米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 搬送装置及び画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−84773
公開日 平成11年(1999)3月30日
出願番号 特願平9−240965
出願日 平成9年(1997)9月5日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】岸田 正行 (外4名)
発明者 冨澤 岳志
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 シートを搬送する搬送手段と、該搬送手段の側方に配設され、該シートの搬送方向に平行に延びるリブを具備して、該シートをガイドするガイド手段とを有する搬送装置において、前記リブをシートの両側のガイド位置に移動可能とする移動手段を有することを特徴とする搬送装置。
【請求項2】 請求項1において、シートのサイズを検知する検知手段と、該検知手段の検知信号に応じて、前記リブをガイド位置に移動させるように前記移動手段を制御する制御手段とを有することを特徴とする搬送装置。
【請求項3】 請求項1又は2において、前記リブは搬送手段の両側に配設され、移動手段により実質的に水平方向に移動される1対のリブで構成されていることを特徴とする搬送装置。
【請求項4】 請求項1又は2において、前記リブは搬送手段の両側に配設され、移動手段により実質的に上下方向に移動される複数対のリブで構成されていることを特徴とする搬送装置。
【請求項5】 像担持体と、該像担持体の表面に形成されたトナー像をシートに転写する転写手段と、トナー像をシートに定着する定着手段とを有する画像形成装置において、前記転写手段から前記定着手段までシートを搬送する手段として、請求項1乃至4のいずれかの搬送装置を有することを特徴とする画像形成装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、像担持体上に形成された潜像にトナー等の現像剤を付着させて画像を形成する電子写真方式、静電記録方式等の画像形成装置に関し、より詳しくは、転写材をそのサイズに応じたリブ部材によりガイドし搬送するようにした搬送装置、及び該搬送装置を具備することにより画像乱れを無くし、良好な画像を形成できるようにした複写機、プリンタ、ファクシミリ等の画像形成装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、複写機、プリンタ等の画像形成装置においては、トナーと呼ばれる微粒粉を現像剤として使用し、このトナーを像担持体上に形成された潜像に付着させて顕像化し、これを定着することによって画像を形成している。
【0003】従来例について、本発明に係る電子写真方式の複写機の一例を示す図1を援用して説明する。像担持体としての感光体ドラム1上は、一次帯電器により一様に帯電され、次いで画像信号に基づくレーザビーム等により静電潜像が形成される。該静電潜像を磁気ブラシ方式、ジャンピング方式等の現像装置2によって現像して顕像化し、転写ローラ等の転写手段3により、この顕像は紙等のシートである転写材(以下、転写材という)上に転写される。
【0004】転写手段3により、転写材裏面はトナーと逆極性をもつ電荷で帯電され、この電荷が、感光体ドラム1上に形成しているトナー像を電気的に引き付けることによって、該トナー像は転写材に転写される。転写された転写材は搬送装置4によって定着手段5まで搬送される。
【0005】その際、転写された転写材を安定して定着手段5まで搬送する必要がある。そこで、従来の搬送装置は図4に示すように転写材を搬送する搬送手段としての搬送ベルト6と搬送中の転写材の斜行を防ぐためのガイド手段7を有し、該ガイド手段は基板に複数のリブ8が設けられている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の搬送装置におけるガイド手段7では、各々の転写材の大きさに相当するリブが複数個存在するため、大型の転写材を搬送する場合、すなわち小型の転写材用に設けられたリブ上を大型の転写材が通過するような場合、現像剤であるトナーを転写材に引き付けておくための転写材裏面の電荷が、転写材裏面に接するリブによって奪われるため、リブに接した部分の転写材上のトナーが、それ以外の部分に飛散して、出力画像にリブ跡と呼ばれる濃度ムラが現われることがある。
【0007】例えば、中間調画像の画像形成を行った場合、リブ上を通過した部分の濃度が低く見えるというものである。特に、大サイズの転写材が複数の小サイズの転写材用のリブ上を通過する場合には、こうした濃度ムラが複数本見えることになる。一方、搬送部にリブが存在することによって、これが無い場合に比して、転写材の斜行等による紙詰まり率は500分の1から10000分の1にまで改善される。
【0008】したがって、本発明の目的は、従来の転写材の搬送性を維持しつつ、リブ跡が出力画像に現われないようにした画像形成装置を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本出願に係る第1の発明の搬送装置は、シートを搬送する搬送手段と、該搬送手段の側方に配設され、該シートの搬送方向に平行に延びるリブを具備して、該シートをガイドするガイド手段とを有する搬送装置において、前記リブをシートの両側のガイド位置に移動可能とする移動手段を有することを特徴とする。
【0010】本出願に係る第2の発明は、シートのサイズを検知する検知手段と、該検知手段の検知信号に応じて、前記リブをガイド位置に移動させるように前記移動手段を制御する制御手段とを有することを特徴とする。
