Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
磁気再生装置、磁気記録装置、カメラの磁気再生装置、カメラの磁気記録装置及びカメラ - キヤノン株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 磁気再生装置、磁気記録装置、カメラの磁気再生装置、カメラの磁気記録装置及びカメラ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−7070
公開日 平成11年(1999)1月12日
出願番号 特願平9−172761
出願日 平成9年(1997)6月16日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】中村 稔
発明者 天野 謙一郎
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 記録媒体に記録された磁気信号を再生する磁気再生手段と、記録媒体の位置を示すパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有する磁気再生装置において、前記磁気再生手段からの磁気再生信号と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号のうちの一方の信号処理を行っている途中に、他方の信号処理を行う制御手段を有したことを特徴とする磁気再生装置。
【請求項2】 記録媒体へ磁気信号を記録する磁気記録手段と、記録媒体の位置を示すパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有する磁気記録装置において、前記磁気記録手段による前記磁気信号の記録処理と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の処理のうちの一方を行っている途中に、他方の処理を割り込み制御によって行う制御手段を有したことを特徴とする磁気記録装置。
【請求項3】 磁気信号を再生する磁気再生手段と、フィルムのパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有するカメラの磁気再生装置において、前記磁気再生手段からの磁気再生信号と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号のうちの一方の信号処理を行っている途中に、他方の信号処理を行う制御手段を有したことを特徴とするカメラの磁気再生装置。
【請求項4】 前記制御手段は、磁気再生信号を複数回サンプリングする第1の手段と、前記複数回サンプリングされたデータを処理する第2の手段と、該第2の手段にて複数回データの処理が行われた後に、データを処理する第3の手段とを有し、前記第1から第3の手段にて所定の処理が行われている間に、前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の処理を行うことを特徴とする請求項3記載のカメラの磁気再生装置。
【請求項5】 前記制御手段は、前記パーフォレーション信号によってフィルムが所定の位置まで給送されたことを判定したら、前記第1,第2,第3の各手段の処理を終了し、前記第3の手段にて得られたデータと予め得られている所定のデータとの比較から、未露光駒か否かを判定する第4の手段とを有することを特徴とする請求項4記載のカメラの磁気再生装置。
【請求項6】 フィルムの磁気記録部へ磁気信号を記録する磁気記録手段と、フィルムのパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有するカメラの磁気記録装置において、前記磁気記録手段による前記磁気記録部への磁気信号の記録処理と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の処理のうちの一方を行っている途中に、他方の処理を割り込み制御によって行う制御手段を有したことを特徴とするカメラの磁気記録装置。
【請求項7】 前記制御手段は、前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の処理を行っている際に、前記磁気記録手段による前記磁気記録部への磁気信号の記録処理を割り込み制御によって行うものであり、前記割り込みの許可、不許可は、前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の信号変化に基づいて行うことを特徴とする請求項6記載のカメラの磁気記録装置。
