Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
機器搭載用パレットの支持構造 - 株式会社リコー
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 株式会社リコー

発明の名称 機器搭載用パレットの支持構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−95429
公開日 平成10年(1998)4月14日
出願番号 特願平8−271821
出願日 平成8年(1996)9月20日
代理人
発明者 荒井 智昭
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 キャスタ付の複写機等の機器を輸送,荷役,保管等のために弾性支持および固定するパレットの支持構造であって、該パレットの上面のデッキボードに形成される凹溝部に着脱自在に収納され前記キャスタを支持する防振用又は緩衝用の弾性部材と、前記機器の下面と前記デッキボード間に挿脱可能に介設され、両者にボルト締め又はナット締めのみにより固定される固定部材とを備え、前記弾性部材はその上面を前記デッキボードの上面とほぼ面一に形成されることを特徴とする機器搭載用パレットの支持構造。
【請求項2】 前記弾性部材は、その外周側に欠落部を形成するものからなり、該欠落部は、前記凹溝部内に前記弾性部材が、収納された際に、前記欠落部と該欠落部と相対向する前記凹溝部の内面との間に少なくとも指の入る隙間が形成される形状に形成されるものである請求項1に記載の機器搭載用パレットの支持構造。
【請求項3】 前記固定部材がコ字形状に屈曲された部材からなり、該固定部材の締結される前記機器側又はパレットのデッキボード側には、少なくとも前記固定部材の板厚よりも大きな間隙を残して螺着されるボルトが予め取り付けらるか、又はナットが溶接され、前記固定部材の前記間隙に挿入される側には前記ボルトのねじ部を通過可能なスリットが形成され、前記固定部材の前記ナット側には該ナットのねじ孔とほぼ等しい通り孔が該ナットと相対向する位置に形成されるものである請求項1に記載の機器搭載用パレットの支持構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、キャスタ付の複写機等の機器を梱包して輸送,荷役,保管するために該機器を弾性支持すると共に固持するスチール製等のパレットの支持構造に関する。
【0002】
【従来の技術】キャスタ付の複写機等の機器はスチール製の比較的剛性のあるパレット上に支持されて梱包され、保管,荷役,輸送されるものが多い。この場合に、該機器はパレット上に固持されると共に、防振性や緩衝性を具備した状態で支持されることが機器を正しく保持するために不可欠な条件となる。このため、機器等の支持構造としては各種の工夫が従来よりされている。その公知技術としては、例えば、特開平7−40992号公報や特開平7−291289号公報が挙げられる。
【0003】特開平7−40992号公報の「緩衝材付き腰下」は、滑材上部に取り付けられた下部負荷床板の上面に緩衝材を敷き、その上に上部負荷床板を敷き、更にその上に機器等の負荷床材を搭載するものからなる。また、下部負荷床板と上部負荷床板には着脱可能な固定金具により固定される。以上の構造により負荷床材は緩衝材により弾性支持される。なお、本例では負荷床材は上部負荷床板に全面接触して搭載されない構造から形成される。また、固定金具の固定はボルトを下部負荷床板と上部負荷床板との間に挿通させナットを螺着させて共締めする一般的な締結構造が採用されている。また、緩衝材は接着により固定される。
【0004】一方、特開平7−291289号公報の「防振パレット」は上部プレートと下部プレートとからなるパレット本体の前記両プレート間に防振装置を介設し、その防振装置にばね剛性を可変にする可変機構を設けることに特徴を有するものである。この場合、防振装置と前記両プレートの固定にはボルト,ナットを必要とすると共に取り付け取り外し作業は比較的面倒であり、特殊の工具等を必要とする。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】前記の公知技術やその他の一般に使用されているパレットの支持構造の場合には、防振材や緩衝材が接着固定されるものが多く、極めて取り外しにくいと共に、着脱可能の構造のものでも取り外し等の作業が面倒なものが殆どである。また、固定金具に関してもボルト,ナットを用い、且つ特殊の工具を用いる必要があると共に取り付け,取り外しが難しい問題点がある。
【0006】一方、固定金具を用いないで、例えば、発泡樹脂系の緩衝材等の弾性体で機器を包装して支持するものでは、機器がパレットのデッキボードの上面から浮いた状態でパレット上に搭載されるため、前記弾性体を機器から取り外して機器を移動させる場合にはその積み降ろし作業を含めて移動作業が極めて難しく、且つ危険が多い問題点もある。
