカップ27で挟み込むような構造においては、遠隔操作送信装置26の操作部材をカメラ本体8と向かい合う側の反対側に設けても誤操作を防止することができる。
【0042】前記実施の形態においては、一眼レフカメラを例に説明したが、本発明は一眼レフカメラに限定されるものではなく、透視型ファインダを用いたレンズシャッター式カメラであっても、ファインダ接眼部にアイカップを装着する構成のカメラに目的適用可能である。更に、本発明は銀塩フィルムを用いたスチルカメラに限定されるものではなく、例えば、映画用カメラ、デジタルカメラ、ビデオカメラ等のアイカップを備える各種の映像機器に適用可能である。
【0043】また、上記実施の形態においては、アイカップが着脱式の場合、遠隔操作送信装置が一体であるとしたが、この場合でも遠隔操作送信装置を着脱式にすることが可能であり、アイカップと遠隔操作送信装置を別部品として扱うことができる。
【0044】
【発明の効果】以上説明したように、本出願に係る請求項1記載の発明によれば、遠隔操作受信装置にシャッターレリーズ等を行なわせるための制御信号を送信する遠隔操作送信装置を、アイカップに一体的に設けたので、遠隔操作装置によってカメラの小型化が妨げられることはなく、かつ、携帯の邪魔になることがないので、不用意に外れて紛失する可能性を少なくすることができる。
【0045】本出願に係る請求項2記載の発明によれば、アイカップの装着の有無を検出する検出手段をカメラ本体に備えたので、検出結果を用いて遠隔操作撮影状態に自動的に設定する等の制御が可能になる。
【0046】本出願に係る請求項3記載の発明によれば、遠隔操作送信装置の装着有りを検出したとき、カメラ本体の機能を通常の撮影状態に設定する指示を行なう検出手段にしたので、遠隔操作送信装置の装着を検出した際、自動的に通常の撮影状態に設定し、カメラ本体のシャッター釦を用いることができるようにすることが可能である。
【0047】本出願に係る請求項4記載の発明によれば、遠隔操作送信装置をアイカップに装着時、その操作部材をカメラ本体側の面に設けたので、操作部材が不用意に操作されることがなく、誤操作を防止することができる。
【0048】本出願に係る請求項5記載の発明によれば、アイカップがファインダの接眼部に固定状態に、或いは着脱可能に設けられ、このアイカップに着脱可能に遠隔操作送信装置が装着される構成にしたので、遠隔操作装置がカメラの小型化に支障を及ぼすことがなく、かつ携帯の邪魔になることがないので、不用意に外れて紛失する可能性を少なくすることができる。
【0049】本出願に係る請求項6記載の発明によれば、遠隔操作送信装置の装着の有無を検出する検出手段をカメラ本体に備えたので、遠隔操作送信装置がカメラ本体から取り外されているときは、その非装着状態が検出され、遠隔操作撮影状態に自動的に設定する等の制御が可能になる。
【0050】本出願に係る請求項7記載の発明によれば、遠隔操作送信装置の装着有りを検出したとき、前記カメラ本体の機能を通常の撮影状態に設定する指示を行なう検出手段にしたので、遠隔操作送信装置の装着を検出した際、自動的に通常の撮影状態に設定し、カメラ本体のシャッター釦を用いることができるようにすることが可能である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013