【請求項8】 請求項3記載の磁気再生装置と請求項6記載の磁気記録装置の少なくとも一方を有したことを特徴とするカメラ。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、記録媒体に記録された磁気信号を再生する磁気再生手段や、記録媒体へ磁気信号を記録する磁気記録手段や、パーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段を有した磁気再生装置、磁気記録装置、カメラの磁気再生装置、カメラの磁気記録装置及びカメラの改良に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、撮影済の駒に磁気ヘッドにより磁気信号を記録しておき、全駒への撮影が完了する前の途中で取り出されたフィルムカートリッジが再装填された場合には、前記磁気信号の有無により、撮影済の駒か否か判定し、未撮影駒の頭出しを行う機能を備えたカメラが特開平4−68329号に開示されている。
【0003】また、磁気記録部がない状態(フィルムカートリッジよりフィルムを送り出していない状態)で磁気検出手段を作動させ、その検出した情報量(ノイズの量)により、途中交換の機能が可能か否かを判別するカメラが特願平7−156713号に記載されている。
【0004】又、フィルムカートリッジ途中交換可能なカメラにおいて、磁気再生信号の有無を実効値にて判定し、未露光駒の頭出しを制御するカメラが特願平8−199078号にて提案されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記いずれの従来例においても、パーフォレーションの検出との両立については述べられていない。具体的には、一つのマイクロプロセッサ等の制御回路により、磁気再生信号の検出とパーフォレーションの検出を行うものは開示されていない。
【0006】上記のそれぞれの検出を一つの制御回路により行おうとした場合、磁気再生信号の検出にはある程度まとまった範囲のサンプリングが必要となり、そのサンプリングが粗過ぎると磁気記録してある駒を記録なしの駒と誤判定する恐れがある。そのために磁気記録信号とパーフォレーション信号の交互サンプリングでは間に合わなくなる。
【0007】また、磁気再生信号の検出とパーフォレーションの検出を両立させようとした場合も同様に、一群の磁気記録信号の検出及び処理を行った後に、パーフォレーション検出を行っていては、パーフォレーション検出が間に合わない恐れがある。又、磁気記録信号出力とパーフォレーション検出とを交互に行っていては、パーフォレーションの検出が間に合わなくなったり、磁気記録信号の出力間隔がずれる恐れがある。
【0008】(発明の目的)本発明の第1の目的は、磁気再生信号とパーフォレーション信号のそれぞれの信号処理を、一つの制御手段にて適正に行うことのできる磁気再生装置及びカメラの磁気再生装置を提供することにある。
【0009】本発明の第2の目的は、磁気信号の記録処理とパーフォレーション信号の処理とを、一つの制御手段にて適正に行うことのできる磁気記録装置及びカメラの磁気記録装置を提供することにある。
【0010】本発明の第3の目的は、磁気再生信号とパーフォレーション信号のそれぞれの信号処理を、一つの制御手段にて適正に行うと共に、未露光駒の検出を行うことのできるカメラの磁気再生装置を提供することにある。
【0011】本発明の第4の目的は、磁気再生信号とパーフォレーション信号のそれぞれの信号処理や、磁気信号の記録処理とパーフォレーション信号の処理とを、一つの制御手段にて行うことのできるカメラを提供することにある。
【0012】
【課題を解決するための手段】上記第1の目的を達成するために、請求項1記載の本発明は、記録媒体に記録された磁気信号を再生する磁気再生手段と、記録媒体の位置を示すパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有する磁気再生装置において、前記磁気再生手段からの磁気再生信号と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号のうちの一方の信号処理を行っている途中に、他方の信号処理を行う制御手段を有した磁気再生装置とするものである。
【0013】上記構成においては、例えば磁気再生信号の処理を行っている最中に、並列的にパーフォレーション信号の処理を行うようにしている。具体的には、磁気信号の再生処理中の、区切りの良いところで、少なくとも1回パーフォレーション信号の処理を行うようにしている。
