米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社吉野工業所

発明の名称 正倒立両用液体噴出容器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平11−19544
公開日 平成11年(1999)1月26日
出願番号 特願平9−190642
出願日 平成9年(1997)6月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】今岡 良夫
発明者 鈴木 康之
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 容器体1口部へ、トリガー式液体噴出器2の下面から垂下する有頂の基筒部3を装着させると共に、該基筒部頂板7に貫設した吸上げ主筒8の下部から、容器体上部内へ位置させて設けた、空気流入防止用逆止弁付きの三方分岐管部材31を介して、容器体内へ吸上げパイプ37を垂下し、又上記基筒部頂板7の下面へ下端を、かつ液体噴出器が有するシリンダ14内へ上端を、それぞれ開孔23,24する外気吸込み路25を設けて、シリンダ内を摺動するプランジャ19後退時に外気吸込み路25上端が開口可能に設けた正倒立両用のトリガー式液体噴出容器において、上記三方分岐管部材31の外面に、上面開口でかつ有底のエア溜室41を付設すると共に、外気吸込み路25の下端開孔23周囲の基筒部3内部分を、下面開口の穴状部42として、該穴状部内へ、上端部を水密に嵌着させて上記下端開孔23と連通する外気吸入パイプ43を垂下し、該パイプ下部を上記エア溜室41内へ遊挿させて、そのパイプ下端をエア溜室41の底部内に位置させたことを特徴とする、正倒立両用のトリガー式液体噴出容器。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は正倒立両用のトリガー式液体噴出容器に関する。
【0002】
【従来の技術】例えば実開平 1-69658号が示すように、容器体口部へ、トリガー式液体噴出器の下面から垂下する有頂の基筒部を装着させると共に、該基筒部の頂板後部に貫設した吸上げ主筒の下端部から、空気流入防止用逆止弁付きの三方分岐管部材を介して吸上げパイプを容器体内へ垂下し、又上記基筒部頂板の下面へ下端を、かつ液体噴出器が有するシリンダ内へ上端を、それぞれ開口する外気吸込み路を設けて、シリンダ内を摺動するプランジャ後退時に外気吸込み路上端が開口可能に設け、その外気吸入路を通気性でかつ、非通水性の耐水性シートで遮断した、正倒立両用のトリガー式液体噴出容器が知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来例の液体噴出容器は、容器正立状態で上方へ起立する分岐管内の逆止弁が閉じ、又下方へ垂下する分岐管内逆止弁が開くよう設けることで、正立状態でトリガー操作を行うと、下方へ垂下の分岐管下端から垂下する吸上げパイプを通ってシリンダ内へ容器体内液体が吸込みされ、又該シリンダ内液体が吸上げ主筒上端から前方突出する射出管前端のノズルから噴出し、又容器体を倒立させると上方へ起立する分岐管内逆止弁が開き、又下方垂下の分岐管内逆止弁が閉じて、該状態でトリガー操作を行うと、上方へ起立する、つまり倒立により下方へ垂下している分岐管を通りシリンダ内へ液体が入ると共に、該シリンダ内液体が射出管を通りノズルから噴出するよう設けたものである。又容器体内が液体減少で負圧化すると、外気吸込み路と耐水性シートとを通って外気が容器体内へ流入してその負圧状態を解消する。尚その耐水性シートは容器体倒立状態で、その吸込み路から液体が漏出しないよう設けたものである。本発明は上記耐水性シートの場合と同様に、容器倒立状態における外気吸込み路からの液体漏出を、簡易な方法で防止できるよう設けたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】容器体1口部へ、トリガー式液体噴出器2の下面から垂下する有頂の基筒部3を装着させると共に、該基筒部頂板7に貫設した吸上げ主筒8の下部から、容器体上部内へ位置させて設けた、空気流入防止用逆止弁付きの三方分岐管部材31を介して、容器体内へ吸上げパイプ37を垂下し、又上記基筒部頂板7の下面へ下端を、かつ液体噴出器が有するシリンダ14内へ上端を、それぞれ開孔23,24する外気吸込み路25を設けて、シリンダ内を摺動するプランジャ19後退時に外気吸込み路25上端が開口可能に設けた正倒立両用のトリガー式液体噴出容器において、上記三方分岐管部材31の外面に、上面開口でかつ有底のエア溜室41を付設すると共に、外気吸込み路25の下端開孔23周囲の基筒部3内部分を、下面開口の穴状部42として、該穴状部内へ、上端部を水密に嵌着させて上記下端開孔23と連通する外気吸入パイプ43を垂下し、該パイプ下部を上記エア溜室41内へ遊挿させて、そのパイプ下端をエア溜室41の底部内に位置させた。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明の説明に先だって、まず公知の正倒立両用液体噴出容器部分について簡単に説明すると、1は口頸部を起立する容器体、2はトリガー式の液体噴出器で、該噴出器下面から垂下する有頂の基筒部3を、該基筒部外面へ付設した外向きフランジ4を、容器体口頸部上端面と口頸部外面へ螺合させた装着筒5上端の内向きフランジ6とで挟持させることで容器体口部へ装着させている。その基筒部の頂板7後部には吸上げ主筒8を貫設している。
