Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
カメラ - キヤノン株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 カメラ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−183999
公開日 平成11年(1999)7月9日
出願番号 特願平9−355031
出願日 平成9年(1997)12月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】丸島 儀一
発明者 大門 照幸
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 撮影情報などを記憶部に記憶し、フィルムの巻き戻しの際に前記記憶部の情報を基にフィルムの磁気記録部に対し磁気情報を記録するカメラにおいて、前記フィルムの巻き上げを行う際に第1の所定の磁気情報を前記フィルムの磁気記録部に記録すること特徴とするカメラ。
【請求項2】 フィルムのn駒目に記録される前記第1の所定の磁気情報は、n−1駒目の撮影情報に関する情報を含むことを特徴とする請求項1記載のカメラ。
【請求項3】 フィルムの1駒目に対応する磁気記録部には、第2の所定の磁気情報を記録することを特徴とする請求項1記載のカメラ。
【請求項4】 前記フィルムの巻き上げを行う際に記録する前記第1及び第2の所定の磁気情報は、フィルムの磁気記録部として規定されている記録範囲より狭い範囲に記録することを特徴とする請求項3記載のカメラ。
【請求項5】 前記フィルムの巻き上げを行う際に記録する前記第1または第2の所定の磁気情報は、前記第1または第2の所定の情報であることを識別できる情報を含むことを特徴とする請求項1記載のカメラ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、フィルムに磁気情報を記録可能なカメラであって、フィルム情報、撮影情報などを記憶可能なカメラの改良に関するものである。
【0002】
【従来の技術】フィルムに磁気記録部を備え、フィルム情報、カメラの撮影情報をフィルムの磁気記録部に記録、再生する技術は、すでに一般的である。
【0003】このようなフィルムを使用するカメラは、カートリッジ表示(またはVEI表示という)及びフィルムに記録された磁気情報などにより露光情報を検知することで、使用途中のフィルムを一旦巻き戻した後でも、再度カメラに装填して未露光部分をセットし、撮影を行うことが可能である。
【0004】また、フィルムの磁気記録部への磁気情報の記録を、フィルムの巻き戻し時に行うカメラも、本出願人による 特開平3−223737により提案されている。
【0005】このカメラは、撮影駒毎の情報(フィルム情報、撮影情報など)をEEPROMなどの不揮発性記憶素子に記憶し、最終駒まで撮影完了または強制途中巻き戻しの際の、フィルムの巻き戻し中にEEPROMの情報を基に、各撮影済み駒に対応した情報をフィルムの所定の位置に記録するものであった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記カメラでは撮影途中に突然カメラが故障したときカメラを分解してフィルムを取り出した場合、あるいはEEPROMが故障して記録すべき磁気情報が消失してしまった場合、フィルムに磁気情報を記録できなくなっていた。
【0007】使用途中のフィルムをカメラに再装填して撮影を行うことができる前述のようなカメラでは、途中取り出ししたフィルムに記録された磁気情報などにより露光情報を検知することで、未露光駒と露光済み駒の判定をするため、フィルムに磁気情報を記録できないと、そのフィルムを前述のカメラに再装填したときに未露光駒の割り出しができず、すべての駒を未露光としてしまうため、カメラが異常と判定したり、撮影済み駒を未露光駒と判定して最悪の場合二重露光となる可能性があった。
【0008】また、本来フィルムに磁気記録される情報は撮影情報に関する情報であり、プリント時にその情報を基に種々の補正などが行えるようになっているが、その情報がフィルムに記録されていないと、前記プリント時の補正などが行えなくなる。
【0009】本発明は上記のように、撮影済み駒でありながら、磁気情報の記録がされていないフィルムが発生することを防止すること、および可能な限りプリント時の補正が出来るようにすることを目的としている。
【0010】
【課題を解決するための手段】そのための手段として、フィルム情報、撮影情報などを記憶部に記憶し、フィルムの巻き戻しの際に前記記憶部に記憶した情報をフィルムに磁気記録するカメラにおいて、フィルムを巻き上げ方向に給送する際に第1の所定の磁気情報を前記フィルムに記録するようにする。
【0011】また、フィルムのn駒目に記録される前記第1の所定の磁気情報は、n−1駒目(すなわち1駒前)の撮影情報に関する情報を含むようにする。
【0012】また、前記第1、第2の所定の磁気情報は、フィルムの磁気記録部として規定されている記録範囲より狭い範囲に記録することにより、巻き戻しの際に記録される磁気情報により確実にオーバーライトされるようにする。
【0013】また、フィルムの1駒目に対応する磁気記録部には、第2の所定の磁気情報を記録することにより、1駒目にも確実に磁気情報を記録するようにする。
