米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> バブコック日立株式会社

番号 発明の名称
1 脱硝反応器のアンモニア注入制御装置
2 脱硝反応器のアンモニア注入制御装置
3 水蒸気改質器及び触媒交換方法
4 管の曲げ加工装置
5 溶接トーチの芯ずれ検出方法及び装置
6 湿式排ガス脱硫装置
7 サイクロン容器
8 湿式排煙脱硫装置の吸収塔
9 クランプ装置
10 アンモニアガス希釈槽
11 脱硝反応器のアンモニア注入制御装置
12 排ガス浄化装置およびこれを用いた排ガス浄化方法
13 触媒担体の製造方法および製造装置
14 ローラミル及びそのエアパージ方法
15 脱硝用触媒およびその再生方法
16 触媒体の製造方法および製造装置
17 板状触媒の解体方法および解体装置
18 プッシュプルワイヤ送給装置制御用の伸縮センサ
19 排煙脱硫装置と方法
20 排煙脱硝方法および装置
21 脱硝用触媒およびその製造方法
22 アーク溶接トーチ
23 吸収塔
24 排ガス浄化用触媒及び排ガス浄化方法
25 サイクロンシステム
26 排ガス処理方法および装置
27 アルカリ劣化脱硝触媒の再生装置および再生方法
28 排ガス脱硝触媒の強化方法
29 多層構造触媒の製造方法および装置
30 窒素酸化物除去用板状触媒の製造方法および装置
31 自動切断装置
32 押出成形機のストレーナ
33 板状触媒の製造装置
34 触媒または触媒担体の成形装置および成形方法
35 湿式排煙脱硫装置および脱硫方法
36 飛灰処理装置及び飛灰処理方法
37 湿式排煙脱硫装置の排水汚泥量制御方法
38 排煙処理装置とその運転方法
39 湿式排煙脱硫装置
40 湿式排煙脱硫装置と方法
41 スプレ式吸収塔と該吸収塔を備えた湿式排煙脱硫装置
42 排煙脱硫装置
43 ピーニング装置
44 石炭ガス化プラントの起動排ガス処理装置
45 湿式排煙脱硫方法及び該方法を用いる装置
46 排煙脱硝装置
47 ハニカム触媒、その製造方法および製造装置ならびに前記ハニカム触媒を用いた排ガス処理方法
48 ごみ焼却炉排ガス処理方法と装置
49 ガラスびん選別装置
50 廃棄物ガス化装置と廃棄物ガス化発電装置
51 硫化水素含有ガスの燃焼方法及び装置
52 ローラ粉砕装置
53 ローラミルの制御装置及び制御方法
54 ローラミルの流体噴出装置
55 TIGアーク溶接装置
56 取水口ロータリスクリーンの塗膜除去装置
57 吸収塔
58 排ガスの浄化触媒及び浄化方法
59 排ガスの浄化触媒及び浄化方法
60 ローラ式粉砕装置
61 石炭ガス化複合発電プラント及びその異常時の生成ガス処理方法
62 熱交換型改質装置
63 排ガス浄化方法および装置
64 脱硝反応器アンモニア注入装置及び方法
65 音波式スートブロワ
66 硬質膜の除去方法及び装置
67 湿式脱硫装置とその運転方法
68 湿式排煙脱硫方法と装置
69 粉砕装置
70 硫黄分回収方法
71 排ガス浄化用反応装置
72 排ガス脱硝方法と装置
73 触媒反応装置
74 板状触媒の製造装置及び該装置を用いる製造方法
75 板状触媒の製造装置
76 排ガス浄化方法
77 排ガスの脱硝装置
78 板状触媒の製造方法及び該製造方法を用いる板状触媒
79 TIG溶接装置
80 機能性バグフィルタ材の製造方法
81 灰溶融炉の排ガス処理方法及び装置
82 排煙脱硝触媒の製造法および排煙脱硝触媒
83 脱硝触媒基材用無機繊維織布およびその製造法ならびに脱硝触媒
84 ローラミルの粉砕部再生方法
85 ローラミル
86 溶接用トーチ
87 ローラミル
88 湿式排煙脱硫方法と装置
89 ハニカム触媒
90 鋼管の曲げ加工方法及び装置
91 硫黄分回収方法
92 板状触媒の製造方法
93 ハニカム成形体の乾燥治具への挿入方法および装置
94 バグフィルタ
95 熱交換器用伝熱管の製造方法
96 硫化水素の燃焼方法
97 排ガス処理用触媒ならびにその製造方法およびこれを用いた排ガス処理方法
98 板状触媒エレメントおよび触媒構造体
99 ローラミル及びその起動方法
100 竪型ローラミルの動吸振器

[1][2]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013