米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明器具
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−31410
公開日 平成11年(1999)2月2日
出願番号 特願平9−183312
出願日 平成9年(1997)7月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】宮井 暎夫
発明者 舟橋 賢 / 上田 友良雄
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 互いに略平行に配置された一対のTバーの頭部に係止する係止部を両端に有し略中央下面に挿通用固定部を垂下しこの挿通用固定部の近傍に突出部を有する取付具と、前記挿通用固定部を挿通させて前記取付具に接近した状態で前記突出部が位置決め係止する長孔を有して両側部が前記Tバーの下端水平部上に位置する器具本体と、前記挿通用固定部に取付けられて前記器具本体を前記取付具に固定する固定部材とを備えた照明器具。
【請求項2】 前記長孔は、前記取付具の前記突出部が前記器具本体の長孔から離れた位置において前記取付具を前記器具本体に対して一方にずらせた状態で、前記取付具の前記一方を片方の前記Tバーの頭部に係止できる長さである請求項1記載の照明器具。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、システム天井に取付けられる照明器具に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のシステム天井用の照明器具は、Tバーに取付金具を固定し、Tバーの上方から器具本体を取付金具に取付けるようにしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、Tバーの上方にCチャンネル等の天井下地材や空調ダクトが近接している場合には、照明器具の施工が容易でなく、また取付け場所が制限されるという欠点があった。したがって、この発明の目的は、Tバーの下方からTバーに取付けることができる照明器具を提供することである。
【0004】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の照明器具は、互いに略平行に配置された一対のTバーの頭部に係止する係止部を両端に有し略中央下面に挿通用固定部を垂下しこの挿通用固定部の近傍に突出部を有する取付具と、前記挿通用固定部を挿通させて前記取付具に接近した状態で前記突出部が位置決め係止する長孔を有して両側部が前記Tバーの下端水平部上に位置する器具本体と、前記挿通用固定部に取付けられて前記器具本体を前記取付具に固定する固定部材とを備えたものである。
【0005】請求項1記載の照明器具によれば、取付具の挿通用固定部を長孔に通して固定部材により器具本体を挿通用固定部に取付けるとともに突出部を長孔に係止するので確実に器具本体を固定できる。しかも取付具および器具本体をTバーの下から取付け固定することができるので、Tバーの上方に天井下地材等が近接していても簡単に照明器具を取付けることができる。
【0006】請求項2記載の照明器具は、請求項1において、前記長孔が、前記取付具の前記突出部が前記器具本体の長孔から離れた位置において前記取付具を前記器具本体に対して一方にずらせた状態で、前記取付具の前記一方を片方の前記Tバーの頭部に係止できる長さとしたものである。請求項2記載の照明器具によれば、請求項1の効果のほか、器具本体に取付具の挿通用固定部を通し固定部材で仮止めした状態で、取付具をTバーの下方から取付けることができるので施工容易になる。
【0007】
【発明の実施の形態】この発明の第1の実施の形態を図1ないし図5により説明する。すなわち、この照明器具は、取付具1と、器具本体2とを有する。取付具1は、互いに略平行に配置された一対のTバー3,4の頭部3b,4bに係止する係止部5を両端に有し、略中央下面に挿通用固定部13を垂下し、この挿通用固定部13の近傍に突出部7を有する。Tバー3,4は天井に施工されている。実施の形態の取付具1は金属製で一対有し、それぞれ矩形平板の水平片8と、水平片8の両側を直角に折曲した補強片9とで形成し、係止部5は水平片8の両端を直角に折曲した垂直片10と、垂直片10に切起こされた浮上り防止爪11からなる。そして垂直片10間の距離(内幅)L1 を、Tバー3,4の頭部3bの外側間距離(外幅)L2 に略等しいかあるいはやや大きくしている。挿通用固定部13はねじを実施の形態とし、取付具1の中央部を貫通した状態に取付けてねじ部を取付具1の下面より垂下している。一対の突出部7は挿通用固定部13の垂直片10を結ぶ方向の両側に位置し、その方向に長い板状に垂下している。
