米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 電子機器の電池室
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−183984
公開日 平成11年(1999)7月9日
出願番号 特願平9−364408
出願日 平成9年(1997)12月19日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】田北 嵩晴
発明者 井本 和夫
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 電子機器の電池室において、この電池室は、電池の挿入口を開閉自在に設けられた蓋部と、電子機器本体の電池室の側壁に固着され電子機器の電池室の一部を形成している電子機器本体固定部の端面部とが一体的に形成された電子機器の電池蓋を備え、この電池蓋は前記電池蓋の電池の挿入方向に直向する前記電子機器本体固定部の端面部と、前記電子機器本体との当接面に面取り部を設けた電池蓋であることを特徴とする電子機器の電池室。
【請求項2】 請求項1記載の電子機器の電池室において、電子機器に装着可能な電子機器用外部電源の電子機器の電池室挿入部の位置決め固定を前記電池蓋の面取り部としたことを特徴とする電子機器の電池室。
【請求項3】 請求項1または2記載の電子機器の電池室において、電子機器に装着可能な該電子機器用外部電源の電子機器の電池室挿入部の位置決め固定は、部材を介して行い、この部材に上下方向の規制を行う面取り部を設け、前記電池蓋の面取り部と係合する構成としたことを特徴とする電子機器の電池室。
【請求項4】 請求項1乃至4のうち1記載の電子機器の電池室において、電子機器はカメラであることを特徴とする電子機器の電池室。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、電子機器の電池室、主としてカメラの電池室に外部電源が装着可能に構成されたカメラの電池室及びカメラ用外部電源に関するものである。
【0002】
【従来の技術】電子機器、特に従来のカメラ用外部電源の装着は、特開平8−114829号公報に記載されているようなカメラの底面に設けられた三脚止めネジとカメラの底蓋に設けられたカメラ用外部電源の位置決め穴と、カメラ用外部電源に設けられた締め付けネジと、カメラ装着時の位置決めピンにより位置決め固定するよう構成されていた。
【0003】また、カメラの組立工程におけるカメラの動作チェック、調整等で使用されている外部電源の固定は、図5のカメラの電池室の縦断面図に示すように、電池室側壁を構成しているカメラ本体20の一部に外部電源固定用の穴20aを設け、外部電源を固定するように構成されていた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記の構成では、例えばカメラに設けられた電池の正極接点部材と負極接点部材が上下に対向して位置するカメラでは、カメラ用外部電源の位置決めを三脚用ネジとカメラの底蓋に設けられた穴により行っているため部品寸法及び位置決め部材の取り付け位置のばらつきにより、カメラ側の電池接点部材と外部電源側の接点部材との接触が安定せず接触不良を起こしていた。
【0005】図5の構成においては、上述の構成に比べれば接触状態は安定するが、カメラ等の本体電池室側壁に穴を空ける必要があるため電池蓋を開けた状態では光線漏れが発生してしまう。また、穴を空けずに外部電源の固定部を構成しようとするとカメラ本体電池室側壁にアンダーカット部が必要となり加工が難しくなる。
【0006】上述の問題を解決する方法として、外部電源固着をカメラ本体の電池室内壁に別部材を設けることにより行えば良いが部品の追加となりコストアップになってしまう。
【0007】本発明はかかる課題を解決するためになされたもので、簡単な構成により、カメラ等の電子機器本体側の電源接点と外部電源側の電源接点との接触状態を安定して接触するようにし、接触不良をなくすことを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために請求項1に記載の発明にかかる電子機器の電池室は、電子機器の電池室において、この電池室は、電池の挿入口を開閉自在に設けられた蓋部と、電子機器本体の電池室の側壁に固着され電子機器の電池室の一部を形成している電子機器本体固定部の端面部とが一体的に形成された電子機器の電池蓋を備え、この電池蓋は前記電池蓋の電池の挿入方向に直向する前記電子機器本体固定部の端面部と、前記電子機器本体との当接面に面取り部を設けた電池蓋である。
【0009】請求項2記載の発明にかかる電池室は、請求項1記載の電子機器の電池室において、電子機器に装着可能な電子機器用外部電源の電子機器の電池室挿入部の位置決め固定を前記電池蓋の面取り部とした構成にしている。
【0010】請求項3記載の発明にかかる電池室は、請求項1または2記載の電子機器の電池室において、電子機器に装着可能な該電子機器用外部電源の電子機器の電池室挿入部の位置決め固定は、部材を介して行い、この部材に上下方向の規制を行う面取り部を設け、前記電池蓋の面取り部と係合する構成としたものである。