【0014】また、前記第1、第2の所定の磁気情報には、その情報が前記第1、第2の所定の磁気情報であることを識別できる情報を含むことにより、前記第1、第2の所定の磁気情報の用途を限定させるようにするものである。
【0015】
【発明の実施の形態】図1は本発明実施の形態におけるカメラの電気系構成を示すブロック図あり、1はフィルムの磁気記録部に磁気情報を記録するための記録ヘッド、2は1記録ヘッドに通電するための磁気情報記録回路、3は撮影を開始するためのSW1スイッチで、接地させることでONする。4は一連の撮影動作を行うための回路ブロックでAF11、AE12、シャッター制御回路13を含む。5はフィルムの巻き上げ巻き戻しを行うためのフィルム給送モータ、6はフィルム給送モータ5を駆動するためのモータ駆動回路、7は不揮発性記憶手段で撮影駒毎の記録するべき情報を記憶するEEPROM、8はカメラ全体の駆動制御を行うCPU、9はフィルムに記録するべき情報の変更を行うことをCPUに伝えるSELスイッチ、10はフィルムに記録するべき情報の変更の決定をするSETスイッチ、14は撮影途中で強制的にフィルムの巻き戻しを行うためのMRスイッチで、スイッチ9,10,14は共に接地させることでONする。
【0016】図2は、本発明の実施の形態におけるフィルムの説明図で、21は磁気情報を記録可能なフィルムで、図中右方向が巻き上げ方向であり、21a、21bが規定の磁気情報記録範囲である。また、1駒目に対応する規定の記録範囲は〈ロ〉(21a)であり、フィルムの巻き戻し時に記録される情報はこの範囲に記録される。(仮にこの範囲より短い範囲で情報の記録が終わったときは、残りの記録範囲はダミーデータまたは記録ヘッド1にDC通電して、規定の記録範囲〈ロ〉の範囲に記録を行う)、またフィルムの巻き上げ時には規定の記録範囲より狭い〈イ〉の範囲に所定の磁気情報を記録する。
【0017】このことから、巻き上げ時に記録した磁気情報は、確実に巻き戻し時の記録によりオーバーライト可能となる。尚、規定の記録範囲の検知は、フィルムのパーフォレーションを不図示のフォトインタラプタなどにより検出するなど公知の手段で行う。
【0018】また、カメラのアパチャーに1駒目のフィルムがセットされたときの1記録ヘッドの配置は、同図に示すとおりである。同図では次回撮影する駒をセットするためにフィルムを巻き上げる時に、次回撮影駒に対して磁気記録を行うようにしている。すなわち、撮影が完了する前に磁気情報を記録していることになる。これは、ヘッドがこの位置にしかレイアウトできない場合を想定したものである。
【0019】図3は、本発明の実施の形態のカメラが行う動作を示すフローチャートである。図1、図2におけるカメラの動作を図3のフローチャートを用いて説明する。
【0020】まず、ステップ101で本発明のカメラ(不図示)に、フィルムカートリッジ(不図示)を装填し、ステップ102で所定の動作後フィルムを巻き上げ方向に給送する。ステップ103で図2に示す1駒目の磁気記録部(規定の記録範囲より狭い〈イ〉の範囲)に対応する部分に第2の所定の磁気情報を記録する。ここで、第2の所定の磁気情報はどのような情報でも良いが、カメラを識別する情報や、フィルムカートリッジを装填する前に任意に決定した情報、ダミーデータを識別できる情報などを記録するようにしても良い。次にステップ104で巻き上げ方向に給送されたフィルムを1駒目にセットする。
【0021】ステップ105では、撮影を開始するかどうかを判定するためにSW1スイッチ3がONしたかどうかを判定する。ここで、ONしていなければまだ撮影しないものとして、ステップ106でフィルムの強制巻き戻しを行うかどうかを判定するためにMRスイッチ14がONしているかどうか判定する。ここで、ONしていなければフィルムの強制巻き戻しを行う必要がないものとして、ステップ107で巻き戻し時にフィルムに記録するべき情報の内容を変更するかどうかを判定するSELスイッチ9がONしたかどうかを判定する。ここで、SELスイッチ9がONしていなければ情報変更の必要がないものとしてステップ105に戻る。
【0022】ステップ107でSELスイッチ9がONしていれば、フィルムに記録するべき情報の内容を変更するためにステップ108の情報変更モードに移行する。ステップ108の情報変更モードでは不図示のスイッチなどにより、EEPROM7に記憶された撮影駒毎の記録するべき情報を読み出し、変更したい情報の選択を行うと共に、変更する値を決定する。
【0023】次にステップ109でフィルムに記録するべき情報の変更の決定をするSETスイッチ10がONしたかどうかを判定する。ここでSETスイッチ10がONしていなければステップ109を繰り返し情報変更の決定を待つ。ここではステップ109でSETスイッチ10がONしない限りステップ109を無限に繰り返すことになるが、所定の繰り返し回数を越えたり、タイマなどで繰り返し時間を測定し所定時間経過したら、情報変更がキャンセルされたものとしてステップ105に戻るようにしても良い。
【0024】ステップ109でSETスイッチ10がONされると、情報の変更を決定したものとして、ステップ110でEEPROM7に記憶された撮影駒毎の記録するべき情報の変更を行いステップ105へ戻る。
