米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 株式会社大林組

発明の名称 トレミー管を利用するコンクリート打設方法並びにそこで使用される鉄筋籠
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−110433
公開日 平成10年(1998)4月28日
出願番号 特願平8−267534
出願日 平成8年(1996)10月8日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】一色 健輔 (外2名)
発明者 佐藤 真弘
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 鉄筋籠が建て込まれた空間内に相互に間隔をあけて配置された複数本のトレミー管を通じて、コンクリートを打設するコンクリート打設方法において、前記コンクリートを打設するにあたって、前記トレミー管の相互間に、該コンクリートの流通を規制する仕切材を配設することを特徴とするトレミー管を利用するコンクリート打設方法。
【請求項2】 前記鉄筋籠を建込む前に、予め当該鉄筋籠に対し前記仕切材を前記トレミー管の相互間に取り付けておくことを特徴とする請求項1に記載のトレミー管を利用するコンクリート打設方法。
【請求項3】 複数本のトレミー管が相互に間隔をあけて配置されるとともに該トレミー管を通じてコンクリートが打設される空間内に建込まれる鉄筋籠において、前記トレミー管の相互間に取り付けられ、前記コンクリートの流通を規制する仕切材を備えたことを特徴とするトレミー管を利用するコンクリート打設方法で使用される鉄筋籠。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、トレミー管を利用するコンクリート打設方法並びにそこで使用される鉄筋籠に係り、特に、地中連続壁などの地下構造物を構築する場合に適用されるものに関する。
【0002】
【従来の技術】地中連続壁などの地下構造物を構築する場合には、一般に、地盤に設けられた掘削穴内に、鉄筋籠を建込むとともにトレミー管を挿入して、トレミー管を通じてコンクリートを打設する工法が採用されている。ここで、トレミー管は、コンクリート打設に用いる輸送管のことであり、掘削穴の底部にまで下端部が垂れ下ろされてコンクリートを吐出するようになっている。トレミー管は、構築する地下構造物の規模が比較的大きい場合などには、複数本利用されることがある。例えば1パネルあたり長さ5m〜7mの地中連続壁を構築する場合には、トレミー管を2本利用する。この理由は、次のとおりである。つまり、トレミー管を複数本利用する場合に、トレミー管の間隔が狭いと、以下のような問題が発生することがあった。図4は、4本のトレミー管2a,2b,2c,2dを利用して、地盤4に設けられた地中連続壁用の掘削穴6内にコンクリート8を打設しているところを示したものである。尚、前記鉄筋籠についてはここでは省略して図示していない。各トレミー管2a,2b,2c,2d間には、コンクリート8の打設開始タイミングやコンクリート8の送出し速度にバラツキがあって、それぞれ打設の進行度が異なる。このため、打設の進んでいる例えばトレミー管2aから打設されたコンクリート8が、打設の遅れているトレミー管2bから打設されたコンクリート8を押し戻すように圧迫する。これによって、トレミー管2bからのコンクリート8の吐出が妨げられることがあった。このようなことから、トレミー管の間隔は、コンクリートが相互に干渉し合わない程度、例えば3m以上としていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、実際に構築する地下構造物には、鉄筋量または金物量が多いものや、外形形状が例えば弯曲などしているものがある。このような場合においても、トレミー管の間隔を前述したように確保していたのでは、コンクリートを掘削穴内に十分に行き渡らせることができない。そこで、トレミー管の間隔を狭くしたいのであるが、従来は次のような対策を講じる必要があった。すなわち、打設するコンクリートに高流度コンクリートを配合したり、また大深度バイブレータを利用するなどして、コンクリートの流動性を高めることである。しかしながら、前者の場合は高流度コンクリートが高価であったり、また後者の場合はバイブレータの運用費用が別途かかるなるなどして、共に、コストが嵩むという問題があった。
【0004】本発明は、前記事情に鑑みてなされたものであって、その目的は、高価な高流度コンクリートを配合したり、また大深度バイブレータを利用したりすることなしにトレミー管から打設されるコンクリートの相互干渉を防止することができるような、トレミー管を利用するコンクリート打設方法並びにそこで使用される鉄筋籠を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するために、本発明に係るトレミー管を利用するコンクリート打設方法にあっては、鉄筋籠が建て込まれた空間内に相互に間隔をあけて配置された複数本のトレミー管を通じて、コンクリートを打設するコンクリート打設方法において、前記コンクリートを打設するにあたって、前記トレミー管の相互間に、該コンクリートの流通を規制する仕切材を配設することを特徴とする。これによって、各トレミー管から打設されたコンクリートは、前記仕切材によってその流通が規制されるので、各トレミー管から打設されたコンクリートが他のトレミー管から打設されたコンクリートに干渉することを防止することができる。したがって、トレミー管の間隔を狭めることができる。このため、鉄筋量や金物量が多い場合や、または外形形状が弯曲などしている場合でも、トレミー管の間隔を狭くできるため、コンクリートを隅々にまで行き渡らせて良好に打設することができる。