【0014】また、上記第2の目的を達成するために、請求項2記載の本発明は、記録媒体へ磁気信号を記録する磁気記録手段と、記録媒体の位置を示すパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有する磁気記録装置において、前記磁気記録手段による前記磁気信号の記録処理と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の処理のうちの一方を行っている途中に、他方の処理を割り込み制御によって行う制御手段を有した磁気記録装置とするものである。
【0015】上記構成においては、例えばパーフォレーション信号の処理中に、所定時間毎の割り込みにより、磁気信号の記録処理を行うようにしている。
【0016】また、上記第1の目的を達成するために、請求項3及び4記載の本発明は、磁気信号を再生する磁気再生手段と、フィルムのパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有するカメラの磁気再生装置において、前記磁気再生手段からの磁気再生信号と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号のうちの一方の信号処理を行っている途中に、他方の信号処理を行う制御手段を有したカメラの磁気再生装置とするものである。
【0017】上記構成において、制御手段は、磁気再生信号を複数回サンプリングする第1の手段と、前記複数回サンプリングされたデータを処理する第2の手段と、該第2の手段にて複数回データの処理が行われた後に、データを処理する第3の手段とを有し、前記第1から第3の手段にて所定の処理が行われている間に、並列的に前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の検出処理を行うようにしている。
【0018】また、上記第3の目的を達成するために、請求項5記載の本発明は、パーフォレーション信号によってフィルムが所定の位置まで給送されたことを判定したら、第1,第2,第3の各手段の処理を終了し、前記第3の手段にて得られたデータと予め得られている所定のデータとの比較から、未露光駒か否かを判定する第4の手段とを有する磁気再生装置とするものである。
【0019】上記構成によれば、磁気再生信号を処理する第1〜第3の手段にて得られたデータを、予め得られている所定のデータ(ノイズデータ)と比較し、現在処理している駒(フレーム)が未露光駒か否かを判定するようにしている。
【0020】また、上記第2の目的を達成するために、請求項6及び7記載の本発明は、フィルムの磁気記録部へ磁気信号を記録する磁気記録手段と、フィルムのパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段とを有するカメラの磁気記録装置において、前記磁気記録手段による前記磁気記録部への磁気信号の記録処理と前記パーフォレーション検出手段からのパーフォレーション信号の処理のうちの一方を行っている途中に、他方の処理を割り込み制御によって行う制御手段を有したカメラの磁気記録装置とするものである。
【0021】上記構成においては、例えばパーフォレーション信号の処理中に、所定時間毎の割り込みにより、磁気信号の記録処理を行うようにしている。
【0022】また、上記第4の目的を達成するために、請求項8記載の本発明は、請求項3記載の磁気再生装置と請求項6記載の磁気記録装置の少なくとも一方を有したカメラとするものである。
【0023】
【発明の実施の形態】以下、本発明を図示の実施の形態に基づいて詳細に説明する。
【0024】図1は本発明の実施の一形態に係るカメラにおいて、その背蓋を外して示す背面図である。
【0025】図1において、1はカメラ本体、2はカートリッジ室、3はフォーク、4はスプール室、5はフィルム巻取りスプールである。6はカメラのアパーチャで、この部分にてフィルムは露光されることになる。7は図に示すようにカメラ背面から見て左上、つまり撮影駒と次の駒との間に配置されたフォトリフレクタであり、フィルムのパーフォレーションを検出するものである。8は主にフィルム給送速度検出のために用いるフォトリフレクタであり、同様にフィルムのパーフォレーションを検出する。9はフィルムの磁気層に圧接されて情報記録あるいは再生を行う為の磁気ヘッドである。
【0026】図2は本発明の実施の一形態に係るカメラの制御ブロック図である。