【0025】ここで注目すべき点は、EEPROM7内の情報の変更だけで、巻き戻し時に所望の情報をフィルムに磁気記録することが可能な点である。
【0026】ステップ106でMRスイッチ14がONしていれば、フィルム強制巻き戻しを行うためにステップ111へ移行し、フィルムの巻き戻し動作を行う。ここで、この直前にセットされていた撮影駒にはこの時点では未露光でるが、ステップ103や後述するステップ117で何らかの磁気情報が記録されているので、ステップ112で直前の磁気記録情報を消去する。そして、後述するステップ120へ移行する。
【0027】ステップ105で、SW1スイッチ3がONされていると撮影動作を開始するものとしてステップ113へ移行する。ステップ113では撮影準備動作(測距、測光など)を行った後、シャッターの開閉を行いフィルムを露光する。続いてステップ114で直前に撮影した駒の記録するべき情報(例えば撮影情報、日付、タイトルなど)をEEPROM7に記憶する。その後ステップ115でフィルムの最終駒まで撮影を終了したかどうかを判定し、まだ最終駒に達してなければステップ116へ移行する。
【0028】ステップ116では次の撮影駒をセットするためにフィルムを巻き上げ方向に給送開始すると共に、ステップ117でステップ103と同様に次の撮影駒の磁気記録部(規定の記録範囲より狭い範囲)に対応する部分に第1の所定の磁気情報を記録し、ステップ118で次の撮影駒にセットするためにフィルムの給送を停止し、ステップ105に戻る。ここで、第1の所定の磁気情報とは直前に撮影した駒の記録するべき情報(例えば撮影情報、日付、タイトルなど)や、その情報が直前の駒に関する情報であることを識別できる情報であり、撮影駒ごとにその情報は変わる。すなわち、ステップ117での磁気記録はn駒目にn−1駒目(すなわち1駒前)の情報(例えば撮影情報、日付、タイトルなど)を記録することになる。
【0029】ステップ115で最終駒まで撮影完了と判定されると、ステップ119でフィルムの巻き戻しを開始し、ステップ120でEEPROMに記憶されている撮影駒毎の記録するべき情報(例えば撮影情報、日付、タイトルなど)を各駒に対応して磁気記録していく。この際、図2でも説明したように、露光済み駒にはすでに何らかの磁気情報が記録されているので、その情報を確実に消去すると共に、EEPROM7に記憶されている情報を記録(いわゆるオーバーライト)していく。ここでは規定の磁気情報記録範囲全体に磁気記録する。すなわちフィルムの巻き上げ時には規定の記録範囲より狭い範囲にしか記録されていないので、確実なオーバーライトを行うことが出来る。
【0030】そして、磁気情報のオーバーライトを終え、ステップ121でフィルムの巻き戻しが完了し、本発明のカメラの一連の動作を終了する。
【0031】尚、ステップ114でEEPROM7に記憶するデータは、EEPROM7のデータ格納容量を節約するために、公知のデータ圧縮技術によりデータを圧縮して記憶し、フィルムへの磁気記録を行う際(ステップ120)に、圧縮したデータをデコードして磁気記録するようにしてもよい。
【0032】
【発明の効果】以上説明したとおり本発明は、フィルム情報、撮影情報などを記憶部に記憶し、フィルムの巻き戻しの際に前記記憶部に記憶した情報をフィルムに磁気記録するカメラにおいて、フィルムを巻き上げ方向に給送する際に第1の所定の磁気情報を前記フィルムに記録することにより、フィルムの撮影済み駒に対して確実に磁気情報を記録ししているので、仮に撮影途中に突然カメラが故障したときカメラを分解してフィルムを取り出した場合、あるいはEEPROMが故障して記録すべき磁気情報が消失してしまった場合においても、撮影済み駒でありながら、磁気情報の記録がされていないフィルムが発生することを防止することができる。
【0033】このことは、前記故障により取りだしたフィルムを再装填可能なカメラに再装填したときでも、カメラが異常と判定したり、撮影済み駒を未露光駒と判定して二重露光となることを防止する効果となる。
【0034】また、フィルムのn駒目に記録される前記第1の所定の磁気情報は、n−1駒目(すなわち1駒前)の撮影情報に関する情報を含むようにして、後でその情報を基に1駒前のプリントの際に種々の補正がかけられるようにするものである。
【0035】また、前記第1、第2の所定の磁気情報は、フィルムの磁気記録部として規定されている記録範囲より狭い範囲に記録する事により、巻き戻しの際に記録される磁気情報により確実にオーバーライトされるようにしている。
【0036】また、フィルムの1駒目に対応する磁気記録部には、第2の所定の磁気情報を記録することにより、1駒目にも確実に磁気情報を記録するようにするので、故障などにより取りだしたフィルムを再装填可能なカメラに再装填したときでも、露光済みの1駒目にフィルムをセットしてしまうことはない。
【0037】また、前記第1、第2の所定の磁気情報には、その情報が前記第1、第2の所定の磁気情報であることを識別できる情報を含むことにより、前記第1、第2の所定の磁気情報の用途を限定させるようにするものである。例えば、記録された情報が第1の所定の情報であると認識されれば、その情報は1駒前の撮影情報であることが解るので、1駒前のプリント時の補正を行うことが可能となる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013