【0011】これらの構成によれば、電子機器側の電源接点と外部電源側の電源接点との接触状態が安定し、接触不良が簡単な構成で防ぐことができる。
【0012】また、請求項4記載の発明にかかる電池室は、請求項1乃至4のうち1記載の電子機器の電池室において、電子機器はカメラである。
【0013】この構成によれば、電池室の光漏れがなく、カメラ特有の効果を有するものである。
【0014】
【発明の実施の形態】以下に図面を参照して本実施の形態を説明する。図1〜図4は、本発明の一実施の形態を示すカメラの電池室の縦断面図である。図1は、電池が装填されていない状態における電池室の縦断面室であり、1はカメラ本体、2はカメラ本体1に取り付けられている固定部2aと可動部2bとからなる電池蓋で、固定部2aの端部に外部電源係止用の端面2cとテーパ面2dが形成されている。3は電池蓋2の可動部2bに取り付けられている+電極板、4はカメラ本体1に取り付けられている−電極切片で不図示の回路基板に接続されている。5はカメラ本体1と電池蓋2の固定部2aとに挟み込まれて取り付けられている+電極切片で不図示の回路基板に接続されている。6はカメラ本体1と電池蓋2、+電極板3により形成された電池を収納する電池室である。
【0015】図2は、電池が装填されていない状態で電池蓋2が閉じられた状態を示す縦断面図であり、7は電池蓋2を閉めた時にカメラ本体の係止部1aに係合して電池蓋の閉じ状態を保持させる係止部材、8は係止部材7を電池蓋2より突出させる方向に付勢する付勢バネである。図1の状態から電池蓋2の可動部2bを時計方向に回動させると、係止部材7がカメラ本体の係止部1aと係合し、電池蓋2の閉じ状態が保持される。電池蓋2が閉じられると、+電極板3が+電極切片5の接触部5aを所定量押し込み所定の接触圧がかかった状態で、+電極板3と+電極切片5が接触する。ここで、+電極板3と+電極切片5は電池蓋2にて固定されているので、押し込み量、押し圧の保証が容易にできるよう構成されている。
【0016】図3は、電池室6に電池Bが装填された状態における電池室の縦断面図であり、電池室6に電池B1,B2が装填されると電池B1の正極と+電極板3とが接触し、+電極切片5を介して不図示の回路基板へと接続される。電池B2の負極と不図示の回路基板に接続された−電極切片4とが所定の接触圧がかかった状態で接触し、電池B1,B2は−電極切片4の押し圧により互いの負極と正極が接触してカメラに電源が供給されるよう構成されている。
【0017】図4は、電池室6に外部電源が装填された状態における電池室の縦断面図であり、10は電池と同等の大きさでカメラの電池室6に挿入される外部電源本体、11は外部電源本体10に設けられた−電極端子、12は+電極端子であり、それぞれ不図示のコードにより電源に接続されている。13はカメラの電池室6に外部電源を着脱するための着脱レバーで、着脱レバー13には外部電源位置規制のための突き当て面13aとテーパ面13bと取り外しのための操作部13cが設けられている。14は着脱レバー13を外部電源本体10に回動可能に支持するための軸である。着脱レバー13は不図示のバネにより時計回転方向に付勢されている。この時、外部電源本体10の位置規制は電池蓋2の固定部2aに設けられた端面2cと外部電源の着脱レバー13に設けられた突き当て面13aにより図4に示す上下方向の規制を行い、電池蓋2に設けられた突き当て面13aにより図4に示す上下方向の規制を行い、電池蓋2に設けられたテーパ面2dと外部電源の着脱レバー13に設けられたテーパ面13bにより図4に示す左右方向の規制を行っている。外部電源の取り外しは、着脱レバー13の操作部13cを矢印方向に動かすことで着脱レバー13が反時計方向に回動し、上述の規制が解かれカメラの電池室6より外すことができる。
【0018】本実施の形態によれば、外部電源の位置規制をカメラの電池蓋に位置規制の機能を持たせているので、専用の規制部材が不要となるのでその分のスペースが有効利用できると共にコストダウンにもなる。
【0019】なお、以上の実施の形態では、カメラの電池室についてのみ説明したが、本発明は、カメラのみならず、他の電子機器の電池室についても適用できることは勿論である。
【0020】〔本発明と実施の形態の対応〕本願の請求項1,2記載の面取り部は、実施の形態における外部電源係止用の端面2cと、同テーパ面2dに相当し、また、請求項3記載の面取り部は、実施の形態における着脱レバー13の突き当て面13aとテーパ面13bに相当する。
【0021】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば電子機器、特にカメラの電池蓋に外部電源の位置規制を行う外部電源の固定部を設けているので、カメラ側の電極切片に対する外部電源の電極端子の位置保証が容易にでき、カメラ側の電極切片の押し量のばらつきが抑えられることにより接触状態が安定するので接触不良がなくなる。また、カメラ本体に穴を空けて外部電源の位置規制を行う必要もなくなるので光線漏れを起こすこともない。さらに、電池蓋に位置規制の機能を持たせているので、専用の規制部材が不要となるので、その分のスペースが有効利用できると共にコストダウンにもなる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013