【0007】また、前記したように緩衝材等はデッキボード等に接着固定されるため、分離が難しいと共に分離した緩衝材が不良品となるものが多く、再使用されない。また、リサイクル品と廃棄品との区別が必要になり面倒である。また、廃棄品の発生は環境破壊の原因となる問題点もある。更に、自由状態のボルト,ナットを用いた取り付け,取り外し作業は両手作業であり、面倒であると共に、作業中に部品を紛失する問題点が生じ易い。
【0008】本発明は、以上の問題点を解決するもので、機器等が弾性体により防振支持されると共に、弾性部材の取り外し,取り付けが容易で再使用でき、コスト低減および環境保全に貢献することができ、更に固定部材による固定が片手作業により容易にでき、作業性の向上が図れ、且つ部品の紛失が防止し得る機器搭載用パレットの支持構造を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】請求項1に記載の機器搭載用パレットの支持構造は、キャスタ付の複写機等の機器を輸送,荷役,保管等のために弾性支持および固定するパレットの支持構造であって、該パレットの上面のデッキボードに形成される凹溝部に着脱自在に収納され前記キャスタを支持する防振用又は緩衝用の弾性部材と、前記機器の下面と前記デッキボード間に挿脱可能に介設され、両者にボルト締め又はナット締めのみにより固定される固定部材とを備え、前記弾性部材はその上面を前記デッキボードの上面とほぼ面一に形成されることを特徴とする。
【0010】請求項2に記載の機器搭載用パレットの支持構造は、前記弾性部材は、その外周側に欠落部を形成するものからなり、該欠落部は、前記凹溝部内に前記弾性部材が、収納された際に、前記欠落部と該欠落部と相対向する前記凹溝部の内面との間に少なくとも指の入る隙間が形成される形状に形成されるものであることを特徴とする。
【0011】請求項3に記載の機器搭載用パレットの支持構造は、前記固定部材がコ字形状に屈曲された部材からなり、該固定部材の締結される前記機器側又はパレットのデッキボード側には、少なくとも前記固定部材の板厚よりも大きな間隙を残して螺着されるボルトが予め取り付けらるか、又はナットが溶接され、前記固定部材の前記間隙に挿入される側には前記ボルトのねじ部を通過可能なスリットが形成され、前記固定部材の前記ナット側には該ナットのねじ孔とほぼ等しい通り孔が該ナットと相対向する位置に形成されるものであることを特徴とする。
【0012】機器はパレットのデッキボード上にキャスタを介して搭載される。キャスタはデッキボードの凹溝部内に着脱可能に収納された弾性部材上に搭載されて配置される。弾性部材はデッキボードの上面をほぼ面一に形成されるため機器の取り付け,取り外しが容易にできる。また、弾性部材には欠落部が形成され、この欠落部と凹溝部の内面との間に指等を入れることにより凹溝部内から弾性部材を容易に取り出すことができる。一方、固定部材は、機器側やパレットのデッキボード側に予め設けられたボルトやナットの位置に固定部材を挿着し、ナットやボルトいずれか1つのみを用いることにより機器側およびデッキボード側に片手で固定される。勿論、弾性部材は接着固定されないため再使用が可能であり、ボルトやナット等の紛失も殆ど生じない。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明の機器搭載用パレットの支持構造の実施の形態を図面を参照して詳述する。図1に示すように、キャスタ5を下面に設けた複写機等の機器1はパレット2上に搭載されて梱包され輸送,荷役,保管される。機器1は弾性部材3により弾性支持されると共に、固定部材4によりパレット2上に固定される。なお、本例では機器1には、4個のキャスタ5が取り付けられ、機器1はパレット2側に4個の弾性部材3と4個の固定部材4により弾性支持および固定されるが、勿論それに限定するものではない。
【0014】パレット2は、本例ではスチール製のものからなり(勿論、他の材質のものでもよい)、脚部6とその上に固定されるデッキボード7等とから構成される。デッキボード7の上面側には図1,図3等に示すように適宜深さの凹溝部8が形成される。本例では凹溝部8は四角状凹溝からなり、デッキボード7のプレス成形時に一体的に形成される。また、凹溝部8には底面9を有する。なお、凹溝部8は勿論四角状凹溝でなくてもよい。また、デッキボード7の上面は凹溝部8の部分を除いて平坦状に形成される。
【0015】弾性部材3は、ゴム材や樹脂材等の防振用部材又は緩衝用部材等の弾性体からなり、本例では四角状凹溝の凹溝部8内に挿入されてすっぽり収納される四角状のブロック体からなる。なお、図3に示すように凹溝部8内に収納されて底面9上に搭載された弾性部材3はデッキボード7の平坦な上面とその上面がほぼ面一になる高さ寸法のものからなる。また、凹溝部8と弾性部材3とは図3に示すように機器1のキャスタ5の搭載位置が少し位置ずれしても4個の弾性部材3の上面に搭載し得るような適宜の面積を有するものからなる。
【0016】図1および図2に示すように、弾性部材3の外周側には欠落部10が形成される。なお、本例では欠落部10は四角状の弾性部材3の角隅の一部を斜めに切断したものからなる。勿論、欠落部10の形状は図示のものに限定するものではない。また、図2に示すように欠落部10と相対向する凹溝部8の角隅と欠落部10との間には少なくとも指11(図4)の挿入可能な隙間12が形成される。