【0011】本出願に係る第3の発明は、前記リブは搬送手段の両側に配設され、移動手段により実質的に水平方向に移動される1対のリブで構成されていることを特徴とする。
【0012】本出願に係る第4の発明は、前記リブは搬送手段の両側に配設され、移動手段により実質的に上下方向に移動される複数対のリブで構成されていることを特徴とする。
【0013】本出願に係る第5の発明の画像形成装置は、該像担持体の表面に形成されたトナー像をシートに転写する転写手段と、トナー像をシートに定着する定着手段とを有する画像形成装置において、前記転写手段から前記定着手段までシートを搬送する手段として、上記いずれかの発明の搬送装置を有することを特徴とする。
【0014】
【発明の実施の形態】
(第1の実施形態)以下本発明に係る一実施形態について図面を参照して詳細に説明する。図1は本発明に係る画像形成装置の1実施形態を示し、電子写真方式を用いた複写機の概略断面図を示す。像担持体としての感光体ドラム1表面の静電潜像を現像装置2でトナー像に現像する。現像装置2は、摩擦帯電現象を利用して電荷を付与したトナーを担持する現像剤担持体に現像バイアスを印加することで感光体ドラム1表面と現像剤担持体の間に発生する電界でトナーを現像する現像方式である。感光体ドラム1上においてトナー像が現像された後、該トナー像を帯電器等の転写手段3により転写材に転写する。転写材は装置本体に装着された用紙カセットに収納されており、給紙ローラーにより装置内に取り込まれて、レジストローラによりトナー像に同期して感光体ドラム1の転写部位に供給される。トナー像が転写された転写材は搬送部4を通って定着手段5まで搬送される。
【0015】本実施形態では、該搬送部4に図2に示すように1対の可動リブ11が配設される。この可動リブ11は、基板12上に摺動自在に支持され、転写材の搬送方向に平行に延びている。
【0016】稼動リブの移動手段は、例えば次のように構成される。即ち、左右のリブ11に一端を固定された左右のリンク部材13は、基板12に設けられた溝14を下方に延び、リンク部材の他端にラック部材15が固定されている。左右のリンク部材に固定された各ラック部材15には、ステッピングモータ等のモータ(図示せず)により回転されるピニオン16が係合している。
【0017】給紙部等に転写材のサイズ検知手段(図示せず)が配設されており、該サイズ検知手段において検知された転写材のサイズ信号がマイコン等により構成される制御手段(図示せず)に送られ、該信号を受けた制御手段からの指令により、モータ及びピニオン16が転写材のサイズに応じた回転量回転する。この回転により、可動リブ11は、転写材の両側に対応する位置に移動し、搬送される転写材をガイドする。
【0018】上記実施形態では、1対の可動リブ11をサイズ検知手段の検知信号に基づきモータの回転により自動的に移動させたが、モータによることなく、ユーザがこの可動リブ11を転写材の大きさに合わせて、転写材の両側部の位置に手動で移動してもよい。
【0019】本実施形態では、転写材のサイズに応じて可動リブが転写材の両側の対応位置に移動されて転写材をガイドし、紙詰まり率の低い良好な搬送を行うことができるとともに、可動リブが転写材の裏面に接することによる転写材裏面の電荷の放電及び濃度ムラの発生が防止され、良好な画像形成を形成することができる。
【0020】(第2の実施形態)本実施形態は、図3に示すように、従来の固定式のリブと同様に複数個の可動リブ21〜23を有し、各々の可動リブ21〜23の搬送ベルト6に対する水平方向の相対位置は変化しないが、各可動リブ21〜23は、基板24に転写材の搬送方向に平行に穿設された溝(図示せず)内を上下可動可能とされている。即ち、各可動リブ21〜23には、例えば駆動手段としてのソレノイドSL1〜SL3により駆動されるリンク部材21a〜23aが固定されており、各可動リブはソレノイドにより選択的に上下動される。
【0021】前記実施形態同様、転写材の大きさを検知するサイズ検知手段を設け、該検知手段による転写材の検知結果に基づき、制御手段からの指令により、可動リブ21〜23の内の転写材のサイズに対応するいずれか1対のみが、基板24の上面よりも上昇し、転写材の両側をガイド可能となる。他の可動リブは、基板の上面よりも下方に位置する。
【0022】本実施形態では、複数個の可動リブ21〜23は、駆動手段により上下動するようにしたが、ユーザが手動で該転写材の大きさの両端の位置に相当するリブのみを上げ、他の大きさに対応するリブは搬送される転写材裏面に接触しないようにしてもよい。
【0023】本実施形態では、転写材のサイズに応じた可動リブのみが転写材の両側の対応位置に移動されて転写材をガイドし、転写材を良好に搬送することができ、また、残余の可動リブは基板上面より下方に位置し、転写材裏面に接することなく転写材の放電を防止し、画像形成を良好に行うことができる。
【0024】なお、本発明による搬送装置は、画像形成装置における転写材の搬送に限ることなく、他のシートの搬送に適用することができる。
【0025】
【発明の効果】以上説明したように、本発明による搬送装置は、シート搬送手段と、該搬送手段の側方に配設されるリブと、該リブをシートの側部に移動する移動手段を有することにより、シートの必要個所のみをガイドして斜行を防止しながらシートを良好に搬送することができ、また、上記搬送装置を有する画像形成装置は、シートの円滑な搬送性を維持しつつ、出力画像にリブ跡と呼ばれる濃度ムラの発生を防止し良好な画像を形成することが可能である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013