【0006】また、前記鉄筋籠を建込む前に、予め当該鉄筋籠に対し前記仕切材を前記トレミー管の相互間に取り付けておけば、鉄筋籠の挿入と同時に仕切材を打設空間内に配設でき、したがって、鉄筋籠を建込んだ後から別途仕切材を配設する手間を省くことができる。
【0007】他方、本発明に係るトレミー管を利用したコンクリート打設方法で使用される鉄筋籠にあっては、複数本のトレミー管が相互に間隔をあけて配置されるとともに該トレミー管を通じてコンクリートが打設される空間内に建込まれる鉄筋籠において、前記トレミー管の相互間に取り付けられ、前記コンクリートの流通を規制する仕切材を備えたことを特徴とする。これによって、前記場合と同様、トレミー管から打設されたコンクリートは、鉄筋籠に取り付けられた仕切材によって、その流通が規制されるので、コンクリートの相互干渉は防止される。その上、鉄筋籠の挿入と同時に仕切材を配設でき、前記場合と同様、仕切材を別途配設する手間を省くことができる。
【0008】
【発明の実施の形態】以下に本発明に係るトレミー管を利用するコンクリート打設方法並びにそこで使用される鉄筋籠の実施の形態について、添付図面に基づき詳述する。尚、従来例と同一の構成要素には同一符号を付すものとする。
【0009】図1は、本発明にかかるコンクリート打設方法を地中連続壁の構築に適用した場合を示したもので、地盤4に設けられた溝形の地中連続壁用の掘削穴6内にコンクリート8を打設しているときの様子が示されている。また、図2はそのときの掘削穴6の上方開口部の様子を示したものである。ここで、地中連続壁用の掘削穴6内には、鉄筋籠10(図2にのみ図示)が建込まれていて、鉄筋籠10の両側部10a,10bの間には、4本のトレミー管2が相互に間隔をあけて掘削穴6の深さ方向に沿って配置されている。各トレミー管2の下端部からはそれぞれコンクリート8が打設される。
【0010】さらに、トレミー管2の各相互間には、コンクリート8の流通を規制する仕切材12が配設されている。この仕切材12は、鉄板などの板材からなり、コンクリート8を打設する前に配設される。各仕切材12は、トレミー管2の相互間に平行に介設されている。また、仕切材12は、掘削穴6の内底部から上端開口部にかけて前記トレミー管2に対し平行に設けられている。
【0011】このようにトレミー管2の相互間に仕切材12が配設されていることによって、トレミー管2毎に各々コンクリート8の打設範囲が画定されるので、各トレミー管2から打設されたコンクリート8が、隣接したトレミー管2から打設されたコンクリート8に干渉することはない。また、仕切材12の側端部と掘削穴6の側壁との間に隙間を設けているため、コンクリート8が相互に分離されるようなことはない。
【0012】そして、前記仕切材12は、コンクリート打設完了後、図3に示すように、そのままコンクリート8の内部に埋設される。
【0013】以上のように、トレミー管2からコンクリート8を打設する際に、トレミー管2の相互間に仕切材12を配設することによって、コンクリート8の相互干渉を防止することができるので、トレミー管の間隔を狭くすることができる。このため、構築する地下構造物において、鉄筋量や金物量が多い場合、または外形形状が弯曲などしている場合には、トレミー管2の間隔を狭くして対応でき、コンクリート8を掘削穴6内に隅々にまで行き渡らせて良好に打設することができる。
【0014】また、前記仕切材12については、コンクリート8の流通を規制できるものであれば、前記鉄板などの他に、例えばラス(金網)やパンチングメタルなどの貫通穴を有するものであっても良い。特に、これら貫通穴を有する仕切材を用いれば、各トレミー管2から打設されるコンクリート8同士の一体性を向上させることができる。
【0015】特に、この仕切材12については、鉄筋籠10を建込む前に、適当な固設手段を介し鉄筋籠10の、例えば両側部10a、10b間に掛け渡すなどして予め取り付けておけば、鉄筋籠10と一緒に建て込むことができ、従って、鉄筋籠10を建込んだ後、別途仕切材12を配設するような作業が必要なくなり、手間を省くことができる。
【0016】前記トレミー管2を利用するコンクリート打設方法にあっては、前記地中連続壁の他に、例えばコンクリート杭などといった他の地下構造物を構築する場合にも適用できることは言うまでもない。
【0017】
【発明の効果】以上発明の実施の形態で説明したように、本発明に係るトレミー管を利用するコンクリート打設方法によれば、コンクリートを打設するにあたって、トレミー管の相互間に仕切材を配設することで、各トレミー管から打設されたコンクリートの流通を規制でき、コンクリートの相互干渉を防止することができる。このことから、トレミー管の間隔を狭くすることができるため、構築する地下構造物において、鉄筋量または金物量が多い場合や、また外形形状が弯曲などしている場合であっても、従来のように高価な高流度コンクリートを配合したり、別途運用費用がかかる大深度バイブレータを使用したりすることなく、コンクリートを打設空間内に隅々にまで行き渡らせて良好に打設することができ、コンクリート打設工事の低コスト化を図ることができる。
【0018】特に、鉄筋籠を建込む前に、予め鉄筋籠に対し仕切材を、トレミー管の相互間に位置するように取り付けておけば、鉄筋籠と一緒に配設することができ、鉄筋籠を建込んだ後から仕切材を配設する手間を省くことができる。
【0019】また、本発明に係る、トレミー管を利用したコンクリート打設方法で使用される鉄筋籠によれば、トレミー管の相互間に配置されるように取り付けられた仕切材によって、前記場合と同様、コンクリートの相互干渉を防止することができるので、コンクリート打設工事の低コスト化を図ることができるとともに、仕切材を鉄筋籠と一緒に配設することができるので、前記場合と同様に、別途配設する手間を省くことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013