【0017】次に、図1,図5,図6により固定部材4の構造とその取り付け構造の一例を説明する。図示のように、固定部材4は平板をコ字形状に屈曲成形したものからなり、本例では上面板13が下面板14よりも短かめのものからなる。また、上面板13と下面板14を連結する立上り板15の高さ寸法は機器1の下面16とデッキボード7の上面17との間の間隔にほぼ等しい寸法からなる。なお、本例では上面板13は板端側に開口するスリット18が形成され、下面板14には通り孔19が形成される。スリット18は後に説明するがボルト20を通過するためのものであり、通り孔19は締め付け用のボルト21が通るための孔である。
【0018】図5に示すように、本例では機器1の下面16には予めボルト20が予め螺着される。なお、ボルト20は底面9に完全にねじ込まれず、その首下に固定部材4の板厚よりやや広い間隙22を残した状態で機器1側に螺着される。一方、デッキボード7には前記に通り孔19とほぼ等しい通り孔23が形成されると共にデッキボード7の下面側には通り孔23と同心のねじ孔を有するナット24が溶着される。なお、ナット24のねじ孔にはボルト21が螺着される。
【0019】ナット24の溶接位置と機器1側に螺着したボルト20の位置とは、固定部材4の前記の通り孔19をナット24ねじ孔(デッキボード7の通り孔23)と位置合わせした場合に、固定部材4の上面板13のスリット18がボルト20の首下の間隙22内に挿入され、スリット18でボルト20のねじ部を挟持するように夫々形成される。また、図5に示すように、ボルト21をナット24に螺着する場合に、ワッシャ25およびスプリングワッシャ26が使用される。
【0020】次に、機器1のパレット2上の支持構造を説明する。まず、パレット2の4個の凹溝部8内に夫々弾性部材3を収納する。図2および図3に示すように、機器1のキャスタ5を弾性部材3上に乗せることにより機器1は弾性支持される。
【0021】図5に示すように、固定部材4の下面板14をデッキボード7の上面17に乗せ矢印方向に滑らせると固定部材4の上面板13のスリット18がボルト20の首下の間隙22内に挿入されスリット18でボルト20のねじ部を挟み込む。この状態で更に固定部材4を矢印方向に移動させ下面板14の通り孔19をデッキボード7の通り孔23に合致させる。
【0022】通り孔19および通り孔23上にワッシャ25およびスプリングワッシャ26を乗せボルト21を挿入させ図6に示すようにボルト21を予め溶接されているナット24に螺合させることにより固定部材4の下面板14はデッキボード7に固定される。一方、ボルト20をねじ込むことにより固定部材4の上面板13が機器1側に固定される。以上の締め付け作業は普通のスパナを用いて片手作業により行われ、極めて簡単にできる。
【0023】以上により、機器1はパレット2上に弾性支持された状態で確実に固定される。また、その固定作業は前記のように極めて簡単に、且つ迅速に、確実に行われる。
【0024】次に、機器1をパレット2上から取り外す場合を説明する。前記と逆にボルト20,21をスパナ等により片手で緩めることにより固定部材4は自由状態となり簡単に取り外すことができる。弾性部材3の上面はデッキボード7の上面17とほぼ面一のため、機器1はキャスタ5をデッキボード7の上面17に沿って移動させることにより容易にパレット2上から移動することができる。一方、弾性部材3はそのまま使用できるか、キャスタ5の搭載の繰り返しにより損傷した場合は交換する必要がある。また、パレット2の運搬のため弾性部材3を凹溝部8内から取り除く必要がある。この場合には、図4に示すように指11を欠落部10と凹溝部8の間隙22内に入れ、欠落部10に指を係着して弾性部材3を図示のように持ち上げることにより、容易に取り外すことができる。勿論、弾性部材は凹溝部8に接着固定されていなため、容易に取り外しが可能である。また、取り外された弾性部材3は再使用することができる。
【0025】
【発明の効果】
1)本発明の請求項1に記載の機器搭載用パレットの支持構造によれば、機器のキャスタが弾性部材により弾性支持されるため、防振性,緩衝性が向上する。また、弾性部材はデッキボードと面一に表面が形成されるため機器のパレットからの荷降が楽にできる。一方、機器とパレットとを一体的に固定するための固定手段はボルトを単に相手側に片手で螺合すればよく極めて簡単に、且つ迅速にできる。
【0026】2)本発明の請求項2に記載の機器搭載用パレットの支持構造によれば、パレットの凹溝部に収納される弾性部材は接着なしで収納されるため取り付け,取り外しが容易にでき、特に欠落部を形成することにより取り外しが極めて容易にできる。また、取り外し時等において損傷が少なく、再使用ができる。よって廃棄物の発生も少なく、環境保全に寄与する。
【0027】3)本発明の請求項3に記載の機器搭載用パレットの支持構造によれば、固定部材は単に所定位置に挿入し、片手でスパナ等の普通の工具によりボルトの締め付けを行なうように構成されているため、作業性の向上が図れる。また、ナット等は予め溶接するため部品の紛失も防止される。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013