【0027】図2において、50はカメラの各種回路を制御するマイクロプロセッサ等からなる制御回路、51は途中巻戻しを行う為のREW(リワインド)釦、52はレリーズ釦の第1ストロークでONする測光・測距開始スイッチ、53はレリーズ釦の第2ストロークでONするレリーズスイッチ、54は被写体輝度を測定する測光回路、55は被写体までの距離を測定する測距回路である。56は前記測距回路55にて得られる測距情報に基づいて、不図示の撮影レンズのピント調整を行うAF(オートフォーカス)駆動回路である。57はシャッタの開閉制御を行うシャッタ制御回路、58はフィルム給送用モータ59を駆動するモータ駆動回路であり、正転でフィルム巻上げ、逆転でフィルム巻戻しが行われるように構成される。
【0028】60はRAM、61はタイマ、62はフィルムへの情報の記録及び再生を行う為の前記磁気ヘッド9を駆動する磁気記録再生回路、64はフィルムカートリッジ上のバーコードデイスク63にバーコードによって記録されているフィルム枚数やフィルム使用状態を読み取る為のバーコード読取部である。65はシャッタ秒時や絞り値の表示等を行う表示回路である。
【0029】図3は、上記制御回路50をマイクロプロセッサにて構成した場合の該回路による動作について示したフローチャートである。
【0030】ステップ#110において、不図示のフィルムカートリッジ(以下、単にカートリッジと記す)の装填が行われると、次のステップ#120において、フィルム巻戻し方向にフィルム給送用モータ59を駆動し、カートリッジ内のスプールを回転させる。続くステップ#130では、カートリッジ上のバーコードディスク63に記録されている撮影可能枚数やカートリッジの使用状態の情報等を読み取り、次いで、ステップ#140及び#150において、カートリッジの撮影可能枚数、及び、カートリッジの使用状態を記憶する。そして、ステップ#160において、上記フィルム給送用モータ59の駆動を停止する。
【0031】次のステップ#170においては、上記ステップ#150にて記憶したカートリッジ使用状態の情報に基づいて、現在装填されているカートリッジの使用状態を判別する。もし、使用済のカートリッジであった場合には、ステップ#180へ進み、ここで表示回路65により、カートリッジマークを点滅させる等して使用済である旨の警告表示を行い、フィルム巻上げを行うことなく、動作を終了する。
【0032】また、上記ステップ#170において、未使用のカートリッジであった場合には、ステップ#170からステップ#190へ進み、ここでフィルム給送用モータ59を正転させ、フィルムの巻上げを開始する。そして、次のステップ#200において、フォトリフレクタ8の位置をカートリッジより送り出されたフィルムの先端部が通過したか否かを該フォトリフレクタ8の出力から検出する。そして、フィルム先端部が通過した後は次のステップ#210において、フォトリフレクタ7によりフィルムのパーフォレーションの検出が行えたか否かを判別し、検出が行えたら、つまりフィルムの1フレーム目がアパーチャ6の位置に来たことを検知したらステップ#220へ進み、ここで上記フィルム給送用モータ59の駆動を停止し、図4のステップ#400以降の動作へと進む。
【0033】又、上記のステップ#170において、使用途中のカートリッジの場合には、ステップ#170からステップ#230へ移行し、ここでフィルム給送用モータ59を正転させて、フィルムの巻上げを開始する。そして、ステップ#240において、フォトリフレクタ8の位置をカートリッジより送り出されたフィルムの先端部が通過したか否かを該フォトリフレクタ8の出力から検出する。この後、ステップ#250において、給送中のノイズを一度測定する。ステップ#260においては、フォトリフレクタ7によりフィルムのパーフォレーションが検出出来たか否かを判別し、検出が出来たら図5のステップ#600へ進む。
【0034】その後は、パーフォレーション信号と磁気再生信号とをサンプリングするが、これは図5及び図6により詳しく説明する。
【0035】図4のステップ#400以降は撮影シーケンスである。
【0036】まず、ステップ#400において、REW釦51が押されているかを検出し、もし押されていたらステップ#510以降の巻戻しシーケンスへ進む。また、押されていなければ、ステップ#410において、測光・測距開始スイッチ52が押されている(SW1がON)か否か判別し、押されていなければステップ#400へ戻り、同様の動作を行う。その後、測光・測距開始スイッチ52が押されとステップ#420へ進み、ここで測光回路54により、測光を行い、シャッタ,絞りの制御値を決定する。そして、次のステップ#430において、測距回路55により測距を行い、この結果によりAF駆動回路56を駆動して撮影レンズの焦点を合わせる。
【0037】次に、レリーズスイッチ53が押されている(SW2がON)か否か判別し、押されていなければステップ#400に戻り、同様の動作を繰り返す。また、レリーズスイッチ53が押されればステップ#450へ進み、シャッタ制御回路57を動作させ、フィルムへの露光を行う。そして、フィルム露光が終了するとステップ#460へ進み、フィルム給送用モータ59を正転させ、フィルム巻上げを開始する。その後、ステップ#470において、磁気記録再生回路62を介して磁気ヘッド9によりフィルムに各種の情報を記録するとともに、フォトリフレクタ7によりパーフォレーション検出を行うが、詳細は図7を用いて詳述する。次のステップ#480においては、上記のフィルム給送用モータ59の駆動を停止し、フィルム巻上げを終了し、続くステップ#490において、フレーム数を1カウントアップする。
【0038】次のステップ#500においては、フレーム数が前記ステップ#140で記憶した撮影可能枚数を超えたか否か判別し、超えていなければステップ#400に戻り、撮影を続行する。一方、撮影可能枚数を超えていればステップ#510へ進み、フィルム給送用モータ59を逆転させ、フィルム巻戻し方向の給送を開始する。そして、ステップ#520において、パーフォレーションを検出する毎に次のステップ#530において、フレーム数を1カウントダウンし、続くステップ#540において、フレーム数が0になるまで、同様の動作を繰り返し、フレーム数が0になるとステップ#540からステップ#550へ進み、ここでフィルムがカートリッジ内に巻き込まれるのを待つ為に、一定時間待ち、次のステップ#560において、カートリッジの使用状態表示の設定を、バーコード読取り部64の信号を検出することにより行い、続くステップ#570において、フィルム給送用モータ59を停止し、フィルム巻き戻しを終了する。その後、ステップ#580において、カートリッジが取り出されるのを待って、一連の撮影シーケンスを終了する。
【0039】図5は、図3のフィルムの使用途中時の処理内容の続きの動作を示すフローチャートである。
【0040】このフローチャートの中で、AD_COUNTERは、一群の処理において、現在何回目の処理を行っているのかを示すカウンタ、AD_FLAG は、一群の処理において、現在サンプリングを行っているのか、データ処理を行っているのかを示すフラグである。
【0041】最初にステップ#600において、AD_COUNTER=0,AD_FLAG =0とする。次にステップ#610にて、 AD_COUNTER が4であるか否か(4回目の処理を行ったか否か)を判定する。最初はAD_COUNTER=0なのでステップ#620へ進み、ここでは AD_FLAGが0か1かを判定する。最初はAD_FLAG =0なのでステップ#630へ進む。そして、このステップ#630において、磁気記録再生回路62を介して磁気ヘッド9により再生された磁気信号、つまり磁気再生信号のサンプリングを行う。このサンプリングは図6でも説明するように、例えば128回のサンプリングを行い、その間に総和、及び、2乗結果をRAMに格納していく。その後、ステップ#640にて、サンプリングを行ったことを示す為に AD_FLAGを1とする。
【0042】次に、ステップ#700においては、パーフォレーション信号のサンプリングを行う。引き続きステップ#710において、パーフォレーション信号のサンプリング結果を所定値と比較して、信号に変化があったか否か判定する。ここでは、未だ変化がなかったものとしてステップ#610に戻る。ステップ#610においても未だ AD_COUNTER =0のままなので、ステップ#620へ進む。ステップ#620においては、AD_FLAG =1となっているので、ステップ#650へ進む。ステップ#650においては、ステップ#630で磁気再生信号をサンプリングし、2乗結果をRAMに格納してあるので、この2乗結果の和を求める演算を行う。そして、次のステップ#660において、AD_FLAG =0に戻し、ステップ#670において、AD_COUNTERを1インクリメントして1とする。
【0043】以下、同様にステップ#700→#710→#610と進み、ここでAD_COUNTERが4となって次にステップ#620ではなく、ステップ#680に分岐するようになるまで、同様の動作を繰り返し行う。
【0044】そして、ステップ#610において、AD_COUNTERが4になると、ステップ#680に分岐して、詳しくは図6において説明するように、4回分の和、2乗和から分散を演算する。又、その駒の最大値を求めるために、前回の値と比較を行い、大きければ値を更新していく。次に、ステップ#690においては、AD_COUNTERを0に戻す。以後はステップ#700,#710,#610と繰り返し行う。
【0045】これらを繰り返し実行しているうちに、パーフォレーション信号に変化が生じる。立ち上がり変化検出後の立ち下がり変化を検出すると、ステップ#710にて信号変化有りとみなし、ステップ#720へ進む。ステップ#720においては、ステップ#680で最大値として求めた結果のルート(平方根)をとり、その駒に対する実効値の値とする。次にステップ#730において、その駒の実効値と所定値(リーダー部給送時(ステップ#250)に取得したノイズ量から算出した値)とを比較し、その駒に磁気記録がなされていたか、すなわち未露光駒か、露光済駒かの判定を行う。露光済駒の場合には、ステップ#780へ進み、最終駒まで達しているか否か判定し、達していなければ、未露光駒の検出を続けるために、ステップ#600へ戻る。又、ステップ#780において、最終駒まで達していると判定した場合にはステップ#790へ進み、一度フィルム給送用モータ59を停止した後、図4のステップ#510へ進んでフィルム巻戻しを行い、カートリッジ使用状態を設定して終了する。
【0046】一方、ステップ#730において、未露光駒と検出された場合には、ステップ#740において、先頭駒か否かの判定を行う。先頭駒と判定された場合には、カートリッジが使用途中の状態で先頭駒から未露光駒ということは通常ありえないのでステップ#790へ進み、フィルム給送用モータ59を一度停止した後、図4のステップ#510へ進んでフィルムの巻戻しを行い、カートリッジ使用状態を設定して終了する。
【0047】また、ステップ#740において、先頭駒でないと判定した場合には、未露光駒が正常に検出出来たとしてステップ#750へ進み、2駒巻き戻しを行い、さらにステップ#760において、1駒巻き上げを行って、未露光駒の頭出しを終了する。
【0048】図6は、図5において説明したパーフォレーション信号及び磁気再生信号を検出する場合の処理について示したものであり、(A)及び(B)はフォトリフレクタ7,8にて検出されるパーフォレーション(PR1,PR2)信号、(C)は磁気再生信号、(D)はこれらの信号を検出するための処理を時系列的に示したものである。
【0049】図6(D)についての処理を順に述べる。
【0050】まず、パーフォレーションPR2信号の立ち上がりを検出すると、一定待ち時間を経た後、一群の処理を行う(この処理の中身は後で触れる)。一群の処理の中でパーフォレーションPR1信号の変化(立ち上がり検出後の立ち下がり変化)を検出すると、一群の処理は終了し、実効値の演算及び判定を行う。この判定の結果、露光済駒かつ最終駒でないと判定した場合には、次駒検出のための準備を行う。又、未露光駒と検出された場合には、停止するための準備(例えば、モータのDUTY駆動開始)を行う。この後、引き続きパーフォレーションPR1信号の検出を行い、立ち上がりを検出すると、実際にモータ駆動を停止するか否かの判断を行う。
【0051】次に、一群処理の中身について説明する。
【0052】一群処理において、まず最初に磁気再生信号(C)のサンプリング(図6(D)では、MRC信号サンプリングと記してある)を行う。このサンプリングは例えば128回サンプリングを行いながら、その総和及び2乗の結果をRAMに格納していく(図5のステップ#630での処理に相当する)。このサンプリングが終わるとパーフォレーション信号のサンプリングを行う(図5のステップ#700での処理に相当する)。このサンプリングにより信号変化がなければ、次にデータ処理を行う(図5のステップ#650での処理に相当する)。具体的には、先程サンプリングしてRAMに格納した2乗結果の総和をとる。この処理が終わると又、パーフォレーション信号の変化検出を行う(図5のステップ#700での処理に相当する)。
【0053】以上の処理を4回繰り返し行う。1回当たり128回のサンプリングを行った場合、計512回分のデータを取得したことになる。4回分の取り込みを終了したら(図5のステップ#610のYESに相当する)、分散の計算を行う(図5のステップ#680での処理に相当する)。具体的には、4回分の総和,2乗和の和を求め(総和の4回分の和=X、2乗和の4回分の和=Y、回数=N(この場合512)とする)、2 =(ΣXn2 /N)−(ΣXn/N)2 ={ N*ΣXn2 −(ΣXn)2 } /N2 ={N*Y−X2 }/N2 (X=ΣXn、Y=ΣXn2
