米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 積水化学工業株式会社

発明の名称 昇降機付きバルコニー
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−43991
公開日 平成11年(1999)2月16日
出願番号 特願平9−200168
出願日 平成9年(1997)7月25日
代理人
発明者 野畑 政利
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 バルコニーを支持する袖壁内部にバルコニー床面と通じる上下方向の連通空間が設けられ、この連通空間を軌道として昇降機が設けられていることを特徴とする昇降機付きバルコニー。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、昇降機付きバルコニーに関する。
【0002】
【従来の技術】従来のバルコニーは、例えば、特開平6−158708号公報に記載されている。このバルコニーは、その床部が建物の上階部より突出して設けられ、床部下方に取り付けられた袖壁により支持されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記公報記載の従来のバルコニーは、バルコニー上と地上との間で荷物を運ぶには、居室内を経由しなければならないので、時間と体力を要するという問題と、運ぶ荷物が植木鉢や掃除道具等の汚れ物の場合、居室内を通ると居室を汚すという問題がある。
【0004】本発明は、上記従来技術の問題を解決するためになされたものであって、その目的とするところは、居室内を通らずにバルコニーに荷物を運ぶことができる昇降機付きバルコニーを提供することである。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、バルコニーを支持する袖壁内部にバルコニー床面に通じる上下方向の連通空間が設けられ、この連通空間を軌道として昇降機が設けられていることを特徴とする昇降機付きバルコニーである。
【0006】(作用)請求項1記載のバルコニーは、袖壁内部に設けられたバルコニー床面と通じる連通空間を軌道として昇降機が設けられているので、居室内を通らずに荷物を運ぶことができる。従って、時間と体力を使わずにバルコニーと地上との間で荷物を運ぶことができ、しかも、居室を通らないので、居室を汚すこともない。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら詳細に説明する。図1と図2は、本発明の一実施例であって、図1は図2のA−A線における昇降機付きバルコニーの断面図、図2は昇降機付きバルコニーの外観を示す斜視図である。
【0008】1はバルコニーであって、このバルコニー1は、手摺り壁12付きのものであって、その床面11が建物(不図示)の上階部より突出して設けられ、地上から立設され床面11の下方に取り付けられた二つの袖壁2、20により支持されている。なお、13は手摺りである。
【0009】上記バルコニー1を支持する袖壁2、20は、いずれも、内部が空洞の角筒形状になされている。一方の袖壁2内部には、バルコニー床面11に形成された開口部Lと通じる上下方向の連通空間Kが設けられ、この連通空間Kを軌道として荷物専用の電動式昇降機3が設けられている。
【0010】4は基礎、5はバルコニー1の土間天端であって、この基礎4は袖壁2を支持固定するために設けられている。また、基礎4に隣接する袖壁2の下部に、昇降機3の機械室32が設けられ、この機械室32には電動機39等が内蔵されている。
【0011】上記昇降機3は、駆動ベルト31を介して機械室32に内蔵された電動機39により上下方向に昇降され、この昇降機3には、手摺り壁12の上端部に横設され、連通空間Kの上部を覆う天板33と、バルコニー1側には、電動シャッター付きのバルコニー側取出し口34と、地上側には、地上側取出し口35とが設けられている。なお、36は機械室32の点検口であり、37は電気配線、38は手元スイッチである。
【0012】上記本実施例のバルコニー1は、袖壁12内部に設けられたバルコニー床面11と通じる連通空間Kを軌道として昇降機3が設けられているので、居室内を通らずに荷物を運ぶことができる。
【0013】
【発明の効果】請求項1記載の昇降機付きバルコニーは、その昇降機が、袖壁内部に設けられたバルコニー床面と通じる連通空間を軌道として設けられているので、居室内を通らずに荷物を楽に運ぶことができる。従って、時間と体力を節約でき、しかも、居室を通らないので、居室を汚すこともない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013