【0008】この取付具1はTバー3,4の間で下方より係止部5の一方を挿入してTバー3の上方に大きく乗り越え、係止部5の他方をTバー4の上方に移動して係止部5の両方をTバー3,4に載せ、浮上り防止爪11をTバー3,4の首部3a,4aに係止し、これにより取付具1の浮上りが防止され、取付け状態となる。器具本体2は、挿通用固定部13を挿通させて取付具1に接近した状態で突出部7が位置決め係止する長孔12を有して両側部2cがTバー3,4の下端水平部3c,4c上に位置する。実施の形態の器具本体2は周壁2aを有する矩形の箱形であり、天部2bに長孔12を設け、長孔12の長手方向は器具本体2の幅方向であり、また器具本体2の取付位置を天井下地材等に応じて選択可能にするため長孔2を4箇所に設けている。挿通用固定部13を長孔12に挿通し状態たとえば図5に示す後述の仮止め状態では、挿通用固定部13は長孔12内を移動可能である。また長孔12は取付具1の突出部7が器具本体2の長孔12から離れた位置において器具本体2を幅方向の一方にずらせた状態で取付具1を片方のTバー3に係止できる長さである。
【0009】したがって、図5に示すように器具本体2に取付具1を仮止めした状態で、取付具1を器具本体2に対して片方に偏るようにスライドさせ、取付具1の一方の係止部5をTバー3に大きく乗り上げることが可能となる。そして矢印のように取付具1をTバー3,4間に挿入し、他方の係止部5をTバー4の上に係載する際に器具本体2を長孔12に沿って取付具1に対して反対向きにスライドすると、他方の係止部5がTバー4に係載することが可能となり、これでTバー3,4上に両係止部5を落込み、浮き上がり防止用爪11を首部3a,4aに係止して取付状態となす。また器具本体2の両側部2cがTバー3,4の下端水平部3c,4c上に位置することができる。
【0010】固定部材14は、挿通用固定部13に取付けられて器具本体2を取付具1に固定するが、実施の形態ては取付用ナットを用い、ねじである挿通用固定部13にねじ込むことにより取付ける。そして、固定部材14を若干ねじ込んだ状態は仮止め状態であり、器具本体2に取付具1を取付けているが、取付具1は器具本体2の幅方向に長孔12に沿ってスライドできる状態である。この仮止め状態から固定部材14を締付けると器具本体2が取付具1に接近し、突出部7が長孔12の両端に位置し、器具本体1が長孔12に沿って移動することおよび挿通用固定部13を中心に回動することが規制され器具本体2が位置決めされ、これにより器具本体2が正規の取付状態となり脱落防止となる。一方固定部材14を緩めると器具本体2および取付具1をTバー3,4から取り外すことが可能となる。
【0011】なお、17は反射板であり、固定部材14の締付け後に器具本体2に取付けられる。16は器具本体2に設けたランプソケット(図示せず)に装着されたランプである。この実施の形態によれば、取付具1の挿通用固定部13を長孔12に通して固定部材14により器具本体2を挿通用固定部13に取付けるとともに突出部7を長孔12に係止するので確実に器具本体2を固定できる。しかも取付具1および器具本体2をTバー3,4の下から取付け固定することができるので、Tバー3,4の上方に天井下地材等が近接していても簡単に照明器具を取付けることができる。
【0012】また長孔12が取付具1を器具本体2に対して一方にずらせた状態で取付具1の一方を片方のTバー3の頭部3bに係止できる長さにしているため、器具本体2に取付具1の挿通用固定部13を通し固定部材14で仮止めした状態で、取付具1をTバー3,4の下方から取付けることができるので施工容易になる。この結果、既設天井リニューアル用として直付けで照明・設備を一体とした設備ラインの形成が可能となる。また空調ダクト等の引込み開口以外に照明器具を取付けるための天井開口が不要となる。
【0013】この発明の第2の実施の形態を図6に示す。すなわち、天井材19が先にTバー3,4に施工されている例を示している。第1の実施の形態と異なる点は、長孔12の長さを第1の実施の形態のように定めていないことである。ただし、器具本体2をTバー3,4に載置するときに取付具1とのお互いの動作を妨げない程度に相互の位置関係を変えることができる長さにしている。また浮き上がり防止爪11をTバー3,4の頭部3b,4bの内側に係止している。この照明器具では、まず取付具1をTバー3,4に係止し、つぎに器具本体2の長孔12を挿通用固定部13に通しスライドしながら器具本体2の両側部2cをTバー3,4の下端水平部3c,4c上に載り上げ、固定部材14で挿通用固定部13を締めつける。その他は第1の実施の形態と同様である。
【0014】なお、突出部7は1個に突出部7と器具本体2とで長孔12の両端に位置決めしたり、長孔12の一部の幅方向を大きくして突出部7を嵌合させて長孔12の長手方向のスライドを規制することも可能である。
【0015】
【発明の効果】請求項1記載の照明器具によれば、取付具の挿通用固定部を長孔に通して固定部材により器具本体を挿通用固定部に取付けるとともに突出部を長孔に係止するので確実に器具本体を固定できる。しかも取付具および器具本体をTバーの下から取付け固定することができるので、Tバーの上方に天井下地材等が近接していても簡単に照明器具を取付けることができる。
【0016】請求項2記載の照明器具によれば、請求項1の効果のほか、器具本体に取付具の挿通用固定部を通し固定部材で仮止めした状態で、取付具をTバーの下方から取付けることができるので施工容易になる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013