よりs*s=(N*Y−X*X)/N*Nを計算する。
【0054】引き続いて、パーフォレーションの検出を行い(図5のステップ#700での処理に相当する)、一群の処理とする。この一群の処理を一駒(1フレーム)当たり複数回行うのだが、複数回行った中で最大の値をその駒の値とする。具体的には、計算し終わった後で、前の値と比較し、大きければ、その駒の値を更新していく。
【0055】以上の様に、磁気再生信号のサンプリング、このサンプリングをしたデータを処理する過程において、さらには前記データを分散計算(未露光駒か否かを判定するのに使用する値の計算)の過程において、パーフォレーション信号の検出を行うようにしているため、一つの制御回路50により、磁気再生信号の検出とパーフォレーション信号の検出を適正に(一方の検出信号が間に合わなくなったり、一群の磁気再生信号の検出及び処理を行った後に、パーフォレーション検出を行った為に、パーフォレーション検出が間に合わなくなってしまったりする事無しに)行うことが可能となる。
【0056】更に詳しくは、従来は、フィルムのパーフォレーションの検出は、それ専用の回路を持ち、このパーフォレーション検出回路の出力(パーフォレーション信号)を基に、制御回路は記録された磁気信号の再生を行うようにしていたが、上記の様に磁気再生信号の処理の中において、パーフォレーション信号のサンプリングを複数回行うようにしている為、同一の制御回路によりそれぞれの検出を適正に行うことが可能となる。又、この事から回路構成が簡単になると共に、コスト的にも有利なものとなる。
【0057】また、複数回行われた分散の結果の最大値のルート(平方根)をとることで、その駒に対する実効値の値とし、この実効値とリーダー部給送時に得られた所定値(ノイズ量に相当する値)とを比較するようにしている為、その駒に磁気記録がなされていたか、すなわち未露光駒か、露光済駒かの判定を正確に行うことが可能となる。
【0058】図7は、図4のステップ#470の詳細を示したフローチャートであり、磁気記録信号出力とパーフォレーション信号のサンプリングとを同一手段で行う場合を示している。
【0059】ステップ#800において、フィルム巻上げを開始すると、まず、ステップ#810において、フォトリフレクタ7,8にて検出されたパーフォレーション信号のサンプリングを行い、続くステップ#820において、パーフォレーション信号の変化の検出を行う。そして、ここでパーフォレーション(PR1)信号の変化を検出するとステップ#830へ進み、パーフォレーションPR2信号の立ち上がりを検出し、ステップ#840において、時間測定を開始する。そして、次のステップ#850において、パーフォレーション2の立ち下がりを検出し、続くステップ#860において、時間測定を終了して、この時間に基づいて、つまりパーフォレーションPR2信号の立ち上がりから立ち下がりまでの時間間隔からフィルム給送速度を想定し、次のステップ#870において、磁気記録のための記録周波数、及び、“0”記録相当時間,“1”記録相当時間を決定する。その後、ステップ#880において、記録信号出力のための割り込みを許可とする。
【0060】これにより、以降は一定時間毎に割り込みがかかり、図8のステップ#1010において、磁気記録用のクロック信号を出力(L出力)した後、ステップ#1020において、記録するデータビットが0か1かを判定し、0ならばステップ#1030において、“0”相当時間を、1ならばステップ#1040において、“1”相当時間を設定し、ステップ#1050において、設定した時間後に制御ポートを“H”出力させるように設定を行う。そして、ステップ#1060において、次回割り込み時に記録するデータが0か1かを決定し、次のステップ#1070において、次回割り込み時間を設定して、ステップ#1080より割り込み処理を抜ける。これにより、立ち下がりと立ち上がりが交互に信号として、出力される事になる。
【0061】その後は、図7のステップ#890へ戻り、ここでパーフォレーションPR1信号の立ち上がり後の立ち下がりを検出したら、ステップ#900において、磁気記録用の割り込みを禁止する。そして、ステップ#910において、モータのDUTY駆動を開始する等して、フィルム給送停止の準備を行い、ステップ#920において、パーフォレーション1信号の立ち上がりを検出したら、ステップ#930において、モータのDUTY駆動を終了する。そして、ステップ#940において、フィルム巻上げを終了する。
【0062】図9は、図7及び図8の制御フローチャートをタイミングチャートとして示したものであり、(E)はモータ制御信号、(F),(G)はフォトリフレクタ7,8により検出されるパーフォレーション(PR1,PR2)信号、(H)は磁気記録制御信号で、割り込み処理により、H,L信号を交互に出力する。(I)は、実際の処理内容を示し、磁気記録信号のクロック信号に相当する時間毎に割り込み処理が行われ、その他の時間は、パーフォレーション検出の処理を行う。
【0063】以上の様に、パーフォレーション信号の検出の処理中に、磁気信号の出力(記録)の為の割り込み処理を所定時間毎に行うようにしているため、一つの制御回路により、パーフォレーション信号の検出と磁気信号の記録とを適正に行うことが可能となる。
【0064】つまり、上記の様にしてパーフォレーション信号の検出と磁気信号の記録とを両立させるようにしている為、パーフォレーション信号の検出と磁気信号の記録とを交互に行ったためにパーフォレーションの検出が間に合わない、或いは、磁気記録信号の出力間隔がずれるといった事なく、パーフォレーション信号の検出と磁気信号の記録を適正に行うことが可能となる。
【0065】(発明と実施の形態の対応)上記実施の各形態において、磁気ヘッド9と磁気記録再生回路62が本発明の磁気再生手段や磁気記録手段に相当し、制御回路50が本発明の制御手段に相当し、フォトリフレクタ7,8が本発明のパーフォレーション検出手段に相当する。
【0066】また、「パーフォレーション信号」とは、フィルムのパーフォレーションを検出するパーフォレーション検出手段の出力信号を云い、「パーフォレーション信号の処理」とは、制御手段において行う処理の一つである「パーフォレーション信号のサンプリング」を云う。又「磁気再生信号」とは、磁気再生手段により再生された磁気信号を云い、「磁気再生信号の処理」とは、制御手段において行う処理の一つである「磁気再生信号のサンプリング」を云う。
【0067】以上が実施の形態の各構成と本発明の各構成の対応関係であるが、本発明は、これら実施の形態の構成に限定されるものではなく、請求項で示した機能、又は実施の形態がもつ機能が達成できる構成であればどのようなものであってもよいことは言うまでもない。
【0068】(変形例)本発明は、カメラに適用した例を述べているが、これに限定されるものではなく、記録媒体の位置を示す(具体的には、ある記録範囲の始まりと終わりを少なくとも示す)パーフォレーションと磁気記録部を持つ記録媒体を使用する装置であり、前記磁気記録部に磁気信号を記録したり、記録された磁気信号を再生する手段や、パーフォレーションを検出する手段、更にはこれらを制御する制御手段を有するものであれば、どのようなものであっても良い。
【0069】また、上記の実施の形態では、磁気再生信号の処理を行っている最中に、パーフォレーション信号のサンプリングを所定の時期に行うようにしているが、必ずしもこれに限定されるものではなく、パーフォレーション信号の処理を行っている最中に、磁気再生信号のサンプリングを所定の時期に行うようにしても良い。同様に、パーフォレーション信号の検出処理を行っている最中に、所定の時間間隔で割り込みによって磁気信号の記録を行うようにしているが、磁気信号の記録を行っている最中に、所定の時間間隔で割り込みによってパーフォレーション信号の検出処理を行うようにしても良い。
【0070】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、磁気再生信号の処理とパーフォレーション信号の処理とを、一つの制御手段にて適正に行うことができる磁気再生装置及びカメラの磁気再生装置を提供できるものである。
【0071】また、本発明によれば、磁気信号の記録処理とパーフォレーション信号の処理とを、一つの制御手段にて適正に行うことができる磁気記録装置及びカメラの磁気記録装置を提供できるものである。
【0072】また、本発明によれば、磁気再生信号の処理とパーフォレーション信号の処理とを、一つの制御手段にて適正に行うと共に、未露光駒の検出を行うことができるカメラの磁気再生装置を提供できるものである。
【0073】また、本発明によれば、磁気再生信号の処理とパーフォレーション信号の処理や、磁気信号の記録処理とパーフォレーション信号の処理とを、一つの制御手段にて行うことができるカメラを提供できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013