【0006】上記基筒部3には、噴出器本体11を嵌合させている。該本体は上記吸上げ主筒8外面へ嵌合させた垂直筒12を有し、該垂直筒前面からプランジャガイド筒13と、該筒を囲んで同軸のシリンダ14とを、又垂直筒上端からは射出筒15をそれぞれ前方突出し、射出筒前端にノズル16を嵌合させている。又垂直筒12下端部からはシリンダ後部の底壁部分を上板一部に共用して、その上板から嵌合筒17を垂下して、該嵌合筒を既述基筒部3の上半外面へ嵌着させている。更に射出筒前部からは前後方向への摺動自在にトリガー18を垂下し、上記シリンダ内へ摺動自在に嵌合させた、後端面開口で前面閉塞の筒状で、かつ後端部大外径のプランジャ19前端を、上記トリガーの上部後面へ、プランジャ19を前方付勢させることで係合させている。尚プランジャ後部内へは既述プランジャガイド筒13を水密に嵌合させている。
【0007】更に又、既述基筒部3の吸上げ主筒8の中間部内面には、シリンダへの吸込み弁20を設け、又上部内面に吐出弁21を設け、それ等両弁間前部には吸上げ主筒8内とシリンダ内とを連通する液体出入孔22を穿設し、更に基筒部頂板7の下面へ下端を、かつシリンダ14内へ上端を、それぞれ開孔23,24する外気吸込み路25を設け、上方の開孔23は、プランジャ19が後退したときにだけ開口するよう、つまり図示のようにプランジャ19が前限に位置する状態では、プランジャ後端の大外径部19a 外面で気密に閉塞されるよう設けている。
【0008】既述吸上げ主筒8の下部内には、空気流入防止用逆止弁32,33付きの三方分岐管部材31を、該部材の基管34上部を嵌着させて垂下し、該部材の下方垂下分岐管35からは上記逆止弁32付き筒部材36を介して吸上げパイプ37を垂下し、又上方起立分岐管38内へも上記逆止弁33を設けている。
【0009】本発明にあっては、上記三方分岐管部材31の外面に、上面開口でかつ有底のエア溜室41を付設した。又外気吸込み路25の下端開孔23周囲の基筒部3内部分を、下面開口の穴状部42として、該穴状部42内へ上端部を水密に嵌着させて外気吸入パイプ43を垂下し、該パイプ下部を上記エア溜室41内へ遊挿させ、該パイプ下端をその溜室の底部内に位置させた。外気吸入パイプ43は上端部を大外径部に形成するとよく、又外気吸入パイプ43は弾性変形可能とするがよい。
【0010】シリンダ14内に液体が入っているとして、図1の正立状態からトリガー18を引寄せすると、プランジャ後退によるシリンダ内高圧化で吐出弁21が開き、射出筒15内を通ってノズル16から液体が噴出する。トリガーを離すと前方付勢されているプランジャ19は前進してトリガーを復帰させ、するとシリンダ14内の負圧化で吸込み弁20が開き、吸上げパイプ37、三方分岐管部材31の下方垂下分岐管35、基管34を通って容器体内液体が吸込まれる。尚このとき三方分岐管部材31の上方起立分岐管38内の逆止弁33は閉塞状態にある。容器体内が液体減少で負圧化すると、プランジャ19後退時に外気吸込み路25、外気吸入パイプ43を通って外気が入り、その負圧状態を解消する。
【0011】次いで図2のように倒立させると、吸上げパイプ37下端は容器体内液面上方へ露出するが、下方垂下分岐管35の逆止弁32が閉じ、上方起立分岐管38内の逆止弁33が閉じる。又エア溜室41内には空気が残り、よって外気吸入パイプ43下端はエア溜室41内の空気中に露出することとなる。該状態でトリガー18を引寄せすると、既述正立時と同様にシリンダ内高圧化で吐出弁21が開き、ノズル16から噴出し、又トリガーを離すとプランジャ19前進によるシリンダ内の負圧化で吸込み弁20が開き、上方起立分岐管38、基管34を通って容器体内液体がシリンダ14内へ吸込みされる。又該倒立状態で容器体内が負圧化すると、プランジャ19が後退して外気吸込み路25の上端開孔24が開いたとき、その外気吸込み路25および外気吸入パイプ43、エア溜室41を通って外気が容器体内に入り、その負圧状態を解消する。
【0012】
【発明の効果】本発明は既述構成とした正倒立両用のトリガー式液体噴出容器において、容器体内上部内へ位置させて設けた三方分岐管部材31の外面に、上面開口でかつ有底のエア溜室41を付設し、又外気吸込み路25の下端開孔23周囲の基筒部3内部分を、下面開口の穴状部42としておき、その穴状部内へ、上端部を水密に嵌着させて外気吸入パイプ43を垂下し、該パイプ下部を上記エア溜室41内へ遊挿させてそのパイプ下端をエア溜室の底部内へ位置させたから、容器正立状態は勿論、容器倒立状態にあっても、そのエア溜室41の少くとも底部内には空気が残ることとなり、よってその空気中に下端を露出することとなる外気吸入パイプ43内には液体が入ることはなく、従って容器倒立状態にあっても容器体内が負圧化するとプランジャ後退により上端の開孔24が開口したとき、外気吸込み路25および外気吸入パイプ43、エア溜室41を通って外気が容器体内へ入ってその負圧状態を解消することとなり、又上記のように倒立状態にあっても外気吸入パイプ内には液体が入らないから、その外気吸入パイプおよび外気吸込み路25を通って容器体内液体